ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

水筒フェチ(w

2007/10/17(水) 23:55:56

DSC03768_800.jpg

どうやらワタシは「入れ物」が好き、らしい。
たとえばカバンやらバッグやら(同じかw)。オン・オフ別に、シチュエーション別に、買えれば買えるだけ欲しい、なーんて思ってしまう気質なのである。アホだ。使う場面がナイだろとか保管場所が、などという理由から諦めているワケだ。とくに「トートバッグ」にヨワい。布製でもナイロン製でも、ショップで見かけると、ついつい手にとってしまう。何がキッカケなのか皆目わからんのだが。

野宿系のコッヘルとか食器についても、ご存知のようにハゲしく弱みを握られている。「オトコのママゴト」嗜好と云えなくもない(w さらに白状しますと、水筒やら酒を入れるフラスコなど、飲料の容器にとりわけ目がない。まあその。このジャンルのモノは、ヒトと違うモノを揃えたいというアマノジャッキーな気持ちはある。野宿の場で自慢したいだけかも知れないが。

さて本日のこと、キャンプ装備のメッカ、神田・神保町界隈をウロウロしていて、「マルキル」社の水筒「スイングボトル」750ccを、つい買ってしまった。ウイスキーとか焼酎を入れるつもり。「ICI石井スポーツ」にて、1,890円也。コレ、間違いなくデッドストックです。つーか売れ残り(汁 たしか昨年春にも同店で2ケあるのを見かけたからね。その内のひとつがコイツなワケだが。値札シールには定価3,255円とある。おお。投げ売りとは気の毒に。オジサンが存分に愛してあげよう。でも、ネットショップをひと通りググってみたが、すでに在庫ナシの珍品状況ではないか。ヨシヨシ。

昨春、ワタシはこんな記事を書いたものです。
http://uemat.blog33.fc2.com/blog-entry-89.html#more
いまの便利な時代、みんな忘れてると思うんですが、ペットボトルという水筒にも使える商品って、せいぜい20年前にできたのだ。それも2㍑のヤツが。いちばん使える500㍉のペットボトルなんざ、せいぜい10年前に新登場だったワケで。

だからワタシが現役のころという四半世紀以上の昔、水筒といえば「エバニュー」製のポリタンしか無かったのだ。今も売ってるけど。もう、塩ビ臭がガマンできなくてね。このテの水筒は、もう「プラティパス」さえあればイイと思うけれど、需要があるから臭いポリタンは現在も売ってるワケなんだろうな。いやその。フシギ(汁

さて、大学の山岳部で、3年生のころだったか、個人装備用に買ったラード的にキヨミズな水筒が、じつは同じ「マルキル」のモノだったのだ。購入店は、これも同じだけれど、「ICI石井」の新大久保本店だったかと。当時は登山用品店なんか少なかったからね。ほとんどICI本店で調達していた。さらに言うとマルキル水筒の輸入元がエバニュー社。いやはや。ともかく先祖がえりのような買いものを今回したコトになるのだ(w 

DSC03771_800.jpg

今も大事にマルキル水筒を使っているヒトの記事をご紹介。
http://fieldman.akimukai.info/archives/51362305.html
コレだ。アルミ地色の角型モデル、1㍑を愛用していたものだ。そうして順当に腐っていき、昭和末期に林道野宿旅をスタートさせるとき、水筒といえば「グランテトラ」しかありえぬだろと、当時は独身貴族だったワタシはソレを装備品に加えたのだ。ああ。ワタシの水筒プチ物語(w 今ではその名門・グランテトラも消滅してしまった、イージーなペットボトルの横暴ぶりに古き良き時代を想う。

ナニを隠そう、じつは「SIGG」のアルミ無垢風、蝋の紋章デザインの600㍉の水筒は、今まで何回か買いそうになって思いとどまったという経験を持つ(汁 この場合、SIGGの今や水筒業界における巨人っぽいスタンスに反感を覚えるのと、ワタシが現役の山ヤのころには、登山用の白ガソリンを入れる特殊水筒しかなかった(現在の水筒と同じカタチのヤツね)クセして偉そうに、なんつー感想があったりで、いやまあ、このマルキルの「スイングストッパー」という名の栓とエンボス加工のmarkillロゴに萌えまくるオジサンなのだ。愛用していこう。

これだけは買わせろTB:0CM:4
<< 空を飛ぶ夢(後篇) 記憶の情景ホーム全記事一覧空を飛ぶ夢(前篇) 度肝を抜かれた >>

コメント
僕もマルキル使っています。
マルキル水筒をGoogleで探していて、来ました。
20年前から1.5Lのマルキル水筒を今でも使っています。
でも、ゴム栓がもう売って無いんですよね。でも、大事に使います。
横田 #-|2011/07/31(日) 23:34 [ 編集 ]

>横田さん
それはどうも、ごひーきに。

ゴムパッキン、ヤフオクで個人工房が出品してるのを見かけたコトがありますよ。

ラード #-|2011/08/01(月) 00:10 [ 編集 ]
Le Grand Tetras
私は、グランテトラ使っています。ゴムパッキンが劣化していて少し漏れてしまいますが、私の宝です。
ちなみに、私のグランテトラはマークが紙のシールです。
Wagner #mQop/nM.|2012/09/18(火) 19:37 [ 編集 ]

>Wagnerさん

そうですか。
それは良かった。
ラード #-|2012/09/18(火) 23:38 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://uemat.blog33.fc2.com/tb.php/232-83f66ed3

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。