ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

海辺で焚火

2008/12/07(日) 17:41:19

P1000869_1024.jpg

週末は、いつもの海辺で焚火野宿だ。ありていに言えば、忘年会。お天気は凛々しすぎる冬型になるとの予報。海抜ゼロとはいえ、シティ・ボーイのボクにはつらい季節です(w 目が覚めてから荷物をまとめ始めたのだが、バイク装備での野宿が久しぶりなもんだから、えらく手間どり、また忘れモノも多かった。いかんいかん。
けっこうな向かい風を特攻して、15時すぎ、海辺に到着。

P1000874_1024.jpg

対岸には冬富士が美しい。周囲は風がさらに強くなる。

P1000877_1024.jpg

VL-12、初張りの儀。夕日に映えてカッコよろしいではないか。やっぱり野宿ツーリングにこのテントは小さすぎだね。もちろん何とかなるワケだが、足元にメットを置いただけでもカラダがオフセットになっちゃう狭さだ。

P1000882_1024.jpg

なま氏と「ぎんなん」老。昨年の「GW信州旅」以来となる「ぎんなん」氏は、すでに午前中に着いて飲み始めていたとか。どんだけ(w 氏が手に入れた新しい焚火オモチャ「マジックフレーム」ってのも、可愛いくて欲しくなっちまうナ。改めて見るヒトさまの装備が、新鮮でキケンで(汁

P1000890_800.jpg

風よけに張ってくれた「ペンタ」内におさまって、さっそく始めました。

P1000887_800.jpg

そういえば「灯ともし頃」というコトバが好きでね。この時刻は「逢魔が時」とも呼ばれたんだっけ。まあその。完全に死語だけど。

P1000892_800.jpg

これは「ぎんなん」氏からもらった水餃子入りうどん。当然ながら、皆の喰いモンがナベもの系だ。なま氏からは「おでん」をふるまってもらう。

P1000893_1024.jpg

ひととおり喰ったら、焚火タイムのスタートだ。昨晩の暴風雨の影響なのか、浜にはマキが少なかったな。焚火は、そういえば今年初となる。ナニがどうというワケでもないが、やはり定期的にやらないと健康に悪い(w

P1000896_800.jpg

すでにビール(もどき)500mlとチューハイ2本をカラにした。あとはマルキルのスイングトップに詰めてある「二階堂」750mlが生命線だ。古い相棒「グランテトラ」には浄水が入っているだけだ。今回、飲食関連は半分、レトロ系グッズで固めている。

P1000903_800.jpg

そうして21時すぎ、やっぱりハラが減ってきた。ワタシの紀文「おでんセット」398円プラス単品ウインナ巻198円をホットンのビリーポットに投入。豪快に焚火おでんだ。いやその。コレがやりたかったんだ。

P1000905_800.jpg

もちろんシメの讃岐うどんも投入。ぎんなん氏ときれいに喰いきる。なま氏は、はやばやとすでに寝ちまっていたんだっけ。どんだけ(w このころ、吹き荒れた風もようやく収まった。

P1000910_1024.jpg

ワタシはいつもどおり焚火イジリがやめられず、0時過ぎまでひとりで遊ぶ。どんだけ(w 7月に買った「FX35」で初めて焚火を撮ったのだが、どうしてオキの色は「Y」がヌケているのだろう?

P1000913_800.jpg

8時過ぎに遅い目覚めだ。窓を開けたら、ドピーカン。

P1000915_800.jpg

ナゼか相当な二日酔い(汁 朝メシはコーヒーのみ。

P1000916_1024.jpg

デッパツは11時前、だったかな。いやもう、野宿で焚火で仲間とサケは、やっぱり楽しいもんだ。
また来年、やりましょう。

アウトドア体験記CM:4
<< 脊髄反射の夜ホーム全記事一覧ときめきの出合い >>

コメント

なるほど・・野宿ですね!
こうした場所にあのストーブは似合いますね♪
ユウ #2DdjN05.|2008/12/10(水) 15:50 [ 編集 ]

ユウさん、コメントありがとうございます。

ええ。こんなコトが好きなんです。たはは。
次はソロのバックパッキングで、房総の山中に「理想の野宿地」を見つける旅をします。
奥多摩だの奥秩父に負けてらんない、と(w

ユウさんにあのストーブの記事を発信していただいたおかげで、ワタシの遊びのハバが広がるのは、もう素晴らしいことだと思います。
ラード #-|2008/12/10(水) 17:02 [ 編集 ]
イタリアより
ミクシ、テントで山行コミュから来ました。
一枚目の写真を見て、「ああ、こういうキャンプを長いことしていない」と強く胸を打たれました。何というか、実際にはたった一晩だとしても、長い旅の途上にあるかのような写真ですよね。なんだか、今すぐバイクに乗って、近くの川まで泊まりに行きたくなりました。


でも、ちょっと雨が激しいので、今夜はパスします。

亮介 #-|2008/12/13(土) 08:06 [ 編集 ]
イタリア!
>亮介さん
ご訪問とコメント、サンクスです。
ワタシの記事は、ごくマレにですが旅心を持つイケメンの琴線をノックするらしいです。

イタリアの河原。どんなムードか想像もできませんが、なんか情緒あふれてそうですね。

ワタシは「夢」で終わりそうですが、かつてこんな記事を書きました。
http://uemat.blog33.fc2.com/blog-entry-252.html
ヨーロッパにいらっしゃるとは、なんて羨ましい(w
ラード #-|2008/12/13(土) 12:28 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。