ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ラード的音楽の旅路 「最古の記憶」

2006/12/31(日) 23:28:59

dubrovnik-croatia-8.jpg

いよいよ今年も残すこと30分か。それにしても昔バナシにハゲしく偏っておるな。毎晩、サケを飲んでいるしね(w 飲んじゃうと筆が進まないんだよなあ(汁 エントリーを推敲つーか放置してる間に「いよいよ師走に」とか「まもなくクリスマスが」、なーんて後ずらしに変遷しつつも遅れに遅れ、ついに大晦日になっちまったと、そういうワケです。今さらですが、ガンバル(w さて今回は、音楽にまつわるワタシのもっとも古い記憶についてご紹介しましょう。

the20city2.jpg

ワタシが幼稚園児のとき、4歳か5歳か、もはや定かではないのですが、病気にかかって自宅近所のデカい総合病院に入院しました。脱腸、今でいうヘルニアでした。ごく初期症状だったらしいのですが、それが痛かったのかどうかすら覚えてない。なんかカンチョーのブッとい注射をされそうで泣きわめく記憶というのがありますが、それがこのときの現実のモノか、もはや定かではない。

かろうじて覚えているコトは、白い病室とか太い注射とか病院のあのニオイとか。まあ、その程度。その後は幸いにも、ひどい怪我も負わず重い病気と無縁で過ごしてこられたワケで、つまり自分の病院体験とは、40年以上も昔のそのときだけ。

そんな遠い記憶の中で、今でも唯一、ハッキリ覚えているシーンがあります。大部屋にいた患者のひとり、おそらく大学生だったと思うんですが、そのお兄さんが病室にガット・ギターを持ち込んでいたのネ。そんなコトができた良い時代。つーか有名なメロドラマ「愛と死をみつめて」に感化されてたのかも知れないけどね(w ともかく、そのお兄さんがベッドの上で弾いてくれた曲が「禁じられた遊び」だったのです。それが忘れられない。このデキゴトは、つまりワタシが音楽というものを意識した最初の機会になっているんです。いや。意識したのはまた別のときだったかも知れない。でも覚えているのは、このときの「シーン」が最古なんです。

「禁じられた遊び」。ご存知「ナルシソ・イエペス」の名曲ですが、調べてみたら原題は「愛のロマンス」と云うんですね。むは。やめれ。イメージが崩れる(汁
http://www1.harenet.ne.jp/~sato2000/music/guitar/romance.html

切ないけれど暗くはない、ステキな曲だと今でも思います。それにしても音楽用語を知らないから、上手く説明できなくてまどろっこしいのう。ええっと。曲の途中で転調するじゃないですか。ワタシ、こういった展開にシビレるのです。ああ。10年以上前、CXで近藤サトがナビゲーターで紹介していた「音楽の正体」あたりをキチンと見て勉強しておけばヨカッタ(汁 番組のネタ本も今では絶版らしいですしね。いやはや。
http://www12.plala.or.jp/afterix/Skptv/Ongaku.html
dubrovnik-croatia-3_1024.jpg

前回のネタでも触れましたが、ナゼか知らねどワタシは「メジャー・マイナーな曲調」にハゲしく惹かれるのです。正しい用語を知らないから、便宜上そう云っているワケですが、ニュアンスはお分かりですね? 「哀愁感ありつつ明るめなムード」、コレが好み。なにか原体験や前世とかが関係しているのかしらん。「荘厳かつ楽しい」ってのも当てはまる。荘厳だけではダメなんですよ。重くなるんでネ。それにしてもいったいドコで刷り込まれたのだろうか。

「禁じられた遊び」は、幼少時の入院体験という強烈な状況で出あったワケですが、なにもその印象だけで、その後のワタシの音楽の趣味性が決められたとは考えにくいんです。ちなみにワタシが育った家庭は、音楽に親しむ環境では無かった。レコードやステレオ・セットは無かった。まあ、そういう時代に育った両親ですから仕方ない。

A20Christmas20Carol20_640.jpg

そうそう。つい一週間ほど前まで、さんざん巷にあふれていた「クリスマス」関連の音楽、じつは無条件で好きなんです。いや、ウチは無宗教だから理由はとくに見当たりません。でも、、あの神聖な雰囲気にマッチした音楽は素直に好きだと云えますね。パイプ・オルガンの調べだろうがグレゴリオ聖歌だろうが、もちろん賛美歌もイイ。とくにクリスマス・キャロルの「もろびとこぞりて」と「神の御子は今宵しも」は何回聴いても感銘させられます。メジャー・マイナーな調べの典型だと思ってます。そうして、なにかココらあたりにワタシの「感性スイッチ」が隠されてると踏んでいるんですが。
http://www.sound.jp/uripon/#xmas

2790.jpg

同じような「雰囲気を好む」という理由から、たまにはクラシックも聴きます。これは「バロック」音楽が最もフィットするようです。その中でベスト(今のところ、ですね。開拓していくかもだ) は、J.S.バッハの「小フーガ ト短調」と、パッヘルベルの「カノン」です。これらも一度は耳にしている曲のハズ。「小フーガ」は、また直リンクできないので、ググってください。検索ワードは、「 Reinmusik バッハ 小フーガ 」。この作者は最高。「カノン」はパイヤール室内管弦楽団のモノが最高なんですが、ウケねらいのコイツで勝負だ(w
http://www.youtube.com/watch?v=y6j3Fu9DES8

ダラダラと書き綴ってきてしまいました。こんなコトをやっていると古い記憶のアレコレを思い出したりしちゃうもんですね。面白い。でも、やっぱり「どうしてソコに惹かれるのか」「なぜヨワイのか」については、相かわらず分からん。自分のコトだってのにね(汁 「ソコはダメ。弱いのボク」ってコトにして(ホラ、投げ出したぞw)、今年はシメましょうか。




ちなみに最初の3枚のイメージ画像は、これもワタシの琴線をなぜか揺らす
クロアチアの城塞都市「ドゥブロブニク」です。この系統のネタも手がけるハズ。
今年中には、ですね(w
音楽・映画・本TB:0CM:7
<< 「TOMCAT」で、スタート!ホーム全記事一覧夕間暮れの海辺 >>

コメント

あけましておめでとうございます
本年も宜しくお願い致します!

ラード的音楽の・・・・
難しいナリw


ぺんき屋 #-|2007/01/01(月) 09:06 [ 編集 ]
私の好きな音楽は
ジプシーキングスとBondの曲です。
雷神 #-|2007/01/01(月) 09:06 [ 編集 ]
おめでとうございます!
>ぺんき屋さん
ぎゃっ。
まあ、たしかに書いてる本人もツライですし(w
がんばります~。
次回は「ジミヘン」なんですけど。
オマケにタイトルは、「神について」。
いやはや・・・・(・∀・;)

>雷神さん
ジプシーキングス…。
Σ( ̄□ ̄ )あれか。
「ボラ~レ!」、ですなっ。

皆さん、今年も趣味道を共にキワメましょう!(w
ラード #-|2007/01/01(月) 12:00 [ 編集 ]
明けましておめでとうございます
年末にもかかわらずミョーな薀蓄語ってないで、テント張りなさい(^^;

なーんて、今年も宜しくお願いしますm(_._)m
今年は焼き場かな?(^^;
ぼうず #mQop/nM.|2007/01/02(火) 20:12 [ 編集 ]
おめでとうございます!
>ぼうずさん
「焼き場上」、早いとこ、逝きましょう。なんかシゲキ的な野宿ができるかも。
Σ( ̄□ ̄ )
「水辺」事件の再来にならねばヨイんですが(汁
ラード #-|2007/01/03(水) 21:48 [ 編集 ]
刺激的....
焼き場上が刺激的かどうかは微妙かと。
そういえば、墓場の隣に無料キャンプ場がありますがいかが?何度か行きましたが、街の音がうるさくて最後の手段となってます。ナニも感じないんだけどな。

そっち系よりフツーに山中の方が刺激的鴨。今季は猪が多くて駆除隊も多いとか。海辺で張ってると判りませんが、ちょっと山の中入ると発砲音で起こされます。エアガンじゃないから響くこと(^^;
ぼうず #mQop/nM.|2007/01/03(水) 22:28 [ 編集 ]
まあ、たしかに。
ヒトそれぞれですからねえ。
無料とはいえキャンプ場は、パスなムード(汁
ラード #-|2007/01/04(木) 18:05 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://uemat.blog33.fc2.com/tb.php/147-79451786

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。