ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

オトコのままごとプロジェクト(22) 2011夏山バージョン

2011/07/06(水) 12:56:47

P1060087.jpg

6月のはじめ、会社帰りに銀座の「A&F」ショップに立ち寄り、「GSI」の「ウルトラライト・ネスティングボウル・マグ」の取り寄せを頼んだワタシ。しかし長い名前だな。で、注文した翌々日、入荷したので引き取りに。定価の1,470円でした。
「A&F」はワタシには妙に敷居の高いショップなんですが、このブランドの正規ディストリビューターだから仕方がない。オマケに「GSI」なんて、ごく最近になってポップでカワイイ色使いの製品群で婦女子に評判をとってきたナベカマ・ブランドなんだろ、貴様それでも銃後の妻か、そんなムードだったんです。

そんなワタシがコイツに注目したのは、ちょっと前のこと。大きな声では言わぬが、このお方のこの記事ですね。いろんな意味で衝撃を受けたシリーズ登山レポだったんですが、まあその。声がデカいよ声が(w  

ところがだ。コレ、アウトドア・ショップでは置いてあるトコを見たこと無いんだもん。あまつさえ通販系でも、当時は「アマゾン」はじめドコも売り切れていたのだった。そうなると気になって仕方なくなるワシは絵に描いたよーなバカとも言え。

P1060088.jpg

ごらんのように、この商品は、つまりプラスチック製のどんぶりですね、フタ付きの。
しかし、懐かしいわな。というのも大昔の山岳部時代、合宿などではこんなカタチの白いプラ製「バイル」(食器のことを、こう呼んだ)2枚のみ(スプーンとフォークもあった)が、食関連の「個装」のすべてだったからだ。火にかけるコトなんかしないから、このレベルで十分だったんですが、いま振り返ると質素のきわみ(w

そんなアイテムをワタシ好みのオレンジ色にして、サイドをグレーのネオプレーン生地で巻いただけなんですが、それだけの工夫で別モノ的にカッコ良く思えちまうワケだ。

ところで、わざわざコイツをゲットしたのには、以下の理路整然としたヘリクツがある。すなわち、
・「オプティマスHEクックセット」を買っちまった。もったいないから活用していく。
・このクッカーは、しかし蓄熱の鬼的アルミ製。猫舌どころか猫クチビルのワシ、どーなる?
・一回、ラーメンを作って喰ってみた。フチが熱すぎてスープが飲めぬ飲めぬ。
・ここで「ネスティングボウル」のコトを思い出す。
・エッジが心配な「ヒートエクスチェンジャー」のボトムを収納時にカバーできるメリットもあるじゃん。

如何だろう。じつにスッキリ爽やかな論理展開とは言えまいか(w

P1060096.jpg

とりあえず、製品評価をくだしておこう。メリットは、まず、ポップなこのオレンジ色。ココにマルタイラーメンとかレトルトをブッカケたマカロニが入ってるサマを想像したワケですが、まあ、違和感はないな、と。ブルーよりは見栄えがしそうだし。また、軽量なプラ製のフタ、コイツがあつらえたようにHEクッカーにジャストフィットするし、クッカーの底部分のカバーにも、ほぼピッタリという収納状態になるのだ。

デメリットもあるけどね。それは、このネオプレーンの保護材なのだ。まず、鼻持ちならんくらい臭い。洗ってもみたがニオイは抜けない。スタッキングすると外側の大きな方の内側にニオイが付着し、イヤハヤでもある。それからこのお椀を持つ場合、サイドのみ覆うカタチは熱さ除けとしてはイマイチ意味がないワケで、まあその。コイツはカッコだけなのかな(w

それでも何でも「ままごと」なんだから、試行錯誤錯誤錯誤でネタは続いて逝くんですがネ。

P1060099.jpg

これが昨年の夏山バックパッキング時の組み合わせ。内容は、エバニューの900mlクッカー、600mlクッカー、FDカップ450ml。スノピの300mlシェラカップとFGSの皿フタ。すべてチタン製で、この目方になる。

P1060100.jpg

今年は、それがこの目方になる。内容は、GSIのプラ・ボウル内側600ml、オプティマス900mlアルミ・クッカー、エバニュー・チタンFDカップ450ml、スノピのチタンシェラカップ300ml、そしてGSIのプラ・フタ。

それにしても、この統一感あふれるカラーリングの凛々しさよ(w 「EPI」のガス・キャニスターなら、カラー・コーディネイトはさらにピッタンコだ。

P1060102-1.jpg

軽量化をソコソコ優先する、ワタシの夏山BPにおける「調理・飲食関連」の今年のアイテムは、こんなラインナップになる。実際にはガス・キャニスター(中身半分入り)がもう1ケと調味料セットが加わります。まあその。こーゆーのをシーズン・インの前に晒すのは「出血」大サービスっぽいから避けたかったワケだがネ、まあイイや。

とりあえずこれ以上、アイテムを削るつもりはナイ。その気になればシェラカップをチタン・ロッキーカップ480mlに代えてザックにブラ下げて、FDカップを削るという「テ」もありますが、どうもねえ。やっぱりコーヒーはシェラカップで飲みたいもの。そしてスープやら味噌汁を飲むカップとウイスキーを飲むヤツも、別にしたほうが気分はリッチだ。

この組み合わせは、今までのヤカン代わりの小クッカーを廃して、ネスティングボウルでラーメンとかマカロニを喰う。大クッカーでの調理は煮るのみにして、アブラまみれになるのを避けるワケだ。内側にはハードアノダイズド加工がしてあるから、ふきふきしやすいとは思う。

P1060106-1.jpg

いやはや、病膏肓(やまいこうこう)じゃの(w まあその。「HE」が付いているクッカーはアルミ製しかありえず、するとチタン製より100gほど重くなっちまう。しかし燃焼効率はバツグンだからブタンガスの使用量は下がって、すなわちガスが少なくてすむ分、その重量は軽くなる。ってコトは昨年のシステムと、ほとんど重量的な変化は無いワケで、自分が持ってないモノを買ったんだという自己マンゾクが残るのみ。

いやはや。まったくもってイタチごっこ。そしてコレがすなわち「オトコのままごと」、イバラの道です。
まだまだ続くよ(w

バックパッキング・道具考CM:2
<< モンチッチ的ナイロン袋ホーム全記事一覧鷲は舞い降りた、ワシの手元に。 >>

コメント

なんだかコチラからの訪問が多いと思ったらw
ようやく購入できたようでナニヨリです。
いのうえ #OucFHXVM|2011/07/06(水) 19:53 [ 編集 ]

>いのうえさん
やや。もうバレちゃった(w

お世話になっとります!

もう、マナジリ吊りあげて松坂屋の地下へ特攻しましたよ。
また参考になる記事をお願いしますね♪

ラード #-|2011/07/06(水) 20:50 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。