ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

北へ、そして頂から海へ。Day6&Epilogue

2014/07/28(月) 23:08:34

IMG_3548.jpg

【8月8日(木)】
3:15、起床。
なんてこった。今朝も食欲ナシ(汁 でも、そうも言っておられんので、むりやりラーメンを半分ほど流しこむ。

IMG_3549-1.jpg

5:00、デッパツ。

IMG_3551_20140728223611525.jpg

IMG_3554.jpg

小屋を振り返る。
この日は海抜1,600㍍から海抜ゼロへ。しかし下り一辺倒というワケではない。こまかいアップダウン多し。

IMG_3557.jpg

IMG_3558.jpg

荘厳なブナ林に朝日が彩りをつける。

IMG_3560.jpg

IMG_3561.jpg

IMG_3563.jpg

下駒ケ岳、7:21-7:33

IMG_3564.jpg

調子がわるい。寝不足と暑さか。

IMG_3565.jpg

白鳥山へは、ガンガン登り。

IMG_3566.jpg

IMG_3568.jpg

ルートを切り拓いた「さわがに山岳会」の首領・オノケン氏いわく、「ピークは巻かない(キリッ」。
よって、こんなロープの急登も。

IMG_3569.jpg

白鳥山の避難小屋、8:50-9:30。24℃。暑くてバテバテ。少し横になる。

IMG_3570.jpg

IMG_3572.jpg

IMG_3573.jpg

IMG_3574.jpg

IMG_3575.jpg

シキワリの水場、10:40-11:00。超クール。
海から上がってくる「シー・トゥ・サミット」なヒトとすれ違う。信じられんマゾヒストだ。

IMG_3577.jpg

「金太郎坂」なる激下りで、ヨレヨレ化が進行。
オマケに、おそらくココの下降で、ブラックダイアモンドのストック片方を曲げちまった。
あまつさえ曲げたコトには親不知に下ってから気づくという、余裕ナッシングな状態だった。

IMG_3578.jpg

坂田峠、12:07。

IMG_3581.jpg

尻高山(677㍍)付近。しばし横になって休んだり。

IMG_3582.jpg

海だ。海が見えた。

IMG_3584.jpg

IMG_3585.jpg

IMG_3587.jpg

とはいえ、なかなかゴールには辿り着かせてくれぬ。
入道山(415㍍)、14:35。ほんのちょっとした登り部分でアゴが出る。

IMG_3588.jpg

ついに悪寒が始まった(汁 腕が鳥肌だっている。
あとになって思いますに、これ、熱中症になっちまったのではないか。もちろん、塩タブとかアミノバイタル、水も十分に摂取して気をつけていたワケですが。

IMG_3590.jpg

IMG_3605.jpg

親不知観光ホテルに到着。15:30。
入浴と親不知駅送迎のセットを申し込み、カメラだけ持って海へと下る。

IMG_3592.jpg

IMG_3594_20140728224746a0f.jpg

この激坂(当社比)。

IMG_3595_1.jpg

IMG_3596.jpg

日本海。
親不知の海抜ゼロ。

でも、バテバテが気になるからか、とくに到達した感慨はなかった。
ムリヤリ笑顔をつくっているが、消耗の極み。この日は汗を30㍑くらいブッかいたムード。

IMG_3597.jpg

波打ち際から右側を見る。
海面までガッチリと張りだしているコレが、大「飛騨山脈」の北端の際(きわ)というワケです。
飛騨山脈、すなわち北アルプスの南端・焼岳からエンエンとココまで「ひとつながり」となっている。むーん。こんなロマンあふれるトレイルも、なかなか無いぞ。
どうもありがとう、この素晴らしい「栂海新道」を40余年も昔に開通させ、今もメンテナンスを続けてくれている「さわがに山岳会」よ。日本にロングトレイルなんて概念など存在しなかった半世紀も昔、独創的な「キリクチ」を思いつき、独力で完成させたその行動力をココロの底からリスペクトします。

そうして、信じられんかもだが、海面とほぼツライチのこの危なっかしいトラバース・ルートが、かつての基幹街道なんだぜ。「親不知」とは、旅する親子ですら面倒を見られなくなっちまう、そんな登山チックな悪路を表したネーミング。スグ横には「天嶮」というズバリな地名まである。
お盆どきにココで海水浴とか、マジでやめとくべきだろう。そう。海の底から無数のココで逝った者どもの手が伸びてくるのです的な理由で。

IMG_3598.jpg

左側を見る。
このあと、以前から気になっていた水上勉の小説「越後つついし親不知」という、映画化もされた古典名作を読んだ。
いやその。この山行レポをより実り多いモノにするために、なんですがね。あのその。書き終えてもいないけど(w
しかしながら、あまり参考にはならなかったなあ。戦前の典型的な裏日本的因習の暗いくらーいおハナシで、メゲた。

IMG_3599.jpg

海からホテルへは標高50㍍はある急な登り返しが待ち受けていた。
ストックを持って降りなかったコトを悔いました。もう、足が上がらぬ。手すりにつかまり歩きをし、2回ほど階段の踊り場にヘタリこんで息を整えたりした。
いやしかし、そこそこ長い山旅の正しく終了点で、キッカリとわが体力メーターがゼロになる、というね(w
これって「キモチのタガ」が外れたから、なのかも知れない。ワタシは山岳保険などという他力本願寺になりがちなシステムには加入しない「登山は自己責任」論の単独行者だから、山の中では相当に気負ってるワケ。でも、安全圏に到達したらタガが全開!てのも、これ、初めての体験だ。そしてここ数年、こういった「今までには無かった」ヘンなことがアレコレわが身に降りかかる。
そろそろ夏合宿も止めどきなのかも知れんなあ。

IMG_3600.jpg

IMG_3601.jpg

風呂に入ったら、体調さらに悪化(w まっすぐソファに腰かけてもいられぬ。
なんじゃ、これは?

30分くらい2階廊下にあるソファでウンウンうなっていたが、これでは電車にも乗れぬとあきらめ、宿泊するコトにした。
「いちばん安いお部屋でいいですか?」「それがイイです」。晩メシなんか喰えるワケないから朝食のみ、6,500円也。

IMG_3609.jpg

【8月9日(金)】
17時くらいから半日眠り続けて、明けがた目覚める。
体調は回復した。さすがフカフカのお布団の威力よ(w 

IMG_3603_1.jpg

スーパー・オーシャンビュー。

IMG_3608.jpg

食欲も回復。メシが美味いこと。ごはんは大もりで3杯。
ありがとう。ワタクシの泪壺、すばらしい親不知観光ホテルよ。

IMG_3611.jpg

9:05、ホテル発。送迎車のエルグランドで北陸本線・親不知駅へ。

IMG_3613.jpg

9:42、糸魚川駅で「ほくほく線」に乗り換え。
さらに越後湯沢駅で上越新幹線へ。どちらも混雑していたが、座れた。
東京駅は12:15ごろ着。
帰宅は13:30。


そして帰宅の翌々日、土曜のこと。
近所に買い物に出かけたときから、右ヒザが曲がらなくなってきた。
ヒザを曲げる動作が加わると痛いのなんの。ナンダコレハ。いったいどーしたってんだ。

ココから、ついに両ヒザに発症した「痛風」とワタシとの凄絶な闘いが始まった――。
バックパッキングCM:10
<< 当ブログの歩きかたホーム全記事一覧北へ、そして頂から海へ。Day5 >>

コメント

うわ、いつの間にかアップしてる、しかも写真ばっかりのやっつけ投稿(笑)

  とりあえず夏休みの近づいて次の山旅までには?って感じかな?

  とりあえず今年はどこへ?、そしてせめて年内にアップを
IK #-|2014/07/29(火) 20:43 [ 編集 ]

>IKさん
やっつけじゃないよ。
間に合わんかっただけ、だよ(w

いずれ懇切丁寧でカンドー的な旅の記憶を記しますよ。
いずれ(w

とりあえず今度の土曜に北海道へ飛ぶ。
大雪山系のバックパッキングだ。念願でした。
旭岳からトムラウシを経て十勝連峰の富良野岳まで65km。5泊6日で予備日2泊分。
乞うご期待☆
ラード #-|2014/07/29(火) 23:52 [ 編集 ]

待っただけの甲斐がありました。たいへん興味深く拝読しました。
そして、泣きました。(痛風に)

北海道紀行も期待しております。(痛風格闘記も)
TF #-|2014/08/25(月) 15:17 [ 編集 ]

>TFさん
いや、まだゼーンゼンだよ。
仕上がり3割ってトコですナ。

まあその。いつになったら完成するか、筆者も知らぬ(w

ラード #-|2014/08/25(月) 20:44 [ 編集 ]

あれ?とりあえずですね~
しかし、最後のバテバテはなんですかね?
暑さ?体力不足?そてとも.....呪い?

ヤッホー♪
今年は北海道ですか!
楽しみにしておりま~す♪
チャイ #-|2014/08/28(木) 17:49 [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2014/08/28(木) 17:55 [ 編集 ]

>チャイさん

加齢と呪いのコンボが好きです♪
ラード #-|2014/08/28(木) 20:39 [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> これ途中なんですかv-11
> なかなかバテバテ話し、面白いですよ。私も昨年夏の1日目は超ピンチなくらいバテバテだったけど^m^
> 痛風か、そんな患者さんいっぱい来ますよ、薬局に。中性脂肪や肝機能値も悪いとか?お酒の飲みすぎかな^m^その話しの続きも。山よりそっちが面白そう。

>bariさん
もしかして、これ、クローズドのコメントかな? まあ、イイや。

記事はもちろんカキコ途中です。
画像すべてに文章加えるし、文体は今までの山旅レポ同様「ですます」体で仕上げるし。

痛風は、ですね、もう15年以上、尿酸値が「8」を下回ったコトがなかったワケ。
「8」ってのは、まあ、超危険水域だわな。
でも、ワシの足指ちゃんは、ジンジンするコトもなく、快調だったの。
で、ワシは思いあがった。「おれ、痛風とは無縁Boy♪」と。

それがまあ、一年前、北アから戻った翌々日に、ヒザがマッタク曲げられなくなって、原因を痛風と見当をつけて、おクスリ(「フェブリク」なる新顔の特効薬だ)を処方してもらえるまで、そりゃもうタイヘンでした(汁
ラード #-|2014/08/28(木) 21:05 [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2014/08/29(金) 23:28 [ 編集 ]

>bariさん
ヤヤコシー問題、解決できてメデタシ♪

>「ゴタテ」って、五竜をそう呼ぶのですか?
>北ア南部より、寒いとか風が強いとか、ガスりやすいとかでしょうか?

後立山連峰のコトだよ。半可通の山ヤの陰語ね(w

>夏山と同じ調子で9月は歩けないんだ。8月の縦走をとばしてしまったから、ちょっと感覚が鈍っています。防寒対策、慎重にですね。

お天気が安定してたら、夏山と同じで、なんのモンダイもない。
ただし、荒れたら、要注意。北ア北部エリアは、南部よりハードになりがち。
ユーが読了した「トムラウシ遭難」本と酷似した状況になるかも、だ。
で、ああならぬように諸対策すりゃイイ。むずかしくはない、常識的なコトだよね。
ラード #-|2014/08/31(日) 12:12 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。