ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

年末の焚火野宿

2009/12/29(火) 23:56:01

なま氏と、今年のシメは房総のお山で焚火宴会と決めていた。
ワタシが重い腰をあげる(実際に重いワケですワ)場合、とりあえずそのイベントのテーマを何かしらひねり出して掲げる。そうして「前回とは違うんだ」っつーヘリクツをこねて自己満足するんですが、まあその(w

ドコとは言わぬが「K」山に初めて「なま」氏を案内するワタシ、今回は「炉端でユーミン」というネタを繰り出した。とりあえずワタシのウォークマンには荒井および松任谷あわせて150曲くらいの楽曲をブチこんである。なま氏も彼女には目が無いとかナントカ。ま、そんなジェネレーションですからなあ。OK。それをサカナに焚火端でビシバシ飲みつつオダをあげよーじゃないか、そんな企画を提案したワケです。

P1030324.jpg

で、アウトドアに持っていける最低限のスピーカーを探していたワタシ、ソニー製で102gのコイツを有楽町「ビックカメラ」でチョイス、3,680円也。買って帰ってから気づいたコトですが、この子、単4を2本仕様の電池を入れずとも「オフダイレクト機能」とやらで、まずまずの音量で鳴らせられるのだ。うむ。グッジョブ。

トホホ(汁

ところが、である。今年の夏以降はナニを考えても雨にやられる、という悪しきレッテル野郎のワタシだ(w このイベントを晴天下でヤルってコトにキッチリこだわったワタシは、実施予定日がイマイチのお天気の場合、翌日に順延するとアナウンスした。そうして、さすがにワシである。2日目の朝が60%という降雨予報になった。で、なんのなんのとセセラ笑いつつ順延した初日朝のアメダスが、コレだ。おかしい。夜半に雨雲は抜けるハズであったんだがなァ(汁






P1030368.jpg

12月28日
6:00起床、6:40にシルキー・シックスで自宅発。外は曇り。R16からR297で集合場所の勝浦に向かう。年の瀬ですね。クルマの数も多いムード。途中の牛久でクルマ同士の衝突事故を見た。気の毒に。
8:20、なま氏と合流。とたんに空から馴染みの液体がご挨拶にやってくる。さすが俺(w 予定としては、南房外側の風情あふれるリアス式海岸エリアが初めてという「なま」氏をアチコチご案内するハズ、であったんだが、フツーにドシャ降りだもんでね、なすすべもなく海岸線を南下する。そうして鴨川のマクドを発見し、2度目の朝メシ。そのときにチェックしたのが上の画像のアメダスなのだが、ワシらの今いる、そして進むエリアだけが雨。さすが俺。トホホ。

P1030371.jpg

宴会用の食材とサケを買いだして、時間つぶしの甲斐があったのか、ようやく空は明るくなってきた。登り口分岐の海岸、その防波堤にて昼メシを喰おう。

P1030372.jpg

ワタシは鴨川「ジャスコ」のマグロづくしの寿司、1,080円也。コレ、わが家イチオシのスーパー回転すし「やまと」謹製なのだ。フツーにスーパーで売られているとは、やはり南房。たいそう美味いが、ちょっと多すぎで飽きてしまったよ。

P1030376.jpg

ドコとは言わぬが「HNZ」広場までクルマを乗り入れ、12:40、コースタイム4時間のハイキングに2日がかりで取りかかる。なんか壮大なムードじゃの(w 出だしのルートは降り続いた雨のせいでヌタり気味。

P1030378-1.jpg

しばらく上がると、大好きなマテバシイの林がひろがってくる。初見の「なま」氏も感心していた。3回目にして自分の写真を撮ってもらえました。

P1030384.jpg

林のすぐ横にある「第2TBD」。良い眺めだ。

P1030387-1.jpg

このコースは小粒ながらも見どころが連発する楽しいハイキングができるトコロが素晴らしい。そうして外房エリアってのは、ドライブ・ルートに工夫を凝らすと旅をより充実させられるのが利点と言える。

P1030390.jpg

今晩のステルス予定地まで、間もなく。ライトウェイト・アルパインパック、50㍑のザックで1泊2日なら冬場でもワタシにはちょうどよい容量。なま氏はオスプレー・イーサーの70がパンパンで、さらに入りきらないジャケットや食材をビニール袋で吊るしてる。もしもし。夜逃げですか(w
ワタシは水を計4.5㍑、サケ類と食材が3.5kgくらいで、ザック総重量は19kgくらい。ふたりでウダウダお喋りしながら歩くと、標高を200㍍ほど上げるだけなのだが、ラクだな。ソロだと、こうもいかないもんね。

P1030394.jpg

14:45、このルート上でココだけ奇跡的な平地がある「MHRSD」に到着。

P1030395.jpg

暗くなるまでまだ余裕がある。テントを張る前に、とりあえず乾杯だ。

P1030397.jpg

このハイキング・コースは、太平洋と密につながっている。この野宿ポイントも同様で、海が望めるのがステキ。

P1030404.jpg

さすがにもう、ハイカーはやって来ないだろうとテントを張る。まあその。ルート上だから、やはり気を使うんです。じつはこの画像の先、奥側には以前に来たときから「いやーなカンジ」と思っている一基の便所がある。

P1030406.jpg

それが、コレ。ワタシは「貞子」と呼んでいる(w いかにもアレが這いだしてきそうなムードではないか。ワシはこれ以上、近づきたくもないが、なま氏が何というコトでしょう、扉を開けて内部をチェックしたのです。詳しくは聞かなかった(メシがマズくなるかんね)が、氏が今まで見た中では最強の荒くれ便所だったと。だから、こんな整備も覚束ない場所にこーゆーヤツを作ったらダメなんだ。いったい誰がココで肥を汲むってんだ。

P1030409.jpg

マキを集めてから宴会場をセッティング。さあ、ユーミンをかけようか。

P1030410.jpg

日暮れごろから、風は北から吹きつけるようになった。マキは午前中まで数時間も降り続いた雨のせいで、少しシケっている。右側で光っているのは「なま」氏のランタン、「オービット」。
メガ「プチかまど」はこのGW以来となる出番だ。ホントは10月の北八ツにて、山深い焚火を「なま」氏と行うハズだったのだが、ま、今回はそのリベンジみたいなモンですね。ココは草地だから、用心のためにダイソーのレンジ用油ガードを下敷きとして買ってきた。コイツはグッジョブだった。

P1030415.jpg

あんだけ鮨詰めを喰ったってのに、「はらへった!」(w まあその。2時間も運動したからバチは当たらんか。ツアラーライトのフライパンでウインナーや魚肉ソーセージを焼き、むさぼり喰うワシら。これは「なま」氏がワンタン・スープを製作中のひとコマ。

P1030413.jpg

あれやこれやネタが飛びまくりつつ、なま氏の白ワインなど飲みつつ炉端のヨタ話はエンドレス。いやもう、楽しい。

P1030418.jpg

メインディッシュは、一回やってみたかった「ラーメン鍋」。冷凍生麺用の別売り「醤油とんこつスープ」2ケを味付けにして、セットの野菜パックと雪国まいたけ、鶏肉をブチこんだもの。なかなか美味く仕上げられたとラード的には思うんですが、如何(w

P1030426.jpg

シメには、10月に買ってから喰う機会がなかったマルタイの高級ラインの新種「宮崎」ラーメンを投入。21時を過ぎていたかなあ。いいかげんヨッパらっていたから、キチンと2食分のスープ(おそらく塩味なんだな)を追加でナベに投入したら、なま氏が「しょっぺえ」と大騒ぎ(汁 ま、たしかにショッパかったかな(w 生まれて初めて「マルタイ」の棒ラーメンを食した氏は、こんな美味いモンだったとは、などと感心するコトしきり。ただしその評価は麺だけってのがアレですが。

【追記:2010年1月】
その後、こんなニュースを見た。ふむ。時代がワシら「山ヤ」に追いついてきたのかも、なんちゃって(w

BGMは松田聖子からキャンディーズ、太田裕美などへと展開して、会話もソレに合わせてドシャメシャになっていく(w ダイソー製の炭も「プチかまど」に投入していたが、強い北風はそれ以上に寒く、22時前に「なま」氏が「もうダメ。寒い」とダウン。ワタシは上衣がマイクロフリース+ライトダウン+エクセロフトの3枚、下がタイツ含めて2枚だったのだが、やっぱり風に吹かれりゃ寒い。で、ほぼ同時にテントにもぐりこんだ。

P1030430.jpg

夜半の風は凄かったらしいが、ソレも知らずに気絶するように眠り続けて4時半すぎに目覚める。2度寝を楽しみつつ、5:30に起床。ちょっと寝汗をかいた。スント・コメットを見ると外気は5℃くらい。まあ、南房は温暖だ。
そういや、ULブロガーさんたちは「-20℃の一夜」を過ごしたとかナントカかまびすしいが、そんなの「山ヤ」からしたら笑止。その状態で続けて一週間程度を山上で快適に暮らせて初めて「やるじゃん」と認めて差し上げようか。え。いやいや。ジジイのワシにはもう無理じゃがの(w
朝メシには、ドリップコーヒーと菓子パンを。

P1030437.jpg

なま氏のテントは最近のお気に入りという「アクト」。優れている部分は当然よく分かるが、山で暮らすには、その天井の低さがネックとなるだろうな。今のワタシが考えるベスト山テント・無雪期ソロ仕様は「ホーボーズネスト」。でもまあ、よしんば再販してくれても買う余裕は無いんですがネ。

P1030438.jpg

6:50ころ、東の空が燃えた。ゆっくり撤収を行って7:40、デッパツ。

P1030442.jpg

寒いんだが、歩きはじめると暑くてビミョーなムード。「J社」航空事業部が頂上一帯を陣取るので有名な千葉県最高所のアタゴ山などを望む。ご存じだとは思いますが、日本でもっとも平べったい県「ちば」で最高所とは403㍍ですんで、ソコんとこヨロシク。

P1030444.jpg

ドコとは言わぬが「K」山にスグ到着。ゴリラポッドを使ってニコパチだ。

P1030446.jpg

やはり海と切り離せないハイキングだよナ。うるおいがあって気分ヨシ。

P1030447.jpg

花婿街道上の「MHRSD」にて。再び風が吹く場所。

P1030448.jpg

樹林の中のルートは静かで暖か。下り基調でラクチンだ。
ところが、ここでキッチリご報告しておかねばならんのが、ちょうど1年前に買ったこのザック「LWアルパインパック」の不具合なのだ。どうにもショルダーパッドが硬くて、山行後にしばらく肩の筋肉が張って仕方ない。背負っているときは、まあ快調なんですが。現行モデルの60㍑ではそんな状態にはならんから、やはり廃番になるモノには理由があるってコトだな。ツメが相変わらず甘いの、モンベルめ。

P1030452.jpg

クルマを置いた「HNZ」広場には、9:50着。やっぱりこのコースは楽しかった。暑そうな夏以外は、季節を変えて定点チェックのように訪れたい、そんな気にさせるワタシのお気に入りなのだが、どうやら今回はじめての「なま」氏も同感の様子で何よりです。

P1030456.jpg

鴨川市内のマクドにまたまた入り、昼メシその1を喰う。ダブルチーズバーガーのセットにチーズバーガーを追加。いやその。久しぶりだから美味いんですが何か(w
そうして、昨日午前に案内するハズだった、以前から氏に紹介したかったお気に入りスポット、勝手に「ぼくなつ」と呼んでいる岬と入江を歩く。

P1030462.jpg

この入江はナゼか冷蔵庫の残骸が流れ着いていたりして、荒れていた。

P1030468.jpg

ユウ氏のブログ記事で、こんな風化した場所を岩登りのゲレンデとして活用しているヒトたちがいるコトを知ったんですが、ちょっとチカラを入れるとモゲるホールドとか、えらく怖いなあ。山用ではないデカいU型アンカーが随所に埋められているのを見たが、ココでは落ちられないネ。

P1030469.jpg

13:00、この地をデッパツ。往路と同じルートで、14:50に帰宅した。
さて、これで今年のワタシのショボいアウトドア・ライフは、おしまい。来年は何を企画しようか。最優先課題は、もちろん焚火なんですけどね。どこかの気分よい山で、焚きたいワケだ。そこらへんを引き続き追求していくコトになるのだろう。



バックパッキングCM:2
<< 成長を持続する日記ホーム全記事一覧ウォークマンとソニーのこと >>

コメント

こんなに早く記事をあげるなんて一体全体何事でしょう?
こりゃ今年も雨男確定ですな。w

アクトは確かに微妙な感じです。山登りではつまんないけど普通のドームテントの方が総合的に向いているとわたくしも思います。
なま #GCA3nAmE|2010/01/04(月) 21:02 [ 編集 ]

>なまさん
いやその。早く仕上げれば、ツキモノもオチるかも知れんじゃん。
そう思ってガンバっております(w

そのかわり、年内に上げるハズだったあの記事この記事15件が年越ししてしまった、という。

ラード #-|2010/01/05(火) 00:15 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。