ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

森林限界と花と太陽

2010/08/22(日) 23:30:07

P1040391-1.jpg

南アルプス南部の山々を歩いてきた。

P1040426-1.jpg

高校山岳部の夏合宿で「赤石」をピストンして以来、このエリアは34年ぶりの再訪となる。
いつもながら、そのタイム・スリップ的なギャップ感が楽しい。

P1040435.jpg

申しあげますが、奇跡の連日ドピーカン。笑わずにはおられん。

P1040533.jpg

この1年分を一挙に取り返したのか、はたまたコレで使い果たすのか(汁

P1040588.jpg

今どき、オッサンにとってはえらく好ましい山域でもあった。

P1040672.jpg

すなわちツアー客と外国人と山ガールがいない、ここは「山ヤ」のサンクチュアリと言える。

P1040657.jpg

そして高低差の大きい豪快な峰々は、森林限界の上と下に拡がる絶景を味わわせてくれた。

P1040693.jpg

それにしても笑えぬのは、わが脚力の衰えだ。
初日のバテかたなど、思い出すのもおぞましいレベルだったから。

P1040725.jpg

だから最後の一山をカットするハメになった情けなさよ。
「でもしか」登山は厳に慎むベシ、ですナ。

P1040743.jpg

そんな喜怒哀楽の夏山バックパッキングの記録を、これから記していこう。


バックパッキングCM:8
<< 山について思ったこと 赤石山脈とワタシホーム全記事一覧旭郎山 >>

コメント

 お疲れさまでした。

 う~~ん、雨男返上ですか?再発しないよう祈っております。

 30年ぶりですか、岩のない南ア南部は学生の時はまったく目もくれず山を再開してから初めて行きました。地味~だけど大きいし良い山域ですよね~、ただあの交通の便の悪さとあちこちで大きく崩壊している山肌はなんとかならないのかな~と思っちゃいます。
 レポ待っておりますよ~。  
IK #-|2010/08/23(月) 06:18 [ 編集 ]

>IKさん
いやしかし、ユーの行程2日分を5日で歩くような、そんな低レベルですからね(w

「交通の便の悪さ」は、たしかにありますね。でも34年前なんか、もっとヒドイ。
畑薙第1ダムから椹島まで、あの林道を真夏に徒歩で往復、だったんですから。

連日お天気が良くて、お盆過ぎだってのに高山植物はバシバシ咲き乱れている。
いちいち登り降りが大げさなシンドい山々なのに、なかなか好印象でありマス。

またまた装備とか山メシの記事を含めて、書きつづっていきます。
ラード #-|2010/08/23(月) 11:43 [ 編集 ]

南ア南部、いいですね~!
ここに分けいったのは・・・18歳が最後だから・・・おぉ30年も行ってないですよ。

できることなら、ラードさん(IKさんも)と山オヤジーズでも結成して、こういった聖域を脚力の衰えに涙しながら歩きたいものですww
ユウ #2DdjN05.|2010/08/27(金) 17:53 [ 編集 ]

>ユウさん
あー、30年。同じ「最強レベル」ですナ(w
南ア南部、山そのものはともかく、インフラは劇的に変わってましたよ。もちろん良いほうに。

かたや、わがボデーは最低で、ホキまくった初日、マジで途中ビバークを覚悟したくらいでした。
一緒に歩くなんて、ムリムリでしょう(w 集中登山なら何とか、かなあ。

続篇は、昔バナシから書き起こしています。
ドン引きするかと思いますが、ご期待のほど。
ラード #-|2010/08/27(金) 18:28 [ 編集 ]

ところで・・・上から4枚目の画像ですが、
これは、まさか、一度カメラをセットして
再び引き返して、登り返す?!

だとしたら、ずげいです!
ユウ #2DdjN05.|2010/08/29(日) 14:47 [ 編集 ]

>ユウさん
ご名答ッス(w

このときは、適当な岩を見つけて、ゴリラポッド(ミニ三脚)無しで撮ってます。
セルフタイマーのボタンを押してから10秒間が、勝負。いやその。ドタドタ走ります(w

きょうはお天気もイマイチだから、ヤング時代の南ア「おもひで」記事を書き殴っております。
ラード #-|2010/08/29(日) 15:18 [ 編集 ]

おぉぉ!行かれましたか!
ワタスにとっても聖なる場所へw
お約束したルートの詳細記事...
放ったらかしにしてスミマセン(><)

そいえばラードさん推奨の鳳凰にも行きましたが
こちらも放ったらかし状態。。。
バンガリマフ。いつかそのうちw
いのうえ #-|2010/08/30(月) 12:00 [ 編集 ]

>いのうえさん
てへ。行っちゃいました。「高2の夏」のリベンジを兼ねて。

先にバラしちゃうと、「光射すほう」も予定してましたが、あきらめたんです。
ワンセットで踏めるようなピークでは、ワシにとっては無かったト。いやはや。
レポは、これから書きはじめます。

実際、プランニングしていたとき、いのうえさんの昨年の記事を真剣に読み直しています。
で、思ったコトは、「タイム書いてくれ、タイム(汁」。
なんちゃって。半分ジョーダンです。

行って見てきて思ったコトは、やっぱりいのうえさんはアーティストなんだから、放置民的アーティスティック路線に徹したあのシリーズ記事がドンピシャなんだろうと。ヒトがどんなコースをどんな時間で踏破したかなんざ、「ヤマレコ」でも見とけ、そんなムードです。

で、鳳凰に行かれましたか。レポ、早く(w
それから尾瀬に行って、シブツとか登って、レポを(w
ラード #-|2010/08/30(月) 13:21 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。