ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ラーメン「うるとら」

2009/11/22(日) 23:51:10

P1030256.jpg

※とりあえず記事は名称オープン系で書いていきます。
不都合があればお知らせ願います。

※この記事をうpした直後、ウェブ魚拓にコレを貼りつけたカタワがいる。で、ドコだかのサイトに添付されてもいる模様。そしてソコからトンでくるヤツは気づく範囲でアク禁措置にしております。ま、だからナンダではあるが、ともかく気に入らんのだ(w

真冬のような寒い雨降りの今日、クルマで千葉の中央に出かけた。目的は、ラーメンだ。あの雷神氏がついに「自分のメニュー」を提供し始めたと、遅まきながら知ったからです。

千葉新町にあるラーメン屋に9月から氏が店長として勤務するコトは知っていたのだが、それがドコか調べるまでには至っていなかった。昨日、そのへんが急に気になっちまったのです。そこで、わがネット・リテラシーを動員してチェック。千葉新町とは「そごう」があるあたりだと地図で見て分かった。その町にラーメン店は3つのみ。「2ちゃん」ラーメン板の市原スレ・千葉スレ・ちばからスレを加味しつつ検索していくと、即判明。その名は「和とら(かずとら)」。
決定打はこのサイトで、ご本人の顔が「うp」されていますナ(w ちなみにこの筆者はオートキャンプ業界では著名人だ。とはいえワタシには何ひとつ参考になる記事は無いHPだがね。ほかにはこんな記事も。コレは店主・雷神氏が「正しい内容」だとコメントしたもの。
つまり、「うるとら」という雷神氏の創作メニューを先月から新たに加えたコトを知ったワケ。それは今すぐ喰いに行かねば、なのである。

「そごう」前の交通マヒみたいな大渋滞に苦労させられたものの、14時すぎに入店。「いらっしゃい!」とパワフル・ボイスが懐かしい。「オススメは?」「もちろん、うるとら!」。

P1030255.jpg

「並」で750円という価格、ワタシは適正だと思うが、このメニューが「二郎」インスパイア系なのだからキモチ高価いという声もある。でもそんなの、毎日ラーメンを喰うよーなジャンキーのコメントだから説得力がイマイチだったりする(w
いつだったか、あるラーメンマニヤの食道楽のコメントをドコだかで読んでハゲしく納得したコトがある。ラーメンという商品、コレだけアリとあらゆるヒトたちが汗みずたらしながら創造と工夫を凝らして、その結実がたかだか800円程度で味わえる、これは日本人として無上のヨロコビではあるまいか、というもの。ええ。名言といえよう。

P1030257.jpg

約5分で出てきたのがコチラ。うむ、美味そう。いわゆる「デフォルト」で注文したワケだが、どう考えてもチャーシュー2枚と煮タマゴをサービスしてくれている。ごっつぁんでアリマス。それにしてもこのストロングなボリューム、お分かりだろうか。一瞬、喰いきれるかと不安になったもんね(w

雷神氏が説明してくれた。極太の麺は自家製麺、見てくれとスープは氏がかつて勤めていた「ちばから」の「二郎」リスペクト系なのだが、そこに魚だしの香りが加えられていて新鮮だ。いやその。味を繊細に解析できるベロなんざ持っちゃいないワタシだが、「美味いよ!これ」。ネット情報にある「うるとら」評では魚だしの件が触れられていないから、最新バージョンらしい。そうして店主いわく「徐々に仕上がってきた」「きょうのは良くできてる」とのこと。ラード的には長く余韻にひたれる味のスープだった。

P1030258.jpg

そのスープは猫舌のワシでもズビズビすすれる熱さなのだが、これは製作者のねらいがあるのだろう。チャーシューは味が染みこんでいて、ワシ好み。ボリュームある野菜には味付けしておらず、その分、スープを濃いめにしてあるらしい。途中からニンニクを少量投入。最後は満腹になってきてシンドかったが、ガッツでドンブリの底まで見せました。
日曜日とはいえ入店したのは14時で、「一段落しました」という狭い店内には先客が10名ほどいたし、その後もコンスタントに来客が続いたから繁盛しているんですナ。グッジョブ。
二郎」カテゴリーのラーメンを喰ったコトがないヒトにはイマイチ想像がつかないだろうが、これ、とにかくインパクトみなぎる味およびボリュームであって、ヤングなころならイザ知らず、50がらみのジジイには週イチですら厳しいものなのだ(汁 しかし熱心なマニヤは異常に多かったりする。
ちなみに店の営業時間は11時から23時まで。そして雷神氏の出勤が9時で退勤時間は1時だという。毎日16時間、ほぼ立ちっぱなしってワケか。いやしかしラーメン屋ってば、意志が要るなあ。

なんでも氏はこの店を任されて早々、社長ら幹部陣に自分の創作したラーメン、名付けて「うるとら」をメニュー入りさせるべくプレゼンし、そしてOKをゲットしたという。氏の「夢」が奈辺にあるか良くは知らぬワタシだが、その第一歩を実現したコトは、もう十分に理解できる。客として通いつめた「ちばから」に脱サラして入門した修行時代、わが家の最寄り駅前にあるラーメン屋(美味くもマズくもない、っつー)にタマタマ入ったワタシが店員をやってる氏とバッタリ遭遇事件、なんてのもあったっけ。
それでも何でも、雇われ店主に収まったとか、そんなレベルなら表敬しませんよ、ワシ。新たな味を創作して、ソレがなんと「ちばから」インスパイア系(よく考えたら、この表現はおかしいナ。「二郎」のインスパイアですね)だったという「志」を知ったから、一も二もなく駆け付けたワケなのだ。ココをキッチリとリスペクトする。
また、喰わせてもらいに行こうっと。

きょうの出来事CM:6
<< ウォークマンとソニーのことホーム全記事一覧雨でも特攻! 晩秋キャンプの週末 >>

コメント

こいつは目の毒だ!
いらっしゃい! なんて声まで聞いたことないのに懐かしいです。はい。
亮介 #-|2009/11/25(水) 05:30 [ 編集 ]

>亮介さん
然り。目の毒ですよ(w 
そして美味いんだ、コレが。モロに太りそうですが。

亮介さんもそうですが、新たに地平を切り拓くヒトを素直に尊敬します、ハイ。

記事にはしてないけれど、ユーの訳出本「素数たちの孤独」は8月に読了しています。早川の単行本新刊なんて、久しぶりでした(w 
しかし登場人物がジレッタイ。イタリアーノって、もっと明るく開放的だと思ってました(情報源なんてごく少ないですけど)。これがベストセラーってコトは、国民が主人公たちにシンパシーを感じてるワケですよね。
いや、深い。考えさせられるモノがありました。
ラード #-|2009/11/25(水) 11:57 [ 編集 ]

ご購読ありがとうございます。これでまた日本が10キロほど近づきました(飛行機代と言う意味です。まあ、冗談ですが)。

訳本は気に入ってもらえれば素直に嬉しいですが、おもしろくなかったら、そうおっしゃっていただいても構いませんよ。僕は原作者じゃないですからね。そのくせ、誤訳を指摘されると、三日ほど寝込みます。すでに一ヶ所あるとか、ないとかw

イタリア人って案外、根っこのところは暗いものを持ってます。あと、やっぱり今の忙しい世相の問題・空気感は世界共通なんでしょう(だから村上春樹もイタリアで大人気ですし)。特に子どもたちにはそういうものが端的な形で現れますね。

しかしラーメンうまそうですねえ。。。早く帰らなきゃ、です。
亮介 #-|2009/11/25(水) 17:44 [ 編集 ]

やっぱり、知り合い入魂の「作品」は味わわないと(w
亮介さんの「訳」は読みやすかったですよ。つるっと入っていけました。

でも、原著作風の好き嫌いってのは、ありますね。そういや村上春樹は一冊しか読んでおらず、その「海辺のカフカ」はドコに共感すればイイのか結局わからず、という豆腐アタマのワタシでした。
「素数たち」のふたりのピュアなココロの揺れが、じれったいワケで。しかしイタリアでベストセラーにして映画化というハジケっぷりは、そこが受けているんでしょうし、うーむ。

ラード #-|2009/11/25(水) 20:43 [ 編集 ]

それはもう、感性の合うあわないの世界なんでもう、仕方ないっすね。ぼくは思春期に出会っていたら、よかったなと思いました。

次回帰国時にはこのラーメン食いに行きます。
今不意に思い出したのは、築地市場の横断歩道そばの立ち食いラーメン。市場で働くためのラーメン屋で、何十年も同じ味だとか。あああ、ラーメン。
亮介 #-|2009/11/26(木) 02:00 [ 編集 ]

胸焦がす望郷の味、ですか。
そうなんだろうなあ。

いつかブラリとこの店のドアを開けて「イタリアから喰いにきた」と伝えたら、意気に感じて大盛にしてくれるコトでしょう。すごいよ、きっと(w
さあ。亮介さん、ソレを喰いきれるかッ?
ラード #-|2009/11/26(木) 10:58 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。