ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


05月 | 2011年06月 | 07月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ラード的ラーメンNOW

2011/06/12(日) 17:03:46

ワタシの近ごろのラーメン・トレンドについて、ご報告してみよう。

P1060011.jpg

某月某日
この記事を書いてから、しばらく経った。もちろん棒ラーメンの探索・研究はソコソコ怠りないです。
ある週末、サバゲの飲食物の買い出しに、シゴト帰りに立ち寄ったスーパー「リンコス」で、思いがけない出合いを果たす。熊本県のアンテナショップ「銀座熊本館」でもお目にかかれなかった「日之出製粉」のレアもの「カレー龍」が、ナゼか売ってるではなかと。あまつさえ何ですか、「ジャージャー龍」とは。知らんかったね。ウカツでした。即、ふたつづつ購入。1ケあたり164円也。

P1060018.jpg

某月某日
T2cのサバゲでの糧食(の一部w)として、勇躍、「カレー龍」を煮て喰う。

P1060019.jpg

どう見てもカロリー過多過多。でもまあ、イイんだ。ドタドタ走ったし、暑かったから汗もかいたしネ(w そして肝心の「味」はどうか。思いのほか、キチンと美味かった。トンがった味付けではなく、また辛すぎもせず。蕎麦屋の和風カレーのルーの味、そう言ったら分かりやすいかな。サラッとしていて、しかし余韻が残るというムード。もちろん麺は「ロン龍」などと同じだから、シコシコ。うむ。気にいりました。

P1060044.jpg

某月某日
この記事を読んで、キリリとスーパー「イオン」の方角に顔を向け、誓った。「ヨーシ。待っとけ」。そして愛車のストレートシックスを駆って特攻。とりあえず、3ケのみゲット。ひとつ88円とは格安なり。

P1060050.jpg

某月某日
久しぶりに喰ったカレーラーメン(インスタントなんだけどサw)の美味さに改めてカンドーしたワタシ、以前から行ってみたかったラーメン屋へ、メトロにひと駅ぶん乗って訪ねる。歩くと汗が吹きでる陽気の昼でした。それがココ、かれー麺 実之和・青山店。

P1060048.jpg

なにを隠そう、ワタシはカレーラーメンってのが、大好物。いやその。隠す必要もないけどサ。かつてオフィスから徒歩3分のトコにあった「ラーメン山王流」(1年あまりでツブレてしまった)という店でカレーラーメンにハマり、週イチは定期的に喰っていたモンです。「昼メシ、どーすっか。ラーメンもイイが、カレーも捨てがたい」なんつー悩み相談が、イッパツ解決だもんね(w
さて、注文したのは基本の「かれー麺」並盛、ランチサービスの小ライス付き。

P1060049.jpg

いやはや。世の中にこんな美味い食べものがあったとは。いや、ラーメン好きから見たら「邪道」なのかも知れないがネ、気に入りました、コレ。
トロトロのカレーは、スープというよりもカレールーに麺がブチこまれていると言ったほうが正しいムード。クセのない和風カレー・テイストが素晴らしい。縮れ麺もルーが良くからんでプリプリ。そしてワタシには、このデフォルトの辛さでピッタリだ。あとでノドが乾いて仕方なくなる、なんて事態にはならないレベルです。具材は豚しゃぶ肉と青ネギのみだが、まあコレで十分。それよりも銀シャリをもっと喰いたい。麺を大盛りにするよりも、メシをもっと!と(w 
ところで、青山一丁目と六本木交差点という一等地に「支店」を持つこの「実之和」の発祥の地、本店というのが、なんと千葉県の北東、銚子の近くなどという田園地帯にあって、いまも元気に営業しているとのこと。うむ。いつかソコも表敬に訪れなければ。

P1060066.jpg

某月某日
帰宅途中、ふたたび「リンコス」にて、「日の出」の棒ラーメンを追加購入。とくに「カレー龍」が売り切れると悲しいからね。定番の「ロン龍」は、146円。

P1050732.jpg

某月某日
やっぱり追記しときましょう。いささか時期は前後する。GWのさなか、「ついに家系の正統が千葉に出店」と評判を呼んだ「杉田家」へ喰いにいく。

P1050733.jpg

齧りかけのチャーシュー画像で申しわけない(w 食したものはラーメン並+キャベツ+煮玉子で、830円也。まあ、美味かったですよ。ちょっと味が薄めに覚えたけれど、味の好みは「普通で」と答えてしまったからネ。そしてこのボリュームは、並で十分。満足でした。
いやその。しかしこのあとに寄ったブックオフとドンキを出たところで、思わぬ「サイン会」を官憲から求められるハメになったんで、ま、カンケーないんだけどヨ、なんとなく、この店の印象は内角低め的ギリギリボールになっちまってるワケなんです。早急にリベンジを誓おう。

P1060072.jpg

某月某日
さて、ラーメン三昧の週末がスタート(w トップヴァリュの「謎肉」、そのデキは如何なモンか。お。謎玉子と謎エビも顔を覗かせている。

P1060075.jpg

美味そう。まあ、ともかく懐かしのカップヌードルなテイストでしたよ。ちょっとチープと言われれば、そうかも知れん。ワタシはノドが乾いたワケですがね、カンジンの謎肉はオリジナルと同じ味わいで、安心できました。

P1060092.jpg

某月某日
朝メシは、いつもの菓子パンのかわりに「炸醤龍」を食してみる。朝ラー? フフン。ボクには造作もないコトさ。ちなみに、この器は「A&F」銀座店にて取り寄せた「GSI」のネスティング・ボウル。もちろん後ほど記事にするんで、お楽しみに。
ところでコイツは、棒ラーメンの麺で喰うジャージャー麺ってヤツですね。高価いだけあって、この辛子味噌の出来はすこぶる結構。美味いです。まあ、スープがない麺製品は、山には持って行けないけどね。

P1060094.jpg

そして昼メシには「カレー龍」を3袋投入し、家族3人でセッセと食して仕上げにかかる。少しだけどブタ肉と野菜を加えると、この濃い風味にはマッチする。ベラボーに美味い。この「テ」で何もオカズがないのは、ナゼかちょっと寂しく思えるワタシなのだ。
そうして、ヨメとムスメからはソコソコの好評価をもらいました。まあその。「こんなに美味いのに」という家族間の温度差、今後はコイツを何とか是正していきたいモンです。

スポンサーサイト
きょうの出来事CM:6

超冷装

2011/06/08(水) 18:36:57

P1060037.jpg

スーパークールビズ・・・。
あらためて考えると、ヘンなコトバだな。直訳すれば、「超涼しい職業」だもんね。ところが、昨日の日経新聞には「超軽装」というコトバを付されていた。なるほど、さすが。正装とか略装といったグループに、コレなら違和感なく組み込めるワケですね。まあその。しかしコレではコトバの背後に見え隠れしている「アホ」さ加減がイマイチ伝わらん。きれいにまとめすぎってヤツです。 ワタシは「超冷装」と書いておこう。

「スーパークールビス」で画像をググると、こうなります。現状では、ウニクロのスタイリング提案の画像がよくヒットしているが、今後、暑さが進行していくにつれ、街中スナップ的な絵が増えていくコトでしょう。

そんな中、6月1日の「衣替え」初日、ネット・ニュース界で話題を独占した怪人がいた。このヒトですね。カンキョー省の職員とのことだが、たいへん失礼ながら日本語もできるジャバ・ザ・ハット、としか思えぬ。でも、スーパークールなエリート氏(のハズw)。

まあその。この「おにぎり」氏のように素肌にアロハを羽織るのは、ワタシ、大汗かきと化してしまった今では避けたいカッコなんです。下にコットンのTシャツを着ないとね。だったら、ポロシャツ1枚のほうが、まだマシってもんだ。Tシャツのクルーネックは、さすがに「オンタイム」のドレスコードを犯すと考えるから、エリがあるポロシャツを、しかしながらスソ出しで。このカッコで得意先を訪ねても白い目で見られない環境ってのがゴール・イメージなんだけど、やっぱりムリよね(w

ああ。スネ毛がジャンゴー状態のワシですから、半ズボンを認めよ、などとは言わない(言えないよw)。ただしサンダル履きは認めてほしいところだ。サンダルは、もちろんビーサンとか雪駄みたいなツッカケ系ではなく、先日ワタシが記事にしたような、アンクルを固定するヤツですね。昔から病院では良く見かけたデザインのヤツ。濃色の「クロックス」でもイイや。そして靴下は履いていてもOK。それでも何でも、スニーカー含めてオンタイムのドレスシューズなんかより、絶対にコレは涼しいからだ。

そういや、ワタシもかつて、アロハシャツに少しカブレた時期がありました。モノマガジンが編集した「ハワイアンシャツ」のムックを今も大事に持っています。ラード的には、アロハは「アヴァンティ・シルク」製に限る。肌触りがつるつるで、キモチいいったらナイのだ。HPの背景にもなっている「月とフラガール」の図柄のネイビーのシャツがとくに好みで、もう15年くらい着続けています。
アロハも、しかし深みにハマるとロクでもない事態に陥るんだそうです。要注意なのだ。かつて嗤っちまったのが「パイ専」なるコトバ。べつにエロい意味ではない。パイナッポーの図柄のアロハ「ばっか」を収集しているヒトを指すんです。いやその。奥が深いらしいんですがネ。とくに胸ポケットと周囲のパターンをキッチリ合わせてあるかどうか、とかね。

さて、本題。
先週末、画像のデスクトップ・ファンをもうひとつ、買い足したんです。目的は、オフィスのわがデスクに置くこと。その一週間前に「ニトリ」で見つけて「これ、イイじゃん」と買い求めたら案の定グッジョブなヤツで、売り切れぬうちに、もう1丁と。1,980円也。

コイツは可愛いヤツでして、「強」にすればけっこう強力な風が8枚羽根から送られてくる。そのワリにノイズは大したコトはない。首振り機能なんか要らないってのも、ツボを押さえているよナ。角度は天地2段階に変えられるが、このカタチなら平積みにした書類の上に置いても安定する。使わぬときは、カンタンに袖机に収納できるカタチと大きさというトコロが、また良い。そして電源はなんと3系統(AC/DC、単3乾電池、USB)も取れる。USB端子ってのが便利なのは、言わずもがな。ね、じつにグッジョブな卓上扇風機なのだ。さすが「お値段以上」のニトリさん。

たいして不快ではない今はまだ多くのヒトが気づいていないと思いますがネ、こういったオフィス用のデスク・ファン、今夏はマストアイテムになりますぜ。ナゼなら、徹底して節約しているオフィス照明の消し具合を見よ。間違いなく、このマインドが空調設定に向けられるワケだ。これまでだって、終日オフィスに居続けるレディースが「さむい寒い」とカーディガンを羽織ったりしてきた冷房環境でも汗ダーラダラ、ってのが正しいメンズ営業、ではないか。彼女ら、嬉々としてオフィスの温度設定を3℃くらい引き上げそうぢゃないか。むーん。今からワタシは戦々恐々としているのです。 

このデスクファンを調べてみると、妙にハバ広い商いをしている「ドウシシャ」のOEMというコトが判明。いつものアマゾンでは、えらく高価いが、どうしたんだろう。また現在、すでに在庫が切れているネット通販が多いみたいだ。読者諸氏よ、とりあえずゲットしておくべきグッズだぜ。損はしない。

これだけは買わせろCM:0
ホーム全記事一覧

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。