ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ベルモント、動く。

2011/03/28(月) 12:50:53

DSC02825_800改

謎に包まれたアウトドアグッズ・メーカーの「ベルモント」が、最近ついに本腰を入れて商いを始めたのだそう。ネットを流していて、ナニかで読んだ。なんでも、ついに自社サイトを立ち上げたらしい。
そういえば、好日山荘で先日チェックしたロッキーカップの底部分には、今までになくデカい英文字のロゴ刻印が打ってあり、「ほほう」と思ったもんだ。ようやく気づいてくれたか。ともかくベルモント製品はいくつか愛用してきたワタシ、さっそくそのサイトを見にいった。

うーむ。えらくシンプルなHPではありますが、まあその。今まで数年間というもの、商品ラインナップがドレくらいあるかも良く分からんブランドだったから、これは良いことです。製品カタログのPDFも載っている。PRのレベル的にいうと、「エバニュー」とか「Mt.Dax」と同じくらいだろうか。

P1050583.jpg

ワタシが最初にベルモントのブツを買ったのは、おお。ちょうど今から4年前だ。ステンレス製の元祖ロッキーカップのレプリカとして、このカスケードループのみで売っていたんです。在庫切れだったのが再入荷したとのコトで、「それ急げ」と通販で買ったんです。二度と手に入らんかもと心配したワタシ、キッチリと2ケ買いして、そのひとつは今も使わずにキープしているという。ベルモントとはそんなレベルの、いつ倒産するやも知れぬメーカーと認識していたんですねえ。

そして、当ブログで現在も続けているシリーズ記事、「オトコのままごとプロジェクト」の第1回目として取りあげたこのカップは、つまりそれくらい欲しいアウトドア・グッズだったワケ。当時は「山系バックパッキング」に目覚める前で、オフロードバイクでの林道野宿旅に燃えていた最後の時期でしたが、クックウェアという道具に対する偏愛感情ってヤツが初めてワタシに芽生えた、メモリアルな場面でもあったのだ。

上の画像が、その最初のステンレス製ロッキーカップ・レプリカ。正しくは「ステンシェラカップ480」だ。えらく真っ黒けなのは、昨年末のキャンプで使ったきり、洗っていなかったから。カネダワシでゴシゴシやれば多少はきれいになるだろうが、このままでもイイや(w というワケでキャンプでは直火にかけたり、ガンガン酷使します。折りたたみのハンドルは喰いモンを満載すると持ちにくくて疲れてしまうが、このオリジナルは何ともない。良くできているんだ。

P1050579.jpg

ベルモント製品について、ワタシの興味はクックウェアのみ。そして、すでにいくつも持っている。ご紹介しますと、いちばん左は、チタンスタッキングシャローパン650。コレはユニフレームの絶版「ツアラーライト」をゲットしたとき、ヤカンがわりに使う大きめの平たいカップが欲しくて買ったもの。
いちばん右の「チタンシェラカップ深型480フォールドハンドル」も、同じくツアラーライト購入のヨロコビとともに、イキオイで買ってしまった。でも、折りたたみできるハンドルと言っても、じつはコレ同士をきれいにスタッキングできないし、また持ちにくいのはたしかだから、たいして使えないカップなのだ。

左から2番目の2ケ重ねが、最初の「ステンシェラカップ480」。そして、その右にある湯のみ型カップが「チタンダブルマグ取っ手ナシ300」。いやはや(汁 ブランドイメージ醸成に直結する商品のネーミングについては、もっと大事に考えてほしいと切に願うワタシです。
とはいえ、コイツはじつに使えるアイテムだ。一昨年の秋、津田沼の「ヨシキP2」のバーゲンで安くゲットしたんですが、日常でも愛用している。コレはチタンのダブルウォール、だから表面に汗をかかないし72gと軽量。もちろん熱い飲みもので満たしても、苦もなく持てるコトがメリットです。300mlというのはハンドルなんか不要で、フツーに握りやすいサイズ。その上、銀いろフェチのワタシもナットクのシブいお姿です。
さらに言えば、450mlといった大きめのカップでは、ついついサケを入れ過ぎ、そして飲みすぎてしまうアホな性分のワシにはジャストサイズで、ま、イイコトづくめってワケ。

最後に右から2番目。コレはチタンシェラカップ250フォールドハンドル。2011年からカタログ落ちした様子だが、昨年版のカタログに載っているモノとも違う、ヘンなブツなんですね。ナゼなら、チタン製のハーフパイントのクセして87gと重いからだ。レアなネタモノとしては面白いけれど、実際に使う出番はほとんど無い、という。

P1050581.jpg

さて、そんなベルモントがチタンの「フタ」をリリースしたというニュースも知った。商品名はチタンシェラカップリッドと言い、コチラは一転、イカしたネーミングになりました。おまけに「カスケードループ」では、しばらく売り切れだったというから好調なんだね。グッジョブ。
でもコイツは、「FGS」のチタン皿フタと同じですね。つーか、オリジンは「ハロマークデザイン」だけど。まあその。ようやくこのニッチ製品の有意義にメーカーが気づいてくれたコトは、愛用者として嬉しいもの。
というのも先のワタシの記事で、ネガティブなニュアンスとして取りあげた「コレ」を検索しにくるヤツが未だに多いワケで(w ペットボトルを山で水筒代わりに使うのと同じく、なんか貧相なアイテムであるコレを「シェラカップリッド」に駆逐してほしい、なーんて考えるワタシ。

P1050383改

まあその。実際にワタシがコイツを買うかと問われたら、「No」。ナゼなら「FGS」のフタを2枚も持っているからってだけではなく(ホンネはコレw)、山系バックパッキングのスタッキング・セットに組みこむには、リスキーだからだ。
ナゼならこのリッド両端の「デッパリ」が、ギュウギュウ詰めのザックの中で、いろいろ傷つけたり破れ目を付けたりしそうでしょう。だからワタシのフタは、持ち手を曲げて用心をしている(ネタ元は、いのうえさんトコから。大きな声では言えない)。だから、ベルモントのフタを軽量化のために使おうというヒトは、何かしら工夫をしたほうがイイと思う。

P1000915_800改

それはともかく、ロッキーカップはアウトドアグッズとして味わいがある。使って育てていく楽しみもある。ステンレスでもチタン製でも、それぞれに所有欲を覚えるフシギなモノだとワタシは思います。アウトドア的「スキマ」需要という鉱脈は、このクックウェア周辺にあるハズだぜ、ベルモント。がんばってほしい。
バックパッキング・道具考CM:2
<< 冬の漂流記ホーム全記事一覧歩いて帰宅する。 >>

コメント

どーもどーもご無沙汰です。
ぜしとも大きな声で言ってくださいw さぁ!!

最近、カップはインサレーション付きのプラ系を愛用しているワタクシ。
使ってないロッキーカップがそれはもぅステン×2にチタンが大小合わせて3。
さらに使ってないのに先日600mlのを買い足してしまいました。
なんていうかLEDライトやナイフ同様、これはもうオトコの性ってやつなんでしょうね。
いのうえ #OucFHXVM|2011/04/13(水) 02:22 [ 編集 ]

>いのうえさん
ああっ。バレた(w いやその。


「放置民」総帥・いのうえさんのネタと工夫は、参考になります、ハイ。


でも、フタのデッパリを折り曲げてある写真は、どの記事で見たのか、すでに忘れていましてネ。
一昨年の夏の北ア・バックパッキングの画像では、ワタシのフタ、すでに曲げていますね。
「おばあちゃんの知恵袋」的というか。「なるほど」と記憶され続けるヒントというか。

600mlを買っちまいましたか。
ワタシは今んところ大丈夫ですが、先日「さかいや」にて「チタン折りたたみ600」を手に10分ほど立ち尽くしたのは、ナイショ。
そしてGSIのネスティングボウル、じつは欲しいんですよ。オレンジね。いまだに店頭で見たコトが無いんですけど。
まあその。誰の記事の影響かは、お分かりッスよね?(w

ラード #-|2011/04/13(水) 14:53 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。