ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


05月 | 2009年06月 | 07月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ふたつの至芸

2009/06/30(火) 23:55:16

DSC02389_requiem.jpg

先週、マイケル・ジャクソンの訃報に接して、あらためてビックリしたことがある。それは、「ヤツとは同学年だった」っつーコトですネ(汁 いやその。同じ人類とは思えぬ。いろんな意味で。ワタシの「同期」にはビッグ・ネームが多いのです。アイルトン・セナとか、わが国のプリンスとか(w
マイケルの音楽にワタシは思い入れなど大してないのだが、人の死という厳粛な出来事からインスパイアされた、ふたつの弔辞という「至芸」をご紹介させていただこう。

まずは、上岡龍太郎さん。
いかがですか。毀誉褒貶がハゲしかった長年の盟友・横山ノックへの送る言葉だが、ワタシはグッときたね。話芸の極致ではないだろうか。今世紀に入ってから完全に芸能界を引退している氏だから、出だしは多少の滑舌の悪さはある。しかし、この素行の「悪さ」も良さと転換して褒めて褒めて笑いをとる、起承転結のエッジがビシッと立ったスピーチの巧みさは、どうだ。とくに3:30からのドトーのたたみかけ具合は、どうだ。一転して落とす、その心情の吐露はどうだ。キイキイ騒ぐどっかの赤ンボすら、その時は静かという奇跡のスピーチではないか。

次は、タモリさん。
恩人・赤塚不二夫を悼む言葉。これは編集が巧みなニュース動画なので、まずはコチラをご紹介してみた。弔辞の完全版もあります。
この中で、「歌舞伎町の裏の小さなバーでライブみたいなのをやっていたとき」とあるが、これは「ジャックの豆の木」という店で、ちなみにココが閉店(1976年7月、タモリのメジャー・デビュー直後)したとき、店の常連たちで催したお別れ温泉バス旅行ってのがハチャメチャだったワケ。タモリはそのころ、とくに深夜系のTV番組に出まくっては「中州産業大学」教授コスで黒板にチョークで四角を描きながら「いまオレ、マスかいてんだ」などと言い放ったり、4ヶ国語マージャンなんつー至芸をブチかましたりしていたワケです。
おっと。ここでマイケルの曲をお聴きいただきながら読み進めていただこうか。といっても彼の最初期のキャリア、「ジャクソン5」の屈指のバラード、「I’ll be there」。いま聴くと泣ける歌ですなあ。

ところで、ナゼそんなこまかいコトを知ってるかというと、そこらへんの事情は当時ワタシが入れ込んでいた作家・筒井康隆の日記「腹立ち半分日記」に書いてあるから。筒井氏は赤塚先生と同じく「タモリの発見者」としてマスコミによく取り沙汰されていたのだった。
弔辞にあるように、皆で切磋琢磨しながら芸を磨いて、当時「全冷中(全国冷やし中華連盟)」会長職にあった筒井さんの仲間であるジャズの山下洋輔トリオの公演の幕間でコントをやったり、氏が1年間ほど編集長を任されいたカルト雑誌「面白半分」に連載エッセイを書いていたりしたのだが、締め切りに間に合わず、原稿をオトシて4頁ほど「白」で発刊したという出版史に残る偉業を果たしたり(w うーむ。しかしワタシはこの号を持っていたのだ。実家に置いていたのだが、いつの間にやら捨てられた(汁

その後、このときタモリは白紙を読んでいたのではないか、という話題がネットで飛び交った。しばらくしたら本人も白紙だったと認めていたね。それはやはり、芸だ。トツトツと文面を棒読みするように見せて、実は諳(そら)んじているという至芸。上岡サンの「お別れの会」とは違って告別式という場であるから、カンタンに笑いを取るハナシへは持ち込めないだろうし、またタモリの本質も作用するのだろう。「陽」なスピーチに対して「陰」の弔辞、そんな印象です。でも、最後の「私も、あなたの数多くの作品のひとつです」、こう言い切った強固な師弟関係には、ハゲしく憧れるものもある。

昨夏、この弔辞をテレビと「ようつべ」で見たその翌日が、イイデ・バックパッキングの出発日だったのです。北関東の「なま」氏宅へ愛機「Baja」号を走らせながら、ナゼかこの印象的なフレーズが脳裏でリフレインし、そのクセ休まずにバシバシ走らねばならん(寝坊したからサw)という妙な朝で、これからもコトあるごとに断片を思い返しそうなエピソード、そんなムード。
スポンサーサイト
ア・ラ・カルトCM:0

二種混合のGWキャンプ旅(後篇)

2009/06/22(月) 23:58:53

みなさま、お久しぶりでございます。
潜伏ひと月半、ついに浮上。ようやっと続篇を「うp」!(w

【日曜日・続き】
9:20、温泉をデッパツ、R20を南へと流れます。それにしてもウチのストレート・シックス、こういったツーリングだと異常な好燃費を叩きだす。ふだんのチマチマした街乗りだと60㍑のタンクが350kmでカラになっちゃうのに、今は400km近く走ってまだ4分の1を余していたりする。ナゼかは知らねど、さすがゲルマン(w
コレもいきつけのスーパー、韮崎の「OGINO」で追加の食材(ココでしか見たコトがない食材「鳥のヒザ軟骨」が美味いんだ)と、ついでに昼メシ用の弁当を買い、車中で喰う。

そこからR52に分岐し、聞くのも恥ずかしいネーミング、南アルプス市へ入る。そしてK413を西へ、山岳林道へと向かう。今回の「トレキャン」の目的地、櫛形山「ほこらキャンプ場」へ辿りつくためには、舗装林道を中腹まで、ついで登山道を小一時間ほどガシガシ登るパターンか、あるいは、さらにダートの林道をクルマで上がって標高1900㍍くらいもある駐車場から櫛形山頂を巻く水平軌道を90分ほどトコトコ歩くか、そんな「二択」なワケです。けっこう悩ましいのだが、シティ・ボーイのボクは登りよりも水平をチョイスしてみた。

bmw.jpg

しかし車高がえらく低いマイカーにとって、このダート(丸山林道支線・池の茶屋林道)は緊張の連続だ。ちょっと後悔。いやその。「Baja」号だったらテールを流しながら10分くらいで走りきれる道なんですけどネ。ワダチには決して入らないよう(ハラを擦るどころかアゴを割っちゃいそうでビビる)に、「W」状にエグレた未舗装路の頂点部分を選んでノロノロ進む。

P1010929.jpg

林道からは白峰三山を遠望できた。

P1010931.jpg

12:00、林道終点の駐車場に到着。標高は1,900㍍もある。あらためて身づくろい。50㍑のザックはパンパンだ。基本装備はいつもどおりなのだが、供出用の炭(100均のヤツだけどサ)とか「二階堂」750mlかと「アーリータイムズ」400mlとか、ハイボール用ソーダを1.5㍑分とか。

P1010936.jpg

トラバース道はこんなムード。20kgくらいあるザックが重い以外は快適なルートだ。

P1010940.jpg

前日と比べると気圧は下り気味だが、富士山がヒョッコリ望めるポイントがあるから気分ヨシ。

P1010937.jpg

良く整ったルート上で、いちばん荒れていた場所ですね。残雪も少々。

P1010942.jpg

「ほこら小屋」目前の苔むしたムードの良い森を少し下ると、今宵のキャンプ・サイト「放置村」がある。

P1010944.jpg

到着は14:00。すでに本日の参加メンバーは集結済みのようだ。あちこちのブログで見てきたヘンタイなテント(とかシェルターとかほとんど日除けとかw)がいっぱい。壮観なり。

ナニを今さらですが、改めてこのイベントをカンタンにご紹介してみよう。
おっと。グッジョブな「BGM」を見つけたので、コレを聴きながら読み進めていただければと。各国の無名ストリート・ミュージシャンによる「Stand by Me」。このギグの世界観が似合ってると思うんですが、どうだろう。

さて、キッカケはこの人、いまるぷ氏。そしてこの記事だ。というか、春にケガを負った氏の快気祝いを「幕営団」と「放置民」軍団が合同で、「トレキャン」スタイルで行うというもの。2グループともに基本が「ナチュブロ系」であるものの、こういった大々的なオフ会は今回が初めてらしく、皆さん気合い十分。
おっと。ホーチミンとか幕営団とか何だそりゃっつー読者諸子は、以下にリンクした各参加者のブログをキッチリ読み込むべし。ここな不心得者めが(w

ついでにROMってるヒトたちも来てネ、なーんてワタクシを誘ってくれてる(自意識過剰w)。「むーん。コレは参加したい…」と悩みました。こういうコトって、早いほうがナニかとイイわけで。でもなァ、ジジイだしナ、とか、また酔っぱらってヒンシュクをビシバシ買いそうだしなァ、とか(じっさい、買った模様だw)。
けっこう長い間モンモンとしたんですけどね、思いきって参加表明をしたんです。

P1010947.jpg

15:20、いよいよ乾杯。
この日の参加者は、到着順に、
nut's氏
いのうえ氏
バードメン氏
とらじ氏
じん氏
いまるぷ氏
emon氏
kimatsu氏
tori‐bird氏
IK氏

P1010950_20090506234217.jpg

犬連れ(賢い黒犬)でやって来た「じん」氏がこさえた入魂の豚汁に集う。そういえば、お天気は晴れてるような曇りのような。この夜は温暖で風も無く、標高1, 800㍍のココ「ほこらキャンプ場」でもTシャツ+長袖ポロシャツ、夜半はフリース・ジャケットを加えて十分だった。

P1010952.jpg

具だくさんで美味いこと。この「元」山ヤ系である「じん」氏の装備ってのがワタシにはストライクだった。とくにテントですね。なんとワタシが現役山岳部時代の「エスパース」(入口が吹き流し仕様)で、昔のままの茶色いカーボン・ポールなんだもん。ワシらのは4人用だったというサイズ違いだけだ。どんだけモノ持ちが良いんですかト(w 懐かしくて、ちょっとナミダが出た。

P1010949_20090506234213.jpg

発起人の「いまるぷ」氏。未だリハビリ中の右腕が不自由ながら明るいったらない。ひとつはウイスキー・パワーなんでしょうが、ぺたりと正座して「嬉しいんですよォ」などと感激しまくっていた。自身のブログで表す豪放なキャラクターとは、ずいぶん違う。ナイスガイなヨッパライでした。もうちょい、おハナシしたいところだったのだが、氏は早々に酔いつぶれテントに消えていた。

ところが、ですね。ワタシはこのイベントで基本的にはスベりまくったワケです(汁 まず「放置村」に到着したとき、ラード的鉄板ご挨拶「オバンです。オジンですが。ラードです」、コレをまず外角低めに外した。ヘンなコト言わなきゃヨカッタか。次に水場で冷やしていたビールを皆でピックうpに行ったとき、ラード的鉄板コメント「ボクのルービー、チンカチンカかなー?」をビーンボールに取られた。英語ができないという某アルファブロガーから鼻で嗤われた。むは。デリケートでナーバスでナイーブでセンシティブ、オマケにシャイなあんちくしょうのボクはノックアウトじゃないですか(w

P1010957.jpg

つぎにラード的鉄板おつまみ「鳥ナンコツ」のカリカリ炒め、およびベーコン炙り焼きでスベった。ちょっと一味唐辛子などをブッカケすぎたかも知れんが、皆さん無反応(w くくく。他にキラ星のごとく美味いサケのツマミが登場したから、まあその。仕方ないんだ。そう思おう。ヨシ。次回は「デス・ソース」を持参してブチかまそうじゃん。

P1010959.jpg

だもんで「ヨシ、今だ」「スベりついでに聞いてやれ」とキヨミズったワタシを誰が責められようか(w 二階堂ソーダ割りグビグビのイキヲイを借りて、懸案の「ネタ」をおっかなびっくり(いやホント)投下してみた。まずは聞きたかったコトで、ココに集う皆さんは「ハタチくらいのとき、何をしていたのか?」です。

このココロは何かというと、アウトドア遊びの属性を持つメンズで、とりわけ「トレキャン」などというちょっと珍しい志向を持ち、そのための装備たち(オートキャンパーとはマッタク違うからね)を揃えるモチベーションとサイフ(このハードルはもともと高いのだが、コアなヒトたちはレアな輸入アイテムでさらに自ら押し上げている)を持ち、また実践するという(ry

いやその。うおっほん。こういったヤヤコシーことなんぞ触れようとするから、筆が止まっちゃうのネ(w このへん、いずれ、いつのまにか記事がデップリと書き足されているコトになりますんで、乞うご期待、ただしユルリと。断片だけ、ペタペタと貼る。

・・・

すでにムギ焼酎を牛飲していたんで、このへんのインタビュー内容を実は忘れているんだ(汁 

ぶっちゃけて言うと、「30歳とか40歳になって、いきなり幕営登山を始めたキッカケって、なに?」。年齢や世代に関係なく、不変のベクトルがあるかも?
それも「山ヤ」系ではなく。

・・・

つーか、「山ヤ」代表などと括られる、明快に区分されるってのも心外ですし。「旧人vs新人」という構図のみでもないとも思うワケで。だってワシの場合、もう四半世紀以上も昔の「元」山ヤだかんね。「山系バックパッカー」と呼んでいただきたいなあ、ラード的には。あっ。その記事をまだ書いてないからか(w

ここに至るアウトドア・スキルのアプローチは多彩である。元アルピニストからデフュージョン系、とか。なかでも「Ike」氏が、こういう趣旨のオフ会に参加「できる」人柄としては異次元の山行キャリアで、お山の大将的に無条件で脱帽。とくにエルキャピタンのノーズとか積雪期の一ノ倉「3スラ」をやっつけているワケで。

・・・

ワタシは彼らの遊びの「キリクチ」に、リスペクトしている。
ヒントや、楽しみつくそうというスタンス、などにリスペクトしている。
それらをワタシは毎日、オフィスや自宅PCからヲチしまくっている。
そして、うらやましがっている、という(w

「元」山ヤのチンケな体験を糧に、放置民代表のアルファブロガー「いのうえ」氏とお話していて、けっこう深いところまで読んでくれていて嬉しかったなあ。

特筆すべきは、参加者の全員がブロガーであること。だから(ry

・・・

「おおっ」と注目したのが、あるULハイカーの水場での発言、「この水は濾過しなくても飲めるのかな?」だった。つまりこういうコトか。まずは道具ありきで、それって(ry
昨夏、同様のケースがあったコトを思い出した。同行の「なま」氏が、エブリサシ小屋の水場で(ry
いや、アンタが今まで各山小屋の蛇口から汲んでいた水だって、同じだぜ?(w 沢から汲むか、蛇口から水筒に入れるかの違いのみで。それにしても(ry


・・・

もうひとつは、皆さんに「沢登り」を薦めたコトだ。コレはまあ、どんだけ熱を込めておハナシしたかはヨッパらって覚えちゃいないが、まあその。持論として整理してあるから、いずれキチンと付記します~。

さらに、「北アルプスに行きなさい」、そう熱心にオススメしたコトを忘れていたではないか(w
そのココロは、ですネ(ry

・・・

未来がある、何でもできる、かも知れない彼らの山登りの今後の「白いカレンダー」ってヤツに、まるで嫉妬しているワタシなのだ。いろんな思いが脳裏に渦巻いた。そしてディープ・インパクトをもたらした、そんなイベントだったのだ。ある意味、有意義の極み。いや。「じゃ、そんなら山にホイホイ逝けばイイじゃん」なんつー慰めにもならん慰めは、要らん(w
だって、若いころに、やりたい山行はおよそやり遂げちまったんだから、ワシはサ。
 
次は何を企画・実行するか。何をワタシはすべきなのだろうか。
「山系バックパッキング」という文法で。

それがワタシの筆がピタリと止まった核心である、かな。
まるで老人のようなキモチだ。寂寞たるものがある(汁

・・・

P1010963.jpg

いのうえ氏の入魂メニューその2、「めでタイヤキ(R)」。甘いモノなのに、サケの肴にも合うんですねえ。「こんだけ買いまくってるんだから」製造元のカトキチから表彰されてもイイとか自ら力説。皆にバシバシ振舞っていた。写真に撮り忘れた(もらって即カブリついちまったもんでw)が、氏の必殺メニュー「御鶏様(R)」にいたっては、これは「カネが取れる」ようなクオリティだった。

P1010960.jpg

リアルの氏は「業界」のウワサどおりで、「ですタイ」とか「ウフフウフフ」などとは決してクチにしないドシブな職人気質を発揮され、たしか宴会中はずーっと焼きモノを続けていた、ような気がする。

ああ。そんなこんなでテントに転がりこんだのは0:30、とメモに書いてある。

P1010965_20090506234222.jpg

【月曜日】
9時ごろ、起床。けっこうな二日酔い(w フラつきつつ撮影。うーむ。主食をハラに入れずに「二階堂」750mlを飲み干したのがマズかった、んでしょうなア。
いつの間にか、「茶柱」氏と「チャイ」氏も加わっている。

P1010966.jpg

チャイ氏が運び上げてきた「くさや」。じつはコイツのキョーレツなニオイをうっかり嗅いでしまい、思う存分、ゲロッパ(水だけだったが)して結果的にフッカツできたのはナイショ(w

P1010967.jpg

撤収し、ようやくデッパツしたのは、12:45。帽子を打ち振ってくれる「いまるぷ」氏。いやもう、ナイスガイ。さまざまの感慨をムネに、もう1泊する本隊に後ろ髪をビシバシひかれつつ、今回のところはサラバです。

P1010968.jpg

もちろんというか、帰路もクシガタのピークを踏もうなんつーガッツなど無く、水平軌道を一目散。

P1010970.jpg

14:10、駐車場に到着。ダートの下りでもアゴをスリそうでヒヤヒヤだ。オマケにホコリまみれ。
甲府南インターを15:40に通過、中央高速は大月あたりで10km程度の渋滞、であったか。連休は明日までだから、まだマシってもの。談合坂PAでようやく食欲がフッカツ、菓子パンを3ケほど喰う。
19:20、帰宅。走行距離は600kmくらいだった。

バックパッキングCM:13
ホーム全記事一覧

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。