ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

リスペクトな一夜

2006/01/10(火) 00:02:42

DSC00868_1024_800.jpg

リスペクトが詰まった謎の野宿人・背負子氏と週末の一夜をともにしました。
当ブログを通じて知り合ったワケで、ラード的には「新たな扉」を開けた、そんなムード(w なぜなら海っぺりで野宿をするのも、房総に野宿装備仕様で出かけたのも初体験なのだからネ。

DSC00875_800.jpg

お初にお目にかかった背負子氏。昨年の野外泊「108泊」という煩悩満載の数字に思わずリスペクト。いやはや1年間でコレは(汁 それと野宿スタイルには各人の流儀がキッチリあることも分かった。装備もマインドもね。

DSC00877_800.jpg

寝場所は防風林の中にしつらえた。フカフカであったかい。

DSC00896_1024.jpg

房総でも昨晩は雪がうっすら積もったという。

DSC00880_1024.jpg

これは金曜の晩、会社から帰って直ちに外房へ野宿に出かけた氏から聞いた。この日すでに2泊目なのであり。さっそくリスペクト。

DSC00903_1024.jpg

東京湾にポトリと陽が沈んでいく。夕陽に乾杯。ヤバイ。16時から呑み始めたぜ(w

DSC00911_800.jpg

背負子氏の1作目。豚キムチ鍋。うまい。

DSC00912_800.jpg

やっぱり手だれの野宿人を目指すには酒のサカナを作れないとダメだよね。サラスパにレトルトのミートソースぶっかけじゃ、アレですよね(汁

DSC00916_800.jpg

まあその。いろいろ喰わせてもらいました。

DSC00919_800.jpg

思いつきで買ってきたサザエを氏の「ユニセラ」で焼く。ヒトのオモチャ、いやいや装備品が気になります。オモチャといえば背負子氏は今回、越後屋でマルイの「電動グロック」セット一式を買って持ち込んできた。おおいに結構。立派な「陽性」ですもんねえ。行動が早い。有望だ(w

DSC00921_800.jpg

スーパーで買った鍋セットにダシと白味噌いれて具材を増強した「つみれ鍋ラード風」。焚火のオキ・パワーは強力です。すぐにでき上がった。

DSC00922_800.jpg

仕上げにうどんを投入。シコシコでうまい。背負子氏もワタシに負けず劣らず喰うじゃないですか(w きれいに平らげてくれた。

DSC00923_800.jpg

夜になるにつれ風が強まった。海抜約2メートルとはいえ、やっぱり1月の夜は寒いです。無粋だから「寒い」と言わないよーにしていても、ついついネ(汁

DSC00925_800.jpg

なんてこった。焼酎「二階堂」ひと瓶をソロで飲み干してしまった。快挙。あまつさえフラスコに詰めていったバーボン「エズラ・ブルックス」もキッチリ飲みきった。そんな自分にリスペクト(w 時刻は午前1時です。ようやくお開き。

DSC00926_800.jpg

サンシャインな朝。二日酔いもなく気分は良好です。つくづく性に合うんだな。

DSC00929_1024_800.jpg

一本だけ林道を走って、いつもの秘境を懲りずにご案内(w おとといの晩の雪がうっすら残ってます。

DSC00932_800.jpg

秘境はさらに凍てついていた。

DSC00935_800.jpg

氷の結晶というのか生成過程というのか。アートです。

DSC00936_800.jpg

背負子氏とはココを出てお別れです。氏は引きつづき房総を流れ、どこかで3泊目の夢を結ぶとのこと。ホント真似できん。きっちりとリスペクト。

バイクの旅TB:0CM:0
<< 海べりの野宿がホーム全記事一覧寒さについて 後篇 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://uemat.blog33.fc2.com/tb.php/47-5a842acc

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。