ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ラード的音楽の旅路 「初恋のひと」

2006/12/06(水) 23:45:03

DSC02349_800.jpg

フランソワーズ・アルヌールさまです。
石ノ森章太郎(当時は「石森」)原作のテレビアニメ(当時は「テレビマンガ」)、「サイボーグ009」のヒロインで、コードネーム「003」の本名ってことになります。ワタシが8歳のときに放映していました。もちろんモノクロ(当時は「白黒」)。詳細は以下のサイトでどうぞ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%B0009
http://www.begets.co.jp/tvmanga/

ラード的には「異性」を初めて意識して、幼いながらも恋ごころなどというキモチを抱いたヒロインなんです。笑っちゃうけど。最近では「2次元キャラ初萌え」とかゆーのでしょうか(w まあ、こういった勇敢で母性あふれるヒロインに少年は弱いもんダと。えてしてね。また未だにパツキン女にヨワイというジジイのごとき嗜好原体験も、彼女で得たのかも知れないな(汁

そんなワケで数年前、とあるショップで見つけて矢もタテもたまらず買ってしまったのが画像のフィギュアなんです。おぼろげにワタシが持っていたイメージどおりの出来ばえ。思わず手を合わせて拝んだりして(w

そうしてこのアルヌールさまのお姿を見るたび、まるでテーマ音楽のようにワタシのアタマに鳴り響くのが、「白鳥の湖」なんです。さあ。ようやく本題に突入だ。もちろんチャイコフスキー作曲のバレエ音楽、哀切なメロディーのアレですよ。え。「わからん」と申すか。

それではコッソリお教えしましょう。MIDIで名曲を「うp」しているヒトが多いけれど、しかしリンクをペタリと貼ると怒られそうなムード。よって以下の4つのキーワードをコピペしてググってください。聴き比べてもっとも素晴らしかった作品がコチラです。 
趣味道楽 白鳥の湖 第2幕 情景
http://www.google.co.jp/

ね。イイでしょう。聴きながら読み進めていただきたいものだ。「サイボーグ009」のテレビの劇中、アルヌール嬢はバレエのプリマだったのだ。この曲で踊るシーンがあった。その直後だかに誘拐されて、あまつさえサイボーグに改造されちゃうという、じつに気の毒な彼女の身の上と美しい容姿、そしてこのエモーショナルなメロディーが「どんぴしゃり」だと、小学3年生だったワタシは深く感銘を受けたというワケなんです。今でもその「情景」を覚えているのだから。

そもそも「ようつべ」に該当する作品が無かったので、MIDIをご案内したんですが、「白鳥の湖」のバレエ、別のシーンもどうぞ。いやはや美しい。
http://www.youtube.com/watch?v=Sf2GMj-CNh8

そういや最近では、クラシック音楽フリークは「のだめカンタービレ」漬けになってますね。ヲタたちが揃って絶賛しています(w ワタシはあのTVドラマもコミックも、ちゃんと見ていないのだけれど、アラカルトに名曲をビシバシ流すのはイイことだと思います。とっかかりにくいイメージじゃないですか、クラシックって。しかし今週の回ではベトナム戦争の映画「プラトーン」のダーク・テイストなテーマ曲が聴こえてきて、一瞬ギョッとしたり(w

そうそう。思い出は音楽とともにある、みたいなコトがワタシには多いような気がします。あるデキゴトの状況と何かの曲がワンセットで刷り込み記憶されている、そんなムードですね。前述の「プラトーン」に使われたバーバー作の「弦楽のためのアダージョ」(いま調べたw)なんて、その映画の印象が強烈すぎてベトナムのジャングル以外ではイメージできないという曲になっちまってるのだ(汁

白鳥の湖の「情景」という曲のドコに惹かれるのか。こと音楽のみに限って云えばカンタンです。序盤のねっとりからみつくようなオーボエの切ない旋律、そして中ほどからグングン盛り上がっていくドラマチックな構成ですね。

また「暗いようでいて少し明るい」というメジャー・マイナーな曲調も、じつにワタシの好物なんです。昔からこのツボを抑えている曲とか歌手とかバンドに弱い。もう一貫して弱いのだ(w これについては次の音楽ネタでご紹介しようと思います。
音楽・映画・本TB:0CM:3
<< 房総舗装林道オフホーム全記事一覧ラード的音楽の旅路 「いちばん聴いたレコード」 >>

コメント

仙台の石ノ森記念館は案内の女性が全員
フランソワーズの格好をしているらしいですね。
雷神 #-|2006/12/07(木) 19:22 [ 編集 ]

ジョーとフランソワーズには子供がいて、未来から帰ってきて色々って話があったような気がする。

じゃなくて、ワシはレインボー戦隊のリリーだからなあ。
003はサイボーグなだけマシ。
こっちはロボットだぞ。
まだアンドロイドとかヒューマノイドなんつー言葉もなく。
…どうでもいい話ですな。(^^;

しまった、のだめ見損ねた。
なかなか良い番組ですね。
でもベートーベンは7番よりも8番が好き。
クナッパーツブッシュの8番は8番らしからぬ重厚さで度肝を抜かれます。
…こちらもどうでもいいか。(^^;
ぎんなん #X.Av9vec|2006/12/07(木) 21:01 [ 編集 ]
やや。入れたコメントが・・・・(・∀・;)
あらためて。

>雷神さん
まあ、そんなドハデな制服を着せられる職員も気の毒だなと(w

>ぎんなんさん
「ロビン」ですか。
タイトル名は知ってるけど内容を知らんのです。

そうだ。「スーパージェッター」の脚本ギャラで、あの筒井康隆氏が
作家として一本立ちできたのは有名なハナシですね。
スーパージェッター、夢中で見ていたなあ。
ラード #-|2006/12/08(金) 13:54 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://uemat.blog33.fc2.com/tb.php/142-28c3178e

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。