ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

買い足してきたモノたち

2008/08/05(火) 23:58:40

6月ごろからの買いもの報告でも。
ええ。もちろん登山グッズのラード的チョイスですから、チープですよ(汁 脱力感が充満(w 諸兄の参考にもならんでしょうが、まあ、気にもせずに晒すのだ。

DSC05010_800.jpg

某月某日、バックパッキング用のパンツを購入。4,990円也。なま氏からは「何でそんなブランドに手を出すのか」と呆れられた「アルペン」製。「SOUTHFIELD」とかナントカ。まあその。バッジ違いで、ドコか有名アウトドア・ブランドのOEMメーカーが縫製しているとは思うワケですが。テントとかなら死ぬほどダセーとワタシも恥じるが、ズボンなら言わなきゃバレないモンだしサ(w
冬と違ってジャージじゃ暑いもんナ、わがパッツン・バディではストレッチ素材じゃないと足を上げられないもんナ。速乾素材で渇きやすければイイな、そんな要求にビシッと応えてくれるパンツだ。今のところはネ。ほんとはベージュ系の薄い色味が好きなのだが、XLサイズはコゲ茶しか残っていなかったのだ。ともかくはき倒す所存。

DSC05013_800.jpg

モンベルの「アタッチャブル・ポーチ」、1,575円。フト思いついたのだが、夏場のワタシはデジカメを収納するポケットを持っていなかったから、買ってみた。ザックの左ショルダー・ストラップに取り付けている。当然ながら、しごく便利だ。
あるとき、ホーボージュン氏の「チェストバッグ(小)」をロックオン、「ODボックス」に逝ったのだが売り切れだったりして、コイツに落ち着いた。デジカメだけなら少し大きいサイズが邪魔ではある。でもコイツ、ストラップを内臓していて引き出すとショルダーポーチにヘンシンするのだ。バイクで移動中のときには、じつに重宝。そういう活用法を見出すととたんに愛しいブツになるんですねえ。

DSC05061_800.jpg

「オニール」のビーサン、メガ・スポーツショップ「XEBIO」で999円。まあ、ただのビーサンです。しかしコイツはえらく軽いのだ。一足で125gとは、なかなかでしょう。鼻緒もぴったりフィットして、長く使えそうだ。
ホントは葉山の名店「げんべい」へ、ビーサンを買いにぶらり半日旅をしようかと考えたのです。ええ。ネタづくりとして(w 東京湾を半周するという。いやその。やっぱり電車賃がスゲー高価くつくからと諦めちまった小市民なボクなのさ。

P1000069_800.jpg

モンチッチ臭がプンプンだが、ガマンしてお付き合い願いたい(w まずは「ジャストフィト・パックカバー」、3,000円。現役「山ヤ」の当時は存在しなかったグッズですね。山でのドシャ降り下では、こんなの付けたって、どうせ中まで濡れるんでしょうが、まあ、気休めに。現実には70㍑サイズの特大ビニール袋をインナー防水対策用に購入済み。でも、コレはえらく軽いんですよ。ソコがヒットした。こういったブツはビビッドな色味に限る。だからマッキッキ(w 雨の中、バイクのリアバッグに被せたら目立つから、その点でもグッジョブのハズ。

パンツは、おっと。紛らわしいじゃないか。この「おパンツ」はモンベルのアウトレットにて、1,300円。高宕山でのボッカ・トレーニングの反省から購入した。ヒトより汁っ気が多い(たぶんw)ワタシは、つまり胸とか背中の汗が容赦なく流れ落ちるワケで、つまり「おパンツ」がフツーのコットン製だとその汗を吸いまくって渇かず、不快きわまりないからだ。ヘタすりゃカゼを引く。速乾おパンツの快適さは筑波でのボッカで立証済み。なま氏に「うりゃうりゃ」と自慢をくれといたから、氏も飯豊の山旅ではチャッカリこれより「少し高級」なおパンツを購入して履いてくるに違いないと踏んでいる(w
トランクス型を買うのなんて10数年ぶりだが、発汗量が多い登山のようなケースでは下部が密閉されていないから通気性に優れる、そんなムードかも。けっこうなデカパンで、遠目にはバミューダショーツ(死語だなw)に見えなくもナイ。これ一丁で赤裸々にくつろぐ午后の雲上のキャンプサイト、素敵ではないか。

P1000151_800.jpg

某月某日、さらに「おパンツ」(なんかインビだw)を買い足す。気に入ったモンベル印のトランクス、アウトレットのXLサイズが次に覗いたときは売り切れちまっていた。1,800円の正価で買うのもアレだから、再び「スポーツ・デポ」に特攻してPBの機能性おパンツをゲット。ココではボクサー型しかラインナップしていない。まあ、イイけど。
そうして6日間の山旅では、おパンツを3枚「も」持っていく。皆、新品なのだから踏ん張ってもらいたい(w

P1000120_800.jpg

また出た、モンベルの「WICブリーズスパン」Tシャツ(w アウトレットで1,900円。よく考えたらモンベルのウィックロン系半袖Tシャツは7枚くらい持っていた(かつてフィットネス・ジムでのエアロビクスにハマったときに買い足したんだ)のだが、コイツは吸汗性がスゴそうかもと考えた。ただし、ちょっとナゼか肌ざわりがチクチクするではないか。むーん。このまま寝るとストレスを感じそう。
さて、6日間の山旅では、Tシャツは4枚「も」持っていく。ボクも身ぎれいになったモンです。

バックパッキング・道具考CM:0
<< オトコのままごとプロジェクト(11) 山メシ研究・最終フェーズホーム全記事一覧ボッカじゃねーの@筑波山 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。