ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


03月 | 2011年04月 | 05月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ピンポイント爆撃

2011/04/29(金) 23:56:08

P1050711.jpg

先日、送別会を催してもらった。
5年あまり在籍した部署を異動することになったからだ。

料理はナニがよろしいかと問われ、「そりゃ肉です。肉だ肉」と答えた。
ファッキン・シットなリクエストに幹事はよく応えてくれ、会場はココになった。
しゃぶしゃぶが美味いんです。数年ぶりに喰ってカンゲキしたワタシ。

そして青山フラワーマーケットの薔薇の花束と共に、この腕時計をいただいた。
「G-shock」のこのモデルだ。

ピンポイントで、ぼくのココロは爆撃された。

P1050719.jpg

なんたってカッコいいじゃん、これは。
ソーラーも電波も搭載してはいないベーシック仕様だが、そんなのは関係ない。
腕に巻いて嬉しいかどうか、これに決ってる。
スタンダード・モデルの現行ラインナップでは、間違いなくコイツが最もカッコいい。

P1050724.jpg

しかし「ビッグフェイス」モデルって、笑っちゃうくらいボディがデカい。
黒の文字盤に白抜き文字は初めてだが、精悍でカッコ良く、このデカさにマッチする。
バックライトはきれいなブルーで新鮮。
夜間の運転時などに便利な、腕を傾けるとバックライトが点灯するギミックは使える。
4ケのボタンはゴムでカバーされ、防水・防塵に効果を発揮する。

P1050720-1.jpg

さて。コレを見立てたのは、このメーカーの担当営業マンなのだ。
じつにスルドい。おみそれしました。
「G-shock」には、ワタシはたくさんの思い入れがあるからね。
ずいぶん前のこと、その彼に、わがGショック漂流記を語ったことがあったのです。
最初に買った「DW5600」が、ナゼか知らん、一度も電池を替えずとも動き続けている。
フシギったらない、とね。それが彼の印象に残っていたのだろう。
幹事との打ち合わせで、ラードへのプレゼントは「G-shock」にしようとなったのdろう。
そして好みのタイプ、カッコいいモデルの価値観が共有できていたのだと。

その晩、ぼくはコイツを腕に巻いたまま眠るほどの精密な爆撃を受けたのです。

ヨシ。ワタシもピンポイントで「ひとのハート」をブチ抜けるように努力していこう。
GW明けからは、新たな業務という、クソ高いハードルの「茨の道」が待っている。

薔薇をもらってイバラの道へ踏み出す。
バラからイバラへ。 
いやはや。シャレにもならんけれど(w

スポンサーサイト
きょうの出来事CM:7

ひとつきのささやき

2011/04/21(木) 18:34:06

エロ

絵に描いたよーな埋め草的ネタでお茶を濁そうと思っていますよ。てへ。
ここ1ケ月ほど、「ミクシ」でマイミクさんにだけつぶやいてきたネタを転載していきましょう。あ、ミクシにもツイッターみたいなコーナーというか、ツイッターを後から真似たモノがあるのだ。マイミクさんが少ないと、ほとんど「テメエのチラシ裏」状態になるんですがネ。ええ。ラード的チラシ裏をつぶやいているワケであります(w

でも、あらためて眺めていたら、笑っちゃったのだ。ココまでオバカなネタをよくタレ流したとネ。とにかくワタクシの知性の片鱗ってヤツが見えカクレしないよーに、万全の注意を払って、くだらねーネタを厳選してお届けしておるんでアリマス。なんつって(w まあその。つぶやきも規模がごくごく小さければ、それは「ささやき」になっちゃうのではないかの。
ってコトで、ひと月の囁き、ゴーズ・オン♪




この記事の続きを読む…
きょうの出来事CM:0

再読:「山と渓谷」1976年8月号

2011/04/16(土) 23:20:58

P1050622.jpg

古い「ヤマケイ」誌をゲットした。
じつはけっこう前のこと、昨年の7月だったんですがネ。いやその。相変わらず、書きだすまでにウォーミングアップが必要なんです(w
いつもの神保町、いつもの古書店「悠久堂」にて、200円也。そのときは誰かが「ヤマケイ」を大量に放出したんだろう、ワタシにとっては懐かしの1970年代モノがドッサリと平積みされていたんです。
そして1冊だけ買い求めたのが、コレ。もちろん、昔、発行時に買って熟読したもの。今回はこの号を紹介しながら、当時の登山界のネタとラード的「おもひで」ってヤツを書き進めてみようと思います。







この記事の続きを読む…
バックパッキングCM:6

湾岸ドタバタ日録

2011/04/04(月) 19:01:09

大震災後の数日間のドタバタを、少し書き出してみましょう。
極私的にアホに書き進めますんで、ソコんトコよろしくです。

P1010524-1.jpg

◆自宅マンションについて
自宅は無事でした。ヒビもワレメも何も生じず。地震直後に心配したのが、ベランダに面したリビングの合わせガラス。画像で左側の部分だが、ココすらビクともせず。じつに頑丈な集合住宅だったワケで、グッジョブ。
結局、わが家で最大の被害場所とは、ワタシの部屋でした。積み上げた1トンはあろうかっつー(ホラだよw)雑誌やら文庫本やらフィギュアやらCDやらエアガンのハコやらミニカーやらが早春の全層雪崩となって、阿鼻叫喚の如くであったとヨメの言う。ワタシが帰宅するまでに、当たるを幸い的にヨメが片付けてくれてサンクス。

そしてウチのマンションは、地震後の週末までエレベーターが停止しただけで、地べたの段差とか液状化といった物理的な被害はナニも無かった様子で、善哉。
思い出したのは、このマンションの購入を前向きに検討していたときに、デベロッパのセールスが言ったコト。「地面にブチこんでいる杭の長さは、20㍍。それで十分なのだ。江東区のマンションなんか、100㍍も刺しこんでいる」。
もうひとつ、椎名誠の昔のエッセイで印象に残っているコト。「国道14号線から南は、何㌔も続く遠浅の干拓地だった」。1950年代という少年時代、氏は幕張町に住んでいた。潮干狩りをするような地形が見渡すかぎり続いていたのだと。つまり、海ではない。
もうひとつ。同じマンション住人が、かつてその父親から聞いたコト。同じような埋立地だが「新浦安はヤメておけ」。古老の言い伝えのようなその根拠は知らないが、信憑性については結果的に理解できてしまった。

P1050598-1.jpg

◆ベイタウンについて
新浦安や舞浜エリアと同じ「埋立地」だが、ベイタウンという幕張新都心のレジデンシャル・エリアは、頑強だった。ほとんど大地震の被害を受けていない。
まあその。重箱の隅をホジホジとチェックすると、6番街の「ヤンマー」の前、石畳の歩道とマンションの共用通路ぼところに3㌢くらいの段差が生じていますね。マリンデッキも天地に10㌢ほどズレて未だ手直しされていないし。他にはパティオス19番街とかグランエクシアといった街の外郭の新しげな物件は、この段差で少し目立つ箇所があると、どっかのブログで知った。しかし、オニの首を取ったように喧伝する(いるんだよ。そんな阿呆が、たくさんw)ようなレベルでもないとワタシは考えます。

TVでは、震災から半月もたってから湾岸エリアの被災状況を取りあげ始めたワケ(それでもごく一部だろう)ですが、コチラは取りあげるべき目立ったネタが無いから報道されていないだけ。
新浦安は都心に近くていろいろ便利で、ワタシにとっては長らく「うらやましい場所」だった。しかしながら今は「ベイタウンLOVE♪」。安心感がある。そして相対的な資産価値が、今後は上がるのではないかと期待します。

ベイタウン内で液状化が発生しなかった理由はいくつか考察されているが、ワタシは以下の説を支持する。「ベイタウンはゴミ空送システムの共同構内にライフラインを配管している。共同構はトンネルに近い構造物だから、地盤改良(サンドコンパクション工法)が施されているらしい」。
ゴミ集配車が走り回るコトの無い、静かでカラスのいない美しい街並みを提供する「空中ゴミ輸送システム」ってヤツは税金のタレ流しと言われ、今後はどうなっていくか分からんシロモノですが、そのシステム構築のオカゲでベイタウン内の地盤がビクとも揺らがなかったのだったら、じつにグッジョブです。

P1050546.jpg

◆ベイタウン外周について
一方、街の外周あたりは、埋立地ならではの被害を受けている。コレは地震から4日目、通勤経路のデカい公園だが、芝生広場の真ん中が灰色に変わっている。液状化で泥が広く吹き出した場所だ。

P1020048.jpg

先の画像左側に見えているツインタワー、その最上部にあるスポーツジムから撮ったベイタウン。2年前の梅雨どき。

P1020049.jpg

液状化現象が発生した海浜中央公園にズームイン。
P1050540.jpg

その公園に近寄って、横から見る。地割れと段差も発生している。地震から4日後。


P1050541.jpg

海浜幕張駅の手前、アウトレットモールと中央公園の間。シワがよったような、キモチわるい眺めだ。

P1050523_20110329012424.jpg

地震の翌朝、海浜幕張駅前のシネコンの入ったビルの飲食店。海の家みたい。

P1050555.jpg

これは地震から9日目、街の東側にある1級河川「花見川」にかかる橋から見た、2段に護岸された堤防。買いもの帰りにクルマからチラッと見て「おや? 堤防が崩れてる?」。あらためて見に行ってみた。

P1050587.jpg

その前に発見した、凄まじい地割れ。ココは河口にほど近い、サクラの美しい公園だった。

P1050562.jpg

天地に1㍍くらいズレている。手前側が陥没したのだろう。

P1050563.jpg

もし、あの地震のときココにいたら、腰を抜かすような光景を目の当たりにしたに違いない。

DSC03373_800 改

のどかな芝生広場で、4年前にクロノスドーム・テントを買ったとき、「まずは試し張りをしよう」とやってきた場所だったんだ。

P1050594.jpg

修復されるときは、いつになるのだろう。

P1050565.jpg

さて、より深刻なのがコチラ。花見川の護岸堤防が、長さ50㍍くらいにわたって倒壊している。堤防の上に立って撮影していて、写真では分かりづらいが、液状化がすごい右側中段は4㍍くらい下方になる。

P1050568.jpg

倒壊したときは、もの凄いオトがしたんだろうな。このエリアの埋め立てが開始されたのが1973年とのコトだから、この堤防が造られて40年近く経っていたのだろう。

P1050571.jpg

ベイタウン東端の外周道路沿いの歩道が、このアリサマ。くまなく歩き回ってはいないが、この近辺でもっとも埋立地を実感する画像になった。
そして地震から3週間後の週末、海を見に行ってみた。夏が近づくとカラダを焼きに行く「人工海浜・検見川の浜」。ところがこのエリアは、まったく被害が見当たらないようで何よりだった。

◆物資調達について
そう言えば、地震後の週明けの月曜日ってのが、すでに通勤できない状況だった。京葉線も総武線も止っていたから、どーしようもない。というコトで、ヨメと物資補給の戦いにクルマで出かける。
切実に欲しいモノは、このとき、せいぜいガソリンくらいだった(しかし、周辺で一軒だけ営業していたスタンドの客待ちがスゴくて諦めた)。あとはこの前夜22時に、いきなり振り当てられた「計画停電」用の準備がメインとなる。

P1050528.jpg

この一帯は、たしか午前10時から輪番停電がスタートだった。まず、特攻したスーパー「OK」は、オープン前にして、ごらんのアリサマ。しかし停電は実施するのしないので情報が錯綜(結局、やらなかった)し、開店は「午後になったら、たぶん」となった。オバサンから突き上げられてる店側も必死よ。

P1050530.jpg

転進する。検見川浜駅前のスーパー「イズミヤ」のスーパー行列に恐れをなして、PAT稲毛の「Unidy」へ。

P1050531.jpg

欠品の案内。ここは食品を置いてないホムセンだから、単1電池が無ければ別に用は無いんだが。

P1050532.jpg

キャニスターガスのランタン用に「モンベル」で、なんと「定価」でガスを2ケ購入。手がフルエタ(w

P1050533.jpg

ふたたび「OK」に舞い戻る。13時にオープンするのでは?と、12:30に到着。すでに20名くらいの先客が。開店は14時で決定と通達が。そのまま立ちンボで待つ。この行列、最後には画像の4倍くらいの長さに膨れあがった。
ドアオープンと共に、ワタシはホムセン「HOMES」のレジ横特設スペースの電池売り場へ。後ろから全力ダッシュマンが突入してきて、つられたワシもドタドタ走ってしまったじゃん(汁 イキオイで単1電池を10本くらい購入。

スーパー「OK」では、ごくフツーの買いものをした。カップめん、袋ラーメンの在庫は潤沢なのだが、「一家族でラーメンは3ケのみ」っつー制限があった。菓子パンも惣菜弁当も、種類は絞られてはいたものの、たくさん並べられていた。また、この3月14日次点では「原発」系の影響は無かったから、乳製品もフツーにあった。

◆流言飛語について
地震の日の夕刻、コスモ石油のガスタンクが大爆発したサマは、わが家からヨメも目撃したとのこと。10kmくらい離れているんだが。だから、その翌日あたりから流布されたチェーンメールのデマを、まんまと信じて騒いだのも、ま、いたしかたないかも。誰かに転送しようとしている時点で「ソレは根も葉もないデマだと、コスモ石油が発表してるよ」と教えてあげた。

P1040838_20110402135732.jpg

◆計画停電について
当初は輪番停電と呼ばれたこの措置は、たしか地震の翌々日、日曜の21時くらいに施行を発表したんではなかったか。で、ウチの街は第2グループ(当初は第3グループともカブっていたw)で、翌月曜の午前9時あたりから第1回目の停電スタートという突貫っぷりだったのだ。

P1050544.jpg

下世話なコトなんだが、ワタシ、停電に対しては少し燃えていたんです。「くるなら来い」ってムードでネ。ま、アウトドアズマンは皆そう思っていたのではないか(w 
携帯ラジオとランタン系グッズは、近所の店頭からも、すべての通販サイトからも一週間くらい消え去った。その代わりにオークション・サイトでは転売厨が横行し、阿鼻叫喚になったもんだ。
「ICF-M260」も「SW22(JE)」も電池を入れ替えて、準備万端。その右のジェントス「EX547SR」は、キャンプ系に持っていくプチLEDランタン。その右は愛用のエレキ、ペツル「TIKKA2」。その左上の棒状は、昨年10月に参戦した「24時間耐久サバゲ」に備えて買ったジェントス「閃SG-305」、100ルーメン。まあ、こんな明るすぎるフラッシュライトは家庭内では眩しいだけだが、現在のワタシがソロ・バックパッキングに特化したモノしか持っていないのが、バレバレです。

ってコトで、物置から引っ張り出してきたのが画像奥の3点で、どれも15年モノ。ファミリー・オートキャンプ時代の残骸と言えましょう。
左の蛍光灯ランタンはテント内でも安心して使える、単1電池3本駆動。当時はLEDランタンなど存在せず。右のデカい懐中電灯は、単1電池4本という大食らい。今回の買占め騒動で、世間では単1と単2電池だけが欠品していたっつー理由は、これら軽量化とは無縁のレガシーなインフラ、昔ながらの防災用品ってヤツがまだまだ主流というコトを明示しています。
真ん中の「キャプテンスタッグ」ガスキャニスター・ランタンは、10年近く使っていないクセしてマントルが生きているとは、優秀ではないか。試しに点灯したら、十分に明るい。部屋の中では燃焼音が少しウルサイけどね。この他にもスノピの「天」とコールマンのツーマントルというガスランタンをワタシは持っているが、さすがに使う機会はなさそう。

P1010846.jpg

さてさて。そんな磐石の準備態勢で「その時」に臨みながらも、だ。ウチは結局、一回も停電を実施されていないんです。
「やるやる詐欺」かよ、頭狂電力(w 5回くらいコレが続いたんだが、この肩スカシ感、強力よ。いやその。実際に輪番で停電させられている世帯の皆さんには笑止で噴飯モノで申しわけありませんがネ、「凍電」の段取りなんてのは全てこーゆースットコドッコイだから、腹立たしいワケだ。
まあその。わが街が停電区域から外された理由は、幕張新都心のビジネス・エリアと消防署の存在らしい、という都市伝説をワタシは支持します。

◆ラジオについて
千葉市に住まうワタシでも、TVでは全局が宮城と岩手のネタしかオンエアしていないのは、じつに不便だった。ガソリンとか計画停電に関する「地元」情報がほしいワケで、そんなときはラジオだ。海浜幕張には「BayFM」というラジオ局があって、ありがたい情報をゲットできるコトが多かった。
ラジオのメリットは、もうひとつ。TVでは、繰り返し流しまくる悲惨なシーンやら、無理やり「泣かせ」に走るネタばっか垂れ流すから、ココロの底からダークになっちまう(w その点、「BayFM」は明るい音楽を流して気分を軽くしてくれたり、ナビゲーターが親しみの持てるトークをしてくれて、じつにココチ良かったんですね。

3月 検索ワード 1

そして地震発生後、タダチに店頭とか通販サイトから消え去った商品が「ラジオ」でもあった。あらためて思い知る、防災グッズのエース格。1年前、バックパッキングのためにアレコレ研究しておいて、結果オーライと言えた。ちなみに、この画像は当ブログ3月度の検索ワードの総計。TECSUN社の「PL-210」という小型・高性能な中華ラジオの検索数がバンバン伸長したのは、地震後のコトです。

3月 検索ワード 2

それにしても、何故ここまで突飛なのかと(w 当ブログを読みにくるヤツってば、「どーせラジオ買うんなら、エッジの立ったレアなモデルが良くね?」とかナントカ、お考えになるワケでしょうか。しかしワタシはこの中華モデルを買ってないからインプレなんかしていないし、そもそも「PL-210」の詳細なインプレってヤツはひとつしか知らぬ。まあその。登山に持って行くには信頼性に不安があるから、やっぱりワタシはコレを買う余裕は持ち合わせてはいないワケ。

P1050547.jpg

◆ガソリンについて
全国的なガソリン欠乏のドタバタには、巻き込まれた。毎日5㍑づつ入れて満タンにするという「心配厨」が横行したとも聞くが、ウチのクルマは画像でお分かりのように、地震のときは満タンの8分の1くらいしか残っていないという切実レベルだった。
「もうダメ」と、地震から一週間後の金曜日の午前中に、「千葉街道」沿いにある、この一帯でココだけ営業し続けていた「エネオス」に向こう。

P1050548.jpg

ガソリンスタンドってのは、庄屋のような昔から続くその町の名士がやってるケースが多いらしいが、この非常時にこれだけ抜群の地力を発揮できたとは、よほどの実績とコネクションを持っているのだろう。どれくらいスタンド渋滞しているかも分からずに緊張したが、結局、20台くらいで30分もかからずに入れられた。
ビックリしたのは、1台につき上限「2千円」だけ、店員が入れてくれるというシステムだ。そりゃあ、行列がスムーズに流れていたのも道理だよね。ウチのクルマはファッキン・シットなハイオク仕様、152円/㍑という価格だから給油時間なんかスグに終わっちまったんだ。

P1050605.jpg

【追記:4月7日】
地割れの公園の桜が満開になっていました。

P1060211.jpg

【追記:7月9日】
例年よりずいぶん早く梅雨が明けた日、ビーチで甲羅干しの帰りに久しぶりに見にいった。
草ボーボーながら、ベンチのみがナゼか手入れされていました。

IMG_0023.jpg

【追記:12月4日】
まもなく冬化粧となる。

IMG_0967_1.jpg

【追記:2012年6月2日】
久しぶりにこの場所を見てみた。なんと、いつの間にやら地割れがきれいに修正してあった。
おそらくは年度末の3月に突貫で仕上げたんでしょうが、段差に土を盛って芝生を張り、スロープ状にしてお茶を濁したワケだ。ま、手っとり早い方法ですナ。
かつてのワタシみたいに、オガワのデカいテントを試し張りしている夫婦がいた。



きょうの出来事CM:14
ホーム全記事一覧

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。