ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

7周年記念を迎えて

2007/02/22(木) 23:59:15

今週の20日で、ワタシが禁煙してから丸まる7年が経ちました。
忘れもしない、2000年のこの日、一大決心をしたのだった。
タバコにまつわるハナシ、これから数回に分けて書いていく予定です。
キッパリと忘れ去るためにな。
否。やっぱりムリかもな(汁 
今でもワタシ、タバコから「解放」されていないんですよ、完全にはネ。
吸いたくて吸いたくて吸いたくてタマランときがあるのです。

だから「7年もガマンしたのだ。ブラボー!」というその記念に、ささやかながら「自分へのご褒美」ってヤツを考えたワケです。しかしナ、この自分へのご褒美ってフレーズはキライだったけど、この場合は「まったくOK!ボクってステキさ」と思えるのだが。は。なにか?(w

DSC02761_800.jpg

マクラが長くなりました。
これが本日、神保町界隈に特攻して調達したモノです。すべて山道具屋「さかいや」で購入。高校のころから好みの店。計7,500円強でした。「トランギア」のアルコール・ストーブ、その燃料、燃料入れ、専用ゴトク、そしてトランギアのために新調した「スノーピーク」のチタン・クッカー。どれもワタシの研究・吟味のアウトプットであります。もちろんヨメには内緒だよ。善哉。ジジイになるまで使い倒す所存です。

DSC02763_800.jpg

帰宅が遅かったので「着火の儀」は週末になります。おお。お天気だったら検見川の浜へ連れていって、カイトボード乗りを眺めつつコーヒーでも淹れてみっか(w

コイツを持っていくのは「ソロ旅」のときをイメージしています。あくまで2ケ目の火種として。また、和むため。あるいは、ちょっとしたアウトドア用ですね。手軽だしサ。今、ワタシの気分としては「愛玩系」「育成系」のモノがムードなんです。愛玩系とは、ペットみたいな存在のモノ。育成ってのは、もちろん使い込んで手に馴染ませていくモノ。あっ。ワタシの愛用する「100スキ」と同じです。まあその。誰が何と言おうともだ(w 

ちなみにスノピの「チタン・トレック700」にした理由はカンタンです。仲間うちで持ってるヤツはいなさそうだから。これ大事。試験に出ます(w じつに先週まではゼーンゼン興味なかったトランギアのアルコール・ストーブ、文字どおりワタシの物欲に「火をつけた」のは「なま」氏、「ぼうず」氏という極悪の不良です(w 

だがしかし。まったく同じモノを買うなんてのは、ラード的美意識が許さぬ。ええ。許しません(汁 だから、ゴトクは「トライアングル・グリッド」なワケです。ココでアルコール・ストーブに入れ込んじまった異色の山道具屋「OD-BOX」謹製のチタン・ゴトクには手を出さないのが、ワタシの矜持。いや、みな持ってるから(w 
http://www.odbox.com/outdoor_topics/alcoholic_stove.html

あえてもう1ケ、この「デュアルヒート」用ゴトクを調達してやろうと狙ってます。
http://jasper.blog11.fc2.com/blog-entry-212.html#212

スノピの「チタン・トレック」と天びんにかけて悩みに悩んだのが、コレ。今は亡き名作「ロッキーカップ」を、チタンでリメイクしたコダワリ商品。こういう由緒にヨワいワタシです。
http://www.naturum.co.jp/item/item.asp?item=442520
でもまあ、ショップで現ブツを目の前にすると、誘惑されますよね。このカップは通販でしか手に入らないというコトが、通販敬遠方面のワタシにはネック。しかしこの「ベルモント」、いつか2ケ買いするかも知れません。いやその。オトコのママゴトの系譜がワタシにもあったのだ。オドロキ(汁


これだけは買わせろTB:0CM:10
<< 早春の房総野宿旅(前篇)ホーム全記事一覧ラーメン二郎三田本店 >>

コメント
空耳か?
「火器を2ケ持ち運ぶという労力が、すでに負け組」というのをどこかで聞いた様な聞かなかった様な・・・

わたしが参考にしたのはこちら。↓
http://www5b.biglobe.ne.jp/~ddpjapan/ulltralight/stove.html
なま #GCA3nAmE|2007/02/23(金) 07:02 [ 編集 ]
ソラミミですよ、きっと(w
いやその。
その放言時は、そのように思っていた。これ、事実です(w
それから、ちょっと調べ始めてしまった。これが運のツキかも。
そのとき、ワタシの「空気」は正しく「育てる系」だったから、ト。

遅まきながら、お仲間に入れていただきたく。早々(w

まあその。
高校山岳部のころ、「ヤマケイ」とか「岳人」とかに「パイトーチ」(今も売ってるナ)のモノクロ小広告が、よく掲載されていたのを思い出しました。装備の効果効率軽量化が最優先だった当時を思いおこすたび「アタシは間違っていた」と深く反省するコトしきり、なのであります(汁
ラード #-|2007/02/23(金) 11:27 [ 編集 ]

これがモンベルでも売ってるアルコールストーブですね。

御一緒した時にはパイプの甘い香りで誘惑いたします!
雷神 #-|2007/02/23(金) 14:59 [ 編集 ]
うがっ。
その節は、風下にお座りいただく(w

本体は、ドコでも売ってますからネ。
この際、注目していただきたいのは、周辺グッズの
セレクションなワケです。
ラード #-|2007/02/23(金) 19:44 [ 編集 ]

>雷神様。
アルコールストーブはマジでおすすめです。特にSVEA 123Rとセットだと便利ですよ。123Rのとろ火が効かないという欠点を補ってくれます。百スキとの相性もばっちり。燃料はプレヒート用のアルコールを使えば良いですし。って言ってるのに負け組呼ばわり。w

欠点はゴトクが必要なこと、風に弱いこと、風あたりや気温の変化で燃費と火力が大きく変わること。なので風よけとかゴトクを工夫するんですよ、みんな。
まあ結局はストームクッカー買っておけという話になるんですが。
なま #GCA3nAmE|2007/02/23(金) 21:33 [ 編集 ]
ストームクッカーは、負け(ry
だって、超コンパクトという最大のメリットをスポイルしてるじゃん? 

「ODBOX」は、なんつーか面白いショップだなあ。「MSR」のモノみたいなアルミ製ボヨボヨの風防を、各種取り揃えていました。買おう、かナ(w

まあその。善良なこのワテクシを物量攻勢でタブラカシたクセに、よくゆーよ(w 
来週末は「M」氏と正調・房総林道野宿を予定しております。ちょっと試してきます~。
ラード #-|2007/02/23(金) 22:39 [ 編集 ]
意義あり!
ストームクッカーは、負けと言いながらデュアルヒート用ゴトクを欲しがる矛盾はどう説明する?
真冬の赤城、-18℃の環境下でプレヒートが不要なトランギアに対して

超コンパクトという最大のメリットをスポイル

するようなセレクションをするキモチが全く理解できませんが?


なははは、いぢってみたかっただけです(^^;
ぼうず #mQop/nM.|2007/02/24(土) 00:19 [ 編集 ]
ほえ?
>ぼうずさん
そのコメントに、もっとも感銘を受けたのは、コレですね。
「着色できるんだ、このコメント」(w

あとは、何を仰ってるのか、イマイチでえす(w

ああ。寒さ自慢の「昔バナシ」で勝負したいんなら、
受けて立ちますよ?
ラード #-|2007/02/24(土) 02:32 [ 編集 ]
アガリ
ストームクッカーはいわゆる「アガリ」です。あれ買ったらもうおしまい、みたいな。

大きいっていわれますけど、コッフェル(+ケトルも)と風除けとゴトクが一体になっていると考えれば、別々に用意するのとそんなに差はないと思いますけどねぇ。確かに基本的にはコッフェルなどが専用品しか使えないというのが、ちょっと窮屈な感じはします。プリミティブなアルコールバーナーだからイロイロ工夫するという部分が無いですもんね。
そのかわり性能は折り紙つき。
なま #GCA3nAmE|2007/02/24(土) 07:03 [ 編集 ]
そうそう。
ストームクッカーにまで手を染めると、出 家 信 者 に昇格しちゃうムードで(w

ワタシが、野宿の場における「2ケ目」「サブ的」の火器を持ち込むってのは、けっこうコペルニクス的な「考えかたのシフト」だと思っているんです。今までは「山ヤ」マインドで、ミニマム装備・軽量ラインナップを突き詰めて林道野宿をしてきたワケだからね。

ワタシが育った環境で「コンロ」のジャンルとは、白ガスと灯油と、マイナーなアルコール製品「しか」無かった。だから山ヤは、白ガス製品を効率最優先で使ってきた。緊急ビバーク時は「メタ」や極太ローソクを活用したし。その後、ワタシが社会人になったころ、ブタンガスの小型軽量ストーブが一般化した。この画期的製品が山道具・ツーリング装備を刷新したのは確かだ。小さく軽く。もちろんワタシも同調しましたよ。「EPI」はラード的に今でも「ブランド」だもん。

そんな生い立ちのワタシが「トランギア」(30年前から商品は知ってましたよ)に手を出したト。事件です(w クルマで例えると旧型「ミニ」みたいだなと思ってる。デビュー当時は革新的パッケージとメカニズムで小型車の新スタンダードとなり、数十年作られ続け、最後は枯れはてて、ついに愛されるペット的存在となった空前絶後のクルマ。なんか似てないか? トランギア(w

そんなワケで、「負け組み」発言の本心は「コンロを2ケ持つ」などという、ラード的シバリの核心を取っ払っちまっうという「誘惑」に抵抗した最後の叫びととらまえていただきたい(w いやキッパリ陥落しましたが(汁
ラード #-|2007/02/24(土) 13:00 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://uemat.blog33.fc2.com/tb.php/166-46a9cb76

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。