ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

旅の持ちものガイド その3 「衣」について

2007/05/12(土) 23:57:03

DSC02092_1024.jpg

林道野宿旅のワードローブはシンプルだ。「行動時」と「くつろぎ時」の2系統。行動時の場合は「本格スタイル」と「お気楽スタイル」のどちらかで旅をする。これに「寒暖」という季節対応を加味するワケだ。

当然ながら寒い時期は持ちものが増える。なによりガサばって仕方がない。でもまあ、工夫の施しかたもある。あわせてご紹介していこう。




DSC02806_800.jpg

◆衣
【GW信州旅のときのウェアは】
まずは先日のキャンプ・ツーリング時のカッコについて。ちなみに画像は今年3月の房総旅で、ジャケットを脱いでアタック中。必死のワタシ(w 以下、貼った画像はすべてイメージです。いろどりを添えるってコトで。自分の写真って、あまり持ってないのだ。

考えようによっては、GWなんて、ウェア選定という点では中途半端な季節かも知れないナ。なぜなら冬装備と3シーズン装備の両方を持って行くから。信州は標高のあるエリアだからね。千葉県などという海抜ゼロに近いヌクヌクとした土地からは想像しにくく、特攻してから「寒い!」と後悔するコトも多いから要注意。

このときは、林道のダート走行をともなうツーリング内容ながら、直前になって某「G」氏にビシビシと計画にクチ出しさせられたので、もう「マンドクセー」とばかりに「お気楽行動スタイル」に落ち着いた。まあその。どのみち今年になってからはモトパンなんぞ履いてないのだけどネ。メンドーで(汁 ってコトで、身につけている内側のモノから晒していこう。

479343128661584836610_1024.jpg

【信州旅・行動時】
・パンツ(ユニクロ・シームレス・ボクサーブリーフ)
・シャツ(ユニクロ・ドライメッシュ・クルーネックT長袖)
・靴下(ラフ&ロード・クールマックス・ロング・ソックス)
・ジーンズ(エドウィン、だったかな)

そういえばワタシが「ユニクラー」だってコト、ご紹介してあったっけか?(w ソコソコの機能を持つ低価格のブツが多いので、ウニ製品を愛用しております。パンツはすでに絶版と思えるが、ケツの部分の縫い目が無いから、股ズレになりにくいという優秀作。たしかバーゲンで500円。ダート走行は動きまくるから、案外これは重要なのだ。シャツはMXジャージの替わり。700円くらいで買えるし、ハデではナイからツーリング時にはフィットする。行動時にコットン素材のシャツは、NG。濡れたら乾かないから。冬場は尚さらで危険だし、靴下も同様。とにかくコットンはダメだ。

・フリース・フルジップ・セーター(LLビーン・ウインドブロック・ジャケット)
・フリース・ベスト(ユニクロ・フルジップ・ベスト)

中間の保温ウェアは、フリース素材が最良と考える。空気層を多く保温するし、撥水性能も優秀で、なにより軽い。これまで各種のフリース製品を買ってきたが、もはやユニクロでOKだわ。今年のウニ製フリースなんか、肌触りのなめらかさにおいてモンベルの「シャミース」に並んだほどだ。素肌にも羽織れる。それでいて価格は4分の1くらいだもんナ。ただし欠点もある。フリースの上着はスタンドカラーだから、着膨れると首が回らなくなるのだ。コレはシンドいので要注意。また厚手のフリース製品はパッキングがガサばる。2枚は持たないほうがイイ。だからちょっとした体温調整用には、ベストがベストかと(w

DSC00185_800.jpg

・ライディング・ジャケット(モンベル「ハイデュラ・ジャケット」)
かれこれ8年は使っているアウター。いまだに防水性能もある程度キープしている。画像は2004年の秋、初めての会津旅にて。

・ブーツ(ドクター・マーチンズ・8アイレット・ブーツ)
・ヘルメット(ショウエイ「Jフォース」ジェット)
・グローブ・2セット(レザー冬用・20年モノ、レザー3シーズン用)
・保温タイツ(ユニクロ・ヒートテック・ロングタイツ)

いや、モトパンにオフ・ブーツという本格仕様が「いやなの…」となると、このカッコになるワケで(w タイツは持っていったが、着用せず。ジェット・タイプのメット、ラード的にはオフ車に似合わんと思っているのだが、とにかく風圧が軽くてラクなのだ。ガエルネのエンデューロ・ブーツを履いていてもスジを痛めた経験があるから、軽い一般用ブーツだって構わない。ただし、とくに右足くるぶしがエンジン腰下の熱で熱くてたまらぬコトが、ときどきある。これはツライ。今回はヒザとヒジのプロテクションは持っていかなかったが、コイツらが無いと、えらく走りかたが慎重になるのは確かだ。

DSC00654_800.jpg

【信州旅・くつろぎ時】
続いてはキャンプのときのカッコですね。

・イージー・パンツ(モンベル「ODパンツ」)
・防寒ジャケット(ユニクロ・ライトエアテック・ジャケット)
・帽子(野球帽)
・日本手ぬぐい(モンベル)
・予備の服として、下着パンツ、長袖Tシャツ、ソックスを各1枚。
・ビーサン

いくら何でもダウンジャケットは不要だろ、ってコトでエアテックをチョイス。ところが夜は焚火が無かったら、このラインナップではシンドかった。ちょっと甘かった。寒さにはレイヤードで対処、つまり重ね着で空気の層を厚く作るワケだ。夜が更けるにつれ寒さは徐々に増していく。「さて、もう1枚」なんて重ね着する。その最後の手段は「ホッカイロ」だ。お忘れなく。使わずにすんだ程度の寒さだったけどね。
ガサばるエアテック素材のジャケットはシュラフと一緒のスタッフザックに収納、コンプレッション・キャップでギッチギチに縮小させる。手ぬぐいはバンダナ代わりに使うのが好み。ワタシの髪型はオールバックだから、メットをかぶると間違いなくビッタ分けヘアに変化しちまうのでね。夜は耳が少し冷たかった。
結局、パンツについては3日間、行動中も寝るときもジーンズを脱がなかった。いやその。珍しいコトではないが(w 宴会のときは、履きっぱなしのブーツは鬱陶しくてたまらなくなるなあ。寒いときはソックスは脱げないが、とにかくビーサンは便利なアイテム。
就寝時は上に4枚、下はジーンズとソックスというカッコになる。ホントは裸足で眠りたいものだけど仕方ない。また、厚いシュラフの中で下着だけで寝るのがスキなんつー風流なヒトがいるが、飲むと夜半に必ずオシッコで目覚める頻尿のワタシには遠い世界のハナシと云えよう(汁

DSC00393_1024_800.jpg

以上が、この間の旅のウェア。お次は「本格スタイル」について紹介しよう。コケる可能性が高くなるルートの旅では、こうなる。

【正装オフロード・ウェア】
・下着上下、ソックスは、同じアイテム。
・モトパン(AXO、安いラインの製品)
・グローブ(THOR メッシュMXグローブ)
・ブーツ(GAERNE「EDプロ」)
・メット(HJC、安いヤツ)
・クールマックス・インナーキャップ
・ゴーグル(SCOTT モデル87)
・ニーガード(FOX)
・エルボーガード(ラフ&ロード)

2年前の春、Baja号を買ったのと同時にそろえた、ふたたびのオフロード・ウェア。ちなみに全て「安いほうのライン」というチョイスで成り立っている(汁 昔は「ガルルカップ」「セラピスト・カップ」といった草エンデューロ・レースに友人たちと年間で参戦していたので、各種の高級装備を持っていたんだけどネ。
モトパンは20年ぶりに買ったワケだが、ゴムのシャーリングなどが各所に装着され、動きやすいとカンドーした(w 昔はタダのインナーメッシュ付きナイロン製の長ズボンだったもん。「HJC」なんつーキムチの国の格安メットは、過不足ナシ。しょせんヤバいコケかたをしたら、ドコのメットでもダメです。要は「運」だから。昭和末期にクルマと正面衝突して10㍍飛んだワタシが請合おう(w ただし安いだけあって、今どき内装が外せない仕様だから、インナーキャップを被って汚れを防ぐ。

DSC02099_1024.jpg

【その他Tips】
衣類のバッグへの収納については、小さめのスタッフザック数個に分けると便利だ。工具とかコンロを収容したクッカーなど、重くて壊れやすい装備品のクッション材として積めるから。けっこう大事なコトですよ。試験に出ます(w

さて、これからの暖かい季節は、シュラフも体積が小さいヤツに替えるし、念のために薄手のフリース1枚を防寒用として持てば十分と、イイことずくめ。ただし装備の量という観点では、だけど。ムシや蚊が出現するなど、冬場には無いメンドーなコトが起きるワケだ。うまく逝かないモンですなあ。

最後に真冬の、とくに行動時の注意点を忘れぬうちに述べておく。下着代わりのシャツについては、新素材のタートルネックがベストだ。ワタシは、毎度ウニクロの「ヒートテック・タートルネック」を愛用。とにかく首の保温がキモだ。レイヤードと称して着ぶくれしすぎても、実際は身動きがとれずに苦しいだけ、ソコで「ホッカイロ」で内側から温めるのが有効になる。さらに云えば、このテの保温グッズでは、ハクキンかジッポのオイル注入タイプのカイロが格段に高性能だから、買っておいて損はない。可愛くてガンバるヤツで、感情移入もできるんです(w

ラード的「野宿」指南TB:0CM:4
<< 旅の持ちものガイド その4 「工具」「医」「雨」についてホーム全記事一覧旅の持ちものガイド その2 「住」と「食」について >>

コメント
私は・・・
あまり拘りは無いですが、普段から着ているのがいいですね。
基本はモトパンとジャージ。それにインナーやアウターの組み合わせ。
冬場はジッポーの柄のハクキンカイロとカドヤのネックウォーマー。

後は、その時々で自分なりの工夫しておりますです。
雷神 #055G8/3U|2007/05/13(日) 18:37 [ 編集 ]
ウニクロから先ほど帰宅しました(w
>雷神さん
キャンプのときの服装を、何とかしてください(w

でも、ソレを考えると荷物が増えちゃうという、諸刃の剣。
ラード #-|2007/05/13(日) 19:43 [ 編集 ]

いいの。あれが私の制服なの。

と強がり言ってもダメ?
雷神 #-|2007/05/14(月) 20:00 [ 編集 ]
そりゃ、制服ですわナ(w
ただし昼間の、というよーになればイイなあ(w

ほら。「大人の男のくつろぎ術」ですよ。
だいたい汗でベタベタでしょ、これからは、とくにサ。
ラード #-|2007/05/14(月) 23:13 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://uemat.blog33.fc2.com/tb.php/185-bd229826

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。