ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

20年後が楽しみです

2007/09/27(木) 17:56:53

20070925232843.jpg

ずいぶん昔、昭和末期のころだったか。社内報を見ていて、制作系のある社員に授かった長女の命名が「いちご」とあって、ビックリしたコトがある。オフィスで話題になったものだ。「こんな名前で女子高生とかなったら、グレたりしないかねえ」とかナントカ(w そうしたら、あるヤツが「いやいや。もっと非道い名前を知ってるよ。女の子で、たんぽぽ」と言い、さらにのけぞった。「そんな名前、賞味期限は10歳までだろーが」とね。

今では成人したであろう「たんぽぽ」女史、元気でお過ごしだろうか。

ここでは触れませんが、わがムスメの名前を決める際にはハゲしくこだわって研究しましたね。使う漢字の由来と意味(とくに裏面)、画数、響きとか印象などをね。一生ついて回るものなのだから、カンペキを期すのが親の義務ではと心得ます。

ワタシの感覚では、男でも「譲」みたいな外国風の名前を本名に付けるとはダイタンな、という守りの意識がある。同世代のヒトたちも賛同いただけるとは思うが。周囲は「浩」だの「正」だの「守」といった儒教的トラディショナル・ネームばっかの中でサ。ヨレヨレの「ジョーおじいちゃん」とか、どーよ?と(w

【追記:2009年3月】
この記事もソコソコ評判を取っている、ようですネ。しかし続篇は書きようがないネタですから、ここで追加をブチかましておきましょう。

学生のころ山で合宿中に聴いていたラジオで、いまも強く印象に残るハナシがある。永六輔さんの番組で氏の体験談だった。ムスメが生まれて名づけをするとき、氏のコダワリで「細香」にしたいと識者に相談したのだと。「ほそか」と読むその語源とは「竹林を涼やかに吹いてくる風」なのだと。サイコーなネーミングだと思ったのだが、しかし相談者にアタマごなしに否定されたんだそうだ。「細い、なんて字を当てるのは論外」だと。

こんなハナシもある。「画数」をクリア(名前単で、また苗字とセットで)するのは前提条件として、各人の名前で、その文字の「バランス」がとれているかで、その後の人生が左右されるという説だ。たとえば「優」という文字。左右の画数が段違いではないか。「こういう名前って性格がゆがむだよナ」と、したり顔で言われたりする。いやその。コレはワタシの体験談(w 「大」という末広がり系の文字が尊ばれる、そんな背景ですね。
あるいはフツーに「一郎」と名乗ればイイのを「一朗」なんて当てちゃうと、やっぱりゆがむ。さらにヒネってこんな事例があるよね。「古館伊知郎」。いやはや(w まあその。こういうネーミングを付与された人物は、エッジの立った才人になる場合が多いそうだ。

オトコ用、オンナ用の漢字ってのもあるから、常識がないと恥ずかしい場面に逢着するコトもある。ワタシは「裕」とか「佑」なんて字を好んだのだが、ムスメに「佑」を付けたいと話した岳父からは、「そりゃ男の子の字だ」と即指摘が入った。「おおっ」。そのときまでワタシは知らなかったんです。

ワタシは自分のムスメが生まれたときは、普遍性と音感にこだわった。正直に書いたらバレちゃうからアレですが、名前は二文字。たとえば「マリ」みたいなスタンダードを適用した。ムリなく「ちゃん」づけで呼んでもらえる愛らしさが必須と考えたからだ。
また「まるい音感」をココロがけた。「さ」「か」「た」行といった、そう、ハキハキ系の「サチコ」のような名前にはしたくなかったのだ。もちろん個人の好みがありますがネ、マイルドタッチな優しい女の子に育ってもらいたかったのだ。そうして今のところは、目論見どおり。グッジョブなワシ(w

男女兼用の名前も物議をかもす場合がある。もちろん区別がつかないときにイラつかされるワケだが。たとえば「真澄」。著名人にも男女それぞれいるからネ、ソコをとらまえてポジティブのもネガティブにも、その子のポテンシャルで人生は変わっていくのだろうが、まあその。余計なバイアスはかけさせたくない。これは本来、親たるべきヒトたちのしごくマットーな常識、わが子に対する思いと期待ではなかったか。
(追記ここまで)

ところが今では「そんなの、てんでフツーだもんね」的な度はずれた名前がビシバシ登録されているというではないか。
かつての「産めよ増やせよ」な時代、娯楽といえば夜の営みだけだった親の投げやりなネーミングの極致が「留吉」だったりしたワケだが、現代ではソレが犬やネコなど、まるでペットに付けるよーなのを「わが子」に与えるというのだ。
おお。何というエンターテインメント(w 最近の役所もヤルではないか。フトコロが広い。評判を呼んだ「悪魔」ちゃん論争なんて、前世紀の一通過点というワケか。さて、以下のリンクに「日本はじまったな」としか言いようのない事例が頻出します。すべて事実らしい。すべて現実らしい。しかし怒らぬように。嗤うんだ。

http://dqname.jp/

一見して、ワタクシのハートを直撃した珍名さん「ベスト10」をご紹介してみよう。そうそう。苗字もつけてやろう。フツーは苗字とセットで名乗るとか呼ばれるものじゃないですか。もっとも普遍的な「佐藤」「鈴木」「高橋」という日本3大姓をランダムに。では。

・佐藤黄熊(さとう・ぷう) こりゃもう、ギャグかと。
・鈴木ポチ男(すずき・ぽちお) 犬かよ。
・高橋光中(たかはし・ぴかちゅう) アニメかよ。
・佐藤幻の銀侍(さとう・まぼろしのぎんじ) 劇画かよ。
・鈴木カス美(すずき・かすみ) カスはねーだろ(汁
・高橋愛引(たかはし・あいーん) よく通したな、役所(w
・佐藤亜菜瑠(さとう・あなる) うは。コメントできねー。
・鈴木枕鈴(すずき・ぴろりん) あだ名じゃねーか。オマケに枕をピローと(汁
・高橋苺苺苺(たかはし・まりなる) 読めるもんかっての。
・佐藤珍子(さとう・よしこ) ムスメにチンコはねーだろ。

ところで・・・・(・∀・;)
それぞれの名前をクリックすると、メモとかコメントのついた画面が表われるのだがそれらを読んでいくと「バッカじゃねーの」なんて笑ってはいられぬ、深刻なハナシになる。つまり名付けのバカ親に対する怒りと蔑みですね。ああ。それにしても何という掲示板。じつにディープなものがある。たとえば、こんなのだ。

・佐藤賢一郎(さとう・けんいちろう) じつは女である。「妹」の名も「誠太郎」。
・鈴木煮物(すずき・にもの) 女。当人は自分を「にもたん」と名乗ると。
・高橋吾郎(たかはし・ごろう) 女。自分では「まりな」と名乗ると(泣
・佐藤太郎(さとう・じょん) 日本の太郎は、すなわち米国のジョンなのだと(w
・鈴木ミュウ華子(すずき・みゅうはなこ) 女。兄弟に「オメガ泰造」。

上記の名前をクリックして、それらの情報をご確認いただきたい。泣けます(汁
それと、名付け親の無知・非常識から、「こりゃマズイだろ」という名前を。

・麻楽(まら) あまつさえ、女の子(汁
・蕾美亜(らびあ) 女。いやはや。
・遊女(ゆめ) もちろん女。いやはや。
・泡姫(あき) 当然、女。風俗と無縁な両親なんだそうな。
・二成(ふたなり) 男。バカ親は罪つくり。
・黄泉(よみ) 女。生まれてきたばっかってのに。
・星痢(きらり) 女。「やまいだれ」ってご存知か。

この命名センスは何なのだろう。この子らが思春期に入ったら、タイヘンだろうね。周囲にもさまざまの「迷惑」は及ぶしね。ジョーシキ的では無いから。

【追記その2:2009年10月】
コレだけは付け加えておきたい。DQNネームのランキングで、少なくともこの1年間はトップを独走している「名前」がある。そして今後、これを上回る凶悪なヤツはおそらく現れないのではないか。よっぽど狙わないと、コレを超えるのはムリなのではないか。
その名は、鈴木戦争(すずき・せんそう) 女。

こればっかりはサイトにヒヤカシ系コメントすらなく、「この女の子が気の毒でならない」で統一されている。まあその。考えようによっては他のランキング上位の名前ってば、まだ稚気というか可愛げが感じられなくもナイ名前ではある。しかしながら戦争だもんな。悪意しか感じられない。泣ける。所轄の役所、ふざけるな。常識をもってキチンと仕事しろ。
(追記ここまで)

個人的には、苗字にウィットを感じるものは好印象なんだけど。「珍名」さんを集めたウェブサイトってヤツ、昔からいくつもある。
かつてワタシがあるサイトに投稿した、とっておきの珍名はコレ、「白」さんだ。もう20年以上も昔だが、あるヒトがタクシー運転手のこの名前を見て、ハナシが大いに盛りあがったと聞く。なんたって読みかたが「つくも」、だもんね。え。その理由っすか。「百」という漢字のヨコ棒が1本ナイ。つまり「九十九」だと。いやもう、好きなエピソードでね。先祖は一休さんですか、そんなウィットがサ。

もしかしたら、これらの珍名ってヤツ、いま現在は突飛すぎて目立つというだけだったりして。今後は、こんなのが半分を占めるようになってきたりして。20年後には何かすごいコトになってるかもだ。ちょっと楽しみ。いや、飽きるコトなんかないからサ(w

ア・ラ・カルトTB:0CM:8
<< 焚火を語るホーム全記事一覧24時間、タタカエマスカ? >>

コメント

自分がこんな名前だったら速攻で改名しますね。

でも我が家の子供達も少しだけ変わってますよ。
但し、願いや想いを込めた名前ですけどね。
決してDQNでは有りません。

大和・武・美琴なんてのも面白かったかな?と・・・

このネタ少しアッチで引っ張ってみましょうかね。
結構面白い反応が有ると思うんですよ。
雷神 #-|2007/09/30(日) 09:55 [ 編集 ]
ラード
いま起床(・∀・)しますた。

いやはや。読者がいないブログですから(w
日の当たる場所で話題になるには、ホントに良いネタだと思いますね。
どぞ、ご自由に。

改名は、相当の理由がないと受理できないらしいですよ。
「ポチ男」程度では、「?」かもナ。だから余計ムカツクのサ。

それにしても雷神家では、最初から3人こさえる予定だたんですか?
その「連作」名は。ある意味、スゲー長期家族計画!(w
ラード #-|2007/09/30(日) 10:24 [ 編集 ]

二人は欲しかったんですが
三人目は考えてなかったんですよ。

嫁さんに「大丈夫宣言!」されたもんですから
あの・・・その・・・中田氏

イヤ-----(*゚∀゚*)-----ン!!!!
雷神 #-|2007/09/30(日) 15:23 [ 編集 ]
いやはや。
ぜんぜん計画的でナイのに、えらく計画的に見えますよ?(w
ラード #-|2007/09/30(日) 17:07 [ 編集 ]
下の名前
自分の名前は珍しくかつDQN要素が無いので
結構気に入ってます。
名前ではまず呼ばれませんがw
一発で読んだひとはコレまで10人居ないです。

苗字は親父が養子に出された家なのであまり
思い入れはありません。親父の実家は寺だし。
でかいひと #aIcUnOeo|2009/12/17(木) 10:06 [ 編集 ]

>でかいひとさん
ほほう。次のゲーム(年越し夜戦は逝けませんが)のとき、お名前、お聞きしよっと。
自分の名前がスキとか誇らしいってのは、良いことですよね。

そういえば、7年ほど前、名古屋の例のサバゲ・オフに初めて参加するとき、インパクト最重視でこの「ラード」なんつーHNにしたワケですが、いまやコレがけっこう目立って、ひとり歩きしてるワケですねえ。
芸名とかペンネームを持つヒトに、かつて憧れたワタシでしたが、それに近いムードなんでしょうかネ(w 


ラード #-|2009/12/17(木) 13:30 [ 編集 ]

「最年長」の二つ名も定着しましたしw
でかいひと #-|2009/12/23(水) 12:09 [ 編集 ]

>でかいひとさん
こんだけケツの軽い「最年長」も、なかなかいないじゃろ?
だからどうやっても「長老」ポジションにはなれんのです(w

げほごほ。うおっほん。
ラード #-|2009/12/23(水) 18:33 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://uemat.blog33.fc2.com/tb.php/225-e571c816

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。