ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


03月 | 2015年04月 | 05月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

大雪山系 夏の山旅

2015/04/28(火) 23:58:24

IMG_4991.jpg

昨年の夏、北海道の真ん中に位置する大山脈・大雪山系を歩いてきた。

IMG_4957[1]

これは長いことワタシの憧れの山。そしてホンキで登りたいと思った、国内最後の対象だ。

IMG_4773.jpg

ルートは道内の最高峰・旭岳(2291㍍)からトムラウシ山を経て、十勝連峰・富良野岳まで南下する60km強。

IMG_5227.jpg

単独幕営、いつもの縦走スタイルで、登山行程としては5泊6日。そして予備日を2泊分。

IMG_5052.jpg

日程をフィックスしたのは、エアーを申し込んだ5月末という早さ。充実した「ぼくのなつやすみ」を期待した。

IMG_5184.jpg

遠き異界。この山旅では、そんな印象を持った。

IMG_4752.jpg

実際、登山のためにヒコーキを使うのは初体験。ずいぶん「遠い」場所に行く、ココロ躍るイベントだ。

IMG_5253_1.jpg

「異界」とは、見慣れた内地の山岳とは異なる、独特な地形と光景が拡がっていたこと。

IMG_5098_1.jpg

とりわけ、見渡す限りの高山植物の群生には度肝を抜かれたものだ。

IMG_4903.jpg

20代の後半、夏はいつも北海道の野宿ツーリング旅だった。

IMG_4882.jpg

ダート林道含めて道内のあれこれを見てきたが、それはやはり平地の世界。山上は格が違う。

IMG_4838.jpg

加えて「自分の登山」を試される、インフラ・レベルがごく低い、玄人ごのみの縦走路なのだ。すばらしい。

IMG_5113.jpg

停滞していたヒサゴの小屋では、恩人と呼ぶべきある登山者との印象的な出会いも体験した。

IMG_5123.jpg

ところが全国的な天候不順のアオリを食らい、行程半ばのトムラウシで下山した。残念の極みだ。

IMG_5401.jpg

美瑛の観光ドライブに転進したが、レンタカーが見つからなかったりと、ここでも「運」を試された。

IMG_5407_1.jpg

この山旅の完遂度は、そんな意味で、想定の5割というレベルだったろうか。

IMG_5156_20150427210231678.jpg

いつか花盛りの7月にリベンジしたい気分でもあり、もうこれで満足できちまったムードでもあり・・・。

IMG_5172_1-2.jpg

それでは、久しぶりに装備や食糧も公開して充実のシリーズ記事へと仕上げていこう(あくまで抱負だw)。


・8/2(土)羽田空港→旭川空港→旭岳ロープウェー→旭岳→裏旭キャンプ地
・8/3(日)→北海岳→白雲岳→忠別岳→忠別岳避難小屋
・8/4(月)→五色岳→化雲岳→ヒサゴ沼避難小屋
・8/5(火)停滞
・8/6(水)→トムラウシ山→南沼キャンプ地
・8/7(木)→前トム平→カムイ天上→東大雪荘(泊)
・8/8(金)→新得駅→上富良野駅→旭川駅(レンタカー)→道の駅@美瑛(車中泊)
・8/9(土)周遊→旭川駅→旭川空港→羽田空港

スポンサーサイト
バックパッキングCM:0

海/山 焚火野宿行

2015/04/25(土) 00:02:44

IMG_2331.jpg

ずいぶん久しぶりに記事を書こう。
あ。コンニチハ、読者諸君。耕作放棄地的ブログ管理人、不肖ラードめであります。
あったかくなったんで、目覚めた。熊みたいだなしかし。
いや、とっとと昨年夏の大雪山遠征記を書かないと、また夏が来てしまいます。
ところがもう、あの山旅の瑣末なアレコレは忘れかけている、きっと。
すでにそれらを思い出す作業がメンドーだなー、などと感じていたり。マッタク(汁

ま、そうも言っておられん。リハビリ的記事ネタをものして、ウォームアップしてみよう。
ネタはコレでいこうか。
「焚火野宿」。





この記事の続きを読む…
バックパッキングCM:6
ホーム全記事一覧

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。