ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

雨でも特攻! 晩秋キャンプの週末

2009/11/16(月) 08:30:09

forecast.jpg

いいかげん腐ってもくる。とくに自分がゴーツクな雨オトコだという自覚はない(いやホント)ものの、フシギとアウトドア遊びをしようとするとナゼかお天気が大荒れになるからだ。ナゼだ(w 9月と10月には「北八ツ」で焚火野宿でもと企画したが、ついに出かけられず(汁 その上で、その前後の週末は絶好のアウトドア日和だったりしやがるワケです。どんだけ。サバゲでは今年はココまで悪い巡り合わせでもナイから、うーむ。どうにも今年は山との相性がアレなんです。

で、そんなワシを見かねた「なま」氏がキャンプに行くべえと珍しく自分から企画を申しでてきた。おお。そいつはウェルカムだ。
そうして、昨年から覗いてみたいと機会をうかがっていたこのナゾの店を訪ねて、それから近くの無料キャンプ場で焚火を燃やしまくろう、そんなプランになった。

ところが、である。週間予報を見ると、またぞろ土曜のお天気がイマイチときた。さすがオレ(w さらには「雨でも行くんだもんね」とワシが不退転の宣言をした途端、降水確率は土曜が80%にハネ上がり、ごらんのごとき極悪なる気圧配置を天はセッティングしてきた、という。いやその。どんだけ。





P1030168.jpg

まあ、クルマで行くオートキャンプだから装備はナンボでも持ちこめる。死んでも焚火!と意気込むワタシ、5年ぶりにコールマンのデカいファミキャン用タープ「ヘキサM」を引っぱりだした。
そして部分的にドシャ降りとなる東北道を快調にドライブ。こんなとき、しっくりくるBGMは「Craving Explorer」で落としたコレでした。シリア・ポールのウィスパー・ボイス、たまらんのう。「ぽっぽー」。オマケに曲は大滝師匠、ストリングス・アレンジが山下達郎。グッジョブです。

北上して自宅から2時間半、北関東の有名な別荘ゾーンへ。
ジープを転がしてきた「なま」氏と集合し、目標を探してウロウロと。なんたってショップの所在地は秘匿されていて、唯一「グーグル・マップ」の座標軸のみが場所を知る手がかりなんです。なんつーか、宝島探検の旅みたい。

P1030171.jpg

10時半ごろ、なま氏のガーミンにインストールされた目標にたどり着くも、「ナニか表示があるだろ」と予想していた小さなカンバンひとつ出ていないという徹底ぶり。で、この家でホントに合ってるのか、イマイチ確信が持てずに周囲をウロウロ嗅ぎまわるワシら。怪しい(w

P1030174.jpg

そんなこんなで、そのナゾの店はガレージのような6畳ほどの広さの、しかしながら大人のオモチャ箱と呼びたい空間だった。あるいは栃木の秘宝館でもイイ(w もちろんエロい意味で。バックパッキング好きには、だ。しこたま「ハァハァ」できることを当ブログ読者諸兄に請け合おう。部屋の四周はこんなムードで、UL系グッズがみっちりディスプレイされている。

P1030172.jpg

店主にコーヒーをごちそうになりつつアレコレとハナシもはずみ、店では1時間半ほど長居をしてしまった。じつに居心地がよろしいもんでネ。夕日評論家・油井昌由樹の若かりしころに似ているゴマ塩のアゴヒゲとチョンマゲ、アークテリクスのフリースが似合う現役クリエイターである店主は、平成の初頭にこの地へ移住し、今もウィークデイはココから東京へ長距離通勤されているとの由。だから週末のみ開店するマボロシ系ショップ、そんなワケです。

画像は、店主が奄美大島でゲットした戦利品。むかし昔の東芝製エレキと、これも東芝の昔のロゴマークがマブい電池式ランタンで、なんでも島の電器店でフツーに昔の値段で売られていたデッドストックだという。ワタシがこのランタンを欲しがれば、その場でお値段を決めてくれたコトでしょう。このあたりは店主の趣味的なアウトドア骨董屋というオモムキもある。

P1030176.jpg

なま氏がハマりつつあるグッズ、「先割れスプーン」については面白いエピソードがあった。氏が気にいった一品モノのプラスチック系スプーンを購入しようとしたら、店主が「いやソレはまだ使ってないから売りたくないんです」とのたまう。棚に並べてあるのにねえ、なーんてプチ悔しがる「なま」氏(w すると「他にもこんなのがあります」と、ブキ類をドサドサ取り出して見せる店主。まあその。リアクションに味があるんだ。

P1030175.jpg

着道楽な余地が無いワシらだからピンとこなかったが、店主が気合をこめてセールスしてきたのがコチラ、アークテリクス製のゴアテックス・ジャケットだ。5万で買ったモノだけど2万円でイイよと。仕立てを熱心にチェックしていた「なま」氏が曰く「やはり造りは素晴らしい」と。
店主からは「ブログで紹介してね」と言われました。サイズは「L」。早いもの勝ち。ただしショップは通販不可で現金決済のみだから注意されたし。ラード的にはその右に置いてある赤いザック、「ミステリーランチ・G5000」が気になった。なんたってコレ、上代なんと12万円なんだもん。完全ハンドメイド製だとしてもナイロン素材のバックパックでこの価格設定、いったい何が詰まっているというのか。

P1030177.jpg

売りモノには基本的に値札が貼られておらず、価格は店主に確認する。シルナイロンですら古い素材になったという超ULな生地(cuben-fiberとか、他にもアレコレ見せてくれた)で造られたシェルターとかキルトなどは、コンサバな「元」山ヤのワタシには縁遠いグッズだから、このショップで具体的に検討できる(現金で買えるモノですねw)ブツといえば、水筒くらいしかないワケで。

そういえば、コレ、かつての記事で気になっていたモノだ。ピッケルの十字架デザインがイカシてるポリカーボネイトのボトルで、じつはナルゲン製ではない。何やら寄付金が上乗せされた限定グッズとのこと。ナルゲンの黒キャップをオマケに付けてもらって、2千円也。「日本には、ワタシ用のヤツとコレの2本しか存在しないハズ」と店主がつぶやいて、即決。男のコはレアモノに弱いと決まってるんだ(w

P1030181.jpg

なま氏はブログで紹介されたばかりの新アイテム、チタン製「クリックスタンド」をキヨミズった。

帰りがけに、自宅の暖房用のマキを少し分けていただいた。ありがとうございます。ワシらは焚火をやりたくて遊びにきているだけなのだが、冬場の生活に欠かせないストーブの燃料を薪割りで用意しなくてはならん(薪はタダで手に入れられるとのコトだが、薪割りという作業が重労働の極み)という、こういう場所で生活するには相当の覚悟が要るんだなあ。

P1030186.jpg

ようやく雨があがった。近くにあるアウトレット・モールへ寄り道する。ふたりとも初めて入る「フレッシュネス・バーガー」でランチ。いや、ちょっとハラが減るとイライラするという、わかりやすいバカのワタシはメニュー内でもっともストロングな「クラシックWWバーガー」、740円也を勇躍チョイス。ウスラでかいが、けっこう美味かった。
ところがこのハンバーガーのオカゲで、ココからキャンプ場へと向かう道中ではヒドい目に遭うワケです。というのも前日からゲリ気味だったワタシ、間もなくナイーブでセンシティブなわが腸が反応して「ハライタ」状態に突入した。ありていに述べるとクソをチビリそうになっちまった(汁 ポーチに入れていた下痢止め薬「ストッパ」のオカゲで何とかコト無きを得たが、けっこう危なかった。恐るべし、ダブルチーズバーガー。

P1030189.jpg

マキとか食材を買い出しながら、予定どおり16時前に「宮原」へ到着。ココは仲間うちで人気の無料キャンプ場なのだ。ワタシは初張り。降水確率80%なんつー予報だったから、いつもはヒト気が絶えないという人気スポットと聞くが、この晩にキャンプしていたのはワシらのみ。結果オーライです。
キャンプ場は那珂川に面している。じつは午前中に訪ねたナゾの店も同じ那珂川の上流部にあった。そしてソコから数10㌔離れた中流域で一夜の夢を結ぶ、という。ちょっとロマンチックかもな(w

P1030194.jpg

日暮れどきには、少し夕焼けた。雨よけタープは張らなくてもイケるだろう。キモチ悪いほどに暖かく、そして無風。

P1030196.jpg

16:40、さあ。始めようか。

P1030199.jpg

今晩はふたりとも焼き物メインで攻める予定。キックオフは「なま」氏がストームクッカーでこさえた腸詰です。見切り品だったコイツはイマイチ固かったな。

P1030201-1.jpg

装備の重量制限なんか無いから笑って持ち込んだコールマンの焚火台に一発着火。やっぱり焚火、だよなあ。久しぶりでワクワクするのだが、暖を取るというムードではない。11月半ばってのに長袖シャツ1枚で平気なんだもんヨ。

P1030207.jpg

なま氏が持ってきた白ワイン「マドンナ」(若いころ流行った。懐かしいナ)とか1瓶8せんえん也という無駄に高級なスコッチ「タリスカー18年」をありがたくいただきつつ、キムチ鍋をつまむ。うまいうまい。え。いや、生(き)でやるスコッチは飲みにくいもんです。蹴りが強いからね。

P1030208.jpg

ワタシは100スキで鳥ナンコツを、黒コショーとクレイジーソルトをビシバシまぶしつつ製作。ワタシ好みの酒のつまみなのだ。

P1030211.jpg

キムチ鍋のスープにウドンを投入。エビさんが華やかです。

P1030212.jpg

100スキでホルモン焼き。コイツもなかなか。

P1030215.jpg

ガンガン喰って飲みまくっているワケだが、「まだ19時すぎ、ですよ?」。おおっと、夜は長い。

P1030217.jpg

シメには100スキで超じっくり焼き上げた厚揚げを喰う。しょうゆ味。外はパリパリ、中はジューシーと美味く仕上がった。

P1030220.jpg

厚揚げの2ラウンド目を製作中。100スキで焼きものをするのも久しぶり、今年初めてというワタシなんだが、やっぱりコイツは最小サイズの魔法の鉄ナベだわ。グッジョブ。

P1030222.jpg

宴もたけなわ。さすがに少し冷えてはきたが、それでも長袖シャツとフリースジャケットの2枚で十分だ。22時あたりから風も吹かない周囲には濃いガスが立ちこめてきた。川霧だろうか。
なま氏と長時間おハナシしていてもネタ切れにならないのがフシギ、ではある。しかし最後はワタシのこの夏の山旅ネタでドシャメシャな会話に。氏は毎日が雨模様だったあのレポを読んで快哉を叫んだと言うのだ。「また雨。次も雨。メシウマ状態。ザマーミロと」。ここな極悪人めが(w いやその。自分では雨オトコとは決して思ってないのdeathとかナントカ伝えたら、「んなワケないっ」と大ハシャギ。くくく(汁

そんなこんなの楽しい夜は過ぎ、なま氏は23時、ワタシは「二階堂ソーダ割り梅入り」を飲みながら粘って0時に就寝。シュラフは2枚重ね仕様を予定していたのだが、暖かいから「#3」のみ、靴下も脱いで安眠できた。

P1030225.jpg

翌朝、ワタシは7時半に起床。引き続きガスっている。

P1030229.jpg

これではテントがなかなか渇かないのう。

P1030231.jpg

横を流れる那珂川では、産卵期で遡上してくるサケ漁をしているらしい。釣り人とクルマが多数。オマケにけっこうな頻度で釣上げている様子。それにしてもココがド田舎という場所でもないのに、ワイルドなムードではないか。

P1030233.jpg

なま氏からコーヒーをいただく。カップはベルモント製ダブルウォールの湯呑み、300cc。いやその。スノピの450カップを愛用してきたのだが、アレは容量が大きいもんで、ついつい飲みすぎちまうワケです。ただしコイツはスノピの「ほとんど汗をかかない」優秀さと比べて少し性能で劣る。安かったから、まあイイけどね。そして朝からまた、ベラベラと映画のハナシなどで盛りあがる。

P1030237.jpg

ついに空は晴れあがった。そしてじつに暑い。シャツ1枚で汗ばむくらいのバカ陽気なんです。10時半、デッパツ。ワタシは下道を西へと向かい、宇都宮から東北道へ。正午過ぎだからソコソコ空いている高速を部分的に「ぬおわ」くらいで流し、14時に帰宅。走行距離はキッカリ500Kmでした。

楽しかった。またやりましょう。

アウトドア体験記CM:10
<< ラーメン「うるとら」ホーム全記事一覧クルマの回顧と不毛 >>

コメント
おお!
あのお店、行かれたのですね。いいですよねー、ご店主のお人柄も。キャンプ地、パラグライダーは見えましたか?
ししたろ #0MXaS1o.|2009/11/16(月) 15:27 [ 編集 ]

>ししたろさん
こんにちは。

ええ。サイコーでした。ししたろさんも、ちょうど1年前に行かれてましたよね。
なんかオトギ話のような店が現実に、そんなムードで。

宮原はパラグライダーがいるんですか。
土曜日が悪天で、日曜も早朝はガスっていたので、どうなんですかネ。

ところで、厚揚げ喰ってるワタシが持ってるのは、ししたろさんのショップで買った「ベルモント」のステン・ロッキー。
こういうキャンプでは欠かせない相棒です。
ラード #-|2009/11/16(月) 17:49 [ 編集 ]
お疲れさまでございました。
天気が持ったのはわたしのせいです。サバゲの時もわたしが居たから晴れた。今年は晴れ男だったようです。w

いやだってソーダ割りは無いでしょう。>タリスカー
なま #8gfOIHpU|2009/11/16(月) 20:47 [ 編集 ]

>なまさん

乙でした。
ユーは晴れ男。認めよう、それは。悔しいけど(w

まあその。18年じゃなくてイイですから。次はもう少しサラサラ飲みやすいサケ、プリーズ。

では、次は房総あたりで、冬晴れの山に野宿で。
ラード #-|2009/11/16(月) 21:35 [ 編集 ]
あわわ!
あのお店に行かれたんですね。
でも山ヤなラードさん的にはULというよりやっぱG5000でしょう。

何時の日か見せてくださいよ。
nut's #bhhZubZs|2009/11/16(月) 23:41 [ 編集 ]

>nut'sさん
アソコはホント、摩訶不思議で楽しい店ですよ。
なんとも幸せな気分になれます。
ぜひ一度、逝ってみるべし。

で、なんですって。G5000? ムリムリ(w
それにしても、素材がナイロン系なのに12まんえんもボッタくるザックって、だってたかがザックじゃないですか、いったいドコが画期的なのか。そいつは知りたいところです。
いやその。いったん背負ってみちゃうとビシバシとイニシエーションを受けそうで、それはおっかないッス(汁
ラード #-|2009/11/17(火) 01:14 [ 編集 ]

   お~、今だ雨男パワー全開ですね~、おそろしや(笑)。
 それにしてもなんかあやしいお店ですね~、でもなんかビックリするような掘り出し物がありそうで興味津々であります。
 那珂川もその辺まで行けば河原の無料キャンプ場がありますね。もっと近場に焚き火OKの場所があると良いんですけどね~。
 

 
 
 
IK #-|2009/11/17(火) 06:45 [ 編集 ]

>IKさん
今年はツキが無いとあきらめております(汁

お店、IKさんもハマると思うよ。山行スタイルにマッチするモノが多いです。
たとえば、いくつも吊るされている米国ガレージメーカーのULザックに「ケストレル」からスイッチするだけで、1000gも軽くなるハズです。
ラード #-|2009/11/17(火) 10:40 [ 編集 ]

なかなか興味そそられるショップですね!

たぶん、同じ時期にカヌー仲間が那珂川でサケの遡上を眺めるカヌーツアーを二週にわたって開催していたので、たぶんラードさんのテリトリーでニアミスしていたかもですね。

清流キャンプ、翌日の晴れわたった空が、実に気持ちいいです!
ユウ #2DdjN05.|2009/11/25(水) 11:45 [ 編集 ]

>ユウさん
あの店は一見の価値アリ、です。
なにか買わないと辞去できない鴨、なんつー畏れは、意外や安価な小物(レアなナルゲンとか食まわりグッズとか)も充実しているから無問題。なにより店主のウンチクが楽しいです。

キャンプ場の横には、サケ釣りのヒトはたくさんいましたね。ナニ釣りと言ったか、針だけ投げ入れてゴボウ抜きみたいな釣りかたをするんだそうです。

ラード #-|2009/11/25(水) 13:09 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。