ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ワタシの「Made in U.S.A catalog」その1(前篇)

2010/11/28(日) 23:12:23

P1050116-2.jpg


レッド・ウイングの「アイリッシュ・セッター」、モデル名は875
これは、神戸は元町の高架下商店街にあった靴屋で1987年の9月だか10月に購入。なんと23年モノです。カラーは、当時はコレしかなかった「オロラセット」という赤茶色。たしか購入価格は27,800円あたりだった。
もちろん直輸入モノで、サイズはちょっとデカめ。センチでいうと27くらいかな。甲高気味のワタシでも足指あたりに天地の余裕がある。これはインソールを入れてちょうど良くなる。それを見越してデカめのサイズにしたのかも知れない。今では覚えていないけれど。登山用の厚手のソックスを2枚ばきしてもOKだろう。

「トラクショントレッドソール」はグリップも良好だ。そういえば昭和最後の夏、黒部の極悪谷で遭難した「K」氏の第2次捜索隊に同行したときもコイツで出かけたくらいだ。いや、そのときは山をやめて数年はたっていたから、ちゃんとしたブーツなんてコレしか持ってなかったってのが事実です。
おっと。コイツを履いて沢登りに出かけたコトもあったぞ(w あれは1989年の夏だったか。滋賀県は比良山系のナントカいう初級の沢に、支社のギャル2名(登山すら初めてだったなあw)を含む8名くらいの大パーティで、キャンプの前泊つきで笑いながら遡行した。つるつる滑って怖いコトもあったけどね。

このソールはグリップはイイものの、すり減るのが早かった。ヒール部分がずいぶん削れてみっともないから、10年くらい前に名古屋は矢場町の靴屋にオールソールを依頼したのだった。国内で貼り替えるものと思っていたのだが、ショップの兄ちゃんは「本国へ送ります」と言う。
「パチモンじゃナイですよね?」と聞かれだのだが、まあ、1987年当時に高級腕時計のパチモンはイロイロ存在していたけれど、靴方面までは発展していなかったハズだからワシは言ったんです。「大丈夫。おそらくは」(w 
そして、ずいぶん経ってからミネソタの工場から無事にお色直しされて戻ってきた。グッドイヤー・ウェルテッドの靴は、こうして貼り替えながら長年に渡って愛用していけるところが素敵だね。お代は、たしか1万円は超えたハズだが。

P1050123.jpg

右側のベロ内側にあるタグは、いま見るとイイ味を出しているなあ。このタグについて詳しく触れているサイトがある。コレとかコレが楽しい。
また、このモデルは現在では「レッドウイングジャパン」が独自企画の復刻版「8875」としてリリースしているようだが、カラーは黄色系のモノを多く見るようになっている。そこらへんは、この記事が参考になるだろう。

この「オロラセット」というレザー、昔は濡れると脱色して靴下が赤さび色に染まって往生したもんだ。洗濯してもきれいにならないからね。何足か捨てたっけな。そして見るからに年季の入った靴ヒモは、もちろん買ったときのモノ。味わいもココに極まれり、でしょう。

そういえば、バイクに乗るときにはコイツをメインに履いていたのだった。左足の甲のヨゴレはシフトペダルによるものだし、右足内側のヨゴレは「くるぶし」グリップをするから。なんたって大阪支社にいたころは、ホンダ「XLR250R」とカワサキ「ゼファー400」、そしてホンダ「NSR80」にチャリンコ2台を同時に所有するという、アホ丸出しな「10輪生活でえす♪」(本人談)時代だったもんでね。
北海道とか林道野宿旅ではキチンと「アルパインスター」のオフロード・ブーツを履いて出かけたが、すべての街乗りやゼファーで2回周遊した九州ロング・ツーリングなどでは足元はコイツだったから、まあ、思い出は尽きないワケなのだ。
それでも何でもこのレザーは頑丈この上なく、ヘタったり削れたりといったヤレは見受けられない。このあたりが、さすがのレッドウイング・クオリティってヤツだろう。

これだけは買わせろCM:2
<< ワタシの「Made in U.S.A catalog」その1(後篇)ホーム全記事一覧さらば、末端あったか症 >>

コメント

これ、最高!
もちろん、新品ではなく、
存分に履きこまれた、このモデル。
真似できないかっこよさ漂ってますね。

ソールは本国で交換なんですね。
数年前にレッドウィングのこのモデルを
買おうとしていたものの、価格の安さに
負けてリーガルの同じような靴を買って
しまったのが、今更ながらに悔やまれて
なりません・・・
ユウ #2DdjN05.|2010/11/30(火) 18:41 [ 編集 ]

>ユウさん
かゆいトコロをキッチリかいてくれるコメント、サンクスです♪

まあしかし、ついつい妥協したモノ選びを今までしまくってきたワタシにとっての、超めずらしい「正しい」買いもの記です。だから、3回分くらいしかネタが続かないワケです(w

ユウさんも、15くらいのときに、「Made in USA」カタログのムックに度肝を抜かれませんでした? 
後篇では、そのあたりのコトを書きます。
ラード #-|2010/11/30(火) 19:01 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。