ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

決定版・秋の会津林道旅(その3)

2007/11/13(火) 22:50:52

3時まではグッスリ眠ったようだが、ここで小便がガマンできず目覚めた。寒くはない。雨は降り続いているが、ヒドい降りではない。それでも何でもパラパラとテントを叩く雨音が気になって、眠りは断片的なものになった。

ヤレヤレだが、ワタシは河川敷キャンプに、ちょっとしたトラウマがあるからネ。それはこんな体験だ。大阪にいたころ、平成始めの11月、山ぶかい紀伊半島のど真ん中にある「川湯温泉」にキャンプ・ツーリングに行ったのだ。当時の愛機「XLR250R」に、彼女時代のヨメを乗せて2ケツで。まあ、よくヤルわ(w そうしてキャンプ初体験の彼女とのんびり過ごした。ここ川湯には「仙人風呂」というウスラでかい河原露天風呂が並んでいるので有名になっていた。
http://www.ringwander.ne.jp/~tetsusei/op01/o14.html

ところが夜中から、雨が激しく降りだした。このエリアは屋久島の次に年間降雨量が多いという大台ケ原の下流域、暴れ川でもある。そうして明け方、緊急アナウンスが鳴り響いてワシらはのけぞった。「すぐに非難せよ」と。テントを飛びだして見ると、キャンプ場になっている中段台地まで、もうほんの少しのトコロまで増水していたのだ。20㍍くらいの川幅があるのに、ひと晩で3㍍くらいも水量が上がったというファンキーっぷり。先日まで使っていたダンロップの三角テントを、ワタシは荷物を入れたまま引きずって大慌てで避難したのだった(汁

翌日は別エリアの温泉旅館に向かった。前が白く霞むレベルの濃密な雨降りの中を走ったコトが印象ぶかい。そうしてその翌日、このキャンプ場はどうなったか気になったので帰りに寄ってみた。何てこった。川幅いっぱいの濁流があふれ、キャンプ場も仙人風呂も、跡形も無く流されて消えていた。まあその。魂消た。ちなみに仙人風呂が冬季にしか掘られないのは、もちろん大雨が降りにくい時期だからだね。 

DSC03875_800.jpg

シュラフから両腕をだして、まどろんでいた。雨の中での撤収を思うとじつに面倒だ。メンドくさい、のではない。メンドーなのだ。5:15、しらじら明るくなったので、えいやと起床。親戚のハワイみやげのコナ・コーヒーとかベビーチーズとかカップそばの朝メシ。

DSC03876_800.jpg

ダラダラとテント内で荷をまとめた。クロノスドーム1型の購入を検討していたとき、テント内でニーガードとモトパンとオフ・ブーツを装着できることをスペース的な条件にして、まあダイジョブだろと思ったのだが、いやその。実際にやったら、どえらくメンドーなのだ。メンドくさいのでは(ry ところが、待てよ。フライを打つ雨音が消えているではないか。おお。デッパツ目前で上がった模様。奇跡だ。僥倖だ(w

DSC03878_800.jpg

野宿のときだけナゼか毎朝クソしたくなるフシギ生理現象を今朝も慌てつつ堪能して、7:40、野宿地を後にした。「倉谷林道」を下る。

DSC03880_1024.jpg

K352で北上、松坂峠を目指す。どんどん青空が広がってきた。雨上がりの路面のにおいが清々しい。

DSC03882_800.jpg

8:45、「本名津川林道」に入る。ココも長年にわたって走行できず、オフロードライダーをヤキモキさせてきた名物ダートだ。
http://www.rindo21.com/cgi-bin/rdb/rdb.cgi?output=search&keyword=%CB%DC%CC%BE&bool=and
このサイトの「林道データベース」を開けて下スクロールすると有用なクチコミがたくさん出てくるから、じつに便利。コレを活用しているという林道ハンター・みしぇる氏の走行レポートで確認すると、新潟側のダートの生存率が低いのと、アチラに抜けると帰路がどえらく遠くなるワケで、県境の峠までを往復するコトにした。上記BBSの最後で、チャリダーの情報によるとダート距離は県境まで16Km、往復で32Kmという。グレイト! ちなみに画像の撮影場所、左側はスッパリと50㍍くらい切れ落ちている。オゥ。ケツがスースーいたします(w

DSC03883_800.jpg

「峰越林道」という表記には、萌えるものがあるナ(w この分岐を左に進むといよいよ山岳セクションが始まる。ココまでは、霧来沢に沿った直線基調の快走ダートだった。

DSC03884_1024.jpg

長い間、通行不可だった理由が分からぬくらい走りやすい路面だ。また、しばらくは舗装化されないような印象を受けた。少なくともワタシが走破した福島県側ではね。安が森林道の栃木県側の鮮やかすぎる対比(お分かりだネ)といい、福島県の林道行政ってヤツはオフローダーにとって極めて好感が持てる(w

DSC03887_800.jpg

標高を上げるにつれて息が白くなってきた。紅葉も終わっている。

DSC03889_800.jpg

9:30、県境の峠に到着。標高1,130㍍。新潟方面は厚めの雲が沸き出てきている。ココまでマイカー登山で来ていたオトッツァン3名は、そりゃあ道路が良いから新潟から来たほうがラクだワ、という至極もっともなご意見を言うワケ(w

DSC03892_1024.jpg

折り返して下っていく。正面の屏風状は御神楽岳だろうか。

DSC03895_800.jpg

この林道は知名度が低いのか、あるいは遠いから人気がないのか分からんが、林道出口でライダー1名に出会ったのみ。クルマは、道中では写真撮影系の数台のみ。存分に満喫できた。福島県側に限ったハナシだが、なんと言うか20年近く昔に走り回った懐かしい「四国」の林道群のテイストを今も残しているようにワタシには思えた。それは「スーパー林道」チックにはゼッタイ成り得ない、ひなびた道の佇まいであり、また暗い沢筋から明るい尾根にダイナミックに上がるという、物語性豊かなルート取りが走って感銘ぶかいからだと思うのだ。

10:15、林道入口の本名ダムに舞い戻る。ようやくカッパのズボンとドロドロのブーツカバーを脱ぐ。今回、ダート走行は120Kmくらいになっただろうか。もう、満腹だ。ウチへ帰るぜ。時間もまだ十分だから、R400経由R121と、ずっと下道で南下するコトにした。数10Kmに渡って、ぜーんぜん信号が無いフリーウェイ状態。ナイスですね(w

DSC03897_800.jpg

11:30、ハラが減ったので荒海の蕎麦屋「かいなり」にて、もりそば。750円。新そばの時期でもあり、手打ちをハゲしく強調している店なので、きっとウマかったのだ(w しかし、田島あたりからは湧き出るがごとくの台数のバイクに遭遇して、いつもながらマイナーな遊びをしている自分を痛感したりして(汁

R121に入ると観光バスが増えてノロノロだ。忍の一字で、鬼怒川温泉を通過して今市市内では前方不注意のクルマとあわや正面衝突という危機一髪を体験しちゃったり再び巨大な杉並木が両側にエンエンと続いて昔ヤリこんだゲーセンのカーゲー「アウトラン」みたいな眺めだナと感心したりで、13:40、鹿沼ICから東北道に乗る。さすがに復路もオール下道だと死ぬと思った(w 高速道路は正しく時間をカネで買ってるワケねと今さらながら痛感しつつ、「いやもう関東平野はぬくいや」とありがたがりつつ、16:00に帰宅。

DSC03898_800.jpg

テントなどの濡れモノを乾かす。千葉はこの3日間ともドピーカンだったとのこと。カラダのそこかしこが痛い。面白かったが、トシだの。ところで、この旅記事のタイトルに「決定版」と入れた理由は、これでもう、奥会津の林道群を走れずにハギシリするコトも無くなったからなのだ。善哉(w いつまた塞がってしまうか予想もつかない、マボロシと呼んでもイイ林道たちを一気にマーキングできたんだからね。満足そのもの。走行距離は合計で790Kmとなった。

バイクの旅TB:0CM:4
<< ケムリの行方(1) 「taspo?」ホーム全記事一覧決定版・秋の会津林道旅(その2) >>

コメント
うう・・・
悶絶を通り越して悲しくなってきました・・・
今日も天気良かった・・・orz
ししたろ #-|2007/11/14(水) 18:21 [ 編集 ]
本名津川林道
どうも、林道ハンター・みしぇる氏です。w

本名津川林道の峠まで(福島県側)だったら
多分前から行けたんだと思われますよ。
崩れたのは、新潟県側ですからね。

それにしても何時もご帰宅がお早いですね。w
みしぇる #/SZyEhbw|2007/11/14(水) 18:48 [ 編集 ]
むは(汁
>ししたろさん
商売繁盛でイイじゃないっすか!
とは、なんの慰めにもなりませんよね。
ラード #-|2007/11/14(水) 22:57 [ 編集 ]
いつも参考にさせてもらってますぜ。
>みしぇるさん
なにも情報を集めずに林道エリアに特攻して、「不通でした」と悲しいレポをリリースしまくるヒトに、参考までに情報の取りかたを紹介したワケでして(w

帰宅が早い? 
そりゃ、ワシはジジイだもんね(汁
翌日は全身がダルかったの、じつは秘密ですもん(w

つーか、野宿地で焚火しつつメシを喰うってのが、ワタシのメーン・エベントォです。
2年前にワンデーで「マナハタ八溝~甲子・鎌房~一ノ渡戸~黒沢」林道650Kmなんてのを、計17時間くらいでやってから、もうこんなシンドいのはヤメようと思いました(w
ラード #-|2007/11/14(水) 23:13 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://uemat.blog33.fc2.com/tb.php/240-60f3ee6f

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。