ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ぼくらの夏やすみ(山の冒険篇) カッコーの巻

2006/07/27(木) 17:39:45

朝の陽射しが暑い。7:00ごろ、たまらず起床した。それにしても本日も奇跡的な上天気です。カップうどんだけの朝メシってのが不安だナ(w 9:25、管理人さんたちが見送ってくれる中、勇躍と出撃しました。

DSC01798_800.jpg

2日目のハイライト、これは「川俣桧枝岐林道」の全線走破です。とにかくコイツ、過去数年間にわたって下部に発生した法面の土砂大崩落によっていつも通り抜けできないという、何やらマボロシのようなロング・ダート20Kmなんですナ。

かつてワタシも桧枝岐から帝釈山の峠までを往復したコトがある。たまに勇者が土砂崩れ部分を突破したりしていたけれど。今回仕入れた直前情報では、その問題の場所の土砂が、ついに重機によって取っぱらわれたというワケです。そりゃ逝かねばなるまい(w

DSC01802_800.jpg

真夏到来を思わせる爽やかなダートを快走。ぐんぐん標高を上げます。この直前には、木賊から桧枝岐に至る抜け道、全舗装のスーパー・ワインディング林道(コレも同じく土砂崩落で追い返された経験あり)にて全開の「スペンサーごっこ」を繰りひろげた(w 

DSC01805_1024.jpg

「峠」にて。これから進む(ホントは通っちゃ逝けない)東側を望む。ココからは下る一方です。

ところで、一服していたワタシはフト気づいた。マイカー登山の出発点になっているこの峠、南北にこんもりと緑豊かな連なりが望める風が涼しい絶景ポイントなんですが、鳥の鳴声、さえずりがスゴイのだ。アチラで「カッコー」と聞こえればコチラで「ホーホケキョ」。エコーまでかかってる。まだセミどもの狂ったノイズは聞こえない。あまりにもシンプルに美しい。出来すぎと云ってもイイくらい(w だから、自然のオトがすごく「不自然」に感じられたワケですね。

ニヒルでシニカルなわしらオッサンは、「なるほど。福島県もこんな装置をこんなトコに設置したト」「360度サラウンド自然音テープかト」「スピーカーはいくつあるのだト」「カネがかかっておるト」「コッチに予算が取られちゃってるト」「だから福島は未舗装路が多いのかト」「それはワシラにはうれしいト」「結果的にめでたいト」などなど好き勝手な感想をホザいてたのは内緒です。ま、半分は創作ですんで念のため(w

DSC01806_800.jpg

一変して荒れた路面となる。そりゃそうですね。ホントは通行禁止の林道だもん。大きな落石などが鎮座していたり、またもブッシュが覆いかぶさってたり、ちょっと緊張しつつも楽しく走れる土系のダートです。

DSC01807_800.jpg

さて、峠から5.5Kmほど快調に下った場所で、よもやの事態に出くわしました。大規模な崩落だ。

画像(すでにバイクを反転してある)ではイマイチ分かりにくいかも、ですが、大量の樹木ともども幅広いガケ崩れになってます。このときまで、事前に心配していた大雨による悪影響がほぼ無かったため、きれいに油断(汁 当然ながらガックリ度、高し。「ネタ」としては最強なんだけどねえ(w 

「寸止め」を喰らわされたボクたち・・・・(・∀・;)ってムード。

現実的にも、これから走ってきたダート含めて70Kmくらいの迂回をして帰路につくワケだ。ハハハ。

DSC01812_800.jpg

そうなると帰り道は「安が森林道」しかない。キライではナイけど。いやその。むしろ大好き(w そこを、またまたムキになってトバしました。沢沿いにある2ケ所のジャンピング・スポットでは1尺くらい飛んだし、上部のサンド・ゾーンでは、ついに野宿装備10Kg程度を積んだままテールを流すというレベルに達しました。まあその。ガンバッタ(w

結局、雨にほとんど降られず、そして誰もコケずという旅でした。みんな、ヤルじゃん。このラード特製のスパイシーな旅メニューを。いつもはテント張るだけのキャンプをしてるヒトたちとは思えぬ(w いやホント。 「速い・遅い」ではなく「楽しいか・どうか」。これがオトナの旅。否。オッサンの旅スタイルです。

13:00、安が森峠着。14:30、今市IC。17:00、帰宅。高速は風がビミョーに強くて疲れた。計700Km走行。






さて、身内ウケするネタをゲットしました。まあ、身内しか読者はいないけどサ(汁 

ロッテリアの「しもつかれバーガー」新発売!というニュース。 
http://bogusnews.seesaa.net/article/17041910.html
一瞬、ぎょっとしました(w
バイクの旅TB:0CM:2
<< 「昭和」の遺産を引っぱりだした(前篇)ホーム全記事一覧ぼくらの夏やすみ(山の冒険篇) トンボの巻 >>

コメント

一度「しもつかれ」を食べてみることをお勧めします。わたしは二度と食べませんけど。w

安が森林道は走りやすくて良かったですね。適度に曲がってアップダウンもあって、おまけに路面も砂利じゃないので滑りづらくて楽しかったですよ。
なま #GCA3nAmE|2006/07/27(木) 19:49 [ 編集 ]
原北関東人が喰えぬモノを。
なにゆえこの小食なワタシが・・・・(・∀・;)

「安が森」。以前にもカキコしましたが、ワタシが走った「ベスト3」に入るダートだと思ってます。気分良くトバせる、起承転結がある、適度にクネクネ、頂点で突然終了しちゃうダートと、物語性がテンコ盛りだからです。また、行きましょう。



ラード #-|2006/07/27(木) 23:07 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://uemat.blog33.fc2.com/tb.php/104-3087b465

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。