ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


04月 | 2007年05月 | 06月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

サバゲの長い夜

2007/05/27(日) 18:57:33

先週の週末は、いつもの「Team2ch」主催サバゲに参加しました。
今回は「SPLUSH」での夜戦でした。そう。昨年9月の16時間耐久ゲーム以来となるフィールド。土曜の夜から日曜の夜中まで、そんな日程です。

DSC03153_800.jpg

なま氏と「TamTam」で待ち合わせ、糧食も買いだしてからフィールドへ。20時にゲーム開始という予定ながら、17:30に現地入り。もちろん一番乗り。そうしてワシラの真上を雷雨が通過中。雨粒が見えてるネ(汁 屋根つきのセイフティで助かった。

DSC03152_800.jpg

いきなり気温がグッと下がった。ビール(もどき)が不似合いなほどですよ。これから夜が長い。メシは念入りに喰っておかないとネ。

DSC03157_800.jpg

スコールは間もなく去っていき、参加者が集います。「T」氏と「なま」氏。

DSC03155_800.jpg

そうして「なま」氏がマルイの電動ニュー・モデル「スコーピオン」を買ったとか何とか嬉しそうな様子に呼応した「T」氏、自分のスコーピオン・コレクションをドサッと持ちこんできました。にわかに「蠍祭り」が展開。アホス(w

さて。20:50ごろ、最初のゲームがスタートしました。参加者は30名弱、だったかナ。幹事さん支給のサイリウムの輪っかを背中側に装着。これは味方に撃たれないため。ワタシらは赤、敵軍が黄色。ホノカな明かりながら、夜のフィールドでは目立つモノです。

ちなみに雑木林の傾斜地が主体であるフィールド内には、照明が各所に配置、点灯されています。これがクセモノで、けっこう眩しいんだ(汁 照らされた場所を通り過ぎようものなら、スグに敵に見つかってしまうし、暗い場所から明るい方を索敵していると目がクラクラする。アンブッシュする場所とか進攻ルートは、神経を配らねばならない。つまり十分にゲーム性が高く、面白いというワケなんです。

また、あれほどのスコールが降ったワリには地面が滑る場所は少なく、ラッキーでしたね。
http://www.sky.sannet.ne.jp/pintail/splash.htm

DSC03160_800.jpg

まあその。夜戦であるからして、なかなか写真を撮る機会はナイですよね。この画像は、長めの休憩時に、とあるインドア・ゲームで撮った動画を参加者に強制で見させる「対戦車猟兵」氏。うれしそう(w ビデオに登場するエアコキ・ハンドガンの神がかった早撃ちシューティング・シーンにビックリよ。

夜が更けゆくにつれ、さすがに小食なワタシといえども小腹が空きます(w そんなボクに「うまい棒」だの「ベビースターラーメン」だの「ドクターペッパー」だののステキな糧食を提供してくれる神々がおわす。いやはやゴチです。

DSC03158_800.jpg

こりゃ何かといいますと、つまりゲームから戻ってきて、背中から「ユゲ」を出しているホットなワタシ、です(w 「なま」氏が面白がってるんだもん。残念ながら、やっぱ写ってなかったけど。しかし妙な気候でしたね。吐く息は白いという気温ながら、湿気でゴーグルとメガネが曇りまくる。ソローリソロリが移動の基本でしたね。

そんな何回目かのゲームで、ついにワタシもやりましたヨ、フラッグ・ゲット!現在のサバゲ遊びの体制になって、初めてだ。ヤホーイ(w でも実際は連携で迂回進攻していた「対戦車猟兵」氏に助けられたようなもん。フラッグ真下に最後の敵がいて、モスカート(何十発も1回で発射するグレネード弾ですねw)で仕留めてくれたから、ですね。撃たれたヤシも気の毒だが(汁

DSC03161_800.jpg

日の変わるころまで、みっちりとゲームを回し、その後はマッタリ・モードに。夜戦運営に慣れてる幹事団、そんなムード。「スワンの兄貴」氏がお夜食を配給しています。 

DSC03162_800.jpg

具沢山の豚汁です。いやはやウマイこと。ごちそうさま。昼のゲームのときよりも参加者は和気あいあいとしているナ。まあその。モノズキの極み、ではあるからねえ(w

DSC03165_800.jpg

徐々にネタ・ゲームが投入・展開されます。これはエアコキ・ハンドガン戦にて。まあ、あまりタマが飛び交わない状況だから、ちょっと1枚撮ったりして(w 

それからもセミオート戦だの狐狩り戦(このときはワタシらは休養していた)だの、最後の「3発戦」においてはフツーに日中のタタカイだったが、おっとこれは内緒のハナシであります(汁 ハゲしく満腹。次回ゲームは梅雨明けごろの開催予定とのことですが、ワタシはもう、楽勝で待てますネ。

スポンサーサイト
サバゲ・エアガンTB:0CM:8

野郎メシの日

2007/05/26(土) 23:56:58

DSC03174_800.jpg

ヨメとムスメが不在の週末なのです。おお。なんてフリーダム(w
雷神氏から有名店「ちばから」のラーメンを昼メシに喰いに逝こうと、グッド・タイミングに誘われました。昼前に晴天の市原市某所に集合。Kaz氏もバイクで駆けつけました。

DSC03172_800.jpg

いわゆる「二郎」系です。あのゴーツクな盛り付けかたというワケ。
ワタシの注文は「ラーメン(豚2枚入り)麺マシ」。初回なのでシンプルなオーダーにしました。それでも結構なボリュームだと思う。トシのワリには食欲旺盛と思っているワタシだが上には上がいると痛感するんですよネ、こういうトコへ来るとサ(汁 しかし無料トッピングをくっつけまくったらスゲー目に遭いそうですナ。ワタシもオトナになったものよ(w 極太な麺に濃い目のアブラがワタシの好み。半ばからは「喰いきる!」コトに主眼が置かれ始めたりして、味わってなかったかも知れませんが。
http://www.ramendb.com/shop/4227

DSC03182_800.jpg

散髪に行ったりバイク屋でオイル交換して時間をツブシても、なぜかその、まったくハラが減らん(汁 爽やかなわが家のベランダでビール(もどき)を飲みつつ、「ドンキ」で買ってきたチャレンジ・フード、グリコ「LEE辛さ×30倍」をチェック。278円と高価ですが、「相当なヤツである」と巷で評判なのです。

DSC03184_800.jpg

今晩は、カレー・スパ。演出用に、なぜかコッヘルでパスタ150gを茹でるワタシ。もちろん「40倍に挑戦できる辛さ増強ソース」をビシッと投入して40倍化(w

DSC03187_800.jpg

さて、喰います。パッケージの箱には「この辛さをあなどることなかれ」、なーんて書いてありますが、いやその。それはマジだった。どえらく辛い(汁 汗、ナミダ目はもとよりハナが出てくる辛さなんか久しぶりだよ。もちろん完食しましたが、味わってるヒマはなかったナ。ビールが完全にチェイサー化しました。

しかしアレだ。昼はボリュームで、夜はホットさでガッツリと。
ああ。野郎メシ(w

きょうの出来事TB:0CM:4

テーマ・カラーの酒

2007/05/20(日) 21:55:12

DSC03170_800.jpg

昨日の夜から今朝まで、完徹でサバゲをしてきた。

まあその。ヘロヘロです。
トシとるとツライんだよなあ(汁
いやその。もちろん楽しいんだけどサ。

ダッシュで帰宅して、6時間ほど爆睡。
いや、2度ほど小便に起きたワケですが。
徹夜で起きていたときより満タン・ローテーションが早いぞ?
頻尿の、バカ。

トシとると、あちこちガタガタなんです(w

そうして近所のスーパー「カルフール」で買ってきた今週のサケ。
「二階堂」、ワタシの好みだ。

ムギ焼酎が好きってこと。
このキリッとした味もイイ。
ラベルのデザインもステキ、なんだな。

お気づきかも知れないが、ワタシはオレンジ色に惹かれるのだ。
テーマ・カラーと思っている。
すべてオレンジだと、そいつは少しケバすぎだが。
紺色にオレンジが「差し色」というパターン、これが最高。

スカッと五月晴れのベランダで、梅干入りソーダ割りをやる。
つまみは、これも好みの「ジャイアント・コーン」。
むは。うめえ。

いやその。まだ17時前だったけどネ(w
これだけは買わせろTB:0CM:10

初夏の絵日記

2007/05/17(木) 16:58:39

某月某日

DSC03113_800.jpg

今年はじめてキックボードを蹴っ飛ばして、自宅前の海へ。

とりあえず半ダースで576円也のビール(もどきw)をすすりつつ、今さらながら「東京タワー」(扶桑社、リリー・フランキー著)を読み始めます。じつはムスメの誕生日に贈った本。ようやく読了してワタシに回ってきたワケですが、いきなり読めないコトバがあったりして難しかったとのコメントあり。それはつまり「独楽」という語句でした。ルビなし。そりゃ「中2」にとっては難しいかもね。思い出した。ムスメと同じ年ごろのころのワタシ、当時大ヒットしていた井上陽水のアルバム・タイトルでこのコトバの読みかたを覚えさせられたもんです。「二色の独楽」と云いました。

DSC03114_800.jpg

午後になると、カイト・ボードが空に咲きます。小説はすぐに放っぽって、短パン一丁での昼寝が、もうココチ良すぎ。

某月某日

DSC03133_800.jpg

マロニエの花咲く街角で、わが家では初体験となる「フリマ」に出店します。

DSC03117_800.jpg

ただいま開店準備中。「ベイタウン祭り」は毎年この時期に行われる街のイベントです。フリマと飲食の屋台出展、あとはバンド演奏とか「ロッテ・マリーンズ」のチアリーダーズによるステージなどですね。で、店番しているとき、そのおねいさんたちがエロ健康的(ヘソだしパンチラ系ねw)なカッコで「見にきてネー」なんて営業しに来る。ついフラフラと付いて逝きそうになりました。なまねこなまねこ。

DSC03125_800.jpg

売りさばくブツは、ムスメの昔の子供服。ワタシの「DOA」フィギュアとかエアガンとか昔むかしの蔵出し「GORO」とかは、死んでも持ち込むなとヨメにクギを刺されておりました(w いやその。いい値がつくと思うんだけどナ(汁

DSC03130_800.jpg

これも恒例のBMW展示会。手前は「Z4Mロードスター」。343ps、837まんえん。うぐぐ。いまはオープンにするには最高の季節ですわな(汁

某月某日

DSC03143_800.jpg

千葉に多いスーパー「Mr・Max」の酒コーナーが、ワタシにはうれしい品揃えなのです。サラサラ飲めて少しスモーキーな味わいのウイスキー「カナディアン・クラブ」が税込み978円で買えるから。同じくセカンドベストに位置するバーボン「アーリータイムズ」も同価格。グッジョブ。こいつらをソーダ割りでヤルのが好みです。

ココの近所には「河内屋」という総じて安い酒スーパーがあり、500㍉のソーダが92円。これ1本で4杯、一日の酒量としてはワタシには十分。以前からソーダ割りのアルコールが好きですが、これからの季節は「ズブロッカ」もイイです。たしか1本670円程度と安い。薬草入りでスパイシーな味わいのウオッカをソーダで割って氷ドカドカ。おお。こんなコトを書いていたら、今晩、ベランダで一杯やりたくなってきたぜ(w

某月某日

DSC02747_1024.jpg

いつも夕焼け写真の背景にしている桟橋から、逆に見てみる。手すりが部分的に飛んでいるのは、もちろん波がさらっていったから。

そんなある日、ワタシのココロをさらったネット記事がありました。
http://2log.blog9.fc2.com/blog-entry-1872.html
こんなのでビックリしたり、痒くなったり(汁

こんなので「おいおい。すげーな、この娘・・・・(・∀・;)」と思いきや、しかし良く
できてるもんで、最後にホロリとさせられたり。
http://blog.livedoor.jp/blog_ch/archives/50852406.html
http://blog.livedoor.jp/blog_ch/archives/50852778.html

要するに「VIPPER」ですから独特の文法が最初は違和感を覚えるかも、ですが、ナニすぐに慣れます。そう。アナタも「VIPPER」に(w

某月某日

DSC03150_1024.jpg

最寄りの「ブックオフ」で、ひさしぶりに「3丁目の夕日」を2冊ゲット。新たなヤツを手に入れられたのは半年ぶりです。うれしい。なぜなら今ではごらんのライブラリ、持ってない号を見極めるのもタイヘンなんです(w でも、いまだダブリはナシ。パッと一瞥すれば分かるほど各作品を読みこんでいるから、とも云えますね。

DSC03148_1024.jpg

すべて1冊105円。基本は歳時記によるエピソード編集です。ワタシはホントにこの原作の世界観が好きなんです。今秋には、映画「ALWAYS」の続編が封切られる予定。そういえば今年はじめ、このサイトで「仕出し」つまりエキストラを募集していたんだよなあ。映画館の観客役のね。ちょっと真剣に考えたワタシ(w
http://www.always3.jp/

同じ路線でキュンキュンさせられる懐かし系の素晴らしいサイトを、あわせてご紹介しておきましょう。
http://homepage3.nifty.com/ctengoku/index.html

きょうの出来事TB:0CM:0

旅の持ちものガイド その5 「注意」「基本」「雑品」について

2007/05/15(火) 18:52:07

DSC02169_1024.jpg

ツーリング装備のリスト、最終回として、ドカッとご紹介しましょう。

ワタシがこの記事を書くにあたって参考にしているエクセルの手製「装備リスト」、これは20年前に手書きの一覧表を作成して以来、何回もブラッシュアップしつつ現在に至っています。

そういえば高校生の時分に雑誌「山と渓谷」で読んだ記事の文句が今でも思いだせるんです。山行前に荷物を準備するときの「心構え」といったもので、およそこんなムードでした。

「初心者は必死に持ち物を考えて準備するから忘れものをしない。中級者は慣れているから忘れものなどしない。上級者は忘れものをしても何とか対応できるから困らない」。

名言かもな。ワタシの場合は、このリストを軽くチェックすればOKです。だいたい大モノなんかはバッグに仕舞いっぱなしだもんね(w 「ウカツだった」などと後悔しやすいのは、ちょっとした小物ですね、実際は。エレキの乾電池が無くなりかけだったのを忘れてた、とか。

そんな備忘録的な内容も含めてカキコします。笑わずに読んでいただきたい(w



この記事の続きを読む…
ラード的「野宿」指南TB:0CM:0

旅の持ちものガイド その4 「工具」「医」「雨」について

2007/05/13(日) 23:52:14

DSC00440_1024.jpg

さて、ツーリング装備についての記事、第4回をお届けします。

ワタシがオフロード・バイクに乗りはじめて、ちょうど20年が経ちました。間に空白が10年ほどありますが、XLR250R、TT250Raidと、現在の愛車XR250Bajaの3台で、合計6万Km近く走行しています。そうして、そのオフ車キャリアの中でパンクした経験が1回も無いんですよ、ワタシは。田舎のギトギト県道、町道はじめけっこうな距離のダートも走行しているんですけどね。もはや「パンクの神」が常に傍らにいらっしゃるとしか思えぬ。いやその。正確に申しますとパンク阻止方面の神さま、ですね(w 

いつの日か、そんなワタシがパンクするハメになるときは最低の条件下で起こる、そーいう予感もある。たとえば夜の雨中の高速道路上でクギを拾う、とかね(汁 むは。考えるだに怖ろしい。おっと。もちろん今まで、パンクどころかツーリング時でのメカ・トラブル、ケガや急病も経験はナイです。これはラッキーな旅人生と云えるのではないかと。



この記事の続きを読む…
ラード的「野宿」指南TB:0CM:4

旅の持ちものガイド その3 「衣」について

2007/05/12(土) 23:57:03

DSC02092_1024.jpg

林道野宿旅のワードローブはシンプルだ。「行動時」と「くつろぎ時」の2系統。行動時の場合は「本格スタイル」と「お気楽スタイル」のどちらかで旅をする。これに「寒暖」という季節対応を加味するワケだ。

当然ながら寒い時期は持ちものが増える。なによりガサばって仕方がない。でもまあ、工夫の施しかたもある。あわせてご紹介していこう。



この記事の続きを読む…
ラード的「野宿」指南TB:0CM:4

旅の持ちものガイド その2 「住」と「食」について

2007/05/06(日) 16:55:35

DSC01236_1024_800.jpg

旅なれたヒトはさておき、このオフロード・バイクによるキャンプ・ツーリングという装備ラインナップ、ジャンルごとに分けて考えると理解しやすいでしょう。

ワタシの場合、合計10ジャンルに設定しています。こんな仕分けです。
「注意事項」
「基本」
「住」
「食」
「衣」
「雨」
「工具」
「医薬」
「雑品・バイク行動用」
「雑品・野宿用」

今までワタシの最長のツーリング期間は、せいぜい9日間です。リーマン的には限界かと。平成初期の夏の北海道旅でした。大阪・伊丹空港からバイク(XLR)ごとヒコーキに乗っけていくパック旅行。これを3年連続でやりました。あのころワシは若かった(w まあ、当時と現在の違いはアメニティ装備がアホみたいに増えたコト、ですがね。テントやストーブは同じものを今でも愛用してます(汁 1泊でも数泊でも、装備の違いはガスボンベの本数と着替えの枚数くらいですね。

まずはメインの装備である「住」「食」からご紹介します。



この記事の続きを読む…
ラード的「野宿」指南TB:0CM:7

旅の持ちものガイド その1 ウザい前書き

2007/05/06(日) 13:04:49

DSC03048_800.jpg

ワタシの野宿ツーリングの装備内容を、読者諸兄に晒していこうと思います。

今まで、そういった分かりやすいノウハウ伝授ってヤツ、意図的に避けてきたんですけどね。なんかオノレのパンツをずり下げるようなイメージがあったので。まあその。勝手な妄想ですけど(w

ヒントになる部分でもあれば、取り入れていただきたい。

おそらく「林道野宿ライダー」というカテゴリーに分類されるヒトの装備情報は、少ないんだろうナと考えます。たとえば「キャンプ ツーリング 装備」なんてコトバでググると、すごい数の情報がヒットしますが、たいていは通りいっぺんの内容ですからねえ。ピンポイントなヒントが欲しいモノズキもいらっしゃるかと(w

DSC01280_800.jpg

さらに、ワタシは焚火ファンであり、一筆書きルートという「流れ旅」を好む。もう超レア者と申し上げてもイイのではないか(w つまり、野宿装備の中には火遊び用のグッズ類を忍ばせており、また、ベースキャンプを設営して周辺の林道をカラ身で走るコトもしない、いまどき珍しい旅を行う野郎の装備リスト、そう心得ていただきたいものです。
ちなみに上の画像は昨年3月時の仕様です。ちょっと古い。エアガンに見えるブツは仲間うちではカラス除けと呼ばれております(w

DSC00431_1024.jpg

さて、オンロード専門のバイク・ツーリングと、ワタシの装備における決定的な違い、それは「積載の方法と工夫」にあると、以前にも書きました。2006年6月14日の記事を読んでね。それはドンガラ道でも荷物がズレないようなパッキング法であり、また振動・衝撃でも装備が壊れないようにする工夫です。もちろん装備の総量は少なく軽いほうが危なっかしい林道走行ではイイに決まっています。

走りやすさとアメニティ(快適)装備のバランス取り、パッキングの工夫、これがキモ。以下、ご紹介していきましょう。

ラード的「野宿」指南TB:0CM:2

テンコ盛り「GW」キャンプ・ツーリング絵日記(後篇)

2007/05/04(金) 00:22:04

DSC03096_800.jpg

千代田湖キャンプ場にて。ムギ焼酎を飲みすすめるワタシ。




この記事の続きを読む…
バイクの旅TB:0CM:8

テンコ盛り「GW」キャンプ・ツーリング絵日記(前篇)

2007/05/03(木) 23:54:05

DSC03064_1024.jpg

御座松キャンプ場にて。

当初は「なま」氏と、ある「オフ会」に参加してみようかで計画がスタートした今年のGW旅だったのだ。紆余曲折を経て、友人「M」氏を加えて以下のオリジナルな旅コンセプトを高々と掲げるに至った。つまり、

テンコ盛りの昼メシに躊躇なく特攻、ラード・セレクションの爽快林道およびステキな野宿地、そうして焚火でビールは外せない。ゆったり読書もしたいもんダ。エリアは高遠から伊那、白州あたり。2泊くらいか。まあ、かくも内容がテンコ盛りかつ大ざっぱな予定を描いたのだけどね。そんな旅の絵日記をご紹介しよう。



この記事の続きを読む…
バイクの旅TB:0CM:2
ホーム全記事一覧

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。