ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ラード的音楽の旅路 1枚目のCD

2010/12/25(土) 16:46:10

P1050248.jpg

たまたま、懐かしいこのCMを見て引きこまれた。いろんなコトを思い出してしまった。30秒バージョンもある。もちろんコチラの方が断然イイ。「乾杯ラガー」というテーマで、いくつかの競作があったような。ミレニアム、なんて云われたころのOAだったと思う。
いかりや長介がシブくベースを弾いているワケだが、そのころ読んだ雑誌記事には、長さんはこの企画にノリに乗り、ジャズマンっぽく演出するためにヒゲをたくわえて撮影に臨んだとか。うむ。素敵だ。

意外と思うヒトも多いだろうが、「ザ・ドリフターズ」、もともとはジャズ・バンドだ。演奏の間にコントをやっていたのが、それがウケて方向を転じていったワケだ。1966年のビートルズ来日公演で前座をやったのは、有名なハナシ。彼らは「ナベプロ」のタレントだったが、大先輩となる「クレージーキャッツ」も同じジャズ・バンドという出自だ。そういえば先日、谷啓サンも亡くなったけれど。1960年代という日本のテレビ業界の草創期に一大帝国を築いた「ナベプロ」創業者・渡辺晋だって、もともとはジャズマンだ。今年の初めごろだったか、読みたくてたまらんかった「ナベプロ帝国の興亡」をブックオフで見つけたときは、うれしかった。「シャボン玉ホリデー」というナベプロの必殺番組の全盛時は、さすがにアラフィーのワタシでも幼くて記憶にないが、電通と結託してTV界・音楽業界を牛耳った風雲記は、どえらく面白いものだった。

ハナシを戻そう。ラガーのCMで「思い出した」コトとは、ワタシが最初に買った「CD」だ。それは、ロン・カーターのアルバム「The Man with The Bass」。

それ以前には、ワタシの人生には「ジャズ」のジャの字も無かった。惹かれるトコロなんか何ひとつ無かった。では、これを買ったのはナゼかと言うと、このCMにカブレたからだ。シブい。シブすぎる。さすがのサントリー・クオリティ。すばらしいシズル感だ。「ホワイト」は不味いけど(w やっぱ、ジャズって酒が似合うわ。そしてまた「冬」が似合うとも刷りこまれたワタシ。今でもそう思う。

この印象的な曲が、「ダブル・ベース」。リード・ベースってムードですかね。本来のベーシストは他にキチンといる。ウッドベースはフレットレスだから、エレキ・ベースと比べて「うねり」感があるワケですが、このヒトはまた独特だ。Wikipediaによると、ロン・カーターはこの特徴的な音色のピッコロ・ベースという楽器を独自に開発したとのこと。
まあその。ありきたりのジャズではない、エッジの立ったムードが昭和末期のワタシの琴線にビシビシと引っかかったのだろう。別格のラード的オンリーワン「ジャズ」として、飽きずにたまに聴き続けてきた作品なのだ。

ところで、このCDを買ったショップは今でも覚えている。ワタシの大阪時代、1987年の秋のコト、神戸の埋め立て地「ポートアイランド」にあったダイエーのメガ・ショップ「バンドール」(懐かしいなあw)だ。シャープ製のCDミニコンポと一緒に購入した。
「CDとは何の略語?」などと、いまではTV番組のクイズ問題になってしまうくらいだが、コンパクト・ディスクがレコードの売り上げを超えたのが確かこの年で、ワタシはそのニュースを知って「これはイカン」と慌てたのだった。なんとなく思い出したが、付き合っていた彼女をクリスマスに自室に呼ぶための「ソース」として、このアルバムをチョイスした、ような(w

このアルバムを聴いてからは、ワタシにとって「ジャズ」は再び長らく無縁となった。昨年の秋に「マイルス・デイヴィス」を聴き始めるまではね。ソレすらも、ワタシらしいヒネくれた理由で興味を持ったワケですが、そのネタはまた次回に。
ロン・カーターは、そのマイルスの60年代の初めから中盤までを支えたベーシストだ。マイルスが「エレクトリック期」に移行するときにバンドを去った。自分は「ウッドベース命」だからと、中山庸樹のマイルス本(3冊くらい読みましたw)に書いてあったような気がするが、wikipediaにはソレは違うともある。

「ダブル・ベース」のライブを改めて聴くと、いやあ、なかなかイイぞ。シブい。落ち着く。
まあその。「ジャズ」とヒトクチに言っても、クラシック音楽も同じだが、その中にカテゴリーとかジャンルがいくつも派生しているワケで、自分が聴きたいモノを見つけてくれば、それでイイ。じつはマイルス・デイヴィスも、ワタシは「ようつべ」である楽曲を初めて聴き、それに衝撃を受けて深入りしていったワケなのだ(w 
この記事を読んで彼らの作品を知り、「ふーん」とばかりに聴き始めるヒトが、あるいは出てくるコトを期待しつつ。

音楽・映画・本CM:0
<< オトコの「ままごと」プロジェクト(18) ブレークスルーホーム全記事一覧ハンバーガーと焚火バー >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。