ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

逡巡の果てに

2007/07/21(土) 23:51:19

DSC03359_800.jpg

ここ2年ほど悩みに悩んだ課題を、ついに解決しました。
わが家は「モンベル」のショップがクルマで10分の場所に2軒あるという好立地。
本日はこちらのショップを、まずチェック。

DSC03360_800.jpg

買いました。

DSC03380_800.jpg

モノはコイツ、「クロノスドーム1型」です。
3月に当ブログでこのテントを、おそらく本邦最速の紹介記事としてカタログ転載で「うp」しました。
およそ4ヶ月間の逡巡の末に踏み切ったというワケなんです。まあその。
ちいさいハナシで恐縮ですが(w




DSC03363_800.jpg

ためし張りの会場はコチラ。わがマンションから徒歩5分、川沿いの公園です。野宿の友人たちが重点的に使っている無料キャンプ場に、どことなく似ているでしょ? わが家の周囲には、こんな場所がザラにある。東京湾の埋立地だしサ。だから「浮島」だの「水辺」だのに設営して、その炊事場で野営宴会するなんつー行為は「ちょっとなァ」と思っちゃうワタシですが何か(w

DSC03361_800.jpg

大きさは、ごらんのとおり。今までのダンロップ製テントよりも1kg近く軽く、ポール含めて小さい収納になります。「クロノスドーム1型」のスペックは、総重量は2,24kg。テント長辺220cm、短辺100cm。全高105cm、室内高98cm。前室の張り出し60cm。ちなみに価格は18,800円です。

DSC03365_800.jpg

ラード的「アウトドア遊び」の方向性でテントに求める諸条件を挙げると、こんなカンジになります。

フライシート付き(いわゆるダブル・ウォール)の自立式ドーム型。
壊れても修理に出せて長く使える、つまり国産の優良メーカー製品であること。
造りがシンプルであるべき。
ガマンできるミニマム・サイズで、雨中で二日ほど生活しても発狂しない空間を持つ。
とくに装備点数が多くなる冬の林道野宿ツーリングに耐えられる大きさ。
暴風雨の中で寝ていても、頭を押されずシュラフが濡れない全長があること。
つまり、サイズは登山テントの「1~2人用」。
テント内でモトパンとオフロード・ブーツを装着できること。
ついでに夏の北アルプスでも使える強度と、登山に苦にならない軽量であること。
収納サイズが小さくポールは短く折りたためること。
外観は目立たない色合いが重要。
テントの長辺に出入り口があること。
前室が付いていること。前室は広いこと。
ベンチレーション機能が優れること。
そりゃ値段は安いほうがイイ。
耐水性は高いほうがイイ。
本体の床部分は明るい色であるべき。
テント内部にポケット、フックなどが多いこと。

ちなみに付属のちゃちなペグは、もちろん取り替えます。それで100gくらいは軽量化できるナ。

DSC03366_800.jpg

「クロノス」で初採用された特許申請中というポールのシステムが良くわかる画像。正十字ですね。

DSC03368_800.jpg

つまり、このような上部が広い、ゆがんだカタチに立ち上がるんです。クルマで例えると、ワンボックス車の内部のような横方向に切り立ったひろびろ感があります。アイデア賞。ただし度外れた強風下では、ちょっと心配かナ。ポールの素材もモンベルの登山テント規格以下ですしねえ。ま、そんな場面は張る場所を工夫すればOKなワケですが。

DSC03373_800.jpg

しかし梅雨の最後の雨降りと云われていたのに、曇りじゃないか。

ワタシのテント選びについては、もう2年くらいエンエンと悩んできました。20年間で100泊くらい愛用してきたダンロップの三角テントに不満はさほど無いものの、テンションがかかる部位がいつプッツリ逝くか分からん。だから心配だったんです。さらに、野宿の新しい友人たちが持ちモノ自慢とばかりにバカスカ買いまくるワケで(汁 ココロ穏やかにできぬワタシでした。

この1年くらいの候補テントは、こんなカンジでした。本命はダンロップ「R224」。深緑色は良いが、重い。色気ナシ。対抗がシェラデザインズ「ハーフムーン2」。軽くて安いが、売り切り外国製だしナ。大大穴がモンベル「ムーンライト2」。大きくココロ揺れ続けたが、よく見かけるし色気がナイ。

直近の1ヶ月では「ウルトラライト・バックパッキング」を始める予定が加わったので、いよいよ本格的な検討モードに突入。ターゲットはプロモンテ「VL22」とアライ「トレックライズ1」。そして購入した「クロノス1」の3ケでした。まあその。ヨーシ、通販サイトをポチッとするぞ。いや。あれれ?ちょっと待て。とにかくマテ、なーんて堂々巡りがもう何順も続いたもんです(汁 

ライバルは両方とも名門メーカーのベストセラー山岳テント。ひけらかせます(w クロノス1より500gも軽量。すごい。ただし軽量化プラス耐候性能はカネで買う。最も安い通販ショップで、どちらも3万5千円くらいです。まあ10年以上使っていくコトから、この高価格は納得したワケですが、VL22は、鮮やかすぎるマッキッキ色が最大のネックになった。ヒト目を避けて行う非キャンプ場での野宿が趣味のワタシに、なんという仕打ち(汁 トレックライズは緑色のフライはイイが、いかんせん前室が狭い。林道野宿ツーリングではつらいのです。

DSC03379_800.jpg

そんなこんなで「クロノスドーム」、背負って歩く今後のビジョンも加味して「1型」に決定しました。トキメキが無いんだよなあ、しかし。

最終段階で参考にしていた優良なサイトをご紹介しておきましょう。
http://higedura.cool.ne.jp/camp-tent.html
http://www.geocities.jp/chonai_yama/item/item.html

通販するなら、選から外れたテントはこのショップ「山渓」に狙いを定めていました。最安値の上、先週まで、さらに5%引きのバーゲンだった。トレックライズは取り寄せとメール回答あり。ちょっと萎えたりして(w
http://od-yamakei.co.jp/
定価販売のモンベル製品も、なぜか値引いて売っている「カスケード」(w ただし1型が欠品で取り寄せ。やっぱりプチ萎えに。
http://cascadeloop.org/

DSC03389_800.jpg

さて、実用上のインプレッションを少しご紹介していきます。「1型」という小サイズが、はたしてどんなもんかト。全幅が100cm。ワタシの横ハバが約60cmか。まあ、余裕あります。メットは枕元の角に置くし、オフ・ブーツはビニール袋をかぶせて前室のスミに。「食」関連装備も前室に。そう。前室をペグ3本でより有効に空間作りをしている工夫が、一番の決定ポイントなんですよ。

DSC03367_800.jpg

見るからに低そうでしょ。インナーの全高98cm。さあ、すらりと伸びたワタシの上半身では如何か(w

DSC03381_800.jpg

たまに真ん中のループに髪があたる程度ではありますね。先に紹介した室内空間の広さから、インナーの正面ドアを開けていれば圧迫感はそれほど感じなかった。

DSC03390_800.jpg

ポールの「バーティカル・クロス・システム」ってヤツ、しかし、このように曲げが極端に入ってテント四隅に差し込まれています。ちょっと心配なムード。また1型には、ポケットってヤツが1ケも付いてない。むーん。ここで手を抜きますか? モンベル(汁

DSC03384_800.jpg

奥行き2尺の前室の広さです。雨天では、このつま先あたりのテーブルを設置して調理するコトになりますね。ブタンガス・ストーブなら延焼の心配はありません。つーか元山ヤのワタシとしては、天幕内では火気厳禁とかナントカの論争って笑止なんですよね。大荒れの冬山で、まず雪から水を作るときなんか、どーすんだヨ(w

DSC03386_800.jpg

220cmの長さをチェック。この長辺サイズが魅力でもあったワケです。顔が死人みたいなのは暑かったからですよ(w つま先がインナーに触れている状態で枕元には、この余裕。床部分は明るい色が好みなんですけどね。暗いとモノを探すのがつらいんです、ジジイは。

クロノスドームの設営時間は5分以内ってところですね。撤収も、テキパキとノンストップでやったら5分ジャストでした。ポールも1本だから紛失の恐れはナイ。これはラクですねえ。20年ぶりの小型テントの進化を実感しちまったワタシです。



【追記:2008年4月6日】

アクセス解析を(ついに!w)導入して一ヶ月ほどたちましたが、「検索」で当「アラモード」へお越しおただくヒトでもっとも多いのが、このクロノスドームに関する記事だったんですね。いやもう、面白い。解析ってのは(w
なにかのお役に立てればってコトで、7泊ほど張った経験をもとに、追記しておきましょう。

・ちなみにワタシの身長は、171cm。
・ポケットは、じつは1ヶ所、付いていた(w 初めてのこのテント泊のとき、やっと気づいた。だってテント本体の布地2枚のスリット状なんだもん。ワタシはバイクのキー、ミミセンのケースを入れ、メガネのつるを引っかけておく。
・ひどい荒天、積雪下では、いまのところ未使用。だから、幕体とか縫製に不安はナイが、ポールが曲がったり折れないか、それが「少し」不安なまま。

・バイクでのキャンプ・ツーリングに使うだけなら、「2型」を選ぶべき。価格面でも重量の点でも、1型にするメリットはない。いま考えると、やはりラード的アウトドア遊びの面で、テントを1ケに絞るのはムリがあったかも知れないなァ。
・モンベルの米国版ラインナップでは、「サンダードーム」ってテントが売られている。一見クロノスドームなのだが、別モノ。インナーはメッシュで超軽量。日本仕様にリメイクして発売すりゃイイのに。ともかく選択肢は多いほうがありがたいワケで。

・どれか1ケ、と言うならば、ワタシが掲げたテントに対する要望ってヤツを製品で実現したのが、ホーボージュン氏の「ホーボーズ・ネスト」だと思う。ミニマム・サイズでの理想的スペック。もっとも、バイク・ツーリングにおいて、ココまで狭くする必要はナイだろうが、たとえば、このテントに収容できる装備しか持って行かないと決めたら、なんとか工夫できるモンだと心得る。
・しかし残念であった(汁 ワタシがクロノスドーム購入後に発表・発売されたからね。まもなく再発売するらしいから、興味あるヒトは早めのアクションが必要だ。初回は速攻で売り切れたからね。「限定品」という響き、男のコなら大好きだろ?(w この4万円超という価格は、安い。絶対に。

【さらに追記:2008年7月7日】
アップデートしておきましょう。

・「ホーボーズ・ネスト」増産のハナシは、どうやら立ち消えた模様ですね。残念。出たら、買ったのに。
・ライト風味の「山系バックパッキング」用でラード的オススメは、今ならプロモンテの「VL12」、コイツを挙げよう。
・「VL12」、ワタシはマッキッキ色ってのが気にいらないが、やはり実績あるブランドという事実がシビアな状況では頼れるコトだろう。
・前後に荷物スペースを設けられたフライ設計だから、汚れた靴や濡れたザックをフライ下に置けて、狭い室内も有効に使える点がグッジョブだ。
・やはりワタシは「ダブルウォール」のテントを大前提に考えたい。どんな天候や状況でも「快適に過ごしたい」のならば。
・シングルウォール系やタープ系は、どうしても「軽さ」と引き換えに、ガマンしないといけない場面が多すぎる、そんなムード。
・もっとも、悪天ならば小屋に逃げちゃうとか、そういった両刀使いスタンスのヒトは好きなのを買えば結構。
・また1泊くらいの山行しかしないヒトなら、快適に夜を過ごすコトは重視しないから、その場合もご自由にチョイスしていただきたい。
・モーターサイクルの旅人も、まあ、好きなの買ってくださいな。クロノスは「2型」にしよーが天井が低いけどね。
・来月、いよいよクロノス1型を「山」で張ってくる。1週間を過ごす予定だから、荒れる天候にブチ当たるかもだ。カラダを張ったレポートを書きます。お楽しみに(w


【2008年11月28日】
さて、ようやくですが、ラード入魂のインプレ記事を仕上げました。あわせてどうぞ。


ラード的「野宿」指南TB:0CM:10
<< このごろの買いものホーム全記事一覧撤廃、ですかっ。 >>

コメント
((((((〃 ̄З ̄)ノ ウヒヒヒヒ♪
とうとう買いましたね。
まあ、値段と性能を考えれば無難な所ですよ。
ってか普通の野宿旅でしたら充分ですね。

私の8月~11月の休みは野宿>カヌー>林道って感じに
優先順位を付けるつもりでおります。

だから日程を決めちゃって下さいよ。
合わせますんで(・∀・)
雷神 #-|2007/07/22(日) 08:27 [ 編集 ]
コングラ
おお、ちゃんとしたインプレになってるw
じゃなくて、ついに買いましたか、おめでとうございます。^^
テントと畳みは新しい方がいいと申します。
良かったねえ。^^

つぎは微妙に捩れたポールの実地テストをお願いしまーつ。
ぎんなん #X.Av9vec|2007/07/22(日) 08:55 [ 編集 ]
使い倒すよ。
>雷神さん
キミの「2型」と並べたら並んで張ったら、笑っちゃいそうだ。
親子亀みたいで(w

日程の件、了解。まあ、真夏はカヌーがメインでしょ? 
シーズン・レジャーだし、もらったばっかりだし(w

11月までフツーの週末休み、安心しました。
では、「奥会津」1泊旅と「山梨」1泊旅は、必ず案内します!
房総は通年営業だけど、こういったエリアは10月までが快適だから。
ラード #-|2007/07/22(日) 13:15 [ 編集 ]
さーんざん悩んで、コレです(w
>ぎんなんさん
おお! お久です。

結局ワタシの「モンチッチ」ぶりを世間さまに晒したワケで(w
そうそう。じつはヒソカにコイツを携えて「UY牧場」に不通知乱入しよーと目論んで
いたのは、ナイショです。

このテントは、これから登山でも使いますからね。華奢だけど、なんとかなるでしょう。
きっと(汁

狭いことも、今後のバイク旅は、せいぜい数泊だろうからガマンできます。
コイツで北海道一週間とかは、さすがにゴメンですけど(w
ラード #-|2007/07/22(日) 13:30 [ 編集 ]

ついでにウチの半月3もいっしょに並べさせてください。
大中小って感じで。w
なま #-|2007/07/22(日) 16:48 [ 編集 ]
モノポール・シェルターよりは広い(w
しかしヘヴィ級の野郎どもが率先してやりたがるカヌーって、
なんかヘンだ(汁
ラード #-|2007/07/22(日) 18:30 [ 編集 ]

おお、ついに購入されましたか。

これは山岳テントとツーリングテントの良いとこ取りですよね。

現在、自分がサブで使用中のR-134の1.8倍くらいは使い勝手がよさそうで羨ましいです。
乙尺400海苔 #zp5fqWQk|2007/07/22(日) 23:03 [ 編集 ]
乙尺さんはデカイからね。
長辺の長さが20cm違うと、ずいぶん居住性は変るとはおもうけど、
まあ、ワタシはコレ1ケで逝きますから(w

ところで内山牧場オフ、リベンジをキボンヌしときます~。
ラード #-|2007/07/22(日) 23:15 [ 編集 ]
初めまして
このテントを登山用に購入しようかと考えているのですが、使用した感じはいかがでしたでしょうか?
突然見ず知らずの者の質問で申し訳ありません。
ぽんぽん #TozJtMG.|2007/11/22(木) 19:29 [ 編集 ]

>ぽんぽんさん
ご愛読サンクスです。

ワタシは平地の野宿地で何回か張ったのみ。
そして極端な風雨には、まだ遭っていないんです。

登山にも持ち込める諸性能だろうと判断して買いましたが、せいぜい、夏季の飯豊連峰とか南ア・北岳ピストン程度を想定しています。

山とはドコで、季節はいつか、そこらへんが提示されないとアドバイスは難しいですね。
いずれにせよ登山用途なら「ステラリッジ」が安心でしょう。ポールに不安がありますね、強風時は。
ラード #-|2007/11/22(木) 20:08 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://uemat.blog33.fc2.com/tb.php/205-4827e3a2

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。