ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


11月 | 2017年03月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

絶景ダートをめぐる山旅 前篇

2006/09/07(木) 16:09:32



今年のラード的バイク遊びのテーマは、山梨の林道走破。
先週末にGW以来の第2回目となる山梨ツーリングを実施してきた。

今回の林道野宿旅の「キモ」はですね、理想的なルートを企画立案、そしてソレを実行できたこと。もともとは友人「M」氏と山梨県のどっかを開拓する、そんな程度のハナシだったんです。そこに野宿仲間の「なま」氏が参加を表明。それならば氏をラード的林道焚火野宿旅のめくるめく世界に「イニシエーションしてしまえ」とがんばった、そういうワケでございます(w

北関東に住まう「なま」氏を考慮に入れ、なおかつワタシらが未走の林道もなるべく取り込む「ひと筆書き」のプランニング。知恵を絞りました。その結果、甲斐から佐久、秩父を経由して武州へ至るという、奥秩父および奥多摩山塊の有名どころのダートを時計回りに巡るダイナミック・ルートと相成った。勇躍5:30に自宅をデッパツ。

DSC02044_1024_800.jpg

ところが何てこった。なま氏から連絡が入り、出発早々に愛車の前輪がパンク、対応もうまく運べず今回はドタキャンというハメになってしまった。しかし同情を禁じえない。ナゼに突然(汁 まあワタシは、こういった事態というのは何かのサインとか「お告げ」だと考えるワケですがね。守護霊さまのネ。とにかくご愁傷さま。

DSC02046_800.jpg

さて、「M」氏と合流して勝沼ICを下り、最初の1本「泉水谷横手山林道」を走る。9:20に入口を通過。沢沿いを縫う13.5Kmのロング・ダート。

DSC02047_800.jpg

この旅は両日ともドピーカン。山中では暑いけれど爽やか。初秋の気配も感じられた絶好のツーリング日和だったのです。

DSC02051_800.jpg

お次は「M」氏がハゲしくこだわった沢沿いピストンの「後山林道」。雲取山登山者のためのダートだ。往復でダートは15Km。しかし水たまりが多く、楽しさはイマイチかも。

DSC02055_1024.jpg

柳沢峠に戻り、爽快ピストンとウワサの「大ダル林道」へ。往復で15Kmくらい。尖った石の多いリスキーな路面だが、なんたって眺めが素晴らしい。ドンツキで正午を迎えた。

DSC02058_800.jpg

ふたたび極上の舗装ワインディングを下り、大菩薩エリアへ向かう。しかし上日川ダム湖までのワインディングはクネクネおよび急登でシンドイこと。そういえば今回はじつにアップダウンの多い山旅だった。ダム湖を周遊する「砥山林道」を快走。全長6Km弱。

DSC02059_1024_800.jpg

ちょっと長いリエゾン区間となる。炎暑の塩山市内のコンビニで、少しアセりつつ昼メシを喰う。時間に余裕がナイなと気づいたワケです。大弛峠へと急ぐ。

DSC02063_1024.jpg

豪快ダート10Kmの「川上牧丘林道」を下る。峠通過は、15:30。相変わらず路面がガラガラだ。いや楽しい。マイカー登山のクルマも多いが、林道走行をチャレンジするような連中もたくさんいて交通量がとても多い。ビクスクの「マジェスティ」が上ってきたが、よくヤルよ(w 車体がボコボコになっちまうと思われ(汁

DSC02067_800.jpg

川上村の大スーパー「ナナーズ」にて買出し後、真剣に野宿ポイントを捜索しつつアセリながら走る「相木川上林道」。約10Km。とうに17時を過ぎている。そんなワケだからこのダートの印象が残ってない(w 候補地として期待していた西側ピストン支線が工事中につき不通過というのがイタかったかもだ。ましてやサンドっぽい路面でフロントが流れ、昨秋に痛めた左ヒザのスジを再び軽く痛めてしまった。ああっ、もう・・・・(・∀・;)

DSC02070_800.jpg

結局、野宿をあきらめて、予備の宿泊場所と言ったら本末転倒なんだけど、その近辺ではとても有名な「廻り目平キャンプ場」に逝く。18:05着。特殊な地形というかレイアウトのキャンプ場(昔なつかしい飯盒すいさん場ってムード。すべてフリーサイトだ)で、シラカバの林間に設営スペースを発見するまでアセリまくった。そしてテントを設営中に真っ暗に。なんとかセーフ。

それにしてもカネ払って「ナナメ」の地べたにヨコになるのって久しぶりだ。建材のマキを買っての焚火も、ねえ。あらためて気づいた。息が白い(w 場内は結構な数のテントがある。たいへん賑やかだ。くたびれ果てて22:30に就寝。

バイクの旅TB:0CM:0
<< 絶景ダートをめぐる山旅 後篇ホーム全記事一覧さらば納涼の夏 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://uemat.blog33.fc2.com/tb.php/116-5bb9271b

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。