ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

「Bond」の野宿ツーリング

2007/04/16(月) 15:16:48

いかんいかん。先週末のキャンプ・ツーリングの記事を書かないと(汁 ちょっとバタバタしていると時はアレヨと過ぎゆくもので、まあ油断もスキもないナという教訓、なんである。そうだ。「教訓」というキーワードで今回はまとめてみよう。

DSC02968_800.jpg

さて、雷神氏主宰の野宿コミュニティ「Bond」のイベントに参加しました。ワタシの役職は「相談役」。ビビるように(w ふり返りますと、雷神氏と「野宿しよーぜ」なんて話してから、早や4ヶ月あまり。ようやく第1回目を実施できたワケです。一緒に買い出しして、16時、市原市にある無料の某キャンプ場に到着。しかし着いたとたんに雨がパラパラと(汁 

DSC02972_800.jpg

テントを張り終え、芝刈りも終了。このとき雨はやんでいたのだが。

DSC02974_800.jpg

コレが芝刈り・薪拾いに勤しんだ成果。さあ。ひと晩逝くぜ(w

DSC02977_1024_800.jpg

初野宿に、乾杯! 左が首領・雷神氏。首領とか首魁ってイメージそのものですね(w 氏と会うのは、昨年11月の「2ちゃん」林道オフ以来であって、今年じつは初めてだったのだ。おたがいのブログとかミクシでのやりとりで、一緒にイメージを育んできたというワケだ。しかし便利な世の中になったものよの。右は氏の友人リッキー氏。

DSC02978_1024_800.jpg

左がkaz氏。右は、会うたびネタ騒動を開陳してくれる好漢「ぺんき屋」氏。ワタシより少し年下というのが信じられない不良中年だ(w

DSC02979_1024_800.jpg

なんか再びパラパラの雨の中で宴会は続きます。天気予報で「50%」ってのをアタマから信用しちゃ逝けないという教訓、であるナ(汁 吐く息が少しばかり白い気温だってのに、腕まくりでお手製チャーシューを振舞う雷神氏。暖めたチャーシュー、じつにウマかった。

DSC02982_800.jpg

負けじとワタシのキラー・コンテンツで応戦(w 手羽中を100スキでコゲ目たっぷりに焼く。もちろん粗びき黒コショーと塩をビシバシまぶす。ちょっとクドいくらいの味つけのほうが、サケのツマミに合うんだよね。じっくり焼いた厚揚げも好評のようでヨカッタ。恐る恐る宴会のみの参加という「ルイ美豚」氏たちと野宿のイニシエーションをどっぷりと施す、否。語り合う時間が無い状態で、雨は本降りとなってしまった。残念。

DSC02983_800.jpg

わがボロテントの前室で宴会中。22時すぎかな。ひとり「二階堂」のお湯割りを飲み続ける。雨がフライを叩くオトがデカい。するコトがないから寝ようにも、妙におメメが冴えちまってソレも適わない。というのも、この日の午前中は相当な二日酔いで、昼すぎまで死んでいたワケなのネ。つまり睡眠時間は十二分という状態だったのだ。

どっどっどっどっ どびどびどびどび どっどっどっどっ どびどびど(ry

キャンプ場内は、100㍍先の東屋を不法占拠する20余名ほどのヤング男女の集団が、いったい何の修行なのか、他人にお構いナシにブチかます大音響とサブウーハーの重低音に満たされております。否応なくな(汁 なんつーんですか、トランス音楽ってゆーんですか、五月蠅いBGMとしか感想を云えぬ騒音。0時くらいには終わるだろう、ヤツラも人間だからナ。なんて思っていたのだが、まるで甘かった。

朝がきて陽が昇ってワタシラが出発するときになっても、エンエンとネバー・ストップ。ありえぬ。コレはありえぬ。メンドーなので、この感想は約10行ほど省く。しかし無料キャンプ場というのは無法キャンプ場にコロビやすいんだな、そういう教訓は得た。

DSC02986_800.jpg

ほとんど眠れぬ朝を迎えたワタシら、カンタンな朝メシを喰って、それでも何でも林道ツーリングにデッパツします。遠くに霞んで見えるのが、連中の宴会場。ドラッグでもキメているのか、オールナイトでナニをやっていたのかが明るくなってから判明。なんと踊っていた、のだ。まあその。ワタシも長らく野外活動をやってきたけど、ここまでファッキンな状況って初めてよ(w

DSC02988_1024.jpg

本日は、うららかなツーリング日和になった。しかし、一晩中降り続いたあの雨だ。林道日和とは、云えぬぞよ(汁 ワタシ含めて5名、音信山林道とか裏道チックな道を走りつないで南下する。ワタシ、じつは警戒しておったんである。え。何をかと。つまり雷神、ぺんき屋の両名は「ゲロ愛好家」なのだ。恐るべきマゾヒスト・ライダーである(w 「いいかね。バイクは乗るモノだ。押すモノではないのだ」。噛んで含めるよーに、このラード的心得を伝えていたのだが、先頭の雷神氏はちゃめっ気をポロリと出す(汁

ある名も知れぬシングル・トラックの下りで、フト気づいたらゲロ道に入っているじゃないか。落葉のじゅうたんのヌタヌタ。左はガケ。「うがー」。リアに15kgの荷物。息が上がってシールドが曇る。見えぬ。前が見えぬ。上げようにも両手がナゼか離せない(ry いや死ぬかと。後ろでぺんき屋氏がカンラカンラと笑ってるし。ええい。教訓をキッチリ追加しよう。「押す場所は論外だけど、ブレーキかけても止まらぬ場所も論外!」(w

DSC02991_1024.jpg

春色の小湊鉄道・月崎駅にて。

DSC02992_800.jpg

折りよくディーゼル車が通りかかってくれた。女車掌が乗務してるんだね。こりゃもう、観光列車ですナ。

DSC02993_800.jpg

ちょっと再びプチゲロに突入して、雨後のヌタヌタで進めずに先頭の3名が肉体労働、それからはフツーの林道ツーリングにしようってコトになりました。そう。それでイイんだ。はじめから(w もみじロードを抜けて長狭街道にある蕎麦屋「きのや」へ向かう。

DSC02994_800.jpg

じつは「昼メシその1」として入店したのだ(w ワタシは大ざる、650円也をチョイス。ごらんのような太麺。シコシコです。

DSC02996_800.jpg

食後の運動にと、先月の旅で苦労させられた「竹岡林道」へ向かう。ナニ人数が多ければ余裕あり、です。最初の崩落エリアを越える雷神氏。いま考えると結構なボリュームの倒木どもを誰かがチェーンソーで処理してくれているワケですね。じつにありがたい。

DSC02999_1024.jpg

同じポイントでお楽しみ中のkaz氏(w うしろで微笑むぺんき屋氏。

DSC03001_800.jpg

2ケ目の崩落エリアにチャレンジするリッキー氏。氏はこの日、うすらデカいBMWの「GS」を捨て、雷神氏から借りた「KSR80」で走っている。こんなポイントをGSで突破できたらキミもヒーロー!なのだが、無茶か(w

DSC03002_800.jpg

昼メシの本命、独特という他ない湊のカレー屋「あさると」に到着。

DSC03003_1024_800.jpg

店内はこんなムードですが、何か(w エアガンやモデルガンなど、トイガンがスズナリ。いちいちカネのかかった仕様にお見受けした。この店の常連たちでサバゲ・チームが発足して、おウチに持って帰りにくい数多の銃を展示保管している、これがその事情らしい。アホス(w ましてや店主はハードコアなジムニー・ヲタ。ワイヤーを渡してジムニーを谷渡りさせちゃう、なんつーエピソードには魂消た(汁 店主が独特、だったのだな。こういう風流な趣味人になりたいものよ。良い教訓です。

DSC03006_800.jpg

オリジナル・カレーを1辛にして注文。スパイシーかつコクがある。ウマい。アイスコーヒーも付いて570円とは、お値打ちじゃないか。
http://www.amaha.or.jp/asault.html

DSC03007_1024.jpg

店を出たのが15時半ごろ。さて、ここからハゲしくペースアップを図ります。というのも「ぺんき屋」氏のトランポを留め置いている場所が、17時に閉められるからだ。それでも何でも林道をもう少し走りたいという欲求には抗えない(w 再び長狭街道を経由して「山中林道」へ。この区間はワタシが先導していたのだけれど、ワインディングもダートでも必死に走りました。オフブーツもモトパンでもない、お気楽仕様の身なりだったってのにね(汁 

DSC03009_1024_800.jpg

水たまりだらけの「大山横尾林道」一帯のダートをノン・ストップで駆け抜け、R410を快調に北上。ところが、ふと気づくと後続が来ない。どうやらぺんき屋氏の愛車「KDX」が不調の模様。路傍でアレコレと点検する。しばらくして「まさか、ねえ」とばかりにタンクを覗くと、中身がカラじゃないですか(w いやしかしアナタ香ばしすぎ。ラッキーなことに、デカい門構えと倉を持つ農家が目の前にあった。そこで人なつっこいご老人から灯油ポンプを借り、緊急輸血を行ってコトなきを得た。

予想外のイベントにも臨機応変に対処したワタシら、それからも飛ばしに飛ばしてトランポの場所、つまり前夜のキャンプ場に出戻った。少し超過しちまったけど、ゲートは開けておいてくれて、じつにギリギリガールズな状況で盛りだくさんの思い出ができた旅を終えた。イイも悪いも面白いも、全部ひっくるめてナ。

今回はいつもの野宿旅とはオモムキが違って、どちらかと云えば「キャンプ・ツーリング」というべきイベントだった。ワタシはもう、後進の指導育成などというヤヤこしいコトなぞヤルもんか、なーんて意固地に考えていた。でも、気のおけない連中とだったら楽しいものよの、そんな画期的な事実を今さら思い知らされたワケ。アホス(汁 持つべきものは仲間。とっておきの教訓です。

バイクの旅TB:0CM:5
<< ラード的音楽の旅路 「奥華子賛」ホーム全記事一覧座右の書にまつわるハナシ >>

コメント
楽しかったですなぁ
ドンドンやゲロ道や輸血など盛りだくさんでしたが、
1回目にしては性交、いや成功だと思います。

次回からは人の目に付かない場所でやりましょう!
雷神 #-|2007/04/16(月) 18:36 [ 編集 ]
うpが異常に遅れてスマンコ(w
水の補給モンダイだけだもんね、野宿なら。
便所が障壁にはならん、よね。このメンバーなら。

さて、どこに行こうか。

例年より季節のスケジュールが早いから、5月に入ると「ヒル」が出没するかも知れません。外房系の山中は、ヤバスだよ。
ラード #-|2007/04/16(月) 19:08 [ 編集 ]
ワラタww
ラード兄貴、迷惑掛けてゴメンネorz
でも、何気にダート走行、
モロウマなんですけどww
本当は、ケモ逝けるんでナイ?
コレからも鍛えてね!
今度は、野グソが出来る所で(^_-)-☆
ぺたぺた #CaFVDcWg|2007/04/16(月) 19:15 [ 編集 ]
ともに野グソを。了解しますた(w
いやその。ぺんき屋さんの場合、何やってもカリフォルニヤなところがグレートなのだ。フツーのヤツだと、あのようには収まらん。マジで。

選 挙 に 出 な さ い (w

まあその。ケモだけは逝っちゃいかんと、死んだおばあちゃまの遺言ですし(w
竹岡のビビリで分かるでしょ?
ラード #-|2007/04/16(月) 19:38 [ 編集 ]

BMW大好きでーす

もっとお金がたまったら必ず買うぞ~
BMW情報局 #-|2007/04/18(水) 00:40 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://uemat.blog33.fc2.com/tb.php/178-bc81fb8c

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。