ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ボッカで散歩

2008/06/21(土) 23:59:26

DSC04956_800.jpg

じつは先週末のハナシを「うp」するのが遅れに遅れたもんで。さあ。書くぞ(w
いやまあ、梅雨のさなかのサンデイ、晴れ間を突いて調整がてらボッカのトレーニングをしたんです。といっても、わが家の近所を歩いただけだが。昨年夏に買ったクセして値札すら外していなかったモンベル「アルパインパック」の実際の容量を確認するのと背負いゴコチを調整しなければイカン。何よりも夏の飯豊バックパッキングでリアルに体験しそうなザック重量20Kgってヤツに、わがバディ(たるみまくりだw)を慣らさないと現地でヒドイ目に遭うからネ。

そんなコトを考えていたワタシ、もう30年近く昔の現役「山ヤ」時代によーく聞いたコトバを思いだしたんです、唐突に。それは「ホキる」。まあ、バテるってヤツの隠語というワケだが、由来は知らん。ヘンだよな(w バリエーションとして「もう、ホキ!ホキ!」なんて叫んだりもした。佐瀬稔氏の傑作硬派ルポルタージュ「狼は帰らず」に出ていたエピソードも同時に思い出した。主人公のクライマー、故森田勝が山岳会に入門したころは「ホキカツ」と呼ばれてバカにされていたとかナントカ。

重い荷を背負って山道を登るという行為は、続けていればカラダが慣れる。コレは間違いない。だから大学山岳部に入って最初の長期夏山縦走合宿では、ザックが重い序盤なんか、もうホキまくったもんですワ。1年坊がワタシの他にもう1名いて、競うようにバテかたを演出していたっけ(w フシギなもんで同条件にあるヤツが先にホキると、がぜん元気が出てくるんです。なんか陰湿な精神的作用があると思われる(汁

「飯豊」では、飲用水も含めてザックの重さはマックス20Kgと想定している。できれば17Kg程度に押さえたいが。まあその。初日の行程さえ乗り越えればアトは楽勝。だってブヨとかアブがブンブンの夏ざかりの山道をいきなり標高差1,100㍍も登るんだからね(汁 いやあ、健康に悪い。わが豆腐アタマをよぎるのは、数年前からお気に入りのこの記事です。
http://nk2004.exblog.jp/2598950/
この美女の死にかた、なんて美しい。雲のじゅうたんのご来光よりも気になる画像なんですけどネ。しかしこの正体なくブッ倒れたおスガタが、つまり「ホキ」。入山初日なんて、たいがいは寝不足でカラダも慣れていないから問答無用でホキたもんです。あの脱力感はしかし絶望的な気分になる。そうして何もかも捨てて眠ってしまいたくなるのだ。そのまま寝続けると、高山の場合は真夏でもお手軽に疲労凍死しちゃうからウカウカできぬ。さておき、昔のOBから聞いたホンモノのホキかたとは、登っている最中に後ろへヒックリ返るコトだという。60Kgくらいのキスリングを背負ったまま、ものも言わずウシロに(汁

DSC04954_800.jpg

いつもどおり前置きが長くなったが、ともかく、そんなアリサマを同行の「なま」氏に晒さないためにも予行演習をするワケ。まずは平地からスタート、そんなオッカナビックリ具合がチャーミングなワタシと言えまいか(w 
わがマンションのヨコにたゆとう一級河川沿いのサイクリング・ロードを遡上する。ザックにはテントだのシュラフといった重いほうの装備の他にバイク用の工具袋、プラティパス2ケで5㍑のほかペットボトルの水をブチこんで、目方をキッチリ20Kgに調整してある。いやその。久しぶりだと少しビビる重さなのは確かです。

DSC04949_800.jpg

このアングルに見覚えあるアウトドア系ブログ・ウォッチャーもいるかもネ(w ココ、オサレなアウトドアを標榜する「×」が4ケ並ぶグループが、しょっちゅうテントを張って昼宴会を行っている場所です。ふむ。ブタコマ焼肉BBQの臭い漂いまくる公園なんだがなァ。

DSC04955_800.jpg

笑わないでいただきたいのですが、ワタシ、デカい登山用ザックなんてヤツを購入したのは何てこった、27年ぶり。ザックの各種調節機能が「スゴイもんだの」と感心するコトしきり、なのであった。今まで使ってきたヤツなんか、1980年の冬合宿(コレは、例のZK高校が遭難死した八方尾根のときだ)のために買ったんだもん。モノ持ち良すぎ(w 当時、すごい新素材だと感心した「コーデュラナイロン」を布地に使った「ICI石井」オリジナルのアタックザックで、70㍑くらいかな。アタックザックというコトバも死語っぽいが、いま見るとタダのナイロン布袋です。背中にはペラペラのウレタンマットが仕込んであるだけで、ウェストベルトなんざオプションだった。ワタシはその代用として細い平スリングにバックルを装着して岩登り時などの振れ止めにしていた。ベルトはそんな扱いだったという昔バナシ。

DSC04957_800.jpg

その立派すぎるウエストベルトをギッチギチに締め上げて背負ったわが「アルパインパック」は、なるほど肩にかかる重さを腰で分散させているのが良く分かる。その昔は腕がマッタク上がらなくなってしまう「ザック病」なんて神経麻痺の症例があったものだが、もう起きそうにナイね。ただし、ちょっと右の腰骨のデッパリに当たる部分がある。長く歩いていると痛い。要精密調整、そんなムード。ちなみにこの道はサイクリング・ロードなのだが、短パンに大荷物の怪人(ワタシですねw)がヨタヨタ歩いていても、怪しまれるようなコトはなかった。めでたし。

DSC04958_800.jpg

3.5Kmほど歩いたあたりで引き返すコトにする。小休止。ムギ茶を飲みつつ自家製トレイルミックスをバリバリ喰う。こりゃ、なかなか美味いモンだ。甘辛の配合具合がグッジョブなのだね。ノドも乾かない。さすがボク(w 

DSC04959_800.jpg

目をつけておいたヤレ具合がステキなベンチで休憩する。ダイタンにもインスタント・ラーメンを煮て喰おうという魂胆(w え。いや。恥ずかしいなんてツメの先ほども思いませんよ。

DSC04938_800.jpg

銘柄は左から2ケめの「もっこすラーメン」をチョイスした。「フィールドライフ」に掲載されていたホーボージュン氏がリスペクトする「五木」製。「カルフール」にてゲット。たしかに、こりゃあ美味い。クセになりそう。

DSC04961_800.jpg

さて今回、平地をジョギングシューズで往復7Kmほど歩いてみたワケだが、これくらいならモンダイない。翌日は下半身がドローンと重かったけどサ(汁 
じつは、この次となるステップアップ・トレーニングを、本日に行う予定だったのだ。なま氏と筑波山にボッカ訓練でピストンして、霞ヶ浦の有名な無料キャンプ場で久しぶりにキャンプ(だって今年はまだテント張っていないんだもんw)をしようと目論んでいたのだが、この雨で延期にした。まあその。梅雨だからね、ままならぬ。スキを伺いつつ再チャレンジを誓う。

バックパッキングCM:2
<< アメ横を歩く(1) レザーマン「micra」ホーム全記事一覧オトコの「ままごと」プロジェクト(10) レーション・ラード仕様 >>

コメント
残念でした
予報が悪かった割には土曜日は晴れで、強行しても良かったかと少し後悔。日曜は酷い降りだったので、結果的には正解だったと思いましょう。(汗

20kgというとママチャリ一台分。15kgそこそこのMTBなら担いで山をさ迷ったことがありまして、あれは酷かった。w
なま #8gfOIHpU|2008/06/23(月) 10:47 [ 編集 ]
チャリ担ぐより、ラクチンだから
この週末は、一歩も「お外」に出なかったワタシですが、そう断言(w

しかし日曜はヒドい雨降りでしたね。
ツクバ行軍は、さっそくリスケしましょう。




ラード #-|2008/06/23(月) 14:49 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。