ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ニューバランス、わたしの好みだ。

2011/05/31(火) 23:44:04

P1060007.jpg

ジャック・ヒギンスの小説の主人公みたいに言ってみる。
いやその。これはたしか「死にゆく者への祈り」に出てきたセリフだったかな。優れたハードボイルドなんですがね。何よりこのタイトルが優れてハードボイルドだと考えるのだが、どうだろう。そして、ネタ元であるセリフは、「ジェイムスン、わたしの好みだ」。じつはアイリッシュ・ウイスキーのことを評したセリフなのだった。かつてこの小説にカブレて飲んだものだが、イマイチではあった。

いきなりハナシが逸れてしまいましたが、ワタシが「ニューバランス」のフットウェアを好むこと、今までココに書いたっけか。ないか。ま、そういうワケなのだ。1980年代の中ごろ、WGP(motoGPの前身な)のトップライダーたちに流行ったとかナントカで、オンロードバイクにゾッコンだった当時のワタシもキッチリとコミットして、それからコトあるごとにこのブランドを購入してきている。もともとは矯正靴のメーカーとしてスタートした真面目なブランドってのも、好印象だったね。

P1060009.jpg

さて。わが家の最寄りの駅前にはアウトレットモールというフザケた施設があって、通勤帰りのワタシを「うっふん」と毎夜あやしく誘ってくることは以前にも書いたコトだが、愚かなことに、また引っかかってしまったんである。
だって仕方ないのだ。ニューバランスのショップがあるんだもん。それでも何でも2年ぶりの買いものですよ。フィットネスジムのスタジオ・プログラム用にジョギングシューズを買って以来だ。うむ。堅実と抑制と言ってもバチは当たるまい(w

ちょうど5年前に買ったナイキのサンダルが、ちょっと具合が悪くなってきたのが気に入らなかったワケです。左足首のメインのベルクロがバカになって、ストラップが外れやすくなっている。ま、けっこう使い倒してきたからね、ワシの足裏のカタチがクッキリついていたりする。街中で、そしていろんなキャンプ地で履いてきたのは懐かしい思い出だが、アディオスだ。

P1060008.jpg

そして、その代わりに購入したのが、コレ。「SD209」。2,960円也。安いもんです。コゲ茶のアッパーと黒いボトムの色合いがシブいでしょう。真夏のビーチなんかでは熱さで足裏が「アチチ」となっちまうかも知れないが、一足で305gと軽量なのがイイ。バックパッキング時のアプローチ用として、ビーサンをやめてコイツにスイッチできるかも、などと期待を持たせてくれるニューフェイスでもある。愛用していこう。

これだけは買わせろCM:11
<< 超冷装ホーム全記事一覧オトコの「ままごと」プロジェクト(21) ママゴトの真髄 >>

コメント

ヒギンズネタはおっさんにしか通じないw
FD-MINIMI #-|2011/06/01(水) 08:36 [ 編集 ]
ヒギンズネタは
おっさんにしかわからない~。
fd-minimi #-|2011/06/01(水) 10:29 [ 編集 ]

>fd-minimiさん
あのその。そんなに強調しなくても(w

ヒギンズに食いつくとは、グッジョブですね。
彼の代表作「鷲は舞い降りた」は、今でもワタシの読んだ小説・オールタイム・オールジャンルで、5本の指が入ります。
あ、イカン。「指に」でした(w 

粋な名言のオンパレードにシビレましたね。
そうして、ギャビン・ライアルとかレイモンド・チャンドラーとかの翻訳モノなんて、今どきのヤングはもう、取っつけないんじゃないスかね。コムズカしくて。

ビバ!おっさん、なんでありマス。
ラード #-|2011/06/01(水) 17:50 [ 編集 ]

や、二重投稿申し訳ないです。
やっぱライアルとかに流れますかw
いまどきは会話文や擬音がたっぷりの小説とかしか受けないんですかね。硬い地の文で埋め尽くされてるようなのが好きなのですが。
fd-minimi #-|2011/06/02(木) 11:49 [ 編集 ]

>fd-minimi さん
コメント、サンクスです。

ホントはワタシも硬い文章は「その世界」に入りこむのに時間がかかるから苦手、ではありますが。
ハヤカワ文庫のシリーズとか、創元推理文庫のハードボイルドとかミステリ系を読んだのって、じつはずいぶん昔なんです。

先輩には、とっくに読んだと言われるかもですが、ラード的オススメは・・・。

・スティーヴン・ハンターのスワガー・シリーズ(とくに父・アールのほう)
・AJクィネルのクリーシィ・シリーズ
・佐々淳行のノンフィクション「あさま山荘」「東大落城」

じつは、この中でもっともハードボイルドな文体と内容を誇るのが、「あさま山荘」。最高です。

いちばんのオススメは、表面は「やっこい」けれど奥が深い、東直己の「ススキノ探偵」シリーズ。
もう15年近く読み続けてます。ここ2作は文庫化を待てずに、ゴーツクな単行本を購入。感情移入できますぜ。
そしてある意味、名セリフのオンパレードでもある。「メンドくさいんじゃないぞ。メンドーなのだ」とか(w
第1作「探偵はバーにいる」から、ぜひ。
ラード #-|2011/06/02(木) 15:02 [ 編集 ]

テン場用のサンダル、しばらく悩んだ時期がありました。ってそんなに深い悩みじゃないですがw
で、つっかけタイプで、軽いもの、できればある程度は足を守るもの、ってところで、クロックスがいいなと結論しました(未購入。ぼちぼちバッチもんを探すつもり)。かさばるのでザック外付けになるのが悩ましいところですが。値段も本物は高杉ですな。

亮介 #-|2011/06/02(木) 16:44 [ 編集 ]

>亮介さん
クロックスの「ケイマン」というオリジナル・モデル、いま日本なら千円ほど値下がって、2,800円ですぜ。バッタもんなら、近所のホムセンに逝けば千円くらいで買えます。
まあその。アレはザックの中に入れづらいデカさだし、外に吊るせばムリして若ぶってるジジイと同情されそうで手を出せぬ(汁

しょせんワシは夏山しか行かないから、ビーサンで十分なんですけど、その「ブランド」にはトコトンこだわっていたワケです。
で、今は葉山のレジェンド「げんべい」でキマリ。
http://blog.livedoor.jp/genbei/
なんか、ミラノでもココんちのビーサン、売ってるらしいですよ。
ラード #-|2011/06/02(木) 18:30 [ 編集 ]

ビーサン、軽さと薄さは魅力ですね。ただ朝露やちょっとした雪で、靴下が濡れるのが痛いところ。天場次第ですな
亮介 #-|2011/06/03(金) 05:11 [ 編集 ]

>亮介さん
あー。亮介さんの記事に出てくる「ベットーレ北稜」みたいな山岳では、ビーサンじゃあ役不足ですね。

そういや、2年前の夏、北穂から上高地に下山中のとき、横尾-涸沢間の登山道でヘンなオッサンを見かけたんです。

あれは小学校の林間学校らしき大部隊の付き添い役だと思いますがネ、短パンに使い古しの素足ビーサン姿、なのだった。デカいザックなのにネ。ソコから先は長い雪渓登りになるから、さすがにキチンとした靴に履き替えたんでしょうが、ワシャ、思わず振り返ってしまったもんダ。「ナニしてんの。このヒト」と(w

まあその。伊達趣味、なんでしょうナ。ベテラン・ムードをビシバシ発散してたし。
ワシも、チンドン屋さんっぽい「山ガール」たちに対抗してコジキルックを極めようかな、なんちゃって(w
ラード #-|2011/06/03(金) 12:51 [ 編集 ]

 ふむ。基本的に翻訳ものスキー(和書は池波正太郎くらいでしょうか)なので、挙げていただいた奴はすべて購読済みであります。
 つーことで佐々淳行とか読んでみます。ありがとうございます。
fd-minimi #-|2011/06/03(金) 14:06 [ 編集 ]

>fd-minimi さん
おー。レベルが浅かった、か(w
では、キチンと本棚を見て、面白がってくれそうな小説を見繕ってきます。

佐々成政の末裔の佐々サン(早口言葉みたいだなw)は、とくに「連合赤軍あさま山荘事件」が出色の出来。文体はハードボイルド、内容がスリリング。意表を突く面白さです。
ちなみにワシは、ちょうど今、氏の「戦時少年」っつー回想ドキュメンタリを読み始めたところ。すべてブックオフで買っているんですけどネ。こいつも面白そうです。
ラード #-|2011/06/03(金) 17:44 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。