ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ラード的音楽がたり ロングテール

2011/01/29(土) 23:59:46

長いシッポ

先日、銀座あたりを歩いていたら、数寄屋橋の大型CDショップ「HMV」、そのお店が無くなってるコトに気づいたのです(汁 そういえば「inz」のモールを歩くってのは1年ぶりくらいだったか。帰宅して調べると、なんとまあ、昨年の6月に閉店していたとのこと。いやはや。「itunes」と「amazon」という時代の趨勢には抗えないワケですね。

そういえば、閉店騒ぎでニュースになったのが、同じ「HMV」の渋谷店。昨夏のデキゴトで、さすがにソレはワタシですら知っていました。そして先日、その閉店関連でケッサクな「ようつべ」動画を見つけた。
それが、コレ。「非常階段」という、ノイズ・バンドの元祖ですね。キャリアは30年以上もあり、世界的にも知るヒトには知られているワケで。動画はその「HMV渋谷」におけるインストア・ライブの様子だ。ちょうどバンドのキャリアを総括する大部の本(メモリアル・ライブのDVD付録つき!)が出版されたときで、そのプロモーションでもあったのでしょう。
この動画の前半はトバしてもらって結構。だが、最後の「ご挨拶」に注目していただきたい。このヒトが、リーダーの「JOJO広重」サン。「店、壊せなくてゴメン」「こんどオシ××するわ」などというコメントで笑いをとっていますネ。客からは「ゲロはいてー」というリクエストも(w 「なんじゃそりゃ?」と首をかしげる貴兄に、では、この動画をご紹介しようか。

はい。いきなりビックリしましたね?(w コレ、初期の彼らを有名にしたハードコアなライブ・パフォーマンスのひとつであります。仁王立ちで立ち×××して、それを客席にブチまけてるのが「蝉丸」嬢。逝ってますナ。まあその。何回も見ると慣れてくるのがフシギっちゃーフシギではある。
「ノイズ」をキチンと聴いてみたいってヒトには、彼らのスタジオ音源としては初期のスタイルであるニコニコ動画のコレが優れる。もちろん発狂するぐらいの大音量のヘッドホンで聴くべきです。24分と長いけれど。
おっと。もうひとつ、こんなオドロオドロ系もある。むーん。悪夢のようだ。このライブは、そうさネ、松田聖子がアイドルの頂点として君臨していた、そんな古(いにしえ)の時代ってコトをお忘れなく。会場は新宿の「LOFT」。汚物ブチマケまくりのメモリアルなパフォーマンスで、「蔵六の奇病」というアルバムの発売記念ライブだ。ハードコアなマンガ家・日野日出志の同題の作品モチーフにしているワケですが、いやもう、なんつーか、もう(汁

平成に変わるころ、このバンドにJUNKOという「スクリーマー」が加わって、オモムキが変わる。現在、「ようつべ」に多くうpされている動画は彼女が加入後のものが多いみたいです。ワタシのイチオシは、コレ。狂気だよな。この狂気を聴いてアブネー衝動によ駈られるコトは、ワタシには起こらないだろうが、この狂気を世間とバランスを保つ・測るための基準に使うコトはできそうです。

さて。ワタシが「非常階段」のこれら動画を初めて見たのは、一昨年の秋のことだった。今ではもう、ナニがキッカケで行き当たったのか覚えちゃいないが、まあその。ビックリしました(w もちろん「ノイズ」という音楽(なんだろうな、やっぱ)カテゴリーがあるというコトは知ってはいたが、実際に聴く機会を与えてくれたのは、「ようつべ」が普及したオカゲなのだ。

そうして、かつては「アングラ」としか言えないこれらのパフォーマンスが、一定に評価されている状態にビックリさせられたりもした。バンドのコア・メンバーとワタシは同年代と思われるが、ワタシがロック・クライミングなんかに夢中だった当時にココまでハードコアでマニアックな活動をして新しい地平を切り拓いて、キチンと一定数のファンをキープしていたコトにも、ビックリした。
それらハードコアなファンって、とにかくエライ人たち、そんなムードではないですか。もしかしたらファンクラブに入って、当時は「ぴあ」とか「シティロード」なんつー情報誌でライブ予定などをチェックして、そして小屋に押しかけるワケだもん。そして何よりも「非常階段の蔵六の奇病を取り寄せてください」などと、レコード屋のおねいさんに注文するんだぜ? できませんよ当時のワタクシはそんなコト、絶対に。

冒頭のインストア・ライブでJOJO氏が「amazonに負けるな!」と叫んでいるが、しかしながら今ではその「amazon」が、そんなデリケートでナーバスでナイーブでセンシティブ、おまけにシャイな野郎のワタシでも、イージーにゲットできる方法を提示してくれているワケです。非常階段の音源とか、「蔵六の奇病」というコミックスをね。

そしてフツーのショップでは店頭にはまず在庫されない・されるワケがない商品を取り扱い、またそれらを売買するコトを、マーケティングのコトバで「ロングテール」と呼びます。現在では一般用語に近くなっているかも知れないが、冒頭の図の画像がその仕組み。文字どおり長いシッポに見える購買層が、ニッチな趣味である商品たちの、しかしながら輝かしい存在に脚光を当てているのだ。

これらの「芸術」って、昔だったら「アングラ」とヒトコトで片付けられていたものですよね。今は「サブカル」なのかな? とまれ、間違っても間口は広くない(w それらニッチな作品たちが、ちょっと探したらワラワラと芋づる式に見つけ出せる状況ってのが、ワタシにとっては面白くてたまらんワケです。

音楽・映画・本CM:2
<< ラード的音楽の旅路 「遠き山に日は落ちて」ホーム全記事一覧オトコの「ままごと」プロジェクト(19) 抑止力としてのチタン・カップ  >>

コメント

あれは蝉丸嬢じゃなくて三上るか様です。たかがネット動画観た程度のレベルで非常階段を語るのは少々調子乗りすぎ。身の程わきまえろ!
名無しサン@私の屁だ #-|2011/01/31(月) 19:45 [ 編集 ]

いやしかし、会社の同期3人で楽しく新宿ゴールデン街で語らって終電で帰って来たら、コレだ(w

>名無し@私の屁は臭いさん

面白いHNですが、ユーの気分を害したみたいで、どうもすいませんね。
「お前は身の程をわきまえろ」。ええ。よく周りから言われますね。

彼女が「三上るか様」とは、知らなかったですね。申しわけない。
じゃ、動画のコメント欄に、お前がキチンとその名を記しておけよ。え?
それが僕のお役目じゃないですか。 あ、「ボク」じゃなくて「しもべ」と読んでくださいね(w

昨日は「JOJO広重」さんのツイッターに、お昼前、当ブログのこの記事が紹介されました。
午後になってアクセス数が増えたコトにビックリして調べてみたら、なんと「JOJO」さんのつぶやきだったと分かりました。
そして、そこには、こう書いてありました。
>「ロングテール」って呼ぶのですね。私たちがやってきたことはそういうことだったのかも。この非常階段&JOJO広重解説、リスナーからのものとしてはわかりやすい良質なものかも。

ワタシのねらいである「こういう芸術がキチンと評価され、ネット検索で広められ、そして売れる時代がきた」というワタシの主旨を、「聴く側」の意見として評価してくれたコトに安堵し、またちょっと嬉しくも覚えたワケです。
昨日の当ブログ読者合計約400名さまが、めぐり廻っておカネを落としてくれるファンが増える可能性だってあるでしょう。
ビジネスモデルの面白みとしてケース紹介をしているワケだし。
その後、今までにツイッターがらみで80件ほど、記事を読みにきてくれたヒトがいることも、ワタシには嬉しかったんですがね。

ま、「名無し@私の屁は臭い」サンもよ、「非常階段」のいちファンを任じているのなら、了見の狭いそんなコトを言わないほうがイイと思うよ。

ラード #-|2011/02/01(火) 03:16 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。