ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

キャンプしながらサバゲとな。

2011/08/01(月) 17:34:07

P1060277.jpg

海の日の連休は、いつもの「T2c」のイベントに参加してきた。
丸一日、キャンプしながらサバゲをするという夢のような企画で、そのサブ・タイトルは「耐久もういいでしょう」。

この数年、サバゲにはソコソコ熱心に参戦してきたもののブログ記事に仕上げるにはモチベーションがイマイチで、レポートが無沙汰となってしまったワケですが、まあその。コイツには格別の味わいがある。

戦場は風も涼やかな御殿場の高地。
そしてキッパリと晴れあがった真夏の週末。
なにより、ゲームよりもメシだネタだ!という揺るぎない運営のスタンス。

ね。ココロ踊るでしょう。
そんな楽しかったデキゴトを画像ビシバシの絵日記風にご紹介しよう。




この記事の続きを読む…
スポンサーサイト
サバゲ・エアガンCM:7

24/100

2009/09/23(水) 23:53:47

P1020973-1.jpg

ラード的シルバーウィーク最大のイベントは、久しぶりのサバゲ。ええっと。アレか、6月以来だったかな。ココ2戦分のゲーム・レポをサボっちまったから不確かなんですけど(汁 あ。もちろんいつもの「T2c」、そして秋といえば年間で最大の祭、耐久サバゲになります。以前にも触れたとおり、今年は常軌を逸した企画で、なんと5日間に及ぶゲーム(w 「100耐」とキタもんだ。
開会前に皆がダベっていたとき聞いたのだが、モノホンの各国軍隊でも、これほど長時間におよぶ戦闘訓練は無いんジャマイカってコトで、いやはやとしか言えまい。1年ほど前から「T2c」ゲームに皆勤賞の通称「北関東の武器商人」、なま氏と参戦ですが、しかしワシらはいい加減ジジイですからね、スタートから24時間でヌケさせていただくというヘタレ老兵的スケジュール。
チームは「黄」軍にエントリーするのがワシら小隊の鉄板。チーム連携をよくするガチ系のムードが毎年なぜか漂うメンバーが集います。かたや敵チーム「赤」軍はネタ上等的メンバーが集結し、これまたナゼか異能なスキルを有する鬱陶しい(ワシらから見てネ)戦士が集うという伝統がある。

結果的に、千葉市内、連休中はワシらが離脱したあとの4日間も好天が続いたようで、何よりでした。そうして上の画像はナニかというと、コレ、参加者のIDカード。ココらへんが「T2c」クヲリティなんですヨ。制作は、じつは「対戦車猟兵」氏でした。2ちゃんサバゲ板の分家スレで、ゲーム前日にこんなカキコが。

276 :幹事より:2009/09/18(金) 13:44:56
明日の受付時にIDカードを配布します。
このIDカードは写真が添付できるようなレイアウトになってます。

急で申し訳ないのですが、このIDカードに写真を入れたい方は参加表明受け付け用の以下のアドレスまで画像データを添付して送ってください。(写真ではなく、イラストなどでもOK)

アドレスは自動返信されてきた送信元で結構です。

サイズ指定は特にありませんが、アスペクト比は一般的な縦型の比率でお願いします。
スナップをそのまま送ってきていただければこちらで適宜修正します。

なお、写真が無くとも、ゲーム参加への支障はありません。


別件で「最年長」(実際、そうなんですが何かw)という一瞬わかりにくいHNを付けてカキコしたワタシにこんなレスが。

279 :IDカード製作係:2009/09/18(金) 18:03:59
>>最年長氏

特定しますたw
最近の写真見つからなかったので送ってくださーい。
何ならブログからパクってきてもいいのですがw


で、ワシがこうリクエスト。

282 :277:2009/09/18(金) 20:25:04
(ry
>製作係殿
やりかた分からんので、パクってきてください。
できれば、っすね、痩せて見える画像で(w


すると、こんなオッカネーお返事が(w

283 :IDカード製作係:2009/09/18(金) 20:55:37
>>最年長氏
それでは20年前の画像ということで。


さらに。

291 :ID製作係:2009/09/19(土) 03:27:41
>最年長氏

できますた。
胡散くせえええwwwww


ウサン臭い写真ってのが、すなわち冒頭の社会人になりたてのヤングなワシってワケです。ホントはさらに遡るジジイで、26年前なんだけど。ナニがおっかないって、痩せてる画像プリーズとワシが言ったら、即あの今年冒頭に記した暗―いネタから引っぱってくるトコロ(汁 むは。ご愛読サンクスと申し上げますが、しかしウカツなネタは出せん、という(w
で、ゲームから帰宅後にワタシがカキコした、そのレスがこちら。

295 :最年長:2009/09/20(日) 15:25:55
>>291
その写真でキタか、と。
いやその。ハタチのころは、三浦トモカズと間違われたコトもあるんですよ(w

さておき、24時間で離脱して、先ほど帰宅。シャワー&ビール。
で、参加の皆さん、幹事団諸氏、乙です。

これから参加するヒトへ。
サイコーのコンディションですよ。サバゲの醍醐味を味わえますよ。
でも、参加者が少ないから、コキ使われたり、抜かれたり、本陣襲撃されまくったり、人質になったり、満喫できますよ(w


三浦トモカズに似てると言われた、コレはふざけたコトに事実なんです(w あれはモモエが引退した翌年であったか、合コンしたM女子短大のハマトラ(知ってっか?w)ルックの、そうさネ、まるで「イスカンダルのスターシア」風なサラサラロンゲのスリム美人が、ワシを見てそう言った。「えと。キミは、あのその。目は」「れーてんさんです」。その紺色の巻きスカートをペラリとめくってやろうか、なーんて初デート時に思ったワシでしたが。

いやはや。美しきおもひでにヒタってる場合(即フラレたから美しくもないッス)、ではない(w ゲームの様子だ。わが小隊の「なま」氏がこういう記事を書いていて、まあその。言いたいコトはワタシも同様でありマス。だもんでそれ以外、2日間のラード的デキゴトをグラフィティ風に殴り書きしていきましょう。



この記事の続きを読む…
サバゲ・エアガンCM:11

嵐の弾道調整

2009/03/16(月) 23:58:55

P1010465_800.jpg

先週末、いつもの「T2c」のイベントに参加してきた。
とはいえサバゲではなく、今回は弾道の調整がメインという何やらジミなイベントの模様。そういえばこの日とは「ホワイトデー」なんだが、オジサンはまあ、どうだってよろしい。しかし初回は先月のバレンタインに行われたから、それよりはお日柄が穏便、かも知んない(w その1回目にも参加した「なま」氏が「なかなか楽しいっすヨ」と勧誘してくるから、とくにワタシは精密射撃ってヤツにコダワリがないんですけど、半年ぶりにMIA状態から復帰してきたタカ氏ともども、参加したのです。

P1010464_800.jpg

会場は「SPLUSH」のインドア。今回の幹事は「対戦車猟兵」氏だった。参加者は常連のみで、20名ほど。ちなみにこの日の千葉エリアは大荒れの天気、京葉線はもとより総武、京成、東西線までもが一時ストップするくらいの暴風でした。もう、春なのネ。

P1010469_800.jpg

そうして午前中は、ひたすらスコープとかダットサイトを30㍍の距離で「ゼロイン」するべく調整に励みます。

P1010472_800.jpg

戦車さんから案内があり、今回、「スワンの兄貴」氏が転勤で東京を離れるコトになったから、皆で送別の寄せ書きを供する。ワタシは「めざせ。ナニワの食い倒れ!」などと殴り書き。

P1010477_800.jpg

そうこうするうちにランチタイムとなった。いつものラード定食、コンビニ弁当とカップそば。マッタリ・モードなのだが、見知った参加者ばかりだから、とくに手持ち無沙汰でもない。それにしても雨はなかなか降りやまない。

P1010481_800.jpg

参加者の持ち寄りグッズで、オークション大会が催されます。ワタシはコッキングの「CA870チャージャー」にロックオンしたのだが、ガンガン値が吊り上げられて、即あきらめさせられた(w けっこう買い手がついて、わきあいあいと楽しいミニ・イベントになった。

P1010482_800.jpg

13:30、ようやくキチンとしたゲームが開始されます。まずは「30㍍チャレンジ」。立射で30㍍先の「A3」大ターゲット・ペーパーに60秒以内に10発撃ちこんで、得点を競うもの。なま氏がナニをアセったのか、参加申し込みが一番と早漏っぷりを発揮、いきなり「では、どうぞ」となってキンチョーしちゃうではないか(w

P1010484_800.jpg

で、ワタシが2番手。銃はいつものメイン・アーム、マルイ電ガン「SIG552・SEALS」。ダットサイトごしの30㍍ってのは、しかしマッタク着弾が見えません(汁 弾道を修正できているのかも不明だったり。カミに当たったらカン高いオトで判別できるくらいですね。もちろんこのステージはスコープを搭載したエアコキ・ボルトアクション・ライフルに利があるワケ。

P1010486_800.jpg

半年ぶりにワシらの遊びに合流してきたタカ氏。その間、まったく音信は不通であった。まあその。別にナニしてたかとか聞きたくもねーけど(w

P1010490_800.jpg

これは「リュウ」氏。8mm弾のガス・ライフル「ガーランド」が迫力だった。

P1010489_1024.jpg

30㍍ってのが如何に遠いか。マトのペーパー、奥の黄色いブランケットに少し見えていますね。この撮影ポイントで中間地点、そんなムード。知らんヒトはチビるかも知れんが、この木材の「アバタ」模様とかエッジがコソゲとられているのは、もちろんBB弾によるもの。 このインドアフィールド、その長い歴戦をこうして物語るのだ。

P1010491_800.jpg

バッズ氏が颯爽と登場。コスにも気合が入っています。

P1010494_1024.jpg

どえらいイキヲイで、ワンハンドで撃ちまくっていました。スコアは集計表にあるとおり、当たっちゃいないワケだが。そのぶん、あまりの漢っぷりに芸術点がすごい、という(w

P1010495_800.jpg

こちらは動画マソ氏。いったい、古参のヒトたちってのは珍銃に向かう傾向がありますなあ。ワタシも早く、そういった境地に入りたいもんだ。

P1010496_800.jpg

トリは戦車氏。息詰まる瞬間。
会社の同期にKO大体育会射撃部出身のヤツがいて、ソイツの持論ってのが「ライフリングが切ってないバレルで30㍍の集弾がまとまるワケないだろうが」。いや、6mm直径の丸いプラスチック製のタマのクセに、けっこう今なら当たっちゃうっつー事実が何やらスゴイ。

P1010498_1024.jpg
さて、第2ステージは「棒倒しゲーム」です。マグネットの台座に立たされた大中小サイズの鉄棒を5㍍から45発、60秒で何本倒せるか。白バイとパトカーがボーナス・アイテムで、当てるとナニやらイイことがあった、のかも知んない。 

P1010499_800.jpg

早漏な申し込みをした「なま」氏が、つまり1番手。なかなか棒には当たらず、思ったより難しいステージだ。だから照準を変えずに次弾を撃てる電ガンに利がある設定と言える。今回は3種目のステージを銃1丁で全てこなさねばならん、そういうルールが後から付与された。こうなるとボルトアクション・ライフルの参加者はキビシイ模様で、時間内に撃ち切れないヒトも出た。

P1010506_800.jpg

転勤していく「スワン」氏が撃ちまくる。進行するにつれて皆はネタにせっせと励みだし、棒倒しよりも白バイとパトが目の敵とばかり、ボッコボコにされていく。いやその。キミたち最高(w そうして「パトカー、粉砕!」なんつースコア報告が飛び交う。

P1010507_800.jpg

つまり、こうなっちゃった(w

P1010508_1024.jpg

3種目めは、5ヶ所のマトへ早撃ちするタイムを競う「抜き王」。なかなかコレも難しい。2ケ目のマトは利き腕の反対で撃たねばならず、とくにサウスポーなんて想定してもいないボルトアクション・ライフルの連中はシクハクしていた。

P1010512_800.jpg

これは「抜き王」ステージでのワタシ。ダットサイトはこんな状況では有利のハズなのだが、ロング・レンジでサイト調整済みのため、5㍍程度のマトに、これがなかなか当たらない。いやあ、奥深い。さすが対戦車氏、いやらしいほどに手練な設定ではないか(w

P1010513_800.jpg

楽しいひとときも日暮れとともに終わり、これはスコア集計を待って行われた表彰式だ。総合1位は「のらぬこ」氏。スコアを見てもらえばお分かりのとおり、とくに「抜き王」がズバ抜けていました。いやまあ、こういうゲームが好きなヒトは、ホントにウマイんだもん。
え。ワシっすか? いやその。ソコソコでイイです(w この際、参加することに意義があるのだ。

サバゲ・エアガンCM:2

震えあがったサバゲ

2009/01/25(日) 20:26:07

P1010260_800.jpg

千葉市内でも初雪が観測されたというウスラ寒い荒天の中、「T2c」のサバゲ、名づけて「鳥類頂上合戦」に参加してきました。いつもの「なま」さんと。ワタシは今年の初ゲーム。会場は「BBジャングル」です。

画像は何かというと、「カンパ」を募るお手製のステッカー。気の利いたデザインじゃないですか。対戦車猟兵氏が行商にきたので、即購入。200円也。というのも昨年末、この「BBJ」の姉妹店である老舗営業サバゲ・フィールド「SPLUSH」の事務所棟が丸まる焼けちまったとのコトで、T2cの古株たちとしては何かにつけてお世話(とくに毎年秋に実施する「24時間耐久」サバゲとか。昨年のときはオーナー兼フィールドマスターが大会直前にスズキを東京湾で100尾ほど釣り上げてきて、配給の晩メシであるカレーに豪勢なスズキの天ぷらが乗ったりしたもんだ)になってきたから、少しでも助力していこうとの由。こういうところが好きなのだ、このチームというかオフ会は。

P1010258_800.jpg

予報では朝から晴れるとのコトだったんですが、めずらしく大ハズレ(汁 午前中はドローンとした曇り。オマケにどんどん冷えていく。午後イチで2℃くらい。参加者は、当初50名くらい。ブリーフィングが始まったのは予定より1時間も遅れた10時でした。8時半には会場入りしていたワシらは超クール(汁

P1010265_1024.jpg

これは午後の戦闘の模様ですが、写真が少ないのでテキトーに逝きます(w ゲームのタイトルルは仰々しいが中身はいつものヤツ。10時半くらいにゲーム開始で、最初は短いヤツを2回、その後は近ごろ流行している60分の耐久ゲームの「表」を終えたら昼メシになりました。
画像で左に写っているのは同じ黄色チーム、すなわち「スワンの兄貴」組の対戦車氏。ワシらは一昨年秋の耐久ゲーム以来、誰と共に闘うかと選択の機会が与えられたら問答無用で「スワンさん!」と決めているのだ(w

P1010259_800.jpg

ささやかな昼メシですが、コレを見た「なま」氏が五月蠅い。「なんでそんなに喰うんだ、アンタはしかし」と。フフン。「アラフィー」でも成長を続けるボクですからね。主にヨコ方向に、ですけどネ(w

そうこうするうちに、なんとミゾレが降ってきました。「うひゃあ」。寒いワケだ。幹事の「まお」氏がジャッジして、一応、解散。残りたいヤツは残れというコトに。ワタシは荷物もまとめて、帰らないまでも、居残った25名くらいのゲームを高みの見物とキメこみました。

P1010264_1024.jpg

ところが、なんとなく青空が出てきたりした(もちろん擬似晴天でしたよw)ので、再びゲームに参加しました。参加費2.5k円がもったいないもんね。残った連中がまたハードコアだから、濃い内容になるのだ(w
最後は60分の耐久ゲームでした。午前の部の「裏」ですね。「スワン」組は構成員数的には劣勢で、厳しい闘いでした。ワタシは守備に徹して尾根を下りながら攻めてくる敵を狩ったり狩られたり。ふたたび氷雨が降ってきたり。けっこうハードながら楽しいゲームが展開しました。やっぱサバゲは楽しいワ。

さて、今年の秋はこのフィールド「BBJ」で驚愕すべき「Team2ch」のゲームが実施されます。幹事の対戦車猟兵氏から直に聞いてしまったからね。いいですか皆さん。次回の耐久は、100時間サバゲなのです。ワシが「4日間、でしたっけ?」と聞いたら即座に「違います。5日間!」だって。ある意味、震えあがった(w さあ皆の衆、wktkしつつ詳細を待とう。

  
サバゲ・エアガンCM:6

11月も、ダブルヘッダー

2008/12/31(水) 14:48:40

P1000776_800.jpg

いよいよ押し迫ってきた。ナニモノかに追われるようにサバゲ・レポを「うp」しなくては(w
11月末にフィールド「BBジャングル」にて行われた「T2c」のゲーム、その名も「架空銃vsリアル銃」。幹事は毎度スパルタンな「ペンギン軍曹」氏。いつもの「なま」氏と参加。いやもう、よく企画を思いつくよねー、なんて話していたもんだ。ワシらは「ゼッタイに主力のヘンタイ部隊は架空銃チームを志願するハズ」と踏んでいた。そう。申し込み時にはどちらのチーム配属を希望するか、理由とともに表明しないとイカンのです。そんなワケでワシらは架空銃を志願した。その理由はいたってシンプル、「ワシの銃は排莢しないもんね」でキメてみた(w

P1000777_800.jpg

ところがフタを開けたら、いつもの常連の多くはリアル銃チームに入っているのだ。むーん。フシギ(汁 チーム人数も出だしはバランスを欠いていて、ワシらに不利ではあった。まあ、イイや。しょせん遊びだし。スワンの兄貴はいるし、こんな怪人もフツーにいる(w いやしかし、このギターケース先端には細工が施されていて、たしかタマが出るんですよ。どんだけコダワリかと。

P1000778_800.jpg

いつものように当日の詳細な行動なんか、とっくに忘却の彼方ですから、なま氏のコメント「船務長」氏のレポ(敵チームでしたが)をイヤらしく貼り付けます。スマンコ。そう、最初は倍以上の戦力差があったんだっけ。即やられていたもんね。

P1000780_800.jpg

でも、その不利な状況が楽しいワケだよ。「なあ、そう思わんか。ナゼなら」なーんて、セーフティで横にいたヤングたちに話していたら「そりゃ面白そうですね」なーんてリクルートに成功したりして、徐々に戦況はイーブンになったんだっけ。
画像は、早々に狩られて戻ったセーフティから、真下のキルハウス・ゾーンで展開する楽しい状況をパチリと。手前が「なま」氏、奥の「P-90」が手練れのサバゲ巧者で上手く攻め進んでいく。結果的に「ツーマンセル」となっていて、見てるコッチも手に汗にぎるオイシイ展開だ。

P1000781_800.jpg

さらに画面右方向へ進攻したユニット。右にあるフラッグまで、あと10㍍もないが、敵は数名アンブッシュしている。「P-90」氏はドラム缶の影にいる。しかし、この直後、右奥の方から「P-90」氏が狩られ、次に「なま」氏も撃ち取られた。いやあ、見てるぶんなら緊迫した戦闘は楽しい(w

P1000783_800.jpg

昼メシだ。バリ島みやげのヘンな味のカップヌードルと弁当。そういえば、この「BBジャングル」でサバゲをやるのも2年半ぶり、くらいだろうか。フィールド内のバリケードが少し増えていたり、キチンとしたトイレが設置されていたりと多少は進歩していたが、やはりその後にノシてきた「ユニオン」グループの施設とサービスの充実度とは比較すらできない。

P1000787_800.jpg

ただし、久しぶりかつ特殊なフィールド地形だから、新鮮な面白みがあるのは確かなのだ。手付かずの豊富なブッシュと樹木の間をソロリソロリと進撃するなんてのは、他の営業フィールドでは味わうコトができない優れた特徴ではある。これは中央エリアで索敵中の「なま」氏に背後から近づいたところ。ヘイ、ユー。日陰を選びたまいよ。ブリリアントだぜ(w

P1000788_800.jpg

なま氏は初見参のフィールドとのことで、けっこう気に入ったご様子。ワタシは、敵チームがなかなかゲーム巧者が多く、不意に狩られたりしてイマイチ意気は上がらず、でした。でも、午後には両チームの戦力は拮抗していて、たいそうヤリがいのある状況が続いたのだ。

P1000789_800.jpg

これは最後に近いゲームの開始前、フィールド左奥の斜面をガンガン上がったDフラッグにて、合図を待つワシら架空銃チーム。このときは基本を待ち伏せ、つまりアンブッシュ作戦にして、下から這い上がってくる敵を狩りまくったんだっけか。いやあ、楽しいなあ。

最後は日没間近の状況で、恒例の3発戦でシメ。完全に暗い中での撤収となった。街はすでに初冬の気配。今年のサバゲが終わった―。

サバゲ・エアガンCM:7

文化的サバゲを味わいつくす

2008/11/16(日) 23:57:35

24耐サバゲよりも先に、まだ書きやすいほうから片付けよう。ええ。アッチも早急に仕上げるつもり、で、フリーズ中です。相変わらず(汁

P1000719_800.jpg

さて、「文化の日」の祝日は、「なま」氏と文化的なサバゲに参戦してきました。ゲーム名は「新東西冷戦オフ」、会場は「CIMAX」。これは「T2c」関連の派生オフで、分かりやすく言うと「AK vs M16系」。銃というより使うマガジンの種類によってチーム分けをするという画期的なものなんです。

ワタシはあまり承知していなかったのですが、AKとM16/M4を比べて、どちらの銃が優れるかというネタでエンエンと言い争うという、「2ちゃんサバゲ板」のあるスレから発生したイベントってワケ。まあその。分からぬヒトにはナニひとつわからんとは思うが(w しかしソコが理解できるヒトには、なんつーか、銃の趣味のみならずミリヲタの属性とか文化嗜好までも問われちゃう、そんなゲームだってのが楽しそうではないかと思われるハズ。

画像は「なま」氏が捉えたゲーム中の決定的瞬間、被弾した直後のラードの図(w 眉間をパキーンと打ち抜かれ(デカいオトが響いて、一瞬ビビるのだ)て、構えた「M4A1」がハネ上がろうとしています。



この記事の続きを読む…
サバゲ・エアガンCM:2

5年半ものあいだ

2008/11/14(金) 21:35:28

P1000769_1024.jpg

先週、「なま」氏との東京ショッピング・ツアーを企画実施したホントの理由は、そのイキヲイにあやかって、ワタシもサバゲ関連グッズを買おうと思ったからなのです。そいつは何かというと、3ケ目のダットサイト
まあその。3ケ目だから少しキヨミズなムードでもあったワケで。ソコを「なま」氏のイケイケ・ショッピング・スピリッツに背中を押していただこうと(w まあその。実際には、ダットのマウント位置が高くなるブツを調達したかったのだ。今まで使ってきたチューブタイプのダットは低くて、サイティングしにくかったからネ。

さて、赤羽の風呂屋のショーケースにぺったりと張り付いて、少し悩んでから購入したのが、画像下の銃「SIG552 SEALS」に載せた「SⅡS」のダットサイト、7,120円也。この「SIG」は近ごろのメイン・アームなんですが、コイツには「トリジコン」のACOGタイプが似合うと思うんです。もちろんレプリカに決まってますが。だって、「Trijicon」のホンモノは、要するにこんなお値段なのである。1ケくらい買ってもイイんだがなァ、なんつって(汁

P1000770_800.jpg

じつはOEMなんじゃないか(同型、価格帯もほぼ同じ。レティクルは違う模様ですが)とヒソカに思っている「マルゼン」製ダットのインプレ記事を、ガンジニアからどうぞ。まあ、性能は同レベルのハズ。
コイツの欠点といえば、画像でお分かりのようにレンズのコーティングがマッカッカに反射してしまうから、サバゲでは正対する敵から格好の目印になっちまうコトだ。見栄えはイイんだけどね。それでも何でもダットを使わずにゲームする、なんてボクは考えられん、という。

今まで使ってきたダットサイト、つまり最初の画像で上側のアサルト・ライフル「M4A1」に載せてるヤツですが、コレはワタシが最初にサバイバル・ゲームで使う装備を、ひと通り揃えたときに買ったモノなのだ。メーカーは同じ「SⅡS」で、もう5年半も愛用しています。
最初のサバゲ用電動ガンが中古で買った「XM177」で、つまりM4とほぼ同じカタチの銃だから、このダット1号はあつらえたようにピッタリと似合うぜ、なーんて自惚れているワタシです(w
オマケにコレはペットネームが「グリーンスナイパー」といい、レンズが緑色なのだ。目立たない。雑木林では隠密性が高くてじつに重宝する。まあその。サバゲの基本スタンスってのは、「撃って移動。撃って移動」。ところがワシのボデーには脂身が大量に付着しているから、イマイチ、軽やかに移動なんかできないから奥が深いワケですねえ(汁

さて、2週間前のサバゲ会場での、ワタシの恥辱にまみれた新たなバカ発見ってハナシを、これはご報告せねばなるまい。なま氏と話しているとき、何かのハズミでダットサイトのサイティングの調整が、ってネタになったのだ。
「まーたまた。ヒトをかつごうとして・・・・(・∀・;)」
「いやホントだってば」
ワタシはライフルスコープとは違ってダットは照準が固定されてると頑なに思い込んでいたのです(w いやもう、そのときまで。最初の「グリーンスナイパー」を買って以来、5年半もの間(汁
「知らんかったの? ええっ。マジで?」
「うん・・・・(・∀・;)」
そういや、コイツのこのデッパリ部分、ダミーっぽいカバーはナンダと思ったコトはあったものの、ソコを開けてみようとは、ついぞ思わんかった。そうしてコインでソレを開けたら、エレベーションとウィンデージという天地左右の調整ができちゃうではないか。スゴイ機能がついていた、ではないか(w いやその。しかし「取説」はキチンと読まねばイカンね、そう痛切に思った秋の午後でした。

サバゲ・エアガンCM:0

5丁目にまつわるハナシ

2008/10/19(日) 23:50:21

といっても、銃に関する件ですよ。5丁目の長モノ電動ガンとなる「M4A1」を、「なま」氏から格安で譲っていただいたのだ。サンクス。7kなのだが、いやその。最近はまるで武器商人のような「なま」氏ルートで斡旋してもらうコトが多いなあ(w

P1000652_800.jpg

なま氏ってばフシギなヒトで、いつも「コンプリート」状態でモノを譲ってくれるコトが無いのだ。「SPAS12」のときはマズル先端のナントカいうパーツが紛失したとかで付いてなかったし、「SIG552」のときはそもそも箱もナニも無く、本体のみ。いや、予備マグと後付レイルなど豪華特典は多かったけどサ。そうして今回は箱など(とノーマルのアウターバレル)は買ったばかりの美麗なモノが付属するのに、なぜか取説ナシ。どうよ(w

振りかえりますとワタシの電動ガン第1号は、5年半くらい前に名古屋「フォートレス」にて購入した中古の「XM177」だったんです。実銃としては、この「M4」の育ての親レベルというべきカービンのアサルト・ライフルですナ。エアガン、すなわちマルイ製電ガンとしては、ごく初期の製品なのでシンプルでオモチャオモチャした銃だった。コイツは今から2年前、最初の「T2c」耐久サバゲ@16時間の戦闘中(それも本陣での敵襲に応戦中)にギヤか何かが噛んでお陀仏、以後は放置プレイ中であるという。

ともあれカタチはだから、じつに馴染み深い銃なのです。リニューアル後の新型だから銃はリアルを追求して重く仕上がっているが、カタチがほぼ同じである「XM177」のために買ったダットサイトも、だから誂えたようにシックリと覗けるワケ。クルマで言うところの「ロングノーズ・ショートデッキ」風スタイルも実にワタシ好みなカッコで、いやはや落ち着くなあ。3本ほど持っている300連の予備マグを引っぱり出した。当時流行ったダクトテープとパラコードでポーチから取り出しやすく加工済みなのだが、そういえば未だに使い切っていないダクテは、この加工のために買ったんだっけ(w

雨がパラつく中、ベランダからコソコソとオモテの空き地に向けてセミで数発、撃ってみた。いやあ、やはりポジションがシックリきますね。風が少しあったから弾道はキチンと見れなかったのだが、問題なんかナイでしょう。ちょっと発射音がカン高くて五月蠅いな。「なま」氏が買って間もないコイツを手放した理由ってのが、首がフニャフニャで気にいらんト。でもナンダ、わが1号機であった「XM177」と比べたら全然OK、首のすわりはビシッとしているけどナ(w 

ところで。
やはり印象的なゲームに参加しちゃうと新しいモノが欲しくなるとか、あるいは知らんコトを調べたくなるっつー向学心らしきものも芽生えるワケだ、ワタシの場合はネ。非常に稀な事態でもありますが(w そうして週末、いつものように「ようつべ」はじめネットを徘徊老人しておったワタシ、ちょっと萌えたコトがありました。
そのネタとは、「スナイパー」について。いやその。24時間サバゲ時、ワシら黄色チームが多勢である赤チームに対抗するために、射程が長くて集弾性も優秀な「M14」を集めて狙撃チームを編成したとかナントカ、なま氏のブログで読んだから少し気になったワタシなのです。wikiのこの記事「狙撃手」なんか素晴らしいではないか。不勉強で、こんな実在した名手を知りませんでした。M2重機関銃で長距離狙撃とか、むーん。カッコいいぜ。
ところが、ココでハタ!と思い出したのが、ワタシが40を超えてサバゲにハマったころに夢中で読みふけったボブ・リー・スワガーの大河小説です。つーか、wikiにも書いてありましたネ、ハスコックがモデルであると。いやあ、ナットクした。え。サバゲ好きのクセして「スワガー」モノを読んだコトがナイ、ですと。ここな非国民めらが。即アマゾンへGO!(w

「狙撃」で思い出す個人的なデキゴトはコレですね。このときワタシは「小5」だったのだが、シージャックという珍しいコトバで事件を記憶しています。この映像についてはニュースで見たと思うのだが、覚えていないのはナゼだろう。それにしてもこの「劇団ひとり」似のヤングは実に鬼畜であって、戦後では初の犯人射殺によって解決した事件とのことです。事後には左マキ方面から訴訟を起こされてイヤハヤであったらしいが、ともかく、この「ワンショット・ワンキル」の好事例(動画を消されぬコトが、すでに奇跡だと心得る)、いろんな意味ですごいコトだと思う。
現代の忍者というような役どころの「スナイパー」の動画が、これまた今ならいくつも「うp」されているんですねえ。見入ってしまった。まずはオススメのこんなのとか。こんなのとか、こんなのもイイぞ。堪能していただこうか。
しかし長射程の銃が1丁、欲しくなっちまうなあ(汁

サバゲ・エアガンCM:4

T2cクヲリティ

2008/10/15(水) 16:59:24

P1000636_800.jpg

さて、連休のイベント、24時間耐久サバゲの参戦記事を書こう。ところで、コレが今回の参加者章と従軍記念パッチだ。ね。「クヲリティ」を満喫できるでしょう。もはやヨコスカ・ダイヤモンド商会で売られていてもフシギではない「デキ」だとは言えまいか。

P1000643_1024.jpg

そういえば「ネギ」というアイテムが「T2c」でのゲームに初登場(今年2月のデザートウニヨンでのコトでした)したとき、ワシら小隊3名ともども、その由来ってのを知らんかったワケですねえ。つまりコレとかコレとか、ですかね。「アラフィー」っつーステータスでネット上での流行を追うのも結構シンドいワケですが、まあその。がんばる(w

P1000616_800.jpg

「T2cクヲリティ」を堪能できるブツを、もうひとつ。晩メシ後に配給された耐久レーション(おやつ)がコレです。MREのパッケージ・デザインを模したウィットがグッジョブではないか。

P1000639_1024.jpg

中身を展開すると、こんなムード。コチラは閉会式でもうひと袋もらったベジタリアン用の「No.2」なのだが、まあ、それはネタで内容は同じみたい。「アラフィー」なラード的(1960年代後半を駄菓子屋での買い食いに費やしたからネ。当時はまだ、5円で買えるブツがナンボもあったのです)には、懐かしくも美味いモノたちでした。そしてアイテムのバリエーションが、実際のMREを良く研究してあるのが見てとれて微笑ましい。粉末ジュースはイチゴ味だが、最初の袋にはパイン味が入っていた。
ちなみに画像中央のフィールド・グリッドマップは、ラミネート済み。コレも凝った作りだ。そうして体育会系チームであるワシら「黄兵隊」は、コレを重用していました。いやその。参謀どもがコレを見ながらアッチで闘えコッチでアンブッシュしろなどと、ワシらを休む間もなくコキ使っていたからですねえ。しかしソレが楽しいと思うワシらも存分にマゾ、そんなムードで(w



この記事の続きを読む…
サバゲ・エアガンCM:0

クヲリティについて語ろうか

2008/10/10(金) 23:59:16

なんと申しましょうか今ごろ先々月末に参戦したサバゲ記事をマットーに記すのも気が引けちゃうワケですんでゴマカシながら静々と、GO!(w

P1000376_800.jpg

会場は、およそ2年ぶりくらいとなる「UNION」でした。通称ウニヨン「無印」。幹事は「DQN」氏。集まったモノズキは70名弱。会を重ねるごとに参加者数が膨れるコト、それが「T2c」クヲリティ。

P1000383_800.jpg

戦闘を開始して2ゲームほど遊んだら、ニワカにスコールが襲来。幹事団は慌てず騒がずインドア・フィールドに会場を移動する。臨機応変な対処、これが「T2cクヲリティ」。

ところが「ウニオニンドア」ってば、30名くらいで遊ぶのが適正な規模の建物であって、ソコに70名近くをブチこみますと、「プライベート・ライアン」冒頭の30分もかくや、そんなムード。なすすべも無く狩られまくる(汁

そういえば、今年の8月後半は度外れたスコールが頻発したっけね。この日の前も実施が危ぶまれる悪天が続いたと思う、すでに記憶が不確かですが(w それが一転、ごらんのような「漢晴れ」に。奇跡である。どんなご利益なのかト。これもきっと「T2cクヲリティ」。

P1000384_800.jpg

ふたたびアウトドア・フィールドで布陣を展開。しかしまあ、蒸し暑くてネ。ゴーグルが曇ってヤブ蚊が多くて、モチベーションはヘロヘロ。

P1000387_1024.jpg

久しぶりの「ウニヨン無印」は、大幅に大道具の造作の密度を増していました。かつては、わりとスッカスカなイメージのメイン交戦場でしたが、遮蔽物を伝って進軍できるレベルになっていたワケですねえ。こいつは楽しい。
フィールド中央をジワジワ進んでいると、おそらくビギナーさんの味方一小隊がいる。そいつら、なんとなく敵数名がアンブッシュしている気配がマンマンのクセして、ジッと動かないのネ。だからワシ、バリケからずずいと飛び出してバリバリ撃ったんです。そしたら2名ほど即狩れたんですがネ、「なんてテクニシャン…」とかナントカ、ボクのことをウワサしているんですねえ。むは。ソコのヤングよ、これが「T2cクヲリティ」。

P1000389_800.jpg

けっこう濃密なゲーム数をこなして、昼メシタイムに。牛丼定食は美味かった。
いやまあ、ゲーム詳細を思い出すとか記述するとか、すでに有りえないから、またまたクラウンさんの秀逸なレポを内緒でペタリと。いつもすいません。お世話になってます。

P1000390_800.jpg

もう秋ですから違和感バリバリかとは存じますが、対戦車氏ら幹事団が「カキ氷」セットをもの凄い量、ドカドカと搬入していたんです。画像右側のデカい発泡スチロール10箱くらいの氷だったような。

P1000391_800.jpg

まるでスパルタ人のようなカッコをしたヒトは、もちろんスパルタ人のバッズ氏。このノリ、当然ながら「T2cクヲリティ」。

P1000393_800.jpg

何杯か、ごちそうになりました。手製とおぼしきボウル2杯分のアズキおよび練乳を贅沢に乗っけた宇治金時、サイコー。もちろんこれが、「T2cクヲリティ」。

さて。
いよいよ明日、一年を通じて最大の祭りである「24時間耐久サバゲ」が、おっぱじまる。ああもう、楽しみでならん。長くハゲしくネタ満載の秋の好日です。まあその。ヨレヨレのひどい目に遭うと決まっているワケなのだが、抗えない魔力があるのです。それこそが、「T2cクヲリティ」。
明日に備えて、寝るか。


サバゲ・エアガンCM:2
ホーム全記事一覧次のページ >>

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。