ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

源流から岩稜へ 1日目

2009/08/06(木) 23:34:53

P1020242_20090806210437.jpg

金曜日、オフィスを速攻で辞して19時すぎに帰宅。シャワーを浴び、晩メシを喰い、21時に慌しく自宅をデッパツ。さて。夜行7泊8日という久しぶりとなる長旅のスタートです。そのワリにはザックが小さく見える、ような。最終的にはシュラフカバーも加えたから、水ヌキで19kgくらいの目方になりました。

P1020243-1.jpg

千葉から北アルプスに出かけるには、けっこう手間がかかりますね。今回、ラード的には初めての長距離バスに乗るワケ。京葉線からメトロ有楽町線に乗り換え、池袋駅へ。しかし池袋が近づくにつれて地下鉄車内は徐々にブタ混み化。股に挟んだザックにしなだれかかる立ちんぼの乗客。いきなり昔の中央本線のアリサマを思い出せるシチュエーションです(w というワケで、23時発の富山駅行き西武バス、7,340円。コレが安いアプローチ費用かといえば微妙ですが、寝てる間に富山くんだりまで運んでくれるのだから便利の極み。
長距離バスといえば、ワシらの世代は昭和のスキー・バス「サミーツアー」の劣悪な車内環境ってのが、悪しき思い出(汁 ヒーターがガンガンで暑くってね、寝るどころじゃナカッタもんでした。

さて、23時を少し過ぎて発車した現代のバスはゴージャスだった。なんと3列シートのデラックス・カーだったのです。ふむ。その仕様は同時に3台デッパツするうち、最初の1台のみだと思っていたワケですが、まあその。ラッキー。ワタシは中央列の後ろ寄りという席ですが、通路が両脇にある。つまり3列が均等に配置されているワケ。全25席くらいで、もちろんトイレも半地下に設置してある。リクライニングと足置きはヒコーキのビジネスクラス並みに平たく展開するし、コンビニで買ってきた缶チューハイをグビグビやりつつ、こりゃあサイコーなアプローチじゃないか、そうほくそ笑むワタシでした。

P1020244-1.jpg

【7月25日】
5:30、富山駅前着。とりあえず晴れている。ココでバスを富山地鉄の「折立」行きに乗り換えます。朝イチの駅前をチンチン電車がゆっくり通り過ぎる。イイねえ。

P1020245-1.jpg

折立行きのバスには、登山者のみ15名くらいが乗車しました。6:15発車、3,400円。空いている。ちなみに高速バスは満員でしたが、山のカッコをしていたのは3号車ではワシのみ。帰省と商用の客がほとんど、そんなムードでした。それにしてもこの折立行き運転手兼ガイドのオッサンが異常に明るいヒトで、車掌がまんまヤング・ギャルだし、楽しいひとときでした。

P1020246.jpg

薬師岳や雲ノ平エリアの登山基地「折立」には、8:00着。晴れている。水を2,5㍑ほど入れ、装備をあらため、8:30にデッパツ。せっかく書いてきた自前の登山届は提出し忘れました(汁

P1020251.jpg

登り始めは、林間のそれほど急傾斜ではない土の道。クネクネと標高を上げていきます。

P1020253.jpg

徐々にお天気が「いくない…」傾向へ。関東甲信越だけが梅雨明け(その後に戻り梅雨状態でしたが)して、それ以外は日本全国のお天気が荒れ模様という、異常な7月後半のスタートです。

P1020256.jpg

「三角点」を過ぎると、軽く雨が落ちてきました。ニッコウキスゲが色鮮やか。

P1020262.jpg

スタート地点の有峰湖方面を見下ろす。登山道は良く整備されています。というか木道の代わりの人造岩畳道がエンエンと続く、というか。そうでもしないと掘れまくって塹壕のようなルートになっちまうワケでしょうね。昨夏に歩いたイイデみたいに。木道にせよこの岩畳にせよ、これらを敷設する労力にはホント頭が下がります。

P1020267.jpg

バスは立派でも快眠できたのは2時間程度だったワタシ、わりとヨレヨレしながら太郎平の小屋に到着。この付近では完全な雨模様です。ココから1kmほど離れたテン場へと向かいます。
ちなみにこの「テン場」というコトバですが、いまの今まで使うのに抵抗感があったワタシ、だった。というのも、現役のころには一般的ではない単語だったんですよ、おそらくね。まあその。当時のワシらは「天幕」を「幕営地」に張る、でしたからネ。何時代じゃ(w 「サイト」とも呼んていましたが、ま、今では「テン場」と言わないと小屋の兄ちゃんともマットーなコミュニケーションが取れなさそうだから、ようやく使うようになったオッサンでした。

P1020269.jpg

13:00、太郎平「テン場」着。ゆるやかな薬師岳への尾根のコル部分にあります。1980年夏に一夜を過ごしているんですが、何ひとつ思い出せず。さておき、今回の山旅では昼ごろに行動を終えるようにスケジューリングを考えました。そんな一所懸命に歩けるもんかっての(w 午後からサイトでダーラダラだぜ。
そんな目線でこのテン場を見ると、一等地には学生のデカいテントが2張。すでに歌とか出ていてキケンなので、ボサが風をやさしく防いでくれそうなこのフラット・スペースに決定。しかし何で山でテントだと歌を唄いたくなるんだ、キミたち。え。いやワシはそんな状態にならぬように、MP3ウォークマンを持ちこんだワケですが、何か(w

P1020271.jpg

他にスペースはナンボでもあるってのに、千葉MTK高(モンベルのチーム・オリジナルTシャツを着てるから分っちゃった。松井の出身校とはカンケーないハズ)(「登魂」だってヨw)の登山部(?)の3名がナニ考えてんのか、真後ろに(汁 とくに顧問のセンセがモーレツに偉ぶっていてガミガミと始終コドモたちに指示を出す。いまの若い生徒は耐えられるんだろーか。後期(知ってっか? 今は高校も2学期制なんだぜ)がスタートする前に退部届でも出しちゃうんじゃなかろうか。それにしても五月蠅い。

P1020273.jpg

濡れモノを乾かす間もなくドシャ降りとなり、ソレが続きました。遠くで雷鳴がゴロゴロ。そして晩メシを作っています。胡麻味噌タンタンぶっかけごはん(袋喰い)、サラダにスープ、そして肉代わりのカルパスをつまんでいる。美味いんだ、コレが。
その後、寝る前のオシッコ兼張り綱チェックでもと、外に出たら豪雨でキャンプ用長ズボンがビショビショに濡れて即死(汁 そのままでは決して乾かぬ重量2倍の「お荷物」となり果てました。だもんで、シュラフには下半身はツンパ一丁で。サイトは全6張で、夜半は少し冷えたかな。サイトは砂地で浸水などは無く、その点では快適。就寝は18時前、しかし一晩ぶっ続けで雨が降り続くからイマイチ安眠できず、でした。

バックパッキングCM:10
<< 源流から岩稜へ 2日目ホーム全記事一覧山上で暮らしてきた。 >>

コメント

こんにちは。
とてもいい山行だった様子、雨風は仕方ないですよね。
折立から太郎への道、懐かしいです。
テン場の話・・・仕方ないですよ今は。
自分もしばらく慣れなかったですもん。
あぁ、オヤジは辛いですね。
茶柱 #-|2009/08/07(金) 11:11 [ 編集 ]

>茶柱さん
こんにちは。

ともかく、北アルプスとか、こんな長い山旅が久しぶりですから、見聞きするコトすべてが新鮮でした。
まったく昔の体験を思い出せなかったから、尚のこと(w

単独で生活していると、こんなワシでも人恋しくなっちゃって笑えます。
ラード #-|2009/08/07(金) 14:27 [ 編集 ]
いよいよ。
レポ、第一弾ありがとうございます!
私は、日頃からまとまった休みが取れないので
この様な長い長い山旅レポ・・ワクワクしちゃいます~楽しませて戴きま~す!
それにしても快適なバスでのアプローチ・・
呑みながら、寝ながら連れてってくれるんですね~素晴らしいですね。
チャイ #-|2009/08/07(金) 17:15 [ 編集 ]

>チャイさん
ハイ、がんばります~。

バス、その昔と比較するのもアホらしいくらいですよ。
昔は発車2時間くらい前に新宿駅のアルプス広場に行って場所取りして、23:30発中央本線の急行はボックス席にキッチリ4人掛けで寝られなくて。天国、です(w 
帰りも上高地から新宿まで直行の3列シート・バス。メイン・イベント前後のユーウツからトラブル・フリーってのは、ホントにグッジョブでした。
ラード #-|2009/08/07(金) 19:37 [ 編集 ]

レポキター!

最近のバスは確かに良くなりましたけど、ヤパリいまいち熟睡できないんですよねー
神経の太さは生命力の太さ=若さ、なのかも。。。クスン
いのうえ #-|2009/08/07(金) 21:28 [ 編集 ]

>いのうえさん

なんなんでしょうかネ、昔と比べて感度が低くなっているハズなのに、やっぱり昂っちゃって。
泰然としたジジイを目指したい、そんなワシです(w
ラード #-|2009/08/08(土) 00:10 [ 編集 ]

千葉からは大変ですよね。おまけに、冬、夜行電車で谷川に行こうとしたのですが、なんと夜行電車がなかったことに気付き、急遽車に切り替えて向かいました。

かつて北アへは、仲間とアルプス広場に集合し、夜行電車の通路に新聞敷いてそこに寝たり(笑)

次回、夜行バス使うことにします♪

最近は責任がすべて顧問の肩にかかっちゃうのでガミガミしちゃうのでしょうかね(^^;; ボクの時代は顧問はほとんど何も言わず、全て部員が決定していました。
ユウ #2DdjN05.|2009/08/09(日) 10:03 [ 編集 ]

>ユウさん
かつて混雑した中央本線の「網棚」を、たまに寝台に使っていた鬼畜なワタシです(w
座る場所すらない場合、アレは最高の寝心地でした。
まあ、今は昔で、バス、サイコーですよ。やみつきになりそうです。

センセとはその後、ちょっとありまして…。
続篇に反省しつつ書いていきます。



ラード #-|2009/08/09(日) 11:59 [ 編集 ]

ラードさんこんにちは。
先日のへそ祭りではどーもでした!隣に座っていた64です。
この千葉の登魂Tシャツにはワタシも7月のヤツの行者小屋テント場で遭遇しましたよー!
ジャガイモの切り方からゴミの捨て方まで、行動の全てにガミガミ指示していてラードさん同様に、学生は耐えられないんじゃねーの?と思いましたよ。
ムム、センセとその後ちょっとあったのですか?...楽しみにこの先のエントリを読ませて頂きます~。
しかしなんたる長旅か!うらやましい。
64 #-|2009/08/16(日) 01:32 [ 編集 ]

>64さん
おはよう!

きゃつらに遭遇しましたか。世間は狭いですね。
というか、コモン君がキャラ立ち「しすぎ」という説を支持(w

すでにその「一件」は、カキコしました。
注意してご覧いただくと、見えてきます。

ラード #-|2009/08/16(日) 10:38 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。