ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

信越トレイル、キャンプでスルーハイク

2012/10/22(月) 23:41:27

IMG_1698_1.jpg

信越トレイルを歩いてきた。
いつもながら遅筆で恐縮ですが、それは今からひと月半前、9月初めのこと。

IMG_1598.jpg

信越トレイルとは、2005年に開通した日本を代表するロング・トレイル。
信州と越後の国境ライン「関田山脈」を新たに縦貫させた、山岳縦走路とは異質のもの。
NPO法人が一大プロジェクトを取りまとめ、多数のボランティアと共に育んでいる。

IMG_1724.jpg

斑尾山から天水山まで、全長80km。4泊5日のソロ山旅となる。

IMG_1787_1.jpg

今までは山麓に宿をとり、そこのクルマでトレイル各所へ送迎してもらう観光モデルのみ。
「豊かな自然と歴史・文化を感じる」場所で、地元との共生がキモだから当然か。

IMG_1902.jpg

それが、ついに今年6月から指定サイトでの幕営を解禁。
山から離脱することなくシンプルに旅を続けられるようになったワケだ。
これをスルーハイクと呼ぶ。冒険の要素が入ってくる。
このときを、待っていた。

IMG_1924.jpg

テントで山に暮らし、一筆書きのルートを歩く。これがワタシの山系BP主義。
スルーハイクでの記録や資料がほとんどない信越トレイルを、今年の目標としたのだ。

IMG_1602.jpg

そうして歩きに歩いた。
ムチムチのバディにムチ打って、晩夏の里山を一所懸命に歩いた。

IMG_1928.jpg

暑い毎日だった。
 
IMG_1655.jpg

飲用水の確保については心配のタネが尽きなかった。

IMG_1660_1.jpg

キャンプサイトに憤慨した。

IMG_1884.jpg

ピークを渡り歩くというより、じつは幾多の峠越えルートだと思えた。

IMG_1709.jpg

さまざまの状態の「道」に足跡を残した。

IMG_1971.jpg

ブナの林が荘厳だった。

IMG_1865.jpg

ほとんどまったく人に出逢わない、信じられない静かな山だった。
そのかわりにクマとニアミスし、フクロウとは夜中に3㍍の距離で向きあった。

IMG_1963_1_20120924132514.jpg

歩き通した達成感、それは大きかった。

IMG_1934.jpg

振り返る余裕が出てきた今、この山旅のいっさいを記しておこう。



【行動メモ】

・9月2日(日)出発~上信越道PA車中泊
・9月3日(月)斑尾高原~斑尾山~袴田山~赤池キャンプ地
・9月4日(火)~毛勝山~涌井~黒岩山~桂池キャンプ地
・9月5日(水)~仏ケ峰~鍋倉山~光ケ原キャンプ場
・9月6日(木)~牧峠~伏野峠~野々海高原キャンプ場
・9月7日(金)~天水山~松之山口~みゆきの杜ユース泊
・9月8日(土)~帰宅



バックパッキングCM:12
<< 信越トレイル・いくつもの峠越えの山旅(1) Prologue ホーム全記事一覧避暑地の夏の正装 >>

コメント

+   +
  ∧_∧  +
 (0゚・∀・)   ワクワクテカテカ
 (0゚∪ ∪ +
 と__)__) +
で #-|2012/10/23(火) 11:23 [ 編集 ]

お、いよいよ行動系の投稿ですね。楽しみに続報待っております
亮介 #-|2012/10/23(火) 22:10 [ 編集 ]

楽しみにしていま~す(^^)
oota #-|2012/10/23(火) 22:19 [ 編集 ]

>でさん
まあその。

>亮介さん
なまあたたかく

>ootaさん
見守ってください。
ラード #-|2012/10/23(火) 23:17 [ 編集 ]

なんと!80kmですか~
こりゃまたずいぶんと歩いたのですね♪

途中、山小屋ないんですかね?
無ければ水の確保大変ですよね~

レポ、じっくりとお願いします!
楽しみにしております♪

チャイ #-|2012/10/24(水) 18:17 [ 編集 ]

>チャイさん
歩いたよー、がんばったねえ。

コース上には、山小屋どころか避難小屋すら無いッス。
夏山のクセしてココまで何もない登山対象って、ワシも初めてヨ。

そして深い山奥というワケでもないのに、どえらく静か。
とくに3日目の夕方から1日半の間なんか、まったく人と会わず。「完ソロ」(w 
5日目・最終日の朝、昆虫採集らしき2人組を遠目に見て、「久しぶりにヒトを見た」。

ワシはこの状況を楽しんでいたけど、メンタルが弱いヤツだとキツイかもねえ。
いろんな意味で、スキルを試されるトレイルだと思います。

ということで、乞うご期待♪
ラード #-|2012/10/24(水) 19:10 [ 編集 ]

 お待ちしておりました。(笑)

 実は今週頭に行くつもりだったので、アップを待っていたのですが間に合いませんでした。
 紅葉はちょうど良さそうだったのですが、天気がダメそうなので止めました。来年に持越しです。
 あ、アップ待ってますよ~。
IK #-|2012/10/24(水) 20:16 [ 編集 ]

>IKさん
あらま。遅筆でスマン(汁
メールくれたら、情報流したのにィ。

思うに、スルーハイクをねらってるヤツが欲しい情報とは…。

・使える水場は、ドコに何ヶ所あるのか?
・ソロの場合、入山・下山をどう組み立てるのか?
・それら含めて、ネットに上がっている使える情報源はあるか?

なんつートコロですよね。
これからキッチリと、これら痒いトコを書いて差しあげます♪


ラード #-|2012/10/24(水) 21:14 [ 編集 ]

千曲川に沿って、栄村から野沢温泉村、木島平村・・・これはまた、素晴らしいエリアをつなぐルートですね。

BP記事、楽しみ♪
ユウ #2DdjN05.|2012/10/29(月) 22:25 [ 編集 ]

>ユウさん
エート、まったりとご期待ください(w

このエリアは豪雪地帯らしいですね。
それもそのハズ、この「関田山脈」は日本海からスグのトコロに屏風のようにせせり立つ、千メートルの障壁。
4日目の午前中、ハゲしい雷雨に叩かれたんですが、まるで冬の北ア稜線のようなゴウゴウたる唸りで、ちょっとビビリました~。

で、スルーハイクを終えたら、最後を「カヤの平」キャンプ場でシメようと考えたんです。
そう、ユウさんイチオシのアソコでね。
地図を見てたら「あらら、近い。近いぞ」と(w
でも、下山のメンドーな行程を組んでみると行くヒマができなかったので、残念無念。

そうして、今までこのあたりの山なんか、何ひとつ興味は無かったんですが、大いに反省。
妙高とか戸隠とか、気になる山がイロイロでてきました。
夏を外して、登り歩いてみたいッスね。
ラード #-|2012/10/29(月) 23:10 [ 編集 ]

そうなんすよ。カヤノ平近し、なんですよね。
おまけに無料温泉がいっぱいある野沢温泉もw

水晶岳、ワリモ岳のあの尾根は
北アで最も風が強いと言われてますが
そこよりも気象条件、厳しそうですよね。
ボクも、かなり興味そそられてます。
このエリア、大好きですしww

更新、おまちします!
ユウ #2DdjN05.|2012/10/30(火) 22:15 [ 編集 ]

>ユウさん
エー、遅くとも11月中には仕上げられるハズであります(キリッ

ちょうど今が、信越トレイルの色づく最盛期らしいです。
そうしてユウさんの志向にドンズバの場所ッスよ。
ご存じなかったのがフシギなほど。

ラード #-|2012/10/30(火) 23:07 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。