ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

オトコのままごとプロジェクト(13) 可愛いから、許しちゃう。

2008/11/09(日) 23:58:27

いやその。前項でコップを買った記事とかそんなのばっかじゃ自己嫌悪、なーんて書いたハナから二枚舌チックなネタをカマします。あのその。チャオ!(w

P1000746_800.jpg

週末は、いつもの友人「なま」氏を都内のトイガン・ショップとかサープラス・ショップとか、御徒町はアメ横のイケてるアウトドア・ショップ、すべてが定価販売の「ODboxアネックソ」などにご案内するイベントを行いました。氏はサバゲのウェアをゲットするのがメインでしたが、初めて覗くアネックソにも興味シンシンのご様子。それは当然のコトであって、アソコは「オトナのおもちゃ屋さん」であるからねえ。いやその。アウトドアで「ヤル」ための道具たちという意味で。当然いやらしい意味で(w

さておき、アネックソの正面ドア横で、まずは目が釘付けですよ旦那。水筒のコーナーに、初めてワタシは現ブツを見た「Kanteen」のボトル大小および色ちがいがスズナリ。うーむ。物欲がピンピンではないか。さすがのオトナのオモチャ屋ではないか。まあその。先週にキャメルバックを買ったばかりで手を出すような無分別では、さすがにナイ。その呪縛からは無事に逃れられた(w

P1000754_800.jpg

ところが3階に逝ったら、初見の「なま」氏が「ほほー」「ほほほ。ほほほ」と感心するコトしきりなのは当然ながら、ワタシのハートをビシッとワシづかみしたブツがあったワケです。ガマンできずに、即購入。それがコレ、Belmontの「チタンシェラカップ250フォールドハンドル」。こんなの初めて見ました。といっても折りたたみ式ハンドルのコトではなく、サイズのコトね。250mlだからデミタス・カップみたいなムードだが。

チタン製ロッキーカップ・レプリカ、480mlが折りたたみ式になったネタは、おそらくワタシが「業界」最速で記事にしたモンですが、まあその(w このときは「FGS」の紹介だけれど、ベルモント製もほぼ同時に製品化されてるのは「WILD1」で確認済みでした。
しかしコイツ、昔のオリジナル・ロッキーカップでは「ハーフパイント」のサイズをフォールディング・ハンドル化した製品なんですねえ。見たコトない。ベルモント社もフシギなメーカーで、ナニをどんだけ作っているのかラインナップがイマイチ不明なんですが、これは「業界」では未だに誰も取り上げてはいないハズ。だからラスト1ケのそれを買ったワケでもあり。ネタづくりみたいなモンで。それより何より、可愛いしサ。 

P1000748_800.jpg

手にとって、ずいぶん肉厚なカップだなとはスグ思いいたりましたが、ハカリに乗せたら、ごらんのとおりの「87g」。コイツはダブルウォールかと思いきやシングルであって、オマケに相当なミニマム・サイズ、スノピのチタン・シェラカップにスタッキングできるくらいなんです。それなのにこの目方だと。ぶ厚いチタニウムってのも、レアな存在と思えるワケで。
素材の色が白っぽくて少しザラッとした触感は、じつは同じ製品をOEMにしてるんじゃないの?などとヒソカに疑っていたライバル・メーカー「FGS」のチタンカップのそれとは明らかに異なっており、オリジナリティ臭がプンプンしているのもヲタ・マインドが刺激されて楽しいものだ。

P1000750_800.jpg

ついでに「FGS」のチタン・ロッキーカップ、480mlのカップを計った。なんてこった、250mlのほうが重いじゃん。製品に貼ってあるシール「ステンレスより軽くて丈夫」ってコピーは、いったいナンダと(w

P1000752_800.jpg

あまつさえ「ステンレス」製の元祖シェラカップのほうが、キモチ軽いんですねえ。

P1000755_800.jpg

さすがに、買ってからウチで飲むすべてのアルコールはコイツで賄っている愛用のスノピ「チタン・ダブルウォール450」よりは、軽いけれど。脱線しますが、このスノピカップはホントに優れモノだと思う。サイズは「大は小を兼ねる」的にジャスト、汗をかかないからグラスなどとは違ってコースターが不要だし、氷も溶けにくい。唯一、氷を入れたカップの軽めなカラカラ・ノイズが気に入らん程度、だもんね。

P1000758_800.jpg

たかだか容量は250ccだからビールを注ぐようなカップではないし、野宿のときに重宝するサイズでもない。ああ。バーボンのソーダ割りを焚火端でヤルのに似合いのグッズだとは思う。ムギ焼酎のお湯割りを炉辺であっためても、チタンだからクチビルがヤケドせずに啜れそうだし、結構な肉厚だから、ノン・コーティングのチタン製とはいえ目玉焼きみたいな調理にも使えるハズと目論んでおります。野宿で目玉焼きをこさえるかは別にして(w なにより可愛くて、レア。ヨシ。ナベカマ・ローテーションに組みいれて愛用していくぞ。

バックパッキング・道具考CM:0
<< 5年半ものあいだホーム全記事一覧ツイステッド >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。