ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

超人伝説(後篇)

2008/10/08(水) 20:46:42


続いて、バイク系のネタを展開しよう。「超人伝説」のビデオには、2輪ロードレース「WGP・500cc」の凄まじいオンボード映像が入っていた。コーフンしたものだ。ああっと。ここで「motoGPではナイのか?」なんつーヤングさんとか当「アラモード」の一見さんは、とっととお帰り願います(w キモは昔バナシの共有、なんだからサ。

そのコーフンした動画とは、コレです。ちょっと解説が必要だろう。ライダーはランディ・マモラで、1985年のベルギーGP、「スパ・フランコルシャン」サーキットを1周分(+アルファ)、オンボード映像でコースを紹介している。その間に同年のオランダGP、マモラの雨のレース(独走優勝だった)をインサートしてある。
スパ・フランコルシャン・サーキットとは、「前篇」最後に紹介した大事故の現場です。あれと同じ年だが2ケ月前に行われたレース。当時は、車載カメラを載せるのは1レースに1台くらいで、このカメラ・アングルのみだ。ましてやランキング・トップ争い中のライダーではなかった。サービス精神が旺盛な愛すべきマモラ選手ならでは、とも言える。

レースでは、マモラは2列目から飛び出してホールショット。もちろんスタートは「押しがけ」だね。マシンはホンダNS500で、このときはすでに戦闘力不足と言われていた。それでもレーシング・マシンのレブ・カウンターの動きとバンク角の深さとライン取りに、ワタシは夢中だった。1:20、最初にマモラを抜き去っていくのが、絶頂期のフレディ・スペンサー。
雨のレースをはさんで、2:25、ハスラムとマールボロ・ヤマハのレイモン・ロシュに抜かれる。この時点で7番手くらい、だったかな。ちなみにこの1985年、マモラのゼッケンは2番、赤いツナギのフランス人・ロシュは3番だ。ロシュのリアサスがヨレまくるのが、おっかない(汁 この映像もコーフンしたもんです。最後は「ロシュが、いつもはブレーキをかけないところで、かけやがった」とマモラが言ったとおり、フロントをヒットさせて転倒リタイヤ。ラッキーなコトに無傷で立ち上がるマモラまで写ってるという傑作オンボード映像というワケだ。

このころのマモラといえば、ステップから外足を完全に外した「マモラ乗り」(とにかく荷重を前方にかけるライディング)で名を馳せていたのだが、マシン・コントロールの上手さには定評があった。このベルギーGPのレース、普通の動画も合わせて貼っておきましょう。「フツー」といってもフランス愛国的な編集なので、ちょっと引いちゃいますがネ、このころの「WGP」レース動画を近ごろバシバシ「うp」し始めている、ありがたい「うp主」ではある。

ところで、「超人伝説」のビデオを購入した1987年とは、わが国のモータースポーツ史においてバブルにまみれたエポック・メイキングな年。つまり、その3月に2輪世界選手権の第1戦「日本GP」が初めて開催された年であり、また11月には、4輪のF1最終戦「日本GP」が20年ぶりに開催された年でもある。どちらも「スズカ」でね。「WGP」は、ついに「TX」系列でシリーズ全戦を録画中継放送を開始した年でもあったと記憶する。もちろん世間的には「CX」系列で放送をスタートした「F1」の人気が凄まじかった。

そうして、1989年の末だったか、うれしいコトに「F1」のオンボード映像をかき集めたナイスなセル・ビデオ「F1 Driver’s Eyes」というモノが出たから即購入。これまたコーフンする映像のオンパレードで、カブリツキなワタシでした。

とくに1989年シーズンと言えば、「マクラーレン・ホンダ」チーム同士の因縁のライバル、アイルトン・セナアラン・プロストのバトルで有名です。クライマックスが最終戦の日本GPなのだが、やはり「ようつべ」に素晴らしい動画が「うp」されている。ヨシ。再構築してみましょう。
まずは、セナの「スズカ」予選、鬼神の走りから。しかしこの動画、最初の1分くらいまで見たら、コチラの動画に移っていただきたい。いや、タイムアタック最終フェーズのシケインという大事な部分を、ナゼかカットしていやがるので。センス悪いじゃないか(汁 
当時はパドル・シフトなんてモノは無く、右側のシーケンシャル・シフトをスゲー勢いで操作していますね。また、予選専用の「Qタイヤ」があった時代だからコーナリングがハデだ。それでも現在のF1ポテンシャルと比べたら、なんともモッサリしているムードではある。いやその。この2006年のシューマッハがカメラの搭載位置を含めてTVゲームっぽい映像と思えるのは、ワシがジジイだからなのか(w このクオリファイでポールを獲得したセナですが、かたや決勝レースではタイヤをいたわりながらのムリを抑えた走行。前を行く因縁のライバル、プロストと展開した衝撃の結末には、録画中継をテレビで見守っていたワタシは古館サンともども「あああっ」と叫んだものでした。

このレース、セナはシケイン不通過というペナルティにより失格処分を受けた。それによって年間チャンピオンのタイトルをアラン・プロストに持って逝かれたワケだ。そうして、これまた有名な遺恨試合、この翌年、1990年の同じ最終戦「スズカ」GP、さらに同じようなふたり(プロストはフェラーリに移籍している)のシリーズ・ポイント差(セナの方が少し高得点ってのが、ミソ)だが、そこで、セナがオープニングの最初のコーナーで仕掛けた「手段」とは。さらに、そのレースでプロストと同じフェラーリに乗るマンセルのオンボード映像。「プロフェッサー」と称された冷徹なプロストが、愛されキャラであるセナの敵役(かたきやく)だった。手に汗握るこういう動画もある。「ようつべ」、グッジョブ。

1989年とは、ラード的にもモータースポーツの成果が豊作であったとき。セナとプロストが陰険な闘いをしていたころ、「WGP」では、これも古くからの好ライバルである、ウェイン・レイニーケヴィン・シュワンツが丁々発止の闘いを繰りひろげていたワケです。こちらは正々堂々とね(w オンボード映像ではないが、もちろんナイスミドルの読者の皆さんは熱く応援していたコトかと存じますから、懐かしいヤツを少しご紹介しておこう。

1989年のシリーズ緒戦「スズカ」GP、クライマックスの14周目だ。観衆のどよめきがスゴイぜ。この数年間の「500cc」カテゴリーでは、これほど激しいバトルがエンエンと続くレースは無かったから、録画中継のテレビ画面にカブリついたものだ。サイコーなのはコントロールラインを通過するころ、真横のレイニーに向かってシュワンツがメンチ切るトコロですね(w このレース1戦だけで、文型春秋のスポーツ雑誌「Number」が出していたスポーツ名場面のセル・ビデオになったくらいだもんね。
カリフォルニアン同士のこのライバルは、このレースを始まりとして数年間に渡って激しくも魅せるドラマを作り上げていくワケだ。今ではテレビでのモータースポーツ・レース観戦なんてコトには食指が動かなくなったワタシだが、ああ。イイ思い出であったことよ。ヨシ。「WGP」系のネタについては、改めてもう1本、動画を中心にしたエントリーを書くことにしよう。いつか、ネ(w

【かるく追記】
このWGP系の往年の名レース、「ニコニコ」をチェックしたら垂涎モノの動画がゾロゾロ出ていました。OK。価値あるそれらをバックアップ映像としてご紹介しておこう。
まずは1989年のスズカGP、当時ワタシも熱狂したTXの録画中継をコンプリート。音声がモノラルってのがアレですが、あのときのコーフンが蘇る。清水氏のコメントも、リアルに良く覚えているもんだ(w では、どうぞ。
ビバ、
さて、もう1ケ、この1991年のドイツGP、ホッケンハイム・リンクのシュワンツ鬼ツッコミも、「ニコニコ」の方が断然イイ。千年屋アナと福田サンのジャパニーズ・コンビだからね。

ア・ラ・カルトCM:0
<< クヲリティについて語ろうかホーム全記事一覧RIDE&TREK@尾瀬 DAY3 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。