ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

オトコの「ままごと」プロジェクト(3) スタッキングを考える

2008/03/23(日) 23:49:17

DSC04449_800.jpg

昨日のサバゲ疲れから外出する気にもならず、自宅でグダグダと(汁
ハタ!と気づいて、新しいオモチャ「P-113」を使って「JALビーフコンソメ」スープを作るコトにした。ワタシの好物なんだ。

DSC04450_800.jpg

300cc強の水を全開で沸かしたら、1分40秒くらいだった。久しぶりに持ちだした「TREK700」のハンドルが熱い。軍手は左手用のみ、やっぱり持っていくべきか。「P-113」を手厚く収納できるしネ。もちろんスープは美味かったが、まあその。今まで愛用してきた「EPI」から何秒くらい短縮できたかどうかなんて瑣末事は、どうでもイイんだ。

DSC04451_800.jpg

そんなコトよりも、ワタシの関心は1泊以上の「バックパッキング」に持っていくクッカーの組み合わせに向いている。ええ。コレはもう、重要案件なんです(w 朝昼晩のメシの内容を検討するのが先決だろっつームードでもあるが、おそらくは「ナニをブッカケたドンブリメシなのか」とか「ナニ味のパスタなのか」とか、そういった分かりやすいレベルで推移するハズであって、まあその。味よりも各食材の重量および飽きのこないローテーションってヤツに注力しておけば何とかなると心得る。

メインのナベは、中列右のスノピ「TREK900」を使う。メシ炊きにも使うから、多少重くなるこのアルミ製でヨシとしよう。チタン素材で炊飯するとコゲ対策が面倒だから。小クッカー兼メインの食器は、画像中央のスノピ「チタンTREK700」しかないナ。ホントはお椀状の食器で喰いたいところだが。「700」は「900」の中にビシッとスタッキングできるから、コレしかない。妙に座りの悪い900のフタには退場してもらい、フィールドギアーの隠れた名品「チタン皿蓋」を2枚、持っていこう。前列の両側のヤツね。知ってるヒトは知っている裏ワザだが、皿蓋は900用のフタとしてピッタンコなのだ。オマケに裏返せば700にもピッタンコであって、これまた700純正のビミョーに不便なフタより使い回しが効くワケだ。ココ、次回の試験に出ますから良く覚えておくこと(w

DSC04454_800.jpg

さて、ちなみに先ほど飲んだ「JALビーフコンソメ」でスープ・パスタを作るってのも、現時点でラインナップ入りしているラード的定番メニュー。美味いモンですぜ。その場合の製作工程はカンタンだ。900で湯を沸かし、茹でる。700にスープの素を2袋、ブチまけとく。茹で汁200cc程度を先に700に注いでおき、皿蓋を上手に使って湯切り、700に麺を入れて召し上がれ。アホでもできる。 
このあたり、重くなってはしまうが、ウインナなどの「おかず」も加えて煮込みたいところだ。そういえば、と思い出した。食器ひとつが基本の山メシでは、どうも視覚的に満腹中枢がゴー・サインを出しにくいらしく、いつもハラを減らしていたことに。ま、ワタシだけの気質(かたぎ)かも知れんけど(w

味付けのネタについては、研究用として買ってみたいのが、これら「無印良品」のアウトドアズ・メンに評判の食品ラインナップ。
http://www.muji.net/store/cmdty/section/S02207
「ごはんにかけるスープ」シリーズにはココロ打たれるものがあるけれど、ちょっと重いという事実をどう受け止めるか、だネ。むは。今まで、デジタル表示のキッチン・メーターを使って、細かいパーツごとに計量しつつ、ホレ、何グラム軽くなったとか何とか嬉しそうにカキコしている計量厨のアウトドア系記事を「ちっさいなァ」と唾棄してきたワタシなのだが、いやその。どうやらホムセンで小型優秀なデジタル表示の「ハカリ」を買わねば逝けなくなっちまったかもだ(汁 コレが転向ってヤツですね。ああっ。量りたい、目方を。

銀シャリを炊いてボンカレー、なんて場合も使うクッカーは同様だ。700で0.5合のメシを炊く。15分ほど蒸している間に900で湯を沸かしてレトルトを茹でる。700にルーをブッカケる。こんだけ。野宿の晩メシと比較するとごくシンプルになるメニューだろうから、ナベはこの2ケでまかなえる。そうして、画像のように美しくスタッキングできるワケだ。ふむ。100均の太いゴムバンドを買ってきて結束すれば、カンペキではないか。

あとはカップが1ケ、必要だ。しかしコイツが悩みどころではある。コーヒーとかスープに使うのがメインで、何か食べものとか食材を入れておける容器としても使えるモノだ。スノピをはじめとしたフツーの折りたたみ取っ手がついたコップ、ソイツはイマイチ色気がナイんだよナ。さあ。いよいよ核心に入ったぜ(w まずワタシの琴線をノックしたのが、コレ。

skintl2000-img600x450-1200709695fh480-3.jpg

「フィールドギアースピリッツ」のニュー・アイテム「純チタン 折畳式ハンドル ロッキーカップ12cm」。
https://www.skintl.co.jp/ver10/list.html
相かわらず超ダサダサのネーミング・センス(HPの見にくさも相当ですわナw)だが、内容はスルドイ。ワタシも購入した優秀な厚手チタン製のロッキーカップ・レプリカから、特徴的なハンドルを折りたたみ方式に改めたモノ。やるではないか。480mlという容量がまた絶妙で、コーヒーカップにも茶碗にもOKというワタシにはもう、オールマイティなサイズ。81gとは少し重いが、買う!と思った。しかし待て。ちょっとマテ(汁 きちんと収納はできるのだろうか?

DSC04456_800.jpg

このようなピッタンコ具合では、マチガイなく折りたたみハンドル部分が邪魔をして、700どころか900にもスタッキングできませんね。いやもう、残念。
すると、現状でベストは、コレしかないのか。「エバニュー」の「チタン・カップ400FD」。
http://www.naturum.co.jp/item/item.asp?item=546780
あんまりエバニューの製品に良き思い出がナイってのがアレだけど、しかし今回のワタシの意図するポイントに、コレはドンズバ。きれいにスタッキングできるハズ。ハンドルの熱くならない工夫も結構。これでハンドルがフラフラ動かなければ、文句ナシ。

ちょっと今週は御徒町にでも出かけて、「ODボックス」を覗いみようか。


バックパッキング・道具考CM:2
<< 山について思ったこと 「魔の岩壁」ホーム全記事一覧Keep on Walkin' ということ >>

コメント
カップ
トレック900はアルミですよ・・・
エバニューのカップはトレック700の中に入れるんですか?
トレック900と700の隙間には余裕があると記憶しているので、「極」や「焚」のカップみたいに700の下の外側にはまってトッテが畳める奴を探すってのはどうでしょうか。「極」や「焚」のカップは300ccで微妙に小さいので、もうちょっと高さのある奴を。そうすると700の中に110gのガス缶が2個収まります。あと110gのガスを一個持てば2泊3日の燃料はO.K.かと。

いや実は同じようなことで悩んでいるもんで。w
なま #GCA3nAmE|2008/03/24(月) 09:13 [ 編集 ]
仕事しなさい。
いや、ワシもだが(w

ああっと。サンクス。
アルミね。どーりで近ごろ物忘れがヒドいワケだ。

ふむ。900と700のスキマにピタッとハマるカップ、探せばあるのかも知れないっすね。まあ、ワシはコーヒーがメインのカップだから、そんなデカくても仕方ないんですが。

110のキャニスター、イイな。
しかし、いよいよ「つめかえクン」を買わないとモノゴトが進まない、か(w
ラード #-|2008/03/24(月) 11:34 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。