ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

冬の漂流記

2011/03/31(木) 23:38:51

わがサケの購入記、それも「おウチ」で飲んできたヤツ、昨年末から3月までをダラダラと記そう。
アルコール依存? もちろんしている。ほぼ毎晩、ナイトキャップがわりに飲みますね。とはいえ、今ではそれほど量は飲めないし、ウチでベロベロになろうとも思わない。

昨年の秋から冬にかけては、ラード的ど定番のサケであるムギ焼酎「二階堂」とか「いいちこ25度」に飽きがきて、ついにデカいペットボトルの焼酎に手を出してしまったんだ。とはいえ、宝焼酎「レジェンド」2.7㍑あたりで踏みとどまった。さすがに「大五郎」とか「ビッグマン」とか「サッポロソフト」(今でもあるのか?)までは落としていない。まあその。「レジェンド」でも、なんか合成酒っぽい、違和感の少しある酔い心地だった気がする。

P1050239-1.jpg

コレは12月中旬に買った2本。前週のキャンプで初めて飲んだ泡盛「久米仙」が美味かったので、売ってるサケがドレもベラボーに安いスーパー「OK」にて購入。たしか640円。水割りにして飲んだんですが、ウチでは、それほどとは思えなかった。えてして泡盛は瓶が小さく、コイツは640mlくらい。そして泡盛のように飲みつけていないサケなら、一週間をコレだけで持たせられるね。
一緒にバーボン「ジン・ビーム」も購入。1,250円くらいだったか。コレはワタシが2番目に好きなバーボン。サラサラと飲みやすい味なんだ。チャコールフィルターで濾しているのも好み。ただ、バーボンはソーダ水(500mlペットが1本78円)と一緒に買ってしまい、1日でソーダ1本、つまり3杯は飲んでしまう。すなわち飲み切るのが早いってのがネックです。

P1050254.jpg

年末休暇に突入したある日、10km圏内で最強のディスカウント酒屋「河内屋」で買った清酒「朝日山」の普通酒。1,680円くらい。新潟の清酒はハズレが無さそうだし、ラベルのデザインも気に入った。
そういえば、キャンプの直前にも、清酒「立山」の普通酒の一升瓶を飲みきっていたっけな。初めてウチで清酒を飲みたいと思う正しいオッサンになったワシ(w 辛口のコイツは、まあまあだった。

P1050353.jpg

正月休みが終わる直前に「河内屋」で買った「銀嶺立山」。2,100円。富山県のこの清酒は美味いですよ。サラサラとした飲み心地。
イキオイづいて、1合徳利とお猪口を買ってしまった。ところが今、スーパーとかホムセンでは、こんなの売っていないんだね。というワケで、ナゼかラインナップが豊富で驚いた「ダイソー」でゲット。合計210円也。

P1050391.jpg

もちろん一週間で「立山」は飲みきった。清酒はコストパーがイマイチだね。いや、大関とか白鶴といったフツーの銘柄なら一升で1,300円程度なんだけど、そんなのはイヤ。なんでもイイわけではないんです。
ワタシの好みは、辛口でサラリとした風味のもの。このバイブルの影響が今もビシバシで、北陸系の銘柄と普通酒を偏愛する。吟醸はもとより醸造酒だって高価いんだから、そんなの美味くて当然だろ。普通酒で「こいつはイケる」という銘柄を、ワタシ追い求めているんです。

さて。ふたたび「河内屋」にて新潟の銘酒「八海山」の普通酒、2,400円。美味かったが、このブランドは高価いね。
そういえば、サケのお燗をつけるなんてコトを自分でしたコトが無かったから、このときに調べたんだった。1970年代前半の、新宿の横町「なわのれん」文化をものの見事に活写しているこの動画に郷愁をバシバシ覚えるワタシだが、現代では電子レンジでチン、70秒で熱燗だ。自宅での飲酒に情緒を求めるのは、めんどくさい(w

P1050395.jpg

1月の中旬、ふたたび泡盛に手を出す。「久米仙 び」というヘンなネーミング。スーパー「OK」にて、980円くらいだったか。ホッピーはひと瓶99円。
味に好みはあるものだが、生活習慣病検診でバリウムを牛飲した日に買ったコイツは、合わなかったね。飲み切るのに、少し苦労しました。なんか体調が優れない、サケが美味くないという日々が続いたのだった。

P1050448.jpg

2月上旬、一度は喰ってみたかった評判の「ラーメンショップ かいざん」に行ったとき、その近所で見つけた素晴らしいショップ、オトコの遊園地状態の「酒のやまや」で買ったバーボン「エズラ・ブルックス」、1,250円くらい。今まで15年間、千葉で最強と思っていた酒屋「河内屋」をココは凌駕したね。なにしろ200円以上も安いのだ。そして後から気づいたこの店舗展開の凄まじさよ。
まあその。エズラ・ブルックスは、ワタシがもっとも美味いと考えるウイスキーなんです。スモーキーな味わいがイイ。気合いを入れて、バカラのグラスで飲んでみた(w

ついでに申しあげると、ワタシがもっとも好むサケの種類はウイスキーで、しかしバーボンに限る。それも「チャコールフィルターで濾過してるもんね」とラベルに書いてあるヤツが、例外なく美味い。これらの銘柄はサケに中でごく安価だってのも、ワタシには大事なコト(w ま、30代半ばくらいから、そう定まった。
その次は、麦焼酎が好みだ。アレコレ飲んできたけれど、ここ10年くらいは「二階堂」が一番で「いいちこ25度」が次点だ。ワタシの生活エリアは過当競争からか、どちらもごく安価で買えるから嬉しい。一升で1,450円くらいだからね。まあその。これらのフェイバリット・ブランドだけをローテーションしながら飲み続けてきたワタシでしたが、ムードが少し変わったのが、昨秋あたり。新たなジャンルも試しに飲んでみようか、そんな心境のちょっとした変化があったのだ。

P1050471.jpg

2月下旬、飲まずにいたホッピーを消費するために、「OK」で「キンミヤ焼酎」を購入。600円ちょっとと、バカ安。じつは、ホッピーの女社長の著書で、もっともホッピーと相性がいい焼酎として、コレが登場していたのだ。たしかにクセがなく美味い。ただ、あまりにツルツルと飲めてしまって、インパクトに欠ける。まあその。季節を間違えた。夏にリベンジしようか。

P1050506.jpg

2月の終わり、ホムセン「Mr.Max」で久しぶりに購入した泡盛「美浜(ちゅらはま)」、800円くらい。ラベルには「フルーティな味わいを、ロックでお楽しみください」とある。コレが美味かった。泡盛としては、ラード的ベストバイだね、今のところ。
ワタシは昔からムギ焼酎は好みなのだが、芋焼酎は濃すぎて苦手なんです。独特の臭みが、わざざわ選ぶには、少し重いワケで。ところが泡盛は、芋と似たようなテイストながら、飲みやすいムードがあると気づいたのだ。ってコトで、このように重点研究を続けている。

P1050509.jpg

しかしまだ、留まってはイカン。アルコール漂流を続けるんだ。ってコトで、3月上旬、初めて30度という濃いクチの泡盛「八重泉」を購入。900円。「Mr.Max」だったかな。さすがに飲みづらくて、梅干をブチこんだ水割りにしていた。

P1050538_20110331222311.jpg

大地震が起こった3日後、開店するのしないので騒ぎになったスーパー「OK」にて久しぶりに買った、定番のバーボン「アーリータイムズ」、1,020円。安いのが身上だが、やっぱりソーダ割りにして、飲み干すのが早いっつーアホなワシだ。
最近のハイボール・ブームで、ソーダ水がドコでも安く手に入るようになったのは嬉しいコト。そんなブームのずっと前からソーダ水が好きなワタシ、長風呂に入って大汗かいたとき、氷をブチこんだコップに満たしたクラブソーダを、ひと息にあおるコトもある。そういや、昨年末のキャンプで「なま」氏が「ソーダだけ飲んでるヒトなんか、初めて見た」と驚いていたが、そんなに珍しいかの?(w

P1050553.jpg

3月中旬、ホムセン「Mr.Max」で購入した泡盛「海人」。900円弱、だったかな。棚には同じメーカーの「島唄」っつー泡盛もあったが、なんかオシャレなラベルから想像できちゃうように、コレといった特徴が見当たらないサケだね。
ところで、沖縄や奄美の地酒ってヤツは、えらくファンキーなラベルが多い。どぎつい色使いがワタシには「いやはや」と思うコトが多いけれど、南国ムードはビシバシで面白いもの。その一方、この「海人」のようにシャレた商業デザインで「うっふん」と演出する銘柄もある。サケの漂流はボトルの漂流でもある。

P1050554.jpg

3月下旬、地元最大級のスーパー「イオン」で買った黒糖焼酎「喜界島」。1,100円くらいだが、泡盛系にしては珍しく900mlの大瓶だ。ラベルもファンキーだが、このボトルが少し下膨れという面白いデザイン。
記事に書こうと準備してナゼか早や半年も放置したままの、昨年もっともディープな感銘を受けた「永遠のゼロ」という小説があるんですが、その物語の最後に登場する印象的な地名、ソレが「喜界島」。沖縄の手前、奄美群島の小島だ。ま、そんな理由から飲んでみたかったんだが、いやしかしコイツが美味い。多少は濃ゆい味わいなんだが、最後に爽やかな風味が鼻腔を通り過ぎるんです。どんな仕掛けになってるかフシギだが、やあ、これは大ヒット。

以上、わが積雪期アルコール日記でした。
いずれまた書く(かもしんない)無雪期バージョンの漂流記に、ゆるくご期待ください(w

これだけは買わせろCM:2
<< 湾岸ドタバタ日録ホーム全記事一覧ベルモント、動く。 >>

コメント

う~ん、色々飲みますね~。
 僕はビールの他は数年前までは芋だったのですが、ここ2年ほどは日本酒になりました。洋酒は完全に飲まなくなりました。
 泡盛は暑い夏の日、特に真昼間は最高です。
IK #-|2011/04/01(金) 20:28 [ 編集 ]

>IKさん
山に清酒を持っていってるんですよね? なんか勇者っぽい(w

毎週末、なんか1本買ってきますからね、コンスタントに。
アレコレ飲み比べましたが、これで、だいたい分かりました。

清酒は、ワタシには冬のサケってムードです。「銀嶺立山」があれば、十分。
泡盛は夏の昼間か。やってみよっと。氷がないと、つらいですけどね。
「美浜」と「喜界島」さえあれば生きてゆけます、ハイ。

ラード #-|2011/04/01(金) 21:22 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。