ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


11月 | 2017年03月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

飯豊連峰、夏の山旅(1) 旅立ちは、アタフタと

2008/08/24(日) 23:55:48

start_800_800.jpg

【8月9日・土曜】
デッパツ前夜の金曜日は、深夜1時に帰宅でした。つまり前夜ではなく、当日。
こういうときに限ってバタつくとゆー「マーフィー」な法則がもちろん発動したワケですが、メシを喰いつつネットを見て「さて寝るか」が2時すぎ。ベッドに入ったりしたらヒドい目に遭うのは必定、リビングでゴロ寝にする。ケータイの目覚ましを3時半にセットし、眠った。ハッと目覚めた。4時半だった。デッパツ予定時刻であった(汁

P1000158_800.jpg

それからわずか35分間でソイジョイ喰いつつ自宅マンションをスタートできたのは、グッジョブと言えよう。5:05発。しかし、このドタバタのせいで重大な忘れ物をするハメになったワケですが、もちろんこの時には気づくハズもなく「Baja」号で「なま」氏のウチを目指します。
東関道を北上、終点からR51でさらに北へ向かう。休憩も取らずに走りまくって130Km、2時間もかからずスムーズに集合場所である「なま」邸の正門に到着。
そこで門番の書生・鬼瓦権蔵君に迎えられる。さすが13エイカーの裏庭でヘラ鹿狩りの小旅行を行うというウワサの広大な「なま」邸、正門横にはマクドとスタバまで装備している。鬼瓦君によると数十名に及ぶ「なま」家の丁稚や女中がココで朝メシを購入していくとのこと。いやはや、そんな白日夢が(w

P1000159_800.jpg

ここで「なま」氏のクルマ(いまどきマニュアル・トランスミッション)に乗り換えます。7:40発。
あとはワタシ、目的地まで助手席のヒトとなる。変則的なマイカー登山スタイルです。なんたってワタシのクルマ免許では、オ ー ト マ 車 しか転がせんのでネ(w 
ところで道中、ハイなワタシは居眠りもせず、いろんなおハナシをカマしまくった。たとえば、もともと「世界一つまらん」と共に認めていた某ハゲのブログ、最近それが意味フメーに転進して「世界一つまらんラーメンブログ」になったっつーネタとか(^^; 
または、かつて一緒に房総を旅したこれまた共通の知りあいが、わが家近所のラーメン屋の兄ちゃんに転進していて深夜にバッタリっつーネタとか。あれは首都圏に落雷がビシバシ落ちた一日だったのだが、その「元締め」っぽい名前のラスボス(2ちゃんの某スレでは「白菜」と呼ばれる有名人っすね)に日が変わる直前、遭遇したワケで。手前の店を持つという脱サラの夢を実現するために、別だん美味くもないラーメン屋の暖簾わけを計る意義について喧々諤々(w うむ。楽しいひととき。

P1000162_800.jpg

昼ごろ、喜多方の町に入る。前夜にバタバタしたワタシ、何てこった「山と高原地図」を通勤用カバンから持ち出すのを忘れてしまったコトに気づいた。いやもう、地図を忘れるとはファッキン・クライスト。「街中で気づいたのはまだヨカッタわい」と同じモノを探して市内の書店を回るが、こういうときはしかし「飯豊山」のみが売り切れているとゆー「マーフィー」の法則。そんな運命。
結局、なま氏が持っている同じ地図ひとつで行動するコトになりました。そうしてこれがまた、後にイケズな目に遭遇するプレリュードとなるワケです(w
さて、喜多方といえばラーメンの町ですよね。美味そうな店を探し求めてクルマでウロウロ。イケてそうなこの店「なまえ」に決定。なんとなく佇まいが結構なのと、店内を窺うとお客さんが詰まっていたからですね。

P1000161_800.jpg

まったく民家っぽい2階の和室に通され、チャーシューメンを注文。620円也。ごらんの太くコシのある麺とシンプルなしょうゆ味のスープがナイスでした。お店の評判も、なかなかの様子。

P1000163_800.jpg

14:40、福島県は川入の「御沢キャンプ場」に着きました。キャンプ代はひとり1,000円也。
ココは飯豊連峰南側のメイン登山基地になります。お盆ウィークの夏休みだから、登山者のクルマが多いこと。ワシらもクルマをココに残置して行き、登山後、遠路はるばる回収しに戻って来るワケです。これが奥さん、けっこうなアルバイトなのネ。イイデが「遠い山」という理由のひとつです。

P1000166_800.jpg

なま氏、今回のバックパッキングを行う名目ってのが振るってる。画像の黄色いモンベルのシングルウォール・テントを山の世界で使ってみたかったから、それが理由だと。さすがテントだけで18張も持ってるヒトってば、エコヒイキせずにお付き合いして逝くのがタイヘンなのネ(w 
その点ワタシなんかこのクロノスドーム1ケしか持っていないから悩みようがナイわな。いやまあ、ワタシのシュラフとテントだけで計3,000gというウェイトになりまして、最軽量なブツならこの2ケあわせて2,000g程度なのに、というのが目下の悩みではある。

P1000167_800.jpg

会津若松のスーパーで買ってきたトマト。美味い。なま氏はトマトが喰えないとか。ほかにスイカとかナスとか氏は喰えぬモノが多いから、イヂリ甲斐あり(w プラ容器に入っていたのは枝豆です。ささやかな山麓での宴会もまた楽し。

P1000168_800.jpg

同じくスーパーの弁当を夕食にしました。なま氏から銀シャリを分けていただいて、サンクス。満腹。この日は飯豊名物のアブどもも飛んでおらず、Tシャツ一枚でちょうど良い気候でもあり、なかなか快適な夕べでした。
就寝は19:20。すでに「山時間」がスタートしております。

バックパッキングCM:4
<< 飯豊連峰、夏の山旅(2) ネタにはコト欠かぬ一日の顛末ホーム全記事一覧ぼくの桃源郷に行ってきた >>

コメント

なんていうかその、わたくしの情けない格好はどうにかならんもんかと。(汗

続きを楽しみにしております。w
なま #8gfOIHpU|2008/08/25(月) 12:42 [ 編集 ]
なまさんのコッチを向いた画像は
ほぼ「首タオル」仕様なんですけど(w
ジタバタするには、時すでに。
ラード #-|2008/08/25(月) 14:09 [ 編集 ]

しかもそのタオルが最後まで同じという。w

読み返してみると、このエントリーじゃ、わたしってば変な奴って思われてしまうではないですか。

まあ仕方ない。
なま #8gfOIHpU|2008/08/25(月) 18:54 [ 編集 ]
スイカが喰えない
という、その理由を赤裸々に書いたりしたら、もっとヤバくねっすか?

ジタバタしないのッ(w

ラーメン屋の屋号、間違えてる。
ナゼだ。ボケてる。 
「なまえ」って暖簾に書いてあるのに(w
ラード #-|2008/08/25(月) 20:12 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。