ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

漂流記、ふたたび

2011/08/03(水) 18:20:53

P1060181.jpg

さあ、諸君。コイツの商品名を、声に出して言おうではないか。
大きな声で、3回だ。それ、ご一緒に♪

「まんこい」
「まんこい」
「まんこい」


いやその。蔵元に悪意があるとは到底思えない。
なぜなら「まんこい」とは、奄美のコトバで「千客万来」を意味するとの由。
なるほど、丸みのある優れて福福しいネーミングではないですか。

ただし奄美地方に限っていえば、だがネ。

引用が古すぎますが、ワシがガキだった昔に一般的だったプロレスラー・ネタで言うと、あるエリアでは苦笑が漏れるジャイアント・ババとか、あるエリアでは皆が俯いてしまうボボ・ブラジル、とか。
そうしてこの「まんこい」である。そうさね。関東にある、酔っぱらいばっかの居酒屋でサ、店のおねいさんが注文とるときにどんな展開が起こるか、ま、想像つくだろ? 

そんなんであるから、商品の「ネーミング」は全方位外交的に慎重に…というコトであります。コレを言いたいがため「だけ」に、コイツを購入したワケだ。

P1060084.jpg

なんてのは、ウソです(w
まんこいは黒糖焼酎で、なかなか美味い。アルコールのマイ・ブームは、いま、黒糖焼酎にあるんです。いやその。近所のホムセン「スーパービバホーム」で初めてコイツを見たときは、「ややや」と唸ったワシですがネ。

最初にオレンジラベルの30度を、その後に25度のモノを飲んだ。サラサラした風味を好むワタシは「金まんこい」、25度がイイ。

まあその。前回のアルコール購入記では、「喜界島」と出合って惚れたってので終えていた。その初めて飲んだ黒糖焼酎とは、奄美地方の特産とのことで、美味かったんです。そうして以後もわが肝臓にフィットするサケの検討・検証ってのを続けているのだ。





P1050596.jpg

4月になって最初に買ったサケ、2本目の黒糖焼酎は、「瑞祥」。酒のデパート「河内屋」にて、1,100円くらい。コチラは「喜界島」よりもクチあたりが良いが、パンチに少し欠けるかな。
とり急ぎ申しあげておきますと、黒糖ってナニかと言うと「さとうきび」なのだよ。面白いね。ということで、洋酒はトウモロコシ、和酒はサトウキビ製がラード的サケの好みだと相成った(w

P1050600.jpg

泡盛「美浜(ちゅらはま)」の一升パック。安い。1,500円台でした。冬場に飲んで美味いと思ったのだが、紙パックだからか知らん、イマイチな風味。

P1050681.jpg

ふたたび泡盛に色目を。ナゼか焼酎の銘柄充実度がバツグンな「スーパービバホーム」にて、「残波」600ml、860円くらい。コイツは美味い。なんかノド越しでスーッとするからだ。今まで飲んできた泡盛では、ベスト。
ちなみにワタシは泡盛の「新酒」にしか興味が湧かない。清酒で言えば普通酒に限るってなムードです。寝かせた古酒が美味いって、そんなの当然じゃん。だから高価いワケだしネ。ベーシックでありながら美味いモノを見つけたいと考える。

P1050715.jpg

「喜界島」ふたたび。今回は一升ビンで、2,000円ちょっと。ちょうどGWのころはコイツを飲み続けていた。

P1050853.jpg

泡盛2種を同時購入。「菊の露」と「時雨」、どちらも600mlで、700円前後。「スーパービバホーム」の泡盛(の新酒)完全制覇をたくらむワタシ(w 「菊の露」は、まあフツー。「時雨」は、ともかくこのラベル・デザインのトロピカルさが気に入って買ったワケですが、エグ味がキツくて飲みづらい。今でも半分ちかく残ってます(汁

P1050858.jpg

その反動だったのか、ラード的ど定番「二階堂」を一升ビンで。麦焼酎は安いんだよナ、ホムセンの「Mr.Max」で、1,470円くらいだ。面白味もナニもないが、サケは物珍しさで飲むものでもナイよね。いまさらそう思う。

P1060045.jpg

梅雨のさなか、4年ぶりくらいに「カナディアン・クラブ」をチョイス。サラサラのウイスキーが飲みたくなったんですね。「イオン」で買ったんだったか、1,000円ポッキリくらい。ソーダ水で割りながらコイツを飲むと、つるつる飲みすぎてしまうからもったいない。

P1060126.jpg

「金まんこい」を見つけたのは、およそ10年ぶりくらいに入ったホムセン「ジョイホン」宮の木店だった。サケのラインナップはどうなんかな、とチェックしたらビックリした。凄まじいのだ。とくに各種焼酎の銘柄の多さがハンパではない。「おお。エルドラドが眼前に」なのだった(w いったい、バイヤーの趣味か店長の方針か。これまで最強の布陣と思っていた同じくホムセンの「ビバホーム」をハナで嗤うパラダイス。ウチからだと少し遠いのが残念ですがネ。

そうして、間に「まんこい」2本を飲み干した後、ふたたびワタシの定番「いいちこ25度」の一升にフラフラ戻る。至極飲みやすいコイツをウメボシ入れて飲みたい、とね。1,476円也。お求めやすいお値段です。

いやその。GWを過ぎたあたりからだったか、どうも肝臓の調子がイクナイ。「あれ?」と自分で気づくくらい、飲んでる最中に満腹感をカラダで覚えるようになってきたワケ。また翌朝には、いつものナイトキャップ定量レベルで、ナゼかサケが残るコトが多くなった。フシギだ。いよいよ脂肪肝がホンキを出してきたのであろーか?(汁

P1060329.jpg

7月になってからは、そりゃ毎日おウチで飲んではいるが、せいぜいひと晩に150mlくらいだ、この「喜界島」をね。

P1060331.jpg

新たな銘柄チャレンジなんてのも、ちょっと疲れてきた(w で、ふたたびの「瑞祥」を、今ちょうど飲んでいるところ。どんどん小さなコダワリなんか無くなって、身軽になれればイイなと思う。

P1060336.jpg

【追記:8月6日】
コメントに刺激されて、ホムセン「Mr.Max」にて「れんと」一升紙パックを買ってきました。ええ、先ほど。1,978円也。すっとノド越しヌケるサワヤカ成分(とうきびの仲の何やらだろうと想像する)は、今まで飲んできた黒糖モノではサイコー。なかなかだが、ワシには少しエグ味が強いかな。

これだけは買わせろCM:2
<< 尾瀬の夏休みホーム全記事一覧キャンプしながらサバゲとな。 >>

コメント
黒糖といえば
れんとですよ。
昔奄美まで出張に行った知り合いが
買ってきてくれたのですが、まさか
スーパーで売られるようになるとは
そのときは思いもしませんでした。
で #-|2011/08/06(土) 03:01 [ 編集 ]

>でさん
「れんと」ね。
もちろん近所にはドコでも置いてあります。
でも、あのウスラ青いビンの色と「音響熟成」とかいうナウいコトバで遠慮してきたんでした。

2せんえん弱で一升紙パックを売ってるから、この週末に買ってこよっと。





ジョイホン
ラード #-|2011/08/06(土) 10:03 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。