ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

北へ、そして頂から海へ。Day5

2014/07/27(日) 22:54:29

IMG_3457.jpg

【8月7日(水)】
3:15、起床。天の川が見えた。

IMG_3458.jpg

5:07、デッパツ。
この日からお天気は絶好調に方針変更。
しかしながらココからはガンガン標高を下げて暑いエリアに向かうワケで、この状況は嬉しハズカシとゆーか痛し痒し。

IMG_3459.jpg

白馬岳方面。

IMG_3461.jpg

IMG_3463.jpg

剱岳方面。

IMG_3465.jpg

IMG_3467.jpg

IMG_3468.jpg

冷たくて美味い水場に張りつく(通称)ヌクミズさん。

IMG_3469.jpg

IMG_3472_1.jpg
頂上直下。

IMG_3473.jpg

IMG_3477.jpg

朝日岳、6:20-6:30 眺めの良い山。絶景が展開する。

IMG_3478.jpg

これから進む北側、栂海新道方面。日本海までは望めず。

IMG_3482.jpg

少し急な雪渓下り。

IMG_3483.jpg

IMG_3485.jpg

IMG_3487_20140727181924f57.jpg

IMG_3489.jpg

吹上のコル、7:03-7:13。この分岐点から先、登山者はめっきり減る。

IMG_3490_20140727182225017.jpg

いよいよ念願のルート、栂海新道が始まる。
1980年の夏合宿帰りにコレを歩いた山岳部先輩のおもしろレポを引用しつつ、書いていく(ハズw)。

IMG_3491.jpg

IMG_3492.jpg

IMG_3494.jpg

なにやら桃源郷のような場所に出た。

IMG_3496_20140727182333952.jpg

ふり返って、ニッコウキスゲ咲き乱れる「照葉ノ池」越しに望む、手前から朝日岳、雪倉岳、白馬岳。
絶景なり。

IMG_3499.jpg

IMG_3502.jpg

長栂山。ここから先にはザレた場所は無かったな、そういえば。

IMG_3504.jpg

IMG_3507.jpg

アヤメ平のアヤメ。

IMG_3508.jpg

歩いて来たほうをふり返っている写真が、じつは多い。

IMG_3510.jpg

IMG_3511_20140727235256bed.jpg

景色は超絶なんだが、雨で掘られたヌタヌタ登山道がエンエンと続いて鬱陶しい。

IMG_3514.jpg

いま思いますに、このあたり(標高1,700㍍)が高山植物の咲く最後の場所だったんだな。
チングルマ。

IMG_3515.jpg

黒岩平、9:55-10:30。大休止にする。
ヒザとふくらはぎのサポーターを装着。なんか、肉離れの気配を感じたりした。

IMG_3516.jpg

いやしかし、すばらしい場所だ。住める♪

例のレポ、1980年のときには、この場所に幕営しているのだ。うらやましい。
今は「キャンプ禁止」のタテカンが立っているが、当時はこういった規制は緩やかだったからね。水場と危険でない平たい場所があれば、ワシらバックパッカーはドコでも一夜を過ごすことができるが、この黒岩平では良い夢が見られそう。
例のレポのふたりは、大雪渓を上がって幕営したシロウマから、翌日にココまで余裕を持って到着している。マッタクうらやましい脚力だが、当時はこれくらいフツーに移動できていたんだよなァ、などと遠い目になる(泣

IMG_3517.jpg

IMG_3520_20140727183314a05.jpg

振り返っている。進む方向よりも歩いてきたほうの景色がよっぽどイイから、始終後ろをチェックしながら歩いていた。
後方の写真を撮るたびに「もう振り返らない」と思っていたっけ、そういえば。

IMG_3521.jpg

IMG_3523.jpg

IMG_3524.jpg

IMG_3525.jpg

IMG_3527.jpg

さわがに山、12:43。暑い暑い。
おそらく、この日に朝日岳を発って栂海新道を北上したのはワタシが殿(しんがり)のハズ。

IMG_3528.jpg

IMG_3530.jpg

蟻の戸渡り状リッジ。

IMG_3531.jpg

さわがに山岳会が建設した避難小屋「栂海山荘」のある犬ケ岳まで、けっこう登るナ。気温28℃。

IMG_3532.jpg

北俣の水場分岐、13:35-14:05。28℃。

IMG_3534.jpg

水筒3ケかかえて5分ほど下った、北俣の水場。超クール。
栂海新道を歩く場合の「ネック」のひとつが、水の確保。8月のアタマだったら枯れる心配はあまりないが、後半の暑さがカラダにこたえる。そこらへんは秋ならラクだが、逆に水場が心配だと。むーん。コイツは究極の2択的モンダイだ。

IMG_3537.jpg

犬ケ岳を見る。

IMG_3539.jpg

IMG_3540.jpg

犬ケ岳、15:00-15:10。

IMG_3541.jpg

栂海山荘(海抜1,550㍍)、15:15着。

IMG_3543.jpg

IMG_3544.jpg

右が水戸在住の(通称)ヌクミズさん。朝日小屋のテン場でおとなりだったのだ。
氏はアラカンなれども快足。何年か前、アブラ抜きと何かを組み合わせたダイエットに成功し、ヒザ痛も消えてボデー軽量化はイイコトづくめと吹聴しまくる。「むーん。むむむ!」とハゲしくインスパイヤされたワタシだが、未だにダイエッターに転進できていないのはナイショだ(汁

IMG_3545.jpg

一部で有名な荒くれ便所。「空中トイレ」として「ようつべ」に画像がうpされてたり(w

IMG_3547.jpg

このご時世に小屋横の斜面にタレ流しとは、豪快なり。

IMG_3546.jpg

なぜか食欲、マッタク無し。ついでにサケ欲も無し。レモネード・ドリンクとみそ汁を飲んだだけ。
さらに、極悪の往復イビキをかくオッサン(ツガミを上がって来たヘンタイ)が、寝しなに真横にきやがった。
最強の遮音性能を誇るハズの耳セン「モールデックス・カモ」をギュウ詰めしてんのに、ほとんど寝られず(汁

加えて夜中にワタシのフトモモをサラッと撫でていったのは、小屋名物のネズ公だったのかも。

バックパッキングCM:1
<< 北へ、そして頂から海へ。Day6&Epilogueホーム全記事一覧北へ、そして頂から海へ。Day4 >>

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2014/08/28(木) 17:46 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。