ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


01月 | 2011年02月 | 03月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ラード的音楽の旅路 必殺のメロディー(前篇)

2011/02/28(月) 23:48:29

201102281555351ae.jpg

この記事の続篇を書いておこう。そして4年前に書いたコレの書き直し、そんなニュアンスでもあります。イマイチ不満だったのだ。というのも、当時は「ようつべ」がまだ草創期で、ジャストフィットな動画が少なかったからね。先日、久しぶりにソコらへんをチェックしたら、欲しかったモノたち、出揃ってるト。で、改めて仕上げようと思ったんです。

「必殺」というのは、今でも、ワタシが聴くたびにナゼか切なくなっちまう魔力を持つ音楽、そんなニュアンスです。そのジャンルはバラバラなのだが、ひと通りお聴きいただくと、このオッサンの「ソコは弱いの」的メロディーってヤツがつまり何か、お分かりになると思うのです。

さらにお知らせしておくと、ワタシが音楽に求めるのは、ほとんどの場合、「メロディー・ラインの良さ」です。もちろん主旋律だけでなく、バックのストリングス・アレンジの良さなど含めて総体的に「好き!」となる場合が多いのだが。強調しておきたいのは、歌詞の内容については、ワタシは昔からほとんど問わないワケです。だから、音楽作品のことを「歌」ではなく「曲」と記しています。

「必殺」その1は、バロック音楽から。
ともかくワタシが無条件で好きな曲が、コレです。パッヘルベルのカノンには星の数ほど音源がありますが、ワタシの場合、「パイヤール室内管弦楽団」のこの演奏バージョンに限る。ナゼかと言えば初めて聴いた「カノン」がコレだったからです。
分かりやすいバカなワシではありますが、一度聴いたら忘れられぬメロディー・ラインといい、後半に向けて盛り上がる曲調といい、7分という長尺といい、終始弾かれるピチカートの優しい音色といい、それが溶けていくようなクライマックスといい、なんつーか、いちばん優れたアレンジを最初に聴いてしまった、そんなムードです。

そして初めて聴いたシチュエーションも、キチンと覚えている。山岳部の先輩で、北岳バットレスに連れて行ってくれた「K」氏の下宿です。ワタシが1年坊主のときだから、1979年のコト。吉祥寺で安酒をかっくらってから、よく荻窪の「K」氏の部屋に何人かで転がりこんでいたものだ。そこで、氏の数少ないレコード(CDなんか、まだ存在していないからネ)ライブラリから流れてきた、ワタシが初めて聴くバロックのアルバムの、なかでも耳にこびりついて離れない「カノン」のこの調べに魅了されたんです。
もちろん同じLPを即購入。その後、CDの時代になってから同じアルバムが発売されているコトを知って買い替え、今でもソレを「ウォークマン」に入れて、いつでも聴けるように常備しています。

バロックから、もう1曲。JSバッハの「小フーガ ト短調」。大バッハの作品も、それこそ星の数ほどありますが、コレは好きな調べですね。荘厳な構築美にシビレます。
初めて聴いたシチュエーションは、これまた良く覚えている。入りびたるようになった大学山岳部、プレハブ長屋の部室のお隣さんが、文化会のタテ笛のクラブだったんです。ワシらがムサ苦しい野郎ばかりで、そのお隣さんは部員がイッパイで女性がイッパイという、じつに羨ましい状況。で、部屋の外でこの曲を数人で盛んに練習しているのを聴いたりして、耳に残っていったワケです。

この2曲、それまでマッタク興味の埒外(らちがい)だったバロック音楽が、ナゼか同時にワタシを魅了したコトになります。いきなり「聴く耳をもった」ってワケでしょうかネ。「大学生になって、ちっとはオトナになったんだろ?」という指摘はごもっともですが、その直前にハマリまくっていた音楽ってのが、パンクの元祖「ピストルズ」なんだもんヨ、統一感ってのはドコにも認められんよね。うむ。ワレながらフシギ(w

まあその。一般的にいって、交響曲の組曲すべてをいきなり好きになるなんて事態は、なかなか無いでしょう。そのうちのごく一部がCMなんかに取りあげられて、ソコから興味が広がるとか。「ツタヤ」なんかには、「どこかで聴いたクラシック」というその名もズバリのCD選集が置いてあるよね。
そんな中、「バロック」は短くてキャッチーな楽曲が多いから、クラシック世界への入門にはピッタリ、今ならそう思えます。

「必殺」その2は、クラシックからもう1曲。
チャイコフスキーのバレエ組曲「白鳥の湖」より、第2幕「情景」。これはバレエ音楽ですが、ワタシの場合は舞踏の要素にマッタク興味は無く、そして組曲全編が好きというワケですらなく、この短い「情景」というパートの楽曲のみにシビレています。
もちろん、強弱まぜ合わせた哀愁あふれるメロディーが好みなんですが、ワタシがコレを最初に聴いたシチュエーションが、ちょっと変わっているのだ。以前にも書きましたが、小学3年時の春から秋にかけてOAしていた白黒TVマンガ「サイボーグ009」で、物語の冒頭、ワタシの2次元的初恋の人が「白鳥の湖」を踊っているときに、ナゼか悪の組織に拉致誘拐され、サイボーグに改造されてしまう。それがコドモながらにとても気の毒でねえ。その後、愛と正義のキンパツ美人と「白鳥の湖」にはヨワい、というワタシの性向がカタチづくられたのが、このときだったんです。

スポンサーサイト
音楽・映画・本CM:0

棒ラーメンLOVE

2011/02/15(火) 21:42:17

P1050370.jpg

昨年の秋の日、ワタシはこの記事で、最強のインスタント・ラーメンは「ロン龍」だと言いきった。
「日の出製粉」の、ちょいとレアな扱いの商品です。
1袋一人前で140円というプレミアム価格にふさわしく、抜群に美味い「熊本」ラーメン。
もちろんワタシの味の好みで言えば、という但し書きがつく。ソコはお間違えなきように。
スープはドロドロ、ニンニク臭もプンプンだかんね。
つまり誰にでも奨められるモンとは、言いがたい。
この「ロン龍」をウチのヨメが評して、「食べられなくはない。ただし根性がいる」と。
かくいうワタシもバックパッキング時の朝メシとしてコイツを喰うのは、さすがにNGと思ってる。

P1050418.jpg

新春のある日、「銀座熊本館」で新たに仕入れてきたのがコレ、「赤龍」ラーメン。
辛子みそ味ってのが、食欲をそそるでしょう。
お値段は、同じく1袋一人前で140円。
ところで、わが家でインスタントのラーメンを食す機会ってのは、じつはあまりない。
買ったきり、しばし放置していたんだが、ある週末、ヨメとふたりで「ヨーシ」とばかり試してみた。
まあその。熊本系ってヤツは、何かしら具を乗っけないと食べづらい「濃ゆさ」があるな。
で、ごらんのような仕上がりに。
喰ってみると、そんなに辛くはない。「ピリ辛みそトンコツ」味、そんなムードです。
麺もプリプリで、たいそう美味い。
でも、コレもやはり山の中で喰う機会は、さすがに無いかなあ。

P1050450.jpg

雪が降りそうな連休の日、ホムセン「Mr.max」で発見した新種の棒ラーメンが、コレ。
「マルタイ」から昨年9月に発売になった、ベーシック系の2種ですね。
1袋二人前で、このショップは格安の158円。ラッキー。
辛味噌はともかく、魚介豚骨味なら山の朝メシとしてもツルツル喰えそうです。

そういえば「マルタイ」、ベーシックラインの製品名称を「棒ラーメン」に変更したようですね。
1年ほど前に、こんな記事がでて、昔を知るワタシにとっては感慨ぶかいものがありました。
「昔」ってのがどんな体験だったのか、恐る恐る試してみた3年前の記事が、コレ
今や千葉でも棒ラーメンの店頭在庫バリエーションが増えてきたのは、だからか。ちょっと嬉しい。

そして今、いちばんワタシが「珍品」だと面白がっているのがコレ、「山の棒ラーメン」です。
そりゃ、最近では「山ラーメン」とは「棒」か「リフィル」、そんな食事情になってはいるが。
ここまでターゲットを絞りこんだ新たなブツをリリースするとは、さすがの名門「マルタイ」。
うむ。山の朝メシとして喰ってみたい。登山ショップには、もう並べられているのかな。




この記事の続きを読む…
バックパッキング・道具考CM:7

増量4倍化の理由

2011/02/14(月) 17:33:46

理由と書いて「ワケ」と読む。先日、MP3「ウォークマン」を買いました。

モデルは、昨年10月に発売されたNW-S756。つまりウォークマンのラインアップでは標準的な機能を備えた「S」シリーズ、その中でメモリ容量が最大の32GBのヤツ、カラーはホワイト。「価格コム」で調べたら、毎度おなじみの「amazon」が最安値。すなわち送料込みの16,580円。さして迷うコトなくポチりました。

ウォークマン 価格com

・買い替えたワケ?
いや。どちらかと言うと「買い足した」ってムード。理由その1は、ワタシが2年近く愛用してきた「MP3」1号機の8GBという容量が、とっくにパッツンパッツンであること。貯めこんだ楽曲たちをネチコチやりくりしながら新しい曲をインストールするってのが、もう、メンドくさくてネ。
理由その2は、ムスメが修学旅行で間もなく南半球の某国へホームステイに旅立つこと。アミューズメント・ツールとして何かプレイヤーが欲しいなあとつぶやいたトコロに、父(このワシだがw)がビビッドに反応。「ユーに、この8GBをプレゼントしよう」と(w そこらへんにコダワリがあまり無いムスメは、こころよく了承。よいコである。非難GOGO!ではないかと思いますが、よしなにひとつ、そこらへんは。ニューMP3プレイヤーを買い替えてヨシという家庭内コンセンサスを、こうしてワタシは得たのです。

P1050437.jpg

・通販で購入したワケ?
ワタシ、そういえば家電製品を「ネット通販」で購入したってのは、コレが初体験。いやその。どう考えても、ショップで買うよりも通販のほうが安い。今までソレはアタマで理解はしていたんですが、製品保障などの点から弱気になって、結局は店頭で買ってきたんです。幻想だけどな、そんなの(w
しかしながら、そんな妄想もどっかに消え去った。店員さんに相談して機種を決めるつー行為も、ネットで事前に情報をサーチしてシェアすりゃいいワケです。さらに「amazon」は送料無料だから、近所の「ヤマダ電機」までクルマをトバして買いにいく手間とガソリン代を含めて、おおよそ3k円分くらいは安価でゲットできるハズ。なんの躊躇も、もはやない。

P1050438.jpg

・「ウォークマン」であるワケ?
おおっと。この「シバリ」は解けないッスね、なかなか(w 「ソニー」と「ウォークマン」のブランディングという術中に相かわらずハマっているオッサン、そんなムードか。しかし、今まで何回も「ソニータイマー」が作動してイタい目に遭ってきたってのに、なんと「けなげ」なボクでしょう。
ま、「反アップル」「アンチ・マカー」として今後も対峙してまいります。いや、とくに「アップル」というメーカーを嫌う理由はないんですがネ。ウォークマンが切り拓いてきた世界を「ipod」に乗っ取られたっつー現象が、半官贔屓的に気に入らんだけだ。
昨年は「MP3」プレイヤーの売上げでウォークマンが挽回した、というニュースを見た気がする。そのガンバリが、より良い商品化に結びついているに違いないから、購入者にとってコレはありがたいコトだと言えます。

そうそう。ファイル管理ソフトも名称まで変わっていた。「ソニックステージ」から「X-アプリ」となって、今までのヤツではCDディスクからファイルをダウンロードしていたのが、ウォークマン本体に内蔵されたファイルからPCに読みこませるというモノ変更しているのだ。だから、商品のハコが小型化しているワケですね。
この「X-アプリ」、価格コムなどで見るユーザーからの評判は、ちょっとイマイチなようだ。新機能が増えてもいるようなんですが、ともかく「ウォークマン」本体に入っている情報の読み込みスピードが、「ソニックステージ」と比べてアホみたいに遅い。このへん、バージョンアップは今後できないのか気になるところだ。

P1050441.jpg

・「S」シリーズをチョイスしたワケ?
これは使い慣れている1号機「NW-S638」の後継機種だからってのが、大きな理由。「NW-S756」は、その次の次のモデルになる。昨年10月にモデル・チェンジされ、初期不良には対処済みだろうとも考えた。まあその。同グレードの製品だから、ほとんど性能には変わりなんかナイだろうと思いきや、コレがなかなか改良されていたんです。

まず、ボディのデザイン。少し大きくなり、厚みが薄くなったそのデザインが「ipod」みたいなエルゴノミクス的なものに変わった。センスが皆無だった今までのモノより格段に「持つヨロコビ」が出たと言えるでしょう。各操作ボタンの配置は不変だが、全体にカドのとれたカタチ。というワケで、今までと違って指がかかりにくく、なんか持ちにくい。ま、慣れるまでの間でしょうけど。
そして、液晶画面もグレードアップしている。まず、フォントの表示が小さくカッコよいモノになった。また文字やマークの色づかいが多色化し、見やすくなった上に、表示情報量まで増えていて言うことナシです。

次に、音質。同じイヤホンで聴き比べても、何となく良くなったムード。ま、コレはプラシーボ効果みたいなモンかも知れぬ(w この新型の特徴である「ノイズキャンセル」機能は、けっこう優秀だと思うのだが、ワタシは使わないだろうな。付属のイヤホンでしかソレを使えないし、そのイヤホンが妙にサイズがデカくて両耳で目立っちゃうのもイマイチです。

「ウォークマン」は、標準クラスのこの「S」シリーズの上に「A」シリーズ、さらに上級の「X」シリーズをラインナップしている。まあその。2まんえんの高級イヤホンと共に最上級モデルを揃えてみたいのはヤマヤマですが、落としたりブツケたり濡らしたりするかも知れない日用家電に、ソコまでの高級なオトは無用ではないかと。ガンガン使い倒せるヤツがイイ。

P1050444.jpg

・32GBにしたワケ?
2年前の4月に初めて8GBの「ウォークマン」をゲットしたときには、中身が音楽で満タンになるなんて、遠い彼方のコトなのだろうと安心していた。当然、容量を食う動画なんて、妙に記憶にこびりついているアニメ映画のコレ1曲のみです。
それがなんと半年くらいでパンパンになり、やがて収録作品の厳選化や、収録アルバム内での「マイベスト」的削減作業が当たり前となっていったのです。
もちろん取りこんでいる楽曲たちを、いつもまんべんなく聴いているワケではない。しかし、「いつ万一聴きたくなっても聴ける」モノを常備しておきたい、そんな状態にしてあるんですね。カセットテープやらMDのウォークマン時代と比べると、どえらくゼータクな環境に安住しちまったワタシ、ではありますが(w
だから、8GBのひとつ上である16GBなんかでは、ふたたび即いっぱいになっちまうのは目に見えてるというコトで、ちょっとキヨミズな思いもあったんですが「S」シリーズでは最大の32GBにした。価格的にも、16GBが最安値の「amazon」では14,000円だから、せいぜい2,500えん程度の上乗せだったってコトも、背中を押してくれた理由と言える。

・白にしたワケ?
つけ足し、ですがネ(w コレ、いつも述べている理由です。べつに「鳥目」ってワケではないが、たとえば黒い内装の通勤カバンのポケットに黒いプレイヤー、そして黒いコードのイヤホンでは、目視カクニンがしにくいんですヨ(汁 たしかに黒いヤツは見栄えがしますがネ、実用的かと問えば、イマイチだと思っている。そしてその他は青とか紫とかピンクとか、オッサンにはビビッドすぎる色バリ。もう、白いヤツしかない、という消去法。
ま、オモテ面は白とシルバーのコンボだし、裏面はすべてシルバーになっていて、実物はシックなムードで安心した。いや、手元に届いてチェックして、そう思ったワタシなんですが(w

これだけは買わせろCM:8

エイジド進行中

2011/02/03(木) 18:54:18

P1050424-1.jpg

人生3ケ目となる「遠近メガネ」を作りました。
正確には、境い目のない遠近両用レンズ入り老眼対応メガネ、とでも言うのかネ。昨年の秋ぐらいから、3年半くらい愛用してきたヤツが見づらくなりやがって、アタマが薄ぼんやりしたり、とにかく何かシンドかったのだ。でも、遠近メガネを作ると、けっこう値が張る。どうしようかとウダウダ悩んでもいたワケです。

結局、ガマンできずにココに決めた。「JINS」。そして、大型セルフレームのこのモデルをチョイス。お値段は、9,990円+遠近レンズ代5,000円、計14,990円也。画像で上側のウエリントン・タイプのヤツですね。


「JINS」、かつては「Jin’s global standard 」という店名だったのだが、いつの間にかイメチェンしていたらしい。記事にはしなかったが、画像で下側のメガネが、2008年の夏に買い足したモノ。度数を「0.7」くらいに弱くして、パソコンなど手元専用のサブ用として作りました。注文してから30分で仕上がる、長い店名のときの「JINS」メガネ第1号で、5,250円也。サングラスを除いてですが、ラード的人生で初めてのセルフレーム・メガネでもあった。

ちなみにフレームの幅が太い新型のほうが、実際にはデカい。この画像は下側からアオリ気味に撮影したので、ちょっと錯覚が入っています。
ところでメタル・フレームに比べると、セルのぶっといフレームを顔に乗せるコトは、まるでフルフェイスのメットをかぶっているような気分になる。これ、全身がムキダシのバイクで飛ばしていても、視界すべてが囲われて見えているフルフェイスは「守られてる」感があるのだ、それと同じ印象ってハナシです。
まあその。この暑苦しい大きさだから、スポーツするようなシチュエーションは似合わんだろうな。目方を計ってみたら、41gもある。今までのチタン製が21gと軽量だったが、その倍だ。そしてサバゲのゴーグルにも収まらないだろうし、バイクのメットもコメカミが痛くなりそうです。「TPO」ってヤツに合わせて、今までのチタンフレームも使い続けるとしよう。

さて、この「JINS」とか「zoff」「Alook」のようなメガネ店を、昔から「3プラ」ショップと呼ぶ。「3プラ」とは、スリー・プライスのコト。5k、7k、9k円というようなプライシングで始まった、ヤング向け価格破壊系アイウェア・ショップのコトですね。
ワタシが愛用してきた御徒町の「369+」も、その店名からして3プラを意味しているんですが、ユニクロ的な全国展開チェーンではないから、オモムキは少し異なる。そもそのオシャレな店ではないし。「JINS」は、なんたって社長がマーケッターだもんね。

メガネのことをアイウェアと言い換えるのは、「アラン・ミクリ」やら「999.9」のフレームが流行った10年ちょっと前くらいから。ファッション・アイテムとして日々の服装に合わせて使い分けるというのがフツーになっているようですが、そんなワードローブ化がサイフにやさしく行えるという、ありがたいメガネ屋さんなのだ。

ちなみに、今までのワタシのメガネは、レイバン・チタンフレーム+ニコンの下から2番目グレードのレンズで、27,300円。それだって、レンズ片玉無料レベルの激安店である「369+」だからこそ。それが、たかだか15k円(HOYAの累進レンズを使用しているらしい)で出来ちゃうんです。こんなサイフに嬉しいコトはない。

ただし、「3プラ」メガネ屋ってば、かつてはスキルが低くて評判が悪かったのは事実です。数年前、近所の「zoff」で相談をしたコトがある。今まで使ってきたレイバンくらいのフレームサイズで遠近メガネを作れるかと。すると「その大きさのレンズでは、ムリ」とハッキリ言われ、あまつさえ「老眼のヒトには、メガネは3ケ持ち歩いてください、そう言っています」と真顔で言いやがったから思わず笑っちまったもんね。

今回、もちろん「Zoff」のショップも覗いている。「JINS」と同様に、天地幅28mm(だったかな?)以上のフレームサイズであれば、遠近両用レンズをブチこみますんでヨロシクとカンバンにありました。む。なんか、技術革新したレンズ加工ツールでも導入したのだろうか?

今回は、好みのカタチのセルフレームがあったから「JINS」にキメました。その後に調べたら、ショップの評判としては、「zoff」よりも「JINS」の方が上みたい。、ま、どちらもソレなりという僅差だとは思いますけど。

仮性近視で乱視で老眼という、メンタマ的に「三重苦」のワタシですが、ていねいな検眼で新たに判明したコトは、まず老眼の度が進んだコト。そして右目の乱視が悪化したコトだ。マッタク(汁
ま、加齢とともに、いつかは誰だって老眼になるのです。かつてはワシも「こんだけ仮性近視なんだから、老眼が入ってきたら近視が戻る、つまり目が良くなるワケじゃん?」などと思っていた、そんなバカな時代がありました(w 当然ながら、大マチガイであった。なんのコトはない。現在、遠くは見えないが手元近くも見えないってだけ。ファッキン・クライスト。
そして老眼者の特典として、ただでさえ高価い上に、さらに仕上がりまで10日間ほど製作日数を頂戴しますというのだ。いやその。「特別感」がイヤ増すってモンではないdeathか。

しかし、今までにワタシはメガネをいくつくらい買ってきたのだろう。浪人時代に最初の1本を作ってから、25本くらい、かな。イマイチ思い出せないけれど。それにしても、購入価格ってのはドンドン安くなってきているワケですよ。
そういえば15年くらい前、1本のメガネを直し直し大切に使い続けたという昭和天皇の故事にならって、関東では最強ブランド眼鏡店である「金鳳堂」でエア・チタニウムの最軽量メガネを8まんえん超で作ったってのが、バブリーだったわな(w メガネのネタだけで1時間は語れるぜ、などとアホみたいなコトを豪語していたっけ。そのフレームも今では行方知れずだ。
髪型とか恰幅とかファッションの趣味志向が年相応にコロコロと変わる我がオタフク顔では、同じモノを10年以上も愛用するには、まだアブラぎっているのかも。ああ。レイバンのウェイファーラー度付きレンズを入れたサングラスは、かれこれ10年は使っているけれど、ま、グラサンだからね。

そういえば、老眼鏡は英語で何というのか調べてみました。なんか気になってサ。「for the aged」ってのが、キモみたいです。
そして、この大ぶりのレンズを組みこんだ新メガネ、じつに見やすい♪ 今までのが天地の幅が小さめだったから、老眼対応部分が小さすぎだったのが、コイツはイッパツ解消なのは言うまでもない。新聞にPCに思いのままだ。虚を捨てて実を取ったワタシ、めざせ!快適「aged Life」。
これだけは買わせろCM:7
ホーム全記事一覧

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。