ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

アビイ・ロードとミート・キング

2010/07/06(火) 19:41:36

P1040081.jpg

「ミクシ」から仕入れた滋養あふれるネタをふたつ、ご紹介しよう。
とはいえ毎度ワシのヤル気のNASAから、まーたまた1ケ月あまり、書くべきタイミングが後ズレとなっております。気分は入梅前、そんな爽やかムードでお読み願います♪

まずは、米国のバンド「The Fab Faux」の、この動画をご覧いただきたい。
さて、この動画は18分もあるから、読みながらどうぞ。もちろんこれは「ビートルズ」のアルバム、「アビイ・ロード」の有名なB面メドレーを生イッパツで演る、という試みなんです。

ワタシがこのネタに気づいたのは、6月の初めだった。ミクシの音楽系リンクから、たまたま「ザ・ビートルズ」コミュを覗いたら、この話題が「うまい」「すばらしい」と、ちょうど花盛りだったワケ。
トピックスが立った当初は、このバンドがアマチュアかプロなのかも判然としないという、マニヤ諸氏でも盲点のような存在だったのだが、次第にビートルズのコピー・バンドとしては当代随一だったことが明らかになっていった。ワタシもワクワクしたもんです。
もちろん、そのビートルズ・コミュには即参加させてもらった。かなり活発なレスがいろんな話題で飛び交っている、4万8千名のコミュニティだ。

さて、「The Fab Faux」のこの動画を見て感想をブログ記事にしたヒトは、すでにたくさんいるから、ラード的面白ポイントなどを少々。
どう見てもベーシストが目立っている。カッコいい。このヒトは、ウィル・リー。米国スタジオ・ミュージシャンとしては知られる存在なのだそう。メドレーの終盤では弦楽器と管楽器が必要だよナ、と思ってたら、「ゴールデン・スランバース」でいきなり弦楽隊が登場。ビックリした。部屋の反対側にスタンバっていたのネ。この弦楽隊は「ザ・クリーム・タンジェリン・ストリングス」なんだって(w  分かるぞ。この由来は「ホワイト・アルバム」内のジョージの地味な曲「サボイ・トラッフル」の出だしからだ。いかにもスイーツ大好きってムードのお姉さんたちじゃん。
いろんなヒトが指摘しているように、誰が誰のキャラクターを演じるというようなコピー・バンドの常道ではなく、オリジナル作品の再現(とくに美しいコーラス)を忠実にねらっている、そんなところがワタシにも感銘ぶかい。バンドって楽しそうだな。

ビートルズのキャリア上で最後にリリースされたアルバムは「レット・イット・ビー」だが、あれはヤル気のないセッションの後に放り投げていたテープをフィル・スペクターというプロデューサーが独自の工夫で換骨奪胎した、ような作品。
実質的には、1969年夏という、ちょうど「ウッドストック」という歴史的ライブ・イベントが米国で行われているころに録音された、彼らの最後の作品がこの「アビイ・ロード」であり、ポールが必死にメンバーを取りまとめて紡ぎだした奇跡的な作品(いったい、どうやってまとめたのか)がこのB面メドレーであり、ともかく、そのラスト・ソングが「ジ・エンド」というタイトな小品なのです。
この曲ではリンゴが初めてドラム・ソロを披露したり、3人による気合いビシバシなギター・ソロがフィーチャーされてたり、印象的な歌詞で締めくくられたりと、ワタシは大好きなのだ。

ちなみに、コチラが本家本元によるB面メドレーになります。ワタシがこのアルバムを買ったのは1973年の暮れ、中2のガキだったんですが、ともかく「ゴールデン・スランバース」から始まるドトーのクライマックスに感動した。
近ごろのCDには、昔はマッタク知らされなかったレコーディング時などの豊富な各種情報がライナーノーツに記載されていて、たいへんありがたい。あのアルバム・ジャケットの裏バナシとか、じつに面白い。
そして「ジ・エンド」のギター・ソロは、ジョージ→ポール→ジョンの順に短く各3回、繰り返されるワケだ。ポールからヘタクソと虐げられていた(らしい)ジョージ入魂のソロ、グッジョブでしょう。ナニやらしても上手いポールの才気煥発なプレイも、そしていかにもジョン・レノンなゴリゴリのソロも印象的で、いやその。ホントすばらしい。

ところで「Fab Faux」の「ジ・エンド」は、3名のギター・ソロはキレがイマイチかな。むーん。惜しい。すると再現性においてビートルズ最後のセッションは神がかっていたのかも知れない。
それにしても、以前から述べているように、この60年代後半、とりわけ傑作「アビー・ロード」がリリースされた1969年というメモリアル・イヤーはロック史的にも豊作だった。ジミヘンのウッドストックでのアメリカ国歌、プログレの金字塔である「クリムゾン・キングの宮殿」や、ツェッペリンのセカンド・アルバムとか。社会的に騒然として荒れた時代には、アーティストたちのクリエイティビティも急激に昇華していく、のかも知れない。

さて、「Fab Faux」は、ビートルズ」のコピー・バンドとしては何年も前から有名だった模様。「濃ゆい」コミュ・メンバーたちは、直ちに他の動画の発掘に取りかかった。ナンボでもあるんですね。たとえばコレ、「アイ・アム・ザ・ウォーラス」。弦楽隊があの怪しいストリングス・チューンを弾きまくってるし、テープ・ノイズもキッチリ再現しているのがステキじゃないか。
お次はコレ、「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」。エンディングのアレンジが、なかなかエキサイティングだ。「B面メドレー」でスキンヘッドを晒していたオッサンが、なにやらホメイニ師みたいなカッコしている(w  
彼ら、2003年には「ホワイトアルバム」全曲ぶっつづけナマ演奏(!)をして、大ウケ取ったらしい。もしかしたら、この動画は前曲「バンガロー・ビル」から続けて始まっているから、そのときのモノかも。

解散後のソロもビシバシ演っている。コレはポールの「007」のサントラ曲、「死ぬのは奴らだ」。あのその。撮影者が飛びはねながら撮ってるから、見てるコッチは目が回るじゃんか(w サケ飲んでるのかネ。お客も歌いまくり。えらく楽しいムードです。それにしてもウィル・リー、カッコ良し。いやしかし、来日したら聴きにいくぜ、ワシ。

最後にひとこと。ビートルズがそのほとんどの楽曲を録音した、アルバムのタイトルにまでなったこの「アビーロード・スタジオ」は、今年、大きな動きがあったとのこと。親会社である「EMI」の経営難から、このスタジオを売却するという報道の直後、一転して英国政府の重要文化財に指定され、建物などは保持されていくと決まったようだ。なんかもう、正しく大英帝国史の1頁ってワケなんですね。

P1040084.jpg

それでは、ミクシで仕入れた、もうひとつのネタに行こうか。

冒頭からカップラーメンの画像が貼られてワケわかんないっつーガールズ&ボーイズよ、お待たせしたね(w ジャンクフードなら好き嫌いがマッタク無いというジャンキーなラード的には、もちろんカップラーメンも好物です。

なんたってこの元祖、日清食品の「カップヌードル」が発売後に大評判を取ったのって、ワシが中1のときなのだ。銀座のトレンディ・スポット「ホコテン」で大々的にローンチ・キャンペーンをやっている動画は、じつに興味ぶかい。コレの0:55からだね。
小さなプラ製フォークで食すのがメーカーの推奨だったワケだが、今では理解に苦しむな(w 「ようつべ」ついでに書き加えるとですね、シモンズはこっちの歌のほうが好み。一時代を築いてきた「Nonno」誌は、今秋から、この創刊以来守ってきた月2回刊を放棄して月刊にするのだという。ああ、出版不況よ。

インスタントラーメンという食品群は、しかし「サッポロ一番」とか「チャルメラ」「出前一丁」といった現代ではベーシックな袋麺のラインナップしか存在しなかった時代に、科学を感じるプラスチック容器と、あらかじめ具材がインストールされた中身には、ともかくビックリさせられたモノだった。ま、袋麺の3倍近いっつーお値段にもビックリだったが(汁

誤解なきように述べておくと、ノンフライ麺などを使った袋麺の高級ライン「中華三昧」などは、1980年代に登場したものだし、「チキンラーメン」はこのころはブランド的に死滅していて、ワタシなんか商品を見たコトすら無かったし。すなわち、ガキのころ、インスタントラーメンと言えば「サッポロ一番」のショーユ味かミソ味か、はたまたシオ味の中のどれを喰うか、そんな選択肢しかなかった貧相な時代だったんです。
このあたりのネタは、かつてマルチャンの「ホットワンタン」について「おもひで」と共に記事にしたコトがありますが、そんな時代に燦然と登場したブランニュー「カップラーメン」といえば当然「カップヌードル」であると、強烈なイニシエーションをワタシは施されているワケだ。

昨春、そのロングセラーに事件が起きた。あの摩訶フシギなサイコロ状の肉を、「コロチャー」なる新しい肉へと順次差し替えていく、という。キムタクがそのTVCMをやってたりしたな。それが少なからずショックだった。「カップヌードル」とは、あの肉(正式には「ダイスミンチ」と言うのだそう)とタマゴ、そしてエビでなくてはならんという原理主義的な思い込みがある。あの味とあの具財が「ジ・オリジナル」なのだから。

そのころに、こういったニュースがネット上を飛び交い、ワタシはミクシに「あの肉」のためだけのコミュ(!)があるコトを知ったのです。なんてこった。もちろん即参加(w
その名は「日清カップヌードルの肉(謎肉)」というコミュで、じつは開設されてから5年半も経っている。現在のメンバー数は1,500名余り。そうか、「謎肉」と呼んでいたのかと、なんとはなしにナットク。各トピのタイトルも面白い。「あの肉にまつわる箴言」とか「大変です」とか「まだ残ってる!」とか。

ヲチを続けていると、「カップヌードルBIG」や「ライト」、「スープヌードル」はまだ謎肉だから安心とか、その後ソレすらもコロチャーに汚染されやがった、コロチャーはクソまずいといった、追いつめられた謎肉マニヤたちの怨嗟の叫びがコダマしているのです。

そんな中、6月の初めのこと、希望の光が差し込んだ。「ミートキング」という、何ですかね、えらく下半身直撃的ネーミングのニュー・バージョンが発売されたという新たなトピが立ったんです。なんと、具は「謎肉」、ソレを以前よりデカくして、あまつさえ大量投入。すなわち「ミートキング」(w グッジョブではないか。
ただし期間限定商品らしいのが、タマに傷。喜びまくるコミュ住人たちと同様に、早急にゲットせねばとアセったものだ。その週末の夜、シルキーシックスを飛ばして最寄りの「ドンキ」に向かった。こういったブツってのは、あの店のオハコだからね(w 案の定、床からハコ積みだったのは、さすがドンキ。1ケ、128円でした。

翌土曜は、夕方から「ナイター」のサバゲに出撃する日だった。いや、「デザート・ウニヨン」で朝日が上るまで、約15名という絶対的少人数で闘う夜戦に向かう、その直前。だからメシはナンボ喰ってもダイジョーブという安全日であり、ワタシは余裕で「ミートキング」を試食した。
ふむ。コレだよこの肉。美味いモンです。そしてこの豊作的ボリュームよ。わが世の春よ。ただし、ビミョーに分子構造的にかつてのとは何となく食感が違うみたい。まあ、イイけど。そうして皆が言うように、味が濃い目だから、銀シャリをスープにからめつつ、野郎メシとして喰うのがお似合いだと思う。

気になっていたあるブツが無くなると途端に切なくなっちまう、そして欲しがっちまうというノー・フューチャーな性格を持つワタシの、喰いもんバージョンのハナシでした。あ。どうやらこのミートキング、そろそろ店頭から消えはじめているらしい。コレを読んで「むむっ」と唸ったヤツは、さあ。急いでゲットすべし。

きょうの出来事CM:8
<< あたらしい焚火グッズホーム全記事一覧アルパインパック60 >>

コメント

私も気になっていたんですが、定価に近い価格で売っているところばかりだったので、食べて無かったのですが>ミートキング
先日、アピタで113円で売っているのを見て試しに三つ購入したところ、旨さに気付き、翌々日に十個くらい買い溜めしましたw
今、又残り3つくらいになっているので、又買い溜めして置かないといけないと思う今日この頃です
買い溜めしておくと家族が食べるんですよw
ヨーヘン #zt0ZMSkQ|2010/07/06(火) 20:42 [ 編集 ]

>ヨーヘンさん
お。昔の名前で(w

家族でジャンキーとは、うかうかしてられん、ですね。
ワシも先週末のインドア・サバゲで喰ってきたから、残あと2ケ。

10箱くらい積みあがってたドンキは、翌週末には無くなってたんですよ。
レギュラー・ラインナップにしてほしい、よね~。
ラード #-|2010/07/06(火) 22:15 [ 編集 ]

既に私も食しました、Kingを。

あの謎肉だけをストックして、いつか
チャーハンを作ってみたいと考える私は
不道徳でしょうか?
すわん #SFo5/nok|2010/07/07(水) 00:39 [ 編集 ]

>すわんさん
おお。喰いましたか、アミーゴよ。
前田さんといい、なんか安心できるな(w

謎肉deチャーハン、イイですね。
つーか謎肉コミュ、そんなコトばっかネタになっております。

補充したいけど、さすがにもう在庫は尽きたかしらん。

ラード #-|2010/07/07(水) 01:44 [ 編集 ]
もう解散した後でした。
私がビートルズを一通り聞きまくったのは
中学1年~2年にかけてでした。
もう既にビートルズは解散した後でしたが
何故か嵌っちゃうですよね~
当然、アビイロードも擦り切れるくらい聞きましたが、自分で演奏・・考えたりもしましたが当然挫折しました。
でも、この人達上手ですね~聞き入っちゃいました。教えて戴きありがとうございました。
チャイ #LWB8Ov9k|2010/07/07(水) 17:13 [ 編集 ]

>チャイさん
ワタシが彼らにハマったのも、解散して2年後でしたね。

そして今、約40年ぶりに再びハマってるんですよ(w きょうも「TSUTAYA」で昨年出たデジタル・リマスター・アルバムをさらに4枚、借りてきたんです。てへ。
いやその。これも「ファブ・フォー」のおかげってモンだ。

楽器はワタシも、何もできないのが悲しいです。
アコギは「F」を押さえるのに結局2秒を切れなかったし(w 鍵盤は「ネコふんじゃった」すら弾けないし。

あ。今度、コレが中古で安くなってるから、買ってみようかと画策中。
http://www.youtube.com/watch?v=rorBOzwR3Tc

ほら。ビートルズの後、「EL&P」にハマったワシですから(w
ラード #-|2010/07/07(水) 21:53 [ 編集 ]

お久でございます。
謎肉コミュが有るんですねw
ミートキングは1度しか食べれませんでした、醤油のミートキングが食べたいです。
古美根 #NTJgKIh6|2010/07/30(金) 22:36 [ 編集 ]

>古美根さん
ミクシってのは、ホント、重箱の隅をホジくリまくった隙間ネタが多くて楽しい(w
ラード #-|2010/07/30(金) 23:04 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。