ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

バーチャル八方尾根 (シリーズその4)

2006/03/10(金) 20:38:12

ちょっとガス抜き(w

「またかYO!」とお嘆きの向きも、あるいはあろうかと存じますが、ホラ、地形とか判ったほうが読みやすくないですかそうですか。

まあその。いろんなHPからちょっとずつ画像をお借りして(無断ですけど)ごくごく少数の読者さま(ハードコアなキミたちだ!)のためにバーチャルな八方尾根の様子をご紹介さしあげてみたい。





もとよりワタシ自身も、ここら一帯の地名などはキレイさっぱりと忘れさっておりました。それから行動日の日数なども今やオボロではある。なんつーかもう「エッセンス」しか記憶に残ってないのネ。何時にドコを通過したか、どこまで登ったのか正確に書いてないのは、全くそーゆー理由からです(w

しかしググって分かったコトですけど、ワタシらと同様の時期、つまり年末に「日帰り」で唐松岳をピストンできるんだな。好条件ならば。冬山とは、かくも状況次第で困難になるのだという冷厳な事実が身に染むね。そこが奥深く面白い所以(ゆえん)とも云えます。

ワシらも、この1年前つまりワタシが1年部員時の同じ冬合宿では、同じく八方尾根から唐松アタックを行って何ごともなく登頂しているワケですしね。何ごともなかったから印象が無い。四半世紀を経て、もはや思い出せるコトが無いワケです。

先週末、参考資料として近所の「ブックオフ」にて文庫本を一冊購入。本多勝一著「リーダーは何をしていたか」。朝日文庫。このときワタシたちと同じ行動を初日にした「ZK高校」のダークなルポが真っ先に登場します。

彼らは全員が逝ってしまったワケですが、このとき紙一重で生還できたケースもあるんですね。後述する神戸市にある「高専」の連中なんか、正しくソレであって。たまたまワシらが横に張っていたからラッキーだった、としか云えないもんなあ(汁

20060310195223.jpg

八方尾根の立体地図・冬

20060310195149.jpg

参考までに八方尾根の立体地図・夏

20060310195234.jpg

八方山荘。当時は兎平がリフトの終点だった。

20060310195251.jpg

モルゲンロートの五竜岳。八方尾根の隣り、遠見尾根(ここもスキー場で著名)のてっぺんになる。朝焼け時の雪山(高山に限るのかね)は、ごらんのように数分間だけピンクに染まる。えもいわれぬ可愛さだ。これを見るだけでも登る価値があると思う。

20060310195302.jpg

ZK高ケルン。あたり前だが当時は無かった。「第2ケルン」と呼ばれていた場所。初日の天幕は、彼らもワシらもココに並んで張ったのだった。

20060310195311.jpg

ZKケルンの碑文。微妙な文言なのは、ケルン設営時が泥沼裁判になっていたからとのこと。

20060310195538.jpg

「下の樺」か「上の樺」か。ワシら、しかしドコまで登れたんだっけ?(w 立体図を見ても傾斜がグンときつくなるのが分かります。

20060310195332.jpg

登りで腰のラッセル。フカフカの雪の質感を思い出すなあ。繰り返すけど、あのときは下り坂にして頭上を越えたラッセル。

20060310195346.jpg

丸山ケルンを越えると稜線に出て、唐松岳が望めることになる。

20060310195409.jpg

唐松山頂、2,696㍍。黒部の深い谷をはさんで北アの雄・剣岳を望む。

http://www.naganoken.jp/mount/chushin/k-alps1/karamatsudake.htm

元「山ヤ」の体験談TB:0CM:3
<< 今年はじめての「チーム2ch」ゲームはホーム全記事一覧ふたたび豪雪の記憶 (シリーズその3) >>

コメント

やー、引っ張りますなぁ。引っ張るものの、今回のネタは許せます。但し効果は短い。従って早急に「後編」を書くべし。
エアガンなんてヌルいもんじゃない、スチールチップのダーツ投げちゃうぞ(^^;
ぼうず #mQop/nM.|2006/03/12(日) 21:21 [ 編集 ]
あああっ・・・・(・∀・;)
ちょっと先にサバゲネタを「うp」させていただきたいのですが(w
ラード #-|2006/03/12(日) 22:41 [ 編集 ]

その翌日に「後編」をアップするなら許します(^O^;
ぼうず #mQop/nM.|2006/03/12(日) 23:21 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://uemat.blog33.fc2.com/tb.php/59-b5d5c1c7

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。