ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


11月 | 2017年03月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

尾瀬の夏休み

2011/08/20(土) 23:53:36

P1060620.jpg

ぼくの夏休みを尾瀬に暮らしてきた。
6日間の山旅だった。

P1060562.jpg

以前から「山系バックパッキング」を自分の理想どおりに実現できる場所と考えていた。
ラグジュアリーで脱力したキャンプ山行、そんなニュアンスなんですがね。

P1060461.jpg

尾瀬とは観光スポットと魅力的な登山対象が混在する、特異なエリア構成が大きな特徴と言えるだろう。

P1060748.jpg

そして行くからには「すべて踏む」「ぜんぶ見る」という意欲を持っていた。

P1060609.jpg

というのも、いま話題にコト欠かぬ「東京電力」が土地の7割を所有している特殊なエリアだから。
あの「3.11」によって、尾瀬を手放したいなどと弱音を吐いているのは見聞きしている。

P1060644.jpg

今後は、取りまく環境に何やら望まれない変化が起こるかも。
だから是非とも今夏に実施したかったワケなのだ。

P1060764.jpg

ところが、そんな目論見をブチ壊してくれたのが7月終わりの豪雨禍だ。
湿原の木道は広範に流出し、花たちは消え失せ、未だ復旧できぬ主要ルートもあるという。

P1060414.jpg

北ア北部への代替プランも考えたのだが、しかし、尾瀬でくつろぐ思いはやはり捨てがたい。

P1060842.jpg

結局、一週間ほど後ずらしして実行することにした。
そうしてヤルときはやるワタシ、尾瀬のルートとスポットのほとんどをキッチリと押さえてきた。

P1060696-2.jpg

取りこぼしがあるとすれば、それは小屋泊まり(w
ま、その楽しみってヤツは今から10年後に取っておこうか。

P1060570.jpg

お天気にもソコソコ恵まれたこのバックパッキング旅を、これから記していこう。


【行動メモ】

・8月14日 入山・鳩待峠~山ノ鼻BC、尾瀬ヶ原周遊
・8月15日 至仏山
・8月16日 尾瀬沼BCへ移動
・8月17日 燧ケ岳
・8月18日 見晴BCへ移動、三条ノ滝など周遊
・8月19日 八木沢道~アヤメ平~鳩待峠・下山

バックパッキングCM:6
<< ラード的音楽がたり 「クリスタル系」ホーム全記事一覧漂流記、ふたたび >>

コメント

  尾瀬満喫コースでしたね~。この時期の尾瀬だと花もピークを過ぎて7月に比べると空いているかもしれませんね。
 尾瀬にテント泊はしたことないのですが、たしかテント代1,000円、尾瀬沼畔のテント場は予約が必要だったような・・・?

 燧ヶ岳は桧枝岐からの登山道が断然良いですよ、それと会津駒と平ヶ岳も超お勧めです。ぜひ!
IK #-|2011/08/27(土) 07:50 [ 編集 ]

>IKさん
サンクスです。

またまたアウトドア系ブロガー連中に流行らそうとして、企画・実行しました(w
だいたい、なんで雲取とかコブシとか、そんな標高差ビシバシのつまらん山に逝くのか。
首都圏から等距離には、一大テーマパーク「尾瀬」があるではないか。
こんなねらいですね。

実際、ガラガラでしたよ。豪雨禍でも、原発の風評でも。
ワタシが入山したときがすでに晩夏だったし、豪雨の影響は各所に見受けられました。
まあその。今年は「尾瀬で暮らす」というイージーなプラン(BCから軽装アタックだ)に軸足を定めていたんで、代わりに行ける縦走ルートが無かったという。

キャンプ料は3ケ所とも800円、高価いね。
尾瀬沼は、たしかに予約マル必。空いてたけど。それが、このスノコ画像のトコロです。
そしてこの画像をクリックして拡大する読者が、えらく多い。注目のマトってヤツね(w

これから、いつもどおりズルズルと日を追って記していきますんで、お楽しみに。

会津駒、シルクバレーキャンプ場にテンパって、出かけたいとは思ってます。
ラード #-|2011/08/27(土) 13:12 [ 編集 ]
キャ~!
今年は尾瀬ですか!
私も一度は行ってみたいのですが・・休みが・・リタイヤして無職になったら行ってみます。
今回も、中身の濃~い♪レポ期待しておりますです♪
チャイ #-|2011/08/31(水) 17:41 [ 編集 ]

>チャイさん

どもども。
今年は、超イージーなコトをしてきました(w

そんな職を投げ出してまで気合いを入れなくとも、夜行1泊2日で十分に楽しめますぜ、尾瀬。
ウチからは、そうさネ、「南八ツ」に行くのと同じ距離ですね。わりと近い。
まあ、ちょっと毛色の違う「登りかた」ってのも、メリハリあってよろしいかと。

ってな記事にしていくつもり。
とっとと書かなきゃ(w



ラード #-|2011/08/31(水) 21:32 [ 編集 ]

尾瀬はいいっすね~!
こうしたバックパッキング的悦楽に惹かれる昨今であります。

垂直系よりも、こうした尾瀬を筆頭に苗場、八幡平など湿原系をどっぷり楽しみたくなってしまったのでした。今週末は草原系^^;;
ユウ #2DdjN05.|2011/10/07(金) 13:49 [ 編集 ]

>ユウさん
コメント、サンクスです。

筆がピッタリ止っちまって、早ひと月(汁
まあその。今月中にはすべて仕上げるつもりです。

山に暮らす、という趣味志向を突き詰めていったら、こうなったワケで。
でもまあ、ココはシロートさんが多すぎで、「場違い」ムードが強い(w
八幡平なんか、今ごろは最高でしょうね。
ラード #-|2011/10/07(金) 15:17 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。