ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

さらば、末端あったか症

2010/11/27(土) 23:08:48

P1050111.jpg

自宅最寄りのモンベル・アウトレットショップで「コンパクトトラベルシューズ」を買ってきた。色はチェストナッツ、サイズはL。収納袋つきで、定価3,000円のところ、2,400円。ちなみに現行モデルは値下げされていますね。

いや、アウトドアで使うワケではない。じつは自宅のリビングで履くんです。まさしく今、PCのキーを叩いているダイニングテーブル横のワタシの定位置でね。この1~2年ほど、リビングダイニングのコーナーというこの場所が冬場になると足裏と指先が冷えてガマンできなくなってきたからだ。
まあその。リビングの床暖房システムが15年も暮らしてきて劣化したというコトもあるんでしょうが、それ以上にかつて「末端あったか症」と自負していた、わがボデーの優秀な保温能力が目にみえて衰えたほうが大きいかと。ああっと。コレはご賢察のとおり末端冷え症の対語ですから念のため。

おっと。末端あったか症ってコトバ、これはワタシが現役「山ヤ」時代に思いついた勝手な造語ですから念のため。そういえば今年の始めの記事で思い出ネタとしてコレを出したら、わざわざ「末端あったか症 そんなのない」なんて画期的な検索ワードでググってきた「中2病」がいたっけな。まったく(w 教育して差し上げたいところです。

まあその。かつては極寒の季節にスゲー山行をしていた、なんてコトはなく、せいぜい3月の北アルプスを縦走していたレベルですが、ウールのジャガード手袋とフツーのナイロン製オーバーミトン、足元はゴローの皮革登山靴にウールソックス2枚、ショイナードのオーバーゲイター(オーバーシューズの底部分をぶった切ったスタイル。フツーのナイロン製)くらいで、そんな装備でも凍傷の心配なんて事態には1回も遭遇しなかったのだ。
ラッキーだったんでしょうが、こんな体験をしてもヘーキだったんだから、やっぱり当時ワタシの血のめぐりは良かったに違いない。
だから社会人になったら汗っかきのわが足指はミズムシになっちまうのでは、そう心配したもんだった。幸いなコトに今にいたるまでミズムシに罹ったコトはないけれど。

山岳部の冬場の合宿時には医薬箱に「ヒルドイド」という珍妙なネーミングの軟膏チューブを加えた。コレは塗布すると血管を拡張させて、すなわち凍傷を予防するものなんです。ワタシは実際に使った記憶は無いと思う。
ググったら、このヒルドイドは今フツーに売ってるんだね。そしてこんな用途外な用途でも活用されているとのこと。うむ。善哉(w
そういえば、大昔からある凍傷対策グッズに「唐辛子」があった。そう、あの赤い実を靴のつま先あたりにブチこむんです。コレは1回やってみた。しかし、熱くなりすぎて取りだしてしまった。ヒリヒリしてたまらんかったのだ。保温力のバランスを取るのが少なからず難しいモノだったが、今ではもっと便利な商品がナンボでもあるでしょう。

さて、コンパクトトラベルシューズを履いてみた。スリッポンですね、このカタチといい造りといい。Lサイズは26~28cmと書いてあるが、26.5cmのワタシでジャストサイズだから要注意。
クリマプラス素材だからもちろん暖かい。ソール全面とヒール、つま先部に合成皮革が当ててある。すべりにくさと共に耐久性も良いハズ。ただし親指のハラあたりが縫い目に当たって、そこらへんがイマイチ気になるってのがプチ残念です。

そりゃまあ、50にもなりゃあ身体各部が衰えるだろーよ。仕方ない(汁 でもまあ、こんなモノを使い始めてしまったら死ぬまで冬場は履き続けなくてはならぬってトコロがやっかいではある。やっぱり運動しよっと。
いや。来年から♪

これだけは買わせろCM:6
<< ワタシの「Made in U.S.A catalog」その1(前篇)ホーム全記事一覧マボロシとなる前に >>

コメント

ご無沙汰です。このところ赤子と仕事で山にもご無沙汰な亮介です。
築60年のレンガの家で冬デスクワークをしていると足がめちゃくちゃ冷えるんで、冬は昨年の帰国時に買ったイスカのダウンテントシューズ履きながら仕事してます。ちとこの頃、インドアで使う山道具が増えてきたことに危機感を感じておりますです。はい。実際今も、レーションのはずの干しぶどうをつまんでおります。
亮介 #-|2010/11/28(日) 06:56 [ 編集 ]

>亮介さん
赤ンボは泣くのが仕事、ですからねえ。
しばらくガマンが続きますね。

で、「おウチでアウトドア」化が進行しているワケですね?
ダウンシューズとか、毎日履き倒していると、ヘタリませんか?
「無印良品」なんかには、50×50cmくらいのミニミニ・ホットカーペットが売っているけど、伊国にはあるのかな。
ラード #-|2010/11/28(日) 13:29 [ 編集 ]

ダウンシューズ。仕事椅子がバランスチェアなので足には殆ど体重がかからんのです。歩行時は雪駄に履き替えるという面倒なことしてます。
しばらくは子育てとアウトドア系通販が趣味、という地味なことになりそうです。
でも、近いうちに必ず雪のお山を歩いてきます。絶対。
亮介 #-|2010/11/28(日) 20:51 [ 編集 ]

>亮介さん
おおう。ヴェットーレ北稜でビバーク、ですか。
ステキ。
ラード #-|2010/11/29(月) 00:27 [ 編集 ]

これコンパクトトラベルシューズって言うんだ、初めて知りました。
 これ冬使っています、もちろん自宅で。今シーズンも先週から使い始めました。

 今でも周りに比べると薄着だけど、たしかに寒さに弱くなっていますね。
 昔は冬山のためにって毎日水シャワー浴びていたからなぁ。
IK #-|2010/11/29(月) 05:35 [ 編集 ]

>IKさん
おお。ほとんど同じ耐寒性能、そして考えるコトが一緒(w

手軽でイイですね、コレ。
ウチだけで使うんなら、長持ちしそうだし。
ラード #-|2010/11/29(月) 10:30 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。