ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ワン・アンド・オンリー

2011/12/25(日) 18:00:00

P1060964.jpg

9月後半の週末のことだった。自宅最寄りのスーパー「OKストア」にて、こういうブツを発見しました。

お値段は160円弱だったかな。「OK」は各社のレトルト・パスタソースのラインナップが抜群に多いから、定点チェックを欠かさない。毎夏のバックパッキング旅の準備どきには、とても便利な店なんです。
そしてパッケージに「業務用」と書いてあるように、フツーは置いていない裏ラインナップも多彩なところが、こういうディスカウント系スーパーの面白みとも言えるね。

間もなく年越しなどという押しつまった時期だってのにアレですが、てへ。9月は東海エリアに豪雨渦が起きたのを皆さんは覚えているだろうか。いないか(w 台風15号による大雨で、名古屋市民のうち100万人余に避難勧告が発令される緊迫した事態となったのだ。
「ミレニアム」(すでに死語の風格バッチリだなぁ)をまたいだ5年あまりを名古屋に単身赴任していたワタシ、2000年9月11日に発生した東海豪雨を体験したコトもあり、ヒトゴトとは思えなかった。そしてちょうどそのころに、この懐かしい商品と対面したワケです。

このレトルトソースを見て「ほほー」と思ったヤツって、ごく限られる。つまり「あんかけスパ」を知っているヒトです。
そして略称「あんスパ」という食べものを知っているのは、名古屋を中心とする東海3県(愛知・岐阜・三重)の在住・出身者か、ワタシのように転勤で暮らしたヒトたちと考える。
もちろん旅行や出張時に、もっとも有名な食堂「ヨコイ」で喰ってきたというケースもあるだろうが、ともかく「あんスパ」とは東海エリアでしか味わうことのできない「外食」(基本的に)なのです。

P1060966.jpg

ということで、名古屋本社の名門「コーミ」社製のこのソースを使って昼メシを作ってみた。いやその。ヨメにやってもらいました。
「ミラカン」とか「ミラネーゼ」とか「インディアン」とか「ヨコイ」とか「1半」などというキーワードをオボロに思いだしたワタシ、とりあえずシャウエッセンとタマネギのみで再現。

「むーん・・・・(・∀・;)」。たしかにピリカラのトマト風味ソースはソコソコだが、わが豆腐アタマにこびりついてるイメージと違う。こりゃ、別モノですワ。
なんたって1.6mmのフツーの太さのスパゲッティってのが違う。もっと極太の麺でなくては。そしてソースの分量が少なすぎ。もっとヒタヒタでなくては。さらにソーセージではなく、今ではレアものとなったチープな赤ウインナーじゃなければ気分が乗らぬ。

「キチンとしたものを喰いにいかねば」。こーゆーネタには燃えるワタシは考えた。

というコトで、数年前に秋葉原で1回だけ喰ったコトのある「あんかけスパゲッティ」、その営業中の店が首都圏に現在どれだけあるか調べ始めました。そしてビックリした。なんと都内でコレを供するレストランは今、「パスタデココ 港区西新橋烏丸通店」の1軒のみ、だったのだ。

おっと。パスタデココとは、カレー・チェーンの「coco壱番屋」(岐阜は一宮が発祥の地、つまり東海ドメイン)が展開している「あんスパ」のみのレストランなんですが、かつてワタシが喰った秋葉原店は数年前に閉ざされている。また、この記事にあるような神田の専門店や新橋の老舗も、気づいたときには閉店していたワケで、あるいはこの店ならば記事になったのが今年なんだからOKだろうと思ったら、このモールのHPを調べてみると店舗名がすでに見当たらない、そんな体たらく。いやしかしこの不運の連鎖、いったい何だっつーのだ。

P1060973_20111105181254.jpg

すなわち首都圏で「あんスパ」を喰える食堂とは、ワン・アンド・オンリー。

本場・名古屋では今やチェーン店とか独立店がボコボコ増殖して、すごい活況を呈していることがネット情報で見てとれるのに、この落差はナンダっつー。
ともかくウィークデイのお昼どき、初秋のまばゆい陽光を浴びながら、銀座線で虎ノ門駅からスグにある「唯一」へと急ぐワタシでした。

P1060970.jpg

外装を工事中の「パスタ・デ・ココ」店内は変形S字型のカウンターのみで、20数席という狭さだった。そして、あんスパを代表するメニューである「ミラカン」を、ソースの辛さはピリカラで、麺を400gの「L」でオーダー。

P1060972.jpg

さっそくムサボリ喰らう。ちなみにこの皿はけっこう大きい。天地1尺くらい。ソコにこのボリュームだから、なかなかのメタボ系と言えましょう。
麺は2.2mmの極太で少し硬め、ソースはピリカラのヒタヒタで荒びき黒コショーまぶし、そして具は赤ウインナーとベーコン、そして野菜系。そう、コイツこそが「ミラカン」です。美味い。

まあその。あんスパの元祖である名古屋・栄の専門店「ヨコイ」の味と比べてみてどうか、などと問われても困る。ワタシが最後に「ヨコイ」を喰ってから7年以上も経ているから、覚えてへんワ、そんなん(w 
全国展開しているカレーの「ココイチ」の系列だから、ソースのレシピは簡単なモノながら、長いこと煮込んでココならではの風味を作りだしているんだろうしね。もちろんセントラルキッチンで均一のクオリティで供しているのだろうしね。ともかく「喰いてえ!」パッションが先行していたワシにとっては、十分に懐かしく、そして美味いものでした。

では、喰ったコト無いヒトにとってコイツは美味いのか?と。
これは好き嫌いがキッパリ分かれるメニューだと思いますね。基本的にはガッツリ系、そして「野郎メシ」。お上品な婦女子にはイマイチ似合わぬ喰いモンなのではないか。

ただし名古屋のソウル・フードってヤツは、味つけの濃いものが多い。たとえばラーメンでは「台湾ラーメン」という辛味噌がドップリ乗ったタンタンメン系だし、東京にも支店が多い名物・手羽先で有名な居酒屋「世界の山ちゃん」なんか、あまりにもスパイシーでわが家のヨメもムスメも喰えなかったモノだし。ま、東海エリアの女性は濃い味とかスパイシーに慣れきっていて、ピリカラの「あんスパ」なんか屁でもないのかも知れぬ。

そういえば「あんスパなどという喰いモンは認めない」、そう断言する転勤族のオッサンとか兄ちゃんが支社内に多かったことも思い出した。
ちょっと脱線しますが、スパゲッティという食べもののコトを、いつから「パスタ」と呼ぶようになったか、ワタシはイマイチ覚えていない。昭和も終わりのころだったのではと想像しますが、1960年生まれのワタシの世代って、スパゲッティとは長いこと「ミートソース」と「ナポリタン」の2種類しか存在しなかった(外食でも家庭でも)からね(w だから「ぱすた? ケッ。ナニを気取って言い換えてるんじゃ」と馴染めなかったんだ。
きっと、「ペペロンチーノ」だの「カルボナーラ」だの「ラザニア」だのが身の回りに登場しはじめたころに、イタリア産の麺類の総称として国内で認知されたってワケなんだろうがネ。

だから「あんスパなんか認めないぜ」などとのたまう支社のオッサンは、グルメな東京モンだったのでしょう、きっと。ところがワタシの場合、「B級グルメ」ってヤツが大好物のジャンキー(ジャンクフード好きっつー意味だからお間違いなきようw)で、そういえば有楽町「インズ」の一角にある、オリジナルB級スパゲッティ超大盛で人気の大衆食堂「ジャポネ」のジャリコ横綱などを30年近く前から定期的に喰ってきたから、名古屋のソウルフードである「あんスパ」に吸い寄せられる資質は十分、そう言えたのです。

P1060977.jpg

この一週間後くらいに、「パスタデココ」を再訪。魔力があるんだ(w
大判のメニュー表から、今回は「ぶたキャベ」をチョイス。好物なんだ。ソースは「スパイシー」、麺は思いきって「2L」、すなわち500g(w ま、なんとかなるでしょう。コレでお値段は950円だったかな。ランチセットはお値打ちだが、あんスパ単品は昼メシとしては高価い。

P1060978.jpg

このボリュームよ。お皿は天地一尺あるかんね。思わず「うむ」と身がまえたが、喰えちゃうもんです。ズボンのベルトを途中でゆるめたかも知れんが。ソースは黒コショーがビシバシまぶさっている刺激的な味で、まあ、このほうがシンプルな具財なのに飽きもせず食が進むと思う。美味かった。

ところで、名古屋名物の食べものって、皆さんはいくつご存知だろうか。
ひつまぶし」、コレは今では全国的に知名度が上がっていると思う。ただしコイツは食べかたの一提案というもので、名古屋の「うな重」はすべてこのスタイルというコトではない。「蓬莱軒」が好みだったが、ココは自腹で喰うにはたじろぐお値段だった。
「みそかつ」、コレも全国区。「矢場とん」というオフィス最寄りの食堂がもっとも有名だが、トンカツ大好きのワタシでも八丁味噌のテイストが好みではなく、1回喰ったきりだった。
「きしめん」、これが昔からもっとも有名だろうね。とはいえ、すでに市民からは見向きもされないメニューに成り下がっていたと思われる。冷たいきしめんを「ころ」と呼ぶのだが、ワタシはコレが好きで夏場の昼メシにけっこう喰った。
すがきや」のラーメンは、東海エリアで生まれ育ってきた連中の正しくソウル・フードらしい。ナゼか知らんが先割れスプーンで喰わせる、どえらく安価なチェーン店だが、1回喰ったら十分だったワタシ。
「味噌煮込みうどん」も今では全国区だね。オフィス近くに有名な「山本屋総本家」があったから、ちょくちょく喰った。ランチにしては少し高価いのと、ネコ舌のワシは恐れをなす沸騰グツグツなのだった。
「エビフライ」、名古屋名物の「えびふりゃー」として定番と思われるかも知らん。ところがドッコイ、こいつはウソ(だと思われる)。とくに有名店というのが市内には無かったし、そもそも「えびふりゃー」と呼ぶヒトを身近に見たコトがない(w きんさん・ぎんさんの若かりし時代ならイザ知らず、と。やはりタモリあたりが名古屋をディスるネタとして流行らした伝説、なのではないかナ。
手羽先」は「風来坊」と「世界の山ちゃん」というチェーン店がソコかしこに展開していて、ワタシは「山ちゃん」が好みだった。もちろん全国区。
小倉トースト」をはじめとする喫茶店の凄すぎる名物「モーニング・セット」も忘れちゃいけないのだろうナ。ワタシは1回も体験せずに済んだのだが。

思いつくまま挙げてみた。ほかにも何かあるかも知れませんが、このように、今では全国的に知られる「名古屋名物」が多いワケです。
それに比べて「あんかけスパ」は、どうだ。名古屋周辺では、ますます店舗が増えて過当競争みたい状況だってのに、それ以外のエリアでは、定着すらしないではないか。あまりに気の毒、そーゆー感情移入をしてしまうではないか(w

P1070033-1.jpg

あらためて自宅で「あんスパ」に再チャンジしてみよう、そう考えたのは名門「昭和産業」の極太パスタ麺を「イオン」で見かけて買ったからです。
2.2mmという太さは「あんスパ」の制式サイズ。それにしても茹で時間が16分とは、ストロングではないか。

P1070190.jpg

抜けるような秋空の文化の日、「OKストア」で「コーミ」のレトルトを、あらためて3袋調達。そしてココには「まだ売ってる」系アイテムである赤ウインナーを売っていた。嬉々として2袋調達。タマネギは自宅にあるから、残るはピーマンで具財はコンプリート。じつにシンプルなレシピです。

P1070194.jpg

とはいえ、この昼メシ作りにつきましてはヨメに一任(w いやその。ヘタレですまぬ。当然ながら一袋500gをすべて投入。なんのこれしき。パスタを茹でるには小さすぎるナベで、なんか吹きコボレそうだが、ま、仕方ない。

メシづくりの間、ちょっと再び脱線しようか。名古屋市内に暮らした5年半の間、印象ぶかい「ならでは」ネタはいくつもあるのです。

とくに、「セブンイレブン」。もちろんあのコンビニ・チェーンのコトなんですが、なんと21世紀に入るときまで、愛知県内にはタダの1店も存在しなかったのだ。ビックリしょ?
県内のどっかの郡部に、いよいよ第1号店がオープンするというとき、当時は全盛だったエリア情報誌「東海Walker」に特集が組まれたのを覚えている。タイトルが「セブンイレブンへ行こう!」っての(w もしかしたら広告タイアップだったのかも知れませんが。
そして「一店」突破したら、全面展開されるのは早かった。アレヨという間にワタシのアパートの近所にもできちまったからね。ATMも装備していたから便利この上なかったモンだ。

それにしても、ナゼこんな首都圏では考えられん状況であったのか。ま、その理由はカンタンで、東海エリアには名古屋ドメインのスーパー「ユニー」の子会社であるコンビニ「サークルK」がドドーンと展開しているからです。その後は合併して「サークルKサンクス」になったが、それがあるから「セブンイレブン」は参入できなかったワケ、おそらく、ですがネ(w
これを、名古屋のウスラ高い「参入障壁」と呼ぶ。関連キーワードである「護送船団方式」とか「四摂家」とかで推し量っていただこう。

ワタシが中部支社勤務から離れた翌年に開催された「愛知万博」がトリガーとなって、少なからず事情は「やわらかい」方へと変化し始めたのかも、などと想像しますが、名古屋人の「気質」は閉鎖的というのが定説だった。
生まれてから死ぬまでナゴヤを「出ない」ことがステータス、そんなムードがあったしね。それは現代では幸せなステータスを誇る地方都市、とも言えますね。強い郷土愛をコアに団結している、というのは。

これは企業にとっても同様で、名古屋ドメインの有名なメーカーは山ほどあります。メナード化粧品(訪販の老舗)、ホーユー(ヘアカラーで有名)、メニコン(コンタクトレンズの日本の元祖)、アラクス(ノーシンで有名)、リンナイにパロマ(ガス器具)、ポッカ(缶コーヒーとポッカレモン)などなど。トヨタも宣伝部を名古屋に移したんだっけ、そういえば。

しばらく前に「ガラケー」というコトバが飛びかいましたが、名古屋という街と人こそ「ガラパゴス」なイメージがあると思ったワタシ。ああ、身内のみで独自に深化・発展するアレコレ、という意味ですが。そう、「出ない」し「入ってもこない」土地柄でもあったのだった。
そしてソレが、食文化にも当てはまるワケです。あんスパ然り、台湾ラーメンも然り。
余計なネタを、また思い出した。ガラパゴス的な展開ケースとして書きますが、名古屋の「あんスパ」をはじめとするイタリア料理系の店ってのは、ショップ・サイン(看板など)にほとんど必ずイタリアン・トリコロール(赤、白、ミドリ)が入っているんです。ホラ、このブログを見ていただこう。名古屋式「右にならえ」の典型であって、ワタシがお伝えしたいコトって、まあ、こういうコトなのであります。

P1070198.jpg

そうこうするうちに、ハイ、完成。でも、なんかイタリアン・サラダみたいな見てくれになっちまった。ソースは4袋あったほうが良かったかも。あるいはもっと大きい平皿に盛れば、ビジュアル面は改善されたか。

白いりゴマと荒びき黒コショーをビシバシ振りかけて、さて、喰ってみる。

P1070200.jpg

うむ。今度はじつに美味いです。うまくいった。ブラボー。
400gのパスタなんか屁でもなく、きれいに完食しました。

そうして自己完結してしまったワタシ、これ以降は店でも自宅でも「あんスパ」を食してはいない、という(w
首都圏では「ワン・アンド・オンリー」というステータスについては、未だに変化はない。定着しない、その理由もまた未だに分からない。


【追記:2012年5月10日】

IMG_0842.jpg

あれから半年、久しぶりに「パスタデココ」を訪れました。
やはり今でもそのステータスは、首都圏の唯一、孤高の存在。

IMG_0840_1.jpg

今回は「ミラネーゼ」を400g、目玉焼きで。味付けはもっとも辛い「スパイシー」で。

IMG_0841.jpg

アップにすると思いのほか豊富な具が彩りを添えているコトがわかるかと。マッシュルームの輪切りは写っていないけれど。「ミラカン」より少しながら安いのに、コチラのほうがにぎやかで美味いかも。すっきりと喰いきる。

そうして、予告のように記しておこう。
どうやら虎ノ門周辺は、メタボ(気味)なオッサンにとってパラダイスのごときB級グルメの激戦区ってコトが判明。
ちょっと重点的研究テーマが与えられてしまった、そんなムード。

きょうの出来事CM:4
<< 波打ち際の別荘で、暖炉にあたりながら。ホーム全記事一覧ビジネスモデルとしての耳セン >>

コメント

こんちは~、

 OKストアって自宅付近には見たことないなぁ、今度調べてみます。

 あんかけパスタは食べたことないけど、寒いときは山には良さそうですね。パスタソースのレトルトでいつも思うのは大盛り用を作ってくれないかなぁということです。そうすれば山にもっと持って行けるのになぁ。

 あ、小倉トーストは名古屋で食べましたよ、ただもう食べないですね(笑)
IK #-|2012/05/11(金) 07:53 [ 編集 ]

>IKさん
ういッス。あいかわらずアクティブにやってますねー。

OKストアは楽しいですよ。どえらく安いし。
千葉県には、まだ店舗は少ないですけどね。

OKで売ってるパスタ用レトルトソースの数、ハンパないですよ。
30種類くらいあるんじゃないかな。

一度、佐倉店にでもお出かけください。
ラード #-|2012/05/11(金) 22:47 [ 編集 ]

お久しぶりです。
更にお店が減ってたのか…。
あんスパのソースをこっちのOKストアでも扱ってるか?は調べてみたいですね。

中京地区の「イタリアン」とかも懐かしいです。
近年、神奈川はコメダ珈琲が出来ててシロノワールとか小倉トーストとかも食べれたりと。
今時、まっ黄色なオリエンタルマーズカレーを作りたく成りました。
古美根 #NTJgKIh6|2012/11/07(水) 04:15 [ 編集 ]

>古美根さん
関東のOKなら、コーミのあんかけ、ドコでも在庫あるんじゃね?

なにしろOKストアに置いてるカレーとスパゲッティのレトルト・ソースのバリエーションは、すごい。
この1点のみで、コストコを凌駕してますワタシの場合は。
ラード #-|2012/11/07(水) 10:16 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。