ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

オトコの「ままごと」プロジェクト(1) ロッキーカップ・レプリカ

2007/03/26(月) 00:03:44

DSC02916_800.jpg

いまは亡き名作ロッキーカップのレプリカ、ベルモント社の「ステン・シェラカップ」を購入。
2ケで2,100円也。「Cascade Loop」で通販しました。この程度の小モノを通販すると、周辺費用(今回は計840円でした)が突出しちゃうから悔しいけれど、このコの端正な佇まいに抑えきれぬ欲情wが駆け巡っちまったから、まあ、致しかたないのです。おまけに「カスケード・ループ」店長の泣ける自筆メモが同封してある。「これからも安全で素晴らしい旅を!」なんて書いてある。いかん。そういう小ワザにヨワいワタシなのだ(w 

最近はチタン製品のアウトドア・グッズばっかりですが、あえてステンレス製をチョイス。はかなげに消えゆく素材とカタチに郷愁を感じるワタシです。ありていに申し上げると、性能・機能とかよりレアモノ賛歌というワケですが(w このベルモント社もスノーピーク出身者が立ち上げたらしい。ハンドル部分の工作強度が弱いのか、少しキコキコ鳴りますねえ。はかなげ(汁 

DSC02917_800.jpg

ラード的には、今、クッカーだのカップだの調理器具のシステム再構築が、マイブーム。
トランギアを買ってから、なんか文字どーり「火がついた」ようだ。オトコのままごと状態と云えましょう(汁 手持ちのシェラカップ系を並べたら、こうなります。右手前が元祖のシェラカップ。たしか昭和時代の製品。その上は20年モノのモチヅキ製。この2ケのカップは、4回の北海道旅も共にした野宿旅の古い相棒です。奥の大ぶりのヤツは、ユニフレームのチタン製、580ml。当然ながら、えらく軽い。この10年間、愛用してきました。

DSC02929_800.jpg

ナベ系の現行ラインナップです。
左は今は亡き「ホットン」社のビリー。10年前に倒産したと聞いてアセリつつ購入しました。「野宿の集い」を立ち上げたときだ、懐かしい。おそらく1.8㍑。笑って焚火にかけられる厚手のステンレス仕様。底にはイングランド製なる刻印あり。

DSC00921_800.jpg

追記しておこう。「ホットン ビリーポット ブルドッグ」なんてワードで検索してくるヒトが多いからネ。
これは1月に、とある海辺で焚火野宿したときの炉辺の情景。シズル感がビシバシでしょう。焚火したくなるでしょう(w マキとかオキの上に直置きしてますが、こんなコトが気がねなくできるところがホットンの醍醐味。暗いコトもあって、何でも美味く思えてくる(w

さて、中央はスノーピークのステンレス製「トレック900」。900mlはソロでの調理にドンピシャのサイズです。右は先日買った「チタントレック700」で、900の中にピッタリ納まる。今回の「ステンシェラ」、容量は480ml。別の通販ショップから、また新しいアイテムを発注する予定。するとこのカップもナベとして使用できるワケです。もちろん、向こう数十年間で育て上げていく予定。しかし調理関連のグッズを増やしても、作るモノをグレードアップさせないと意味ないもんね。そっち方面も頑張らんとナ(w

ラード的「野宿」指南TB:0CM:12
<< お花見に。ホーム全記事一覧サバゲさんが苦戦 >>

コメント
(⌒▽⌒)アハハ!
確かに器が有っても料理が無ければ悲しいですね。
でも、汁物を飲むだけでも、コノ手のカップなりコッヘルって
何か非日常的だけども味わいの深さが有ったりします。
まあ、ラードさんが言うようにママゴトなのでしょうが、
それが堪らないんですな。
雷神 #-|2007/03/26(月) 20:47 [ 編集 ]
つい、こないだまでは。
食器まわりの道具に、ほとんど関心など無かったんですホントーだよ(w
やっぱ、発端は「トラ」だな。物欲に着火!

まあ、ワタシはもともと「容器」とか「バッグ」にヨワいらしい。
いまも狙ってる水筒が、2種類ありますし(w
アウトドア・ショップの元祖「スポーツトレイン」のトートバッグも、
買いに逝きたい。聖地巡礼として。

こういった道具、使いこんだ「味」を追求していきましょう。
ラード #-|2007/03/26(月) 22:11 [ 編集 ]

えーと、ラードさんに食べさせてもらったモノというと・・・ベーコンの塊りを焼いた奴、百スキで焼いた何か・・・プライスレス(違
なま #GCA3nAmE|2007/03/27(火) 20:12 [ 編集 ]
いやその(w
本日は西麻布の「シチリア料理」店で喰い散らかしてきました。まあ、年度末納会だったワケですが。7名で12万円くらい。飽食(汁 さらにソコからワタシは首都高・東関道ビシバシ1名でタクシー帰宅なんつー、まるでバブルさながら(w

ええ。ゴルゴンゾーラの何とかとか、ウマいアレコレを喰ってきらワケですが、なにも印象に残っていないです。ベーコンブロックのほうが、ウマくないか?(w
ラード #-|2007/03/28(水) 01:20 [ 編集 ]
おおおおおお
ホットン、お持ちだったのですね~!!
これ、探したのですが見つからず、見つかっても高嶺の花で・・・結局DUGの焚き火缶を愛用しています。

でも、ほんとはこのビリーポット、欲しいんですよね~(^^;;
ユウ #2DdjN05.|2009/01/27(火) 12:16 [ 編集 ]

>ユウさん
やや。ナイス食いつき(w

今では宝モノのホットン(中サイズ)は、12年くらい前に「さかいや」で売れ残りをゲットしました。
焚火でメシをこさえたかったからですが、そのころ、スクリューキャップのグランテトラやマルキルの現在みたいに、こんなのにプレミアムがつくなんて思いもしなかったですね。予想できたら、デッドストックで保管しましたよ(w

前に書いたこの記事が身近です。ご覧いただければと。
http://uemat.blog33.fc2.com/blog-entry-177.html

ホットンは「DUG」と中身は同じようなモンですけど、ミラー仕上げ(かつてはw)ですね。無くなって愛おしいと初めて思う道具、でしょうかネ。

そういう、絶滅危惧種のアウトドアグッズ、他に思い当たりませんか? 先行投資対象です(w 探してます。
たとえば、ワシが先日ゲットした「ツアラーライト」は正にコレ。ほかに「ワッパーコンボ」もそんなムード。トランギアのビリーは今が買いどきかも。やはり、このテは調理関連グッズに多いかもしんない。
あとは火器ですか。「ブス」なんつー愛憎入り乱れるコンロが逆説的に有難がられるとは、なんて思いませんか?

ラード #-|2009/01/27(火) 14:31 [ 編集 ]
何を隠そう・・・
・・・ホットンビリー、で検索して
ここにたどり着いたのは、ワタクシですw

オリジナル、持っているんですね!
いいなぁ、いいなぁ

探している最中に、
奇遇にもここにたどり着きましたわさw
ユウ #2DdjN05.|2010/09/14(火) 11:17 [ 編集 ]

>ユウさん
世の中にナベカマ水筒フェチのヒトが如何に多いか、わかりますね。
ラード #-|2010/09/14(火) 13:39 [ 編集 ]

あ・・・
過去コメ見たら、なんと!
すでに自分、コメつけてましたww
げひ~~、すんましぇ~ん(汗
ユウ #2DdjN05.|2010/09/20(月) 22:31 [ 編集 ]

>ユウさん
ええっ。気づかずに2度目のコメント、だったんかいナ(w
ラード #-|2010/09/20(月) 22:53 [ 編集 ]

え~っと、
つまりですね・・・コホン
それほどブルドックのビリーを探している、
つーことでありましたww

ヤバイヤバイ
このことを忘れて、
来年3度目のコメつけぬように心せねばw
ユウ #2DdjN05.|2010/09/21(火) 22:03 [ 編集 ]

>ユウさん
1年後くらいが、いまから楽しみですねー(w

つーか、そんなにレアものなんだ…。
ラード #-|2010/09/21(火) 23:42 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://uemat.blog33.fc2.com/tb.php/174-3fba6a8c

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。