ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

野宿林道ツーリングについて その1

2005/11/18(金) 00:34:14

DSC00188_512.jpg

ちょうど1年前、奥会津「小塩塩之岐林道」の奥地にて。悲しいかな、このときが今のところ最後の焚火野宿になっております。

なにを隠そう、ワタシがもっとも好きなバイクでの遊びが「野宿林道ツーリング」。この趣味、じつは昭和末期から今にいたるまで基本的には変わっていません。つーか10数年のバイクに乗らない「ブランク」時代を経て、まんま昔と同じ好みで復活してしまった、ということでもある(w

この日、友人「M」氏と焚火の好ポイントを求めてアチコチ走り回りました。やっと見つけたココは沢沿いの中州というオススメできない場所なんですが、お天気も崩れそうもなく、もうヒトも通らないだろうと日没すこし前に荷物を解いたワケです。

あたりは紅葉真っ盛りの11月はじめ。寒いのは覚悟していましたが、たいして気温は下がらずラッキーでした。風もない良い晩です。ふたりで夜半までバカ話をしつつ清酒を呑みきりました。鹿と思しき動物の目が光っていました。

DSC00187_512.jpg

今年のワタシは前に書いたように結構な頻度でツーリングをしました。ところが、です。野宿ツーリングには行ったけれどもマキなんか落ちてない場所だったり、新たにお気に入りとなった「シルクバレー」キャンプ場に宿泊して焚火を囲んだりしていたので、写真のような野宿で焚火をする機会が無かったというワケです。

ところでワタシが云う「野宿」という遊び、これには2種類あります。ひとつはもちろんバイクで行く野宿旅。もうひとつがクルマで行く「野宿の会」ってヤツです。まずは「野宿ツーリング」について、いくつかカキコしていきます。

【なぜ野宿ツーリングなのか】
ワタシは野宿しながら林道を走りつなぐスタイルが好き。その理由ですが、まずはヒト気のない山の中で過ごすのが好きってことですね。焚火ができる環境ならば、もう云うことナシです。地べたでメシを喰い、テントで眠るワケですが、出身が「山ヤ」、それも山岳部の出身というスジガネ入りですし、なにしろ自分にフィットしてるので何らモンダイありません。

キャンプ場はどうか。オートキャンプのブーム以来10数年、ほとんどすべてがオートキャンプ場に変身してしまいました。高価いです。地べたに座るスタイルすら似合わん。バイク旅では論外ですね。それでは昔ながらのオンボロ野営場みたいなのはどうか。もう場所を見つけるのがタイヘンです。絶滅寸前ですね。これを探すほうが労力かかります(w

つぎも現実的な理由です。野宿の各装備をひと通り揃えたら、「宿泊」に関するさまざまの制約から自由になること。これ大事。たとえば、宿の費用、予約、チェックイン・アウトなど時間のシバリ、ツーリング・ルートのシバリなどが無くなりますからね。

もちろん野宿旅は安あがり。高速道路を使わない日などは、昼メシ代、飲みもの代、ガソリン代、晩メシ代、サケ代とで一日3~4千円の生活費です。ありていに云えば「貧乏ツーリング」なんですけどね(w でも、うるおいあふれる貧乏旅じゃないか、と。

ラード的「野宿」指南TB:0CM:0
<< 野宿林道ツーリングについて その2ホーム全記事一覧すごい診断結果 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://uemat.blog33.fc2.com/tb.php/18-93419327

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。