ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

房総焚火野宿ツーリング

2011/10/30(日) 23:56:20

【追記:2012年1月12日】
とりあえず記事を書きあげるというリハビリは、まずはココからブチかまそう。
ようやく仕上げました。

それにしても当記事における雷神氏がモデルの写真「2態」、すなわちブリカマを焼くシーンと流木をノコで切っているシーンの画像クリック数がけっこう多い。
うむ。読者諸君よ、お目が高い(w 「ブリカマに塩を振りかける氏」の写真は、少し手ブレはあるものの、旅情を覚えるシズル感たっぷりの野宿画像ではないかと自画自賛しているのです。まあその。営業キャンプ場なんかでは、こういう絵は撮れるハズもないからね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P1070116_20120112215824.jpg

この週末は雷神氏と4年ぶりとなる野宿旅をしてきた。
そしてオフロード・バイクでのツーリングも、じつは3年ぶりに近いワタシだ。

わが家の「バハ」号は、しかしながら緩んだチェーンがブチ切れてウチまで6kmあまりを押して帰って来てから3年半あまり、文字どおりの「お蔵入り」状態なのだった。
というワケで雷神氏の旧型「セロー」を貸してもらい、昔ながらのツーリングスタイルで房総をゆったり周回するコトに決まった。あ。オッカネーから「ダート走行はナシ!で。くれぐれもナシで」というワタクシの必死の主張は受け入れていただいた(w

P1070068.jpg

おだやかな秋の日の朝、シルキーシックスをトバして雷神邸へ。
そこからバイク2台で房総半島の南下を始めた。




P1070064.jpg

まずは早めの昼メシだ。その店は、氏も初体験という木更津の「篠田そば店」。

P1070067.jpg

やきそば・中、500円也。地元の漁師たちに長年愛されてきたらしい、マボロシ系の店だ。
そして雷神氏の房総食べ歩きにかける開拓マインドとその踏破実績は、すごいレベルになっていた(w

P1070069.jpg

海に伸びる電信柱たち。シュールな光景です。ちなみにレンズのヨゴレは気にしないよーに(汁 悪の秘密結社ブラック団の地下要塞が海底にあるのだとかナントカ(ウソw)。これも「裏」観光スポットだね。

すばらしい好天だ。「それでは」と早々に食材などの買出しを済ませ、南端へと向かう。

P1070072.jpg

この丘を苦労して越えると、ひさしぶりの野宿地「K」だ。

P1070075_20120112002926.jpg

お気に入りのココで一夜を過ごすために、雷神氏から「セロー」を借りたワケだ。

P1070079.jpg

マキは流木に限る。そしてこの海辺はマキに困らない。

P1070076-1.jpg

この季節、この時間帯ではムシさんがまだまだイッパイ。ところが、だ。青いクロノスドームには一匹も取りついていない。ネ、これが「黄色いテント」の最大のデメリット。

P1070086.jpg

15時前、早くもカンパイの儀。ヤル気十分なボクらである。

P1070082.jpg

ワタシの手土産、黒糖焼酎「まんこい」25度にご満悦の雷神氏。いやその。ユー、「い」が見えんガナ(w

P1070093-1.jpg

日没を待てずに着火。ヤル気ビシバシのワシらである。

P1070103.jpg

眼前に展開するスペクタクル。

P1070117.jpg

焚火のオキを移して、氏が新たに実戦配備した焼き物マシーンでいわしハンバーグを焼いてもらう。中までキッチリ火がとおって、美味いったらない。次いで鯛のカシラおよびブリカマを準備する。

P1070107.jpg

山ではモルゲンロートが好みだが、海ならやっぱり夕陽がステキ。

P1070121-2.jpg

コイツらがまた、身がしまっていて美味いんだなあ。

P1070131.jpg

そういや、調理はすべて雷神氏にやっていただいたムード(w 「BUCK」のフォールディング・ハンターでビフテキ(死語ですなぁw)を切るところ。ガンガン喰って、大いに飲んで、大いに語りあった。

ちなみに今までいくつか記事にしてきた氏の風雲「ラーメン屋」ストーリーだが、一身上の都合で今年の初めに足を洗ってしまったとの由。うーむ。残念ではある。

P1070128_20120112003805.jpg

風も吹かず過ごしやすい秋の夜は、しかしさすがに息が白くなった。
22時過ぎ、満ち足りて就寝。

P1070134.jpg

めずらしく二日酔いもなく快調に目覚める。

P1070135-1.jpg

そして早朝から焚火、これが大人のラグジュアリー。

P1070138-1.jpg

鯛雑炊を準備する雷神氏。

P1070140.jpg

道の駅なんかで売ってるコイツが、しかし美味いのです。

P1070142.jpg

昨夜は手を付けられなかった鳥ナンコツも焼く。リッチな気分。

P1070144.jpg

海辺野宿を満喫した。さて、デッパツだ。

ヤマハの名車「セロー」(旧型225ccのセル付き)は、この2日間が初めて乗ったコトになるワタシ。
超ロングセラーのオフロード・バイクなのだが、「原チャリみたいな乗り味」という評判は正しい。高速道路をコイツで走るのは恐怖だろうが、房総のクネクネロードなんかでは最強だし、なにより「スピードを出そう」なんて決して思わなくなるダラリンとした味わいは、今のワタシにはフィットするなあ。楽しい体験だった。

P1070154.jpg

そういうクネクネ・ワインディングを走って、いわゆる「S秘境」を案内してもらう。この数年の「裏」房総観光的トレンド・スポットだからね。いちど見てみたかったのだ。

P1070150_20120112004810.jpg

古(いにしえ)の往還道の名残もある、ひなびた佇まいの谷だった。

P1070162.jpg

ついでに氏が発見した秘密のブランニュー野宿ポイントも紹介してもらう。

P1070163.jpg

次回はサクラ咲くころにココで花見をしながら酒を飲もう、そう誓いあった。

P1070165.jpg

昼メシはラーメン屋の新規開拓。佇まいが怪しげとのコトで仲間のだれもが二の足を踏んでいたという、館山の「おかもと」へ。

P1070168.jpg

「ばらなんラーメン」、730円也。ぶ厚くてデカい豚バラ肉と鳥なんこつがトーロトロ。思いのほか美味いしょう油味の一品だ。

P1070170.jpg

道の駅などに寄った後、帰路につく。道中、久留里の観光センターにて思わずカブリついたハンドメイド爪楊枝群。細工ビシバシのデカい1本モノでも50本入りでも、お値段は同じ380円(だったかな?)。珍しくも自分用のミヤゲとして一袋購入した。

P1070176.jpg

やがて雨が降りだして濡れて寒くなったころ、市原の「新風堂」にてひと休み。酒屋の中に作ったカフェのプレミアム・シュークリームってヤツが逸品だ。

そうして久しぶりのワシらの旅は終わった。まだまだ、房総も広くて深い。

雷神さん、いろいろお世話になりました。サンクス。
また、やりましょう。
バイクの旅CM:10
<< ビジネスモデルとしての耳センホーム全記事一覧背もたれの安楽 >>

コメント
お疲れ様でした。
速報といいつつ要点はバッチリですね。
まだまだ知られざる美味い店や
走って気持ちの良いルートが有ります。
セローはいつでも大丈夫ですので、
都合が合えばまた行きましょう。
雷神 #055G8/3U|2011/10/31(月) 09:22 [ 編集 ]

>雷神さん
お疲れさまでした。
メシづくりとかもオンブにダッコになっちゃって、どうもありがとう。

セローは楽しいバイクですね。ホレました。
房総では、もっとも使い勝手のいい自家用車なんじゃないか知らん。

そして「おかもと」のあの味が、雷神さんの仲間うちでも未体験だったワケですから、たしかに奥はディープですね、まだまだ。


また是非よろしくお願いします♪
ラード #-|2011/10/31(月) 11:18 [ 編集 ]

ワァオ!
沈む夕日見ながら焚き火宴会ですか♪
良いですね~憧れます~
三浦半島辺りなら、翌朝帰れば仕事間に合うな~
どっか良い場所ないですかね?
チャイ #-|2011/10/31(月) 16:46 [ 編集 ]

>チャイさん
ああ、もう外が暗いッスね。こんばんは。
ずいぶん久しぶりだったんですけどネ、海辺焚火野宿は。

ええっと。神奈川県はマッタク土地勘がナイので、悪しからず(w
夕日は、三浦半島西側ならギリギリガールズで見られますナ。
国土地理院の「うぉっちず」を丹念にウォッチしてみましょう。

ラード #-|2011/10/31(月) 17:14 [ 編集 ]

最近更新がありませんが、お変わりありませんか? ちょっと気になったので、挨拶がわりにコメント残します。
亮介 #-|2012/03/13(火) 03:42 [ 編集 ]

亮介さん
ご無沙汰ですー。

とくに変わりはないんですが、ま、ブログネタはもう、30ケくらいは貯まってます(汁

いったん書かなくなると、ハードルが高くなっちまってね。
そしてこの半年くらいの間、当ブログ訪問者が絶えないのが慢心をダメ押す、という(w
だいたい100回から200強、多い日で300回くらいアクセスがあるんです。
更新していないのにね。
そしてこの数ヶ月くらいは、月別検索ワードで最多なのが「ラードアラモード」、だという。
目指せレジェンド、ってなムード(w

まあその。ご心配をおかけしているのもアレですんで、リハビリ記事を書きます、ハイ、そろそろと。
ラード #-|2012/03/13(火) 12:32 [ 編集 ]

ははは、ご無事なようで何よりです。
クオリティを保ちつつ記事を定期的に書くって大変ですよね。そういうお仕事ならともかく。
僕にはムリです。ええ、断言します。
亮介 #-|2012/03/14(水) 03:01 [ 編集 ]

>亮介さん
なんつーかその、記事更新について、書いても書かなくても一定量の読者(一見さんかライトビューワーだと思われ)が読みにくる当ブログのネタ積み重ねってのは、自己マン度合いが大きいんですけど。えへ♪

ハッキリと筆が止っちまった主因は、尾瀬ですね。
あれは山なのか観光地なのか。いまだに自分の中で整理がつかん。
楽しかったのか満足したのか、はてさて?
でも、ワシがあのときの記事を仕上げたら、きっと今夏は宴会キャンパーズが大挙しますぜ(w

というワケで、乱筆失礼。
ラード #-|2012/03/14(水) 15:34 [ 編集 ]

生きてますか~~って聞こうかと思ったら同じような心配をされている方が居られた様で(^◇^;
無事で何よりです

ところで、ハンターの新作が出ましたね。
今日気付きました(;´Д`)
年寄りになってしまったボブがどんな活躍をしてくれるのか楽しみです
どいる #-|2012/03/18(日) 18:02 [ 編集 ]

>どいるさん
あいや、お久しぶり。

名古屋から、そしてイタリヤからワールドワイドに心配されていますね、どもども。
こないだなんか、「ラードアラモード 消息」っつー検索ワードがありましたよ、どんだけ(w
あー、アクセス解析、ほぼ毎日見てます。これは面白いんでネ。

ハンターの新刊、そういや書店でチェックしてました。
すでにアマゾンで中古モノが出ていますね。ゲットしとくか。
でも、「蘇る」と「黄昏」が、どちらもやっぱりイマイチだったんですよねー。
スワガー・シリーズ・ファンの義務とはいえ、どーなん、今度のデキは、と。
ねえ。

今は、ケン・フォレット著「大聖堂」というゴーツクな大部の小説を読み始めたところで。
コレ、上中下の3巻モノで、文庫本のクセして計2000頁くらい。じつに先は長い、という。

ラード #-|2012/03/18(日) 20:56 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。